ページ番号1004100 更新日 平成30年2月16日

インドネシア:2010年第2回石油天然ガス及びCBM 直接入札鉱区 落札者発表(速報)

レポート属性
レポートID 1004100
作成日 2011-03-22 01:00:00 +0900
更新日 2018-02-16 10:50:18 +0900
公開フラグ 1
媒体 石油・天然ガス資源情報
分野 基礎情報
著者
著者直接入力 鈴木 信市
年度 2010
Vol 0
No 0
ページ数
抽出データ 更新日:2011/3/21 ジャカルタ事務所:鈴木 信市 インドネシア:2010年第2回石油天然ガス及びCBM 直接入札鉱区 落札者 発表 (速報) (Petromindo 2011年3月18日、MIGAS HP、JOGMECジャカルタ事務所情報、他) エネルギー鉱物資源省石油天然ガス総局(MIGAS)は、3月18日、2010年11月に入札を公示した2010年第2回石油天然ガス鉱区(一般入札*17鉱区、直接入札*7鉱区)及びCBM鉱区(一般入札*7鉱区、直接入札*6鉱区)のうち、両方の直接入札鉱区の落札者を発表した。(表及び図 参照)一般入札の落札者発表は、4月以降と考えられる。 油天然ガス鉱区の直接入札は、7鉱区が公示されたが、今回、落札者のアナウンスがあったのは、 石5鉱区であった。地図の番号のうち、番号4と番号7の落札者発表は無い。落札された鉱区は、2つがマレー半島の東側海洋域、マレーシアとの国境周辺の海洋である。その他3鉱区は、スマトラ島北部、中部、南部の陸上鉱区となっている。 BM鉱区の直接入札は、6鉱区全てについて落札者が発表された。落札者として、Total、BPがそれ Cぞれ、落札したコンソーシアムのメンバーとして名前を連ねている。特に、BPは南カリマンタンのKapuasの3鉱区を落札した。このエリアは、ExxonMobil等がCBMの探鉱開発を行っているBaritoエリアに近 *インドネシアの鉱区入札には、一般入札(Regular tender)と直接入札(Direct offer)がある。直接入札は、入札以前にMIGASと提案者が地質調査に関するジョイントスタディーを実施することが条件であり、ジョイントスタディー結果が良かった鉱区を政府がテンダーにかける仕組み。提案者(ジョイントスタディー実施者)が鉱区取得の優先権を得るものである。一般入札は、このようなジョイントスタディーが行われない鉱区のオープンテンダーである。 - 1 ? 回の入札結果は、メジャーズによるCBM鉱区取得が目立つ結果となった。 今い。 Global Disclaimer(免責事項) 本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)調査部が信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。 \ 2010年第2回石油天然ガス及びCBM 直接入札鉱区 落札者 2.CBM鉱区 直接入札 鉱区番号 鉱区名 1 BLOK GMB SIJUNJUNG 2 BLOK GMB KUTAI BARAT 落札者 Konsorsium PT. Lion Gobal Energi ? PT. Bukit Asam (Persero) Tbk. PT. Sugico Graha 3 BLOK GMB KUTAI TIMUR 4 BLOK GMB KAPUAS I 5 BLOK GMB KAPUAS II 6 BLOK GMB KAPUAS III Konsorsium Senyiur CBM Inc. ? Total E&P Kutai Timur Konsorsium PT. TransAsia Resources ? BP Exploration Indonesia Ltd. Konsorsium PT. TransAsia Resources ? BP Exploration Indonesia Ltd. Konsorsium PT. TransAsia Resources ? BP Exploration Indonesia Ltd. 注)鉱区番号は地図の番号に対応 (1.石油天然ガス鉱区 直接入札 鉱区番号 鉱区名 落札者 GURITA SEMBILANG MARQUISA NATUNA VENTURES B.V PT MANDIRI PANCA USAHA PT SCHINTAR SOUTH BETUNG TECHWIN ENERGY LTD SUMBAGSEL COOPER ENERGY LTD 1 2 3 5 6 - 2 ? Global Disclaimer(免責事項) 本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)調査部が信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。 } 2010年第2回石油天然ガス鉱区入札エリア (注)直接入札(Direct Proposal)鉱区のそれぞれの番号は、表の鉱区と対応 - 3 ? Global Disclaimer(免責事項) 本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)調査部が信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。 図 2010年第2回CBM鉱区入札エリア (注)直接入札(Direct Proposal)鉱区のそれぞれの番号は、表の鉱区と対応 - 4 ? Global Disclaimer(免責事項) 本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)調査部が信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
地域1 アジア
国1 インドネシア
地域2
国2
地域3
国3
地域4
国4
地域5
国5
地域6
国6
地域7
国7
地域8
国8
地域9
国9
地域10
国10
国・地域 アジア,インドネシア
2011/03/22 鈴木 信市
Global Disclaimer(免責事項)

このwebサイトに掲載されている情報は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)が信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。なお、機構が作成した図表類等を引用・転載する場合は、機構資料である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。機構以外が作成した図表類等を引用・転載する場合は個別にお問い合わせください。

※Copyright (C) Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.

本レポートはPDFファイルでのご提供となります。

上記リンクより閲覧・ダウンロードができます。

アンケートにご協力ください
1.このレポートをどのような目的でご覧になりましたか?
2.このレポートは参考になりましたか?
3.ご意見・ご感想をお書きください。 (200文字程度)
下記にご同意ください
{{ message }}
  • {{ error.name }} {{ error.value }}
ご質問などはこちらから

アンケートの送信

送信しますか?
送信しています。
送信完了しました。
送信できませんでした、入力したデータを確認の上再度お試しください。