米国におけるシェールオイルの開発・生産活動は、予想を大きく上回る規模・スピードで拡大しています。このシェールオイルの増産により、今後国際的な石油の流れに大きな変化が生じるものと見られています。一方、米国のシェールガスなどを原料とした同国からのLNG輸出については、今後の非FTA締結国向けの承認手続きの行方並びに当該LNG輸出が他の新規LNG供給案件に与える影響の観点から関心を持たれています。

 このような問題について今般、米英の専門家から話を聴く機会を設けることになりました。

 米国市場・政策等の動向に詳しいカルーソ氏およびパリアレシ氏、また中東諸国と米国との関係に精通したドローラス氏をお招きし、「米国のシェールオイル増産とLNG輸出が石油・天然ガスの国際需給及び国際市場に与える影響」をテーマにしたセミナーを開催致します。

 皆様のご参加をお待ちしております。

セミナーについて

日時 2014年2月17日(月) 9:30~11:30(9:00 受付開始)
場所 〒105-0001
東京都港区虎ノ門2丁目10番1号
虎ノ門ツインビルディング 地下1階大会議室
会場案内はこちらから→
発表事項
発表内容・順番等は、変更することがありますのでご承知おきください。
講演1. Lucian Pugliaresi (ルシアン パリアレシ)氏
「米国からのシェールオイル輸出の可能性と、米国におけるシェールオイル・シェールガスの増産が米国の産業界に与える影響」
講演2. Guy F.Caruso (ガイ カルーソ)氏
「米国からのLNG輸出許可の今後の見通しと、同LNG輸出が他の新規LNG供給プロジェクトに与えるインパクト」
講演3. Leonidas P.Drollas (レオニダス ドローラス)氏
「シェールオイルの増産によりもたらされる米国の原油輸入の減少が、世界の石油貿易に与える影響、特に米国の製油所事情や米国・中東間の原油引き取り価格の問題の視点からの分析」
(日英同時通訳)
プログラム詳細はこちらから→
参加費用 無料
定員 先着200名
事務局 株式会社ファーストシンボリー
担当:藍原(あいはら)、山口
メールアドレス: jogmec@firstsymboly.com
FAX番号: 03-3555-9553
申込方法 定員に達したため、お申込みを締め切りとさせていただきました。
※当日は参加票などはございません。当日は受付にてセミナー参加者の「お名刺」を頂戴いたします。ご用意ください。
お申込み方法はこちらから→
申込締切日 2014年2月7日(金) 17:00
主催 (独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC) 調査部
担当:林、渡辺 TEL:03-6758-8024