ページ番号1006171 更新日 平成30年2月16日

大幅コストダウンと環境保護に威力:大偏距掘削(ERD)技術 ─サハリン1開発等での実用化進む技術革新─

レポート属性
レポートID 1006171
作成日 2005-07-20 01:00:00 +0900
更新日 2018-02-16 10:50:18 +0900
公開フラグ 1
媒体 石油・天然ガスレビュー
分野 技術
著者
著者直接入力 大備 勝洋
年度 2005
Vol 39
No 4
ページ数
抽出データ AnalysisアナリシスJOGMEC 石油・天然ガス開発R&D推進グループ 石油工学研究チームohbi-katsuhiro@jogmec.go.jp大備 勝洋大幅コストダウンと環境保護に威力:大偏距掘削(ERD)技術サハリン1開発等での実用化進む技術革新 「ERD」。この略語から何を連想されるだろうか?「Extended Reach Drilling」、大偏距掘削(図1)である。近年多くの注目を集めるこの技術は、過去十数年間における掘削技術の進歩の中で目覚しい成果をあげた“水平坑井掘削技術”の延長で、従来の傾斜掘りの偏距を飛躍的に延ばしたものであり、過去の掘削技術の集大成とも言える。水平坑井掘削とは生産性向上による開発コストの早期回収を主目的としたのに対し、ERDは従来の傾斜掘りの目的であった“掘削ロケーションを地下のターゲット直上に設けることが不可能な場合に適用する”という概念の延長線上にある。可能な限りの偏距を取ることにより新規のプラットフォームや輸送施設などの建設コストを削減するという、いわば掘削や管理上といった技術面での経済性を主目的としている。 海洋油ガス田の開発段階においては、プラットフォームと呼ばれる海洋構造物を設置し、そこから蛸足状に数坑の坑井を掘削(図2)して油ガス田から石油・ガスの採取を行うことが一般的である。しかしこのプラットフォームの建造には莫大な費用がかかるため、そのコストを削減するためにプラットフォーム図1大偏距掘削(ERD)のイメージ図を設置せず、陸上から海洋に向けて掘削し油ガス田を開発する、というコンセプトの1つとして用いられるのがERDである。それ以外にもERD技術によって、新たなプラットフォームの建造や海底生産システムを採用しなければならないフィールドの開発が、既存のプラットフォームから行えるようになっており、注目度はますます増加している。 本稿では、ERD技術と通常の掘削技術との相違点に着目し、ERDにおける種々の技術課題とその対策について簡単に講じる。図2海洋からの掘削と陸上からの掘削(点線:プラットフォームを用いた開発、赤線:ERD坑井を用いた開発)23石油・天然ガスレビューAナリシスysisnalyAAnalysisAAysAnana nalysisAnalysis? 過去のERD実績 1980年代までは、ERDのコンセプトが坑井掘削の初期計画に意図的には適用されなかった。1982年にStatoil社によって、傾斜55°・偏距4,000mを掘削したのがERD技術の始まりとされている。 2003年に石油公団(当時)で実施した調査によると、ERD技術のリーディングカンパニーの1つであるBP社の、英国Wytch Farmでのプロジェクトにおいて1999年に掘削された坑井が、偏距10,728mで世界記録となっている。この距離を身近なもので例えると東京駅を基点として、北へは北千住、南へは東京国際空港、東へは新小岩、西へは中野・三軒茶屋まで達する距離である(図5)。他にも、1999年に掘削されたアルゼンチンのCullen Norte1の偏距10,590mを始め、北海、メキシコ湾、南シナ海等でERD坑井が適用されている(表1:Top 20 Longest Extended Reach Wells参照)。ERDを適用する主要なオペレータは、BP、Exxon、ssiissyyllaanAAAn1.ERDとは?? ERDの定義 ERDの定義は一般的に、「水平偏距(Horizontal Displacement:HD) /垂直深度(Vertical Depth:VD)が2以上である傾斜掘り」である。この定義によれば、図3における2:1 レシオの線より上のエリアにある坑井が、ERDに該当することになる。ただし、図3に示すように、例え2:1もしくは1:1以下の比率であっても技術的な難易度の高さからERDの範疇に入れてしまうこともある。海洋におけるERDの定義は水深によって大きく異なる。図4のように、水深が500mを越えるケースでは過去のERD坑井の実績はかなり少なくなるが、この場合には上述した「HD/VDが2以上」というERDの定義は当てはまらない。 続いて、ERDと通常の掘削技術の違いを簡単に説明する。図3における緑・青の領域は、通常掘削機器で掘削可能な範囲を示している。では通常掘削機器とは何かというと、例えば5"DP(Drill Pipe:ドリルパイプ)、2×1,600HP(Horse Power:馬力)のマッド ポ ン プ、5,000psiのStand Pipe Pressure(SPP)システム、標準のトップドライブ(トルク容量30,000ft-lbs)、3,000-4,000Rig HP、 そ し てWBM(Water-Base Mud:水系泥水)等々と定義されるであろう。その外側の黄・赤の領域に到達するには、これらの機器の1つかそれ以上の高品質化が必要であることを意味している。高品質化には、例えばツールジョイントが高トルク仕様の5-1/2"DP・5-7/8"DP・6-5/8"DP、4×1,600HP or 3×2,200HPのマッドポンプ、7,500psiのSPPシステム、トップドライブ(トルク容量:45,000?60,000ft-lbs)、OBM(Oil-Base Mud:油系泥水)等々の使用が求められる。さらに現在では、垂直深度の5倍を超える偏距を持った坑井が掘削された例もあり、ERD技術の進歩には驚くべきものがある。図3世界のERD坑井実績2005.7. Vol.39 No.424蝠揀Rストダウンと環境保護に威力:大偏距掘削(ERD)技術図4世界のERD坑井実績(水深500m以上の坑井)北千住池袋新小岩中野新宿渋谷東京10km三軒茶屋品川東京湾図5偏距10kmとは…(東京駅を基点)Unocal、ConocoPhillips、Woodside、Statoil、Total社等である。適用地域は半数近くが北海エリアで、その理由としては海洋プラットフォームコストが著しく高いことが挙げられる。 本邦において最も偏距の長い坑井は、1994年に帝国石油が福島県沖合いの磐城沖ガス田で掘削した3,881mである。最近では、ロシア連邦サハリン州におけるサハリン?1プロジェクトのChayvo 油田で掘削された坑井が、偏距10kmを超えるMega-ERD(超大偏距掘削)として注目を浴びている(図6:写真提供Exxon Neftegas Limited社)。? ERD技術の利点 ERD適用の基準として最も大きい25石油・天然ガスレビューsisnalyAAnalysisAAysAnana nalysisAnalysisAAnssiissyyllaanAChinaChinaUK LandDenmarkGermanyUK LandNorwayArgentinaChinaUK LandArgentinaGermanyアナリシス表1Top 20 Longest Extended Reach Wells出所:Schlumberger's websiteHD10,730mMD11,281mTVD1,638mOperatorBP10,588m11,187m1,657mTotalWellM-16ZCN-1FieldWytch FarmAreaUK LandAraArgentina(34,728’)(36,693’)(5,436’)10,116m10,661m1,605m(33,181’)(34,967’)(5,266’)8,940m9,559m1,795m(29,324’)(31,355’)(5,889’)BPBPM-11YWytch FarmUK LandM-14Wytch FarmUK Land8,434m9,275m2,335mRWE-DEADieksand 6MittelplateGermany(27,663’)(30,422’)(7,659’)8,308m9,280m2,897mWoodsideGWA-18GoodwynAustralia(27,250’)(30,439’)(9,501’)8,183m8,689m1,498mTotalCS-1KausArgentina(26,840’)(28,501’)(4,914’)8,148m8,997m2,191mRWE-DEADieksand 5MittelplateGermany(26,725’)(29,511’)(7,188’)8,064m8,238m2,986mPhillips24-3 A-14Xijiang(26,450’)(30,301’)(9,793’)8,030m8,717m1,605m(26,338’)(28,592’)(5,265’)7,976m8,532m1,616m(26,160’)(27,986’)(5,301’)7,969m8,894m1,634m(26,138’)(29,173’)(5,358’)BPTotalBPM-5AS-3M-15Wytch FarmAraWytch Farm7,855m9,329m2,771mNorskHydro30/6-C-26AOsebergRank1234567891011121314151617181920Year199919991999(RC)N/A200119991998200019971997(RC)19971999(RC)19951999(RC)N/A1999199920001999(25,764’)(30,600’)(9,088’)19987,681m8,195m1,504m(25,195’)(26,880’)(4,932’)7,654m8,305m1,656m(25,105’)(27,240’)(5,433’)TotalBPCS-2M-9ZKausWytch Farm7,647m9,034m2,157mMaerskMFF-19CDan(25,081’)(29,631’)(7,074’)7,573m8,369m2,073mRWE-DEADieksand 4Mittelplate(24,839’)(27,450’)(6,798’)7,568m8,688m2,848mPhillips24-3 A-17Xijiang(24,823’)(28,497’)(9,340’)7,515m8,613m2,831mPhillips24-3 A-18 st3Xijiang(24,649’)(28,250’)(9,287’)7,497m8,286m2,059mRWE-DEADieksand 3Mittelplate(24,590’)(27,178’)(6,752’)要素は経済性であるが、BPのWytch Farm(英国)の場合は、目的層の地表部分にヨットハーバーなどが設置されている観光地であることから景観保護が主目的で選択された場合や、前述のExxonのChayvo油田のように耐氷型プラットフォームの建設数削減や海洋汚染防止の目的で選択された場合、またカリフォルニアの海洋地域ではプラットフォーム設置禁止令が定められているため陸上から海洋に向けたERD技術が選択された例もある。ERDを適用した場合に付随する一般的な利点を、以下に列挙する。・ 既存のプラットフォームの有効利用掘削が可能となるため、 ・ 海洋プラットフォームが不要となが可能る・ 新規開発のためのプラットフォーム ・ 高価な海底生産システムを採用せ数を大幅に削減できるずに開発が可能となる・ 海底仕上げを行う必要がないため、海底生産設備の割高な維持費がかからない・ 1本の坑井で複数のターゲット(油ガス層)を掘り抜くことが可能・ 油ガス層を掘り抜く区間が長いため、生産性向上に寄与する・ 陸上から海洋にあるターゲットへの ・ 環境に与える負荷を軽減できる 上記したように、ERD適用の第一の理由は資本コスト投資を著しく低下させ、海洋における開発コスト削減であることが明確である。具体的なコスト削減の例を示すと、Statoil社が1991年に掘削した坑井(掘削深度7,250m、偏距6,086m、傾斜80°)では、海底2005.7. Vol.39 No.426蝠揀Rストダウンと環境保護に威力:大偏距掘削(ERD)技術生産システムを採用した場合開発費が5,400万ドルであったのに対し、ERDを採用した場合には半分以下の2,100万ドルまで開発コストを削減したという実績や、英領北海 Southern Gas BasinにおいてはERDを採用したことによって、1坑井削減(?1,200万米ドル)・掘削コスト削減(?1,800万米ドル)・プラットフォーム数1基削減(?4,000万ドル)で、計7,000万ドルのコスト削減に成功した例もある。ただし、ERD適用によるコスト削減へのインパクトは地域依存性がかなり大きいため、一概に定量的数値を用いて表すことは難しい。図6サハリン?1プロジェクト掘削リグ写真提供:Exxon Neftegas Limited社2.ERD技術 ERDに必要とされる技術は多岐の分野にわたっており、また複雑に絡み合っているため、単に個々の課題を解決するだけではERDは達成されない。以下に挙げる技術課題要素(図7)は相互に影響を及ぼし合うため、これらのバランスを考慮して綿密に計画を立てる必要がある。トは非常に大きい。傾斜掘りを計画する際は、掘削時のトルクや揚降管時のドラッグを可能な限り低く抑えるために、より滑らかな坑井軌跡となるように留意するのが一般的で、ERDの場合には特に重要なポイントとなり得る。 上述したトルク・ドラッグ以外にも、バックリング、ハイドロリクス、ホールクリーニング、BHA(Bottom Hole Assembly:坑底機器編成)、ケーシング深度、ケーシング降下手法、検層、リグ能力などの数多くの要素が坑跡の影響を受ける。また、ワイヤーライン検層機器を下げるには65?70°、コイルドチュービングを下げるには80?85°の坑井傾斜が限界値となっている。 代表的な坑跡として、以下の4つが挙げられる(図8)。① 増角・沿角(Build & Hold) 増角率を一定に保ち、傾斜角まで達? 坑井軌跡の最適化? トルク・ドラッグ(昇降負荷)? バックリング(座屈)? ホールクリーニング? ハイドロリクス  (ECD:等価循環泥水比重)? 坑壁安定性? ケーシング降下? ケーシング磨耗? ロジスティクス 次に、上述したERDの各技術課題における概要と対策について述べる。? 坑井軌跡の最適化 坑跡がERD計画に与えるインパク27石油・天然ガスレビュー図7大偏距掘削(ERD)における技術課題AナリシスysisnalyAAAnAnalysisAAysAnana nalysisAnalysisかし、これまで述べてきた通り、ERD坑井における傾斜区間の摩擦の軽減を目的として、PDMに替わる新たな技術も開発されており、その代表的なものがRSTである。PDMでの坑ss跡コントロールは、パイプのすべてをiissyyll回転させて掘進する「ロータリー掘削」aanAとPDMの先端部のみ回転させて掘進する「スライディング掘削」を交互に織り交ぜて掘り進むのに対して、RSTでは常に「ロータリー掘削」のみで坑跡をコントロールすることが可能となっている(図10)。 RSTの仕組みに関してはツールを提供するサービス会社によりそれぞれ異なったシステムを採用しているが、石油公団(当時)が大手サービス会社の1つSperry-Sun社と共同で開発した「Geo-Pilot」では、ツール内部でシャフトを偏心させてその反動によりビット(地層を切削するカッター)の向きを調整して坑跡をコントロールしている(図11)。このRSTを使用することにより、PDMを使用した場合に問題となる「スライディング掘削とロータリー掘削を交互に行うことにより生じ2005.7. Vol.39 No.428した後は沿角(坑井の傾斜・方位を一定に保った状態で掘り進むこと)を維持してターゲットを狙う最も一般的な坑跡デザインで、掘進長が最も短くなるという特徴がある。② カテナリー(Catenary) 一般的なカテナリーデザイン(懸垂線:重力が生み出す「かたち」の1つで、例えば紐の端と端を持って垂らしたときに描く放物線をデザインしたもの)としては、キックオフ(ある深度まで垂直に掘進し、そこからターゲットへ向けて坑跡を曲げること)後、始めの増角率を0.5?1.0deg/30mとし、段階的に最大2.5?3deg/30m程度に増角率を上げていく方法である。カテナリーは増角・沿角と比較してトルクが小さく、それに伴ってケーシング磨耗も減少するが、反面ドラッグが悪化するというデメリットを併せ持つ。③ S字(S-turn) 複数のターゲットを掘り抜く際に用いられる。S字は沿角部の傾斜を大きくするが、ターゲットへの進入角が減少し、ターゲット層予測の誤差や油ガス生産層の掘削区間長を小さくでき図8坑跡の種類る。またターゲットへ掘り込む区間では引っ張りの軸力が増加するためビット荷重の面で有利となるが、同区間ではトルクとフック荷重が増加する。④-3 D(Complex) 水平区間を含むERD坑井では、3-D pro?leが増えている。しかし、スライディングモードによる水平区間の掘削は非常に困難となり、RST(Rotary Steering Tool)の適用が必須となる。 傾斜掘り技術として現在最も一般的に用いられているものは、MWD(Measurement While Drilling)とPDM(Positive Displacement Motor)の組み合わせによるものである(図9)。PDM は先端に微少な曲がり(一般的には1°程度)をつけることができる機器で、坑井の進ませようとする方向にその曲がり部を向けて先端のみ回転させることにより、坑跡をコントロールする機器である。 このMWD&PDM の組み合わせでほとんどの傾斜掘り坑井の掘削は可能であり、実際この組み合わせで掘削されたERD坑井も数多く存在する。し蝠揀Rストダウンと環境保護に威力:大偏距掘削(ERD)技術る坑跡のTortuosity(ねじれ)」が解消され、より滑らかな坑跡を描くことが可能となる(図12)。ひいてはこれまで述べてきたようにRSTの適用は、ERD坑井で最も大きな問題の1つである「パイプと地層間の摩擦」の軽減に貢献できるため、近年のERD坑井掘削時には使用される例が増えてきている。? トルク・ドラッグ 坑壁とストリング間で発生する摩擦によりストリングの回転や揚降が妨げられることで、特にERDでは傾斜区間が長いことによって、パイプが坑壁またはケーシングの内壁に接触するため、いくつかの複合した力が存在する。トルクは大別して以下の3つに分けられる。① メカニカルトルク ドリルストリングとカッティングベッド、または崩壊した坑壁との間に発生するトルクである。② フリクショントルク ドリルストリングと坑壁、またはケーシング内壁との接触によって発生するトルクである。 ③ビットトルク 掘削中のビットと地層(岩石)の間に作用するトルクであり、通常ビットトルクはPDCビットの方がトリコーンビットより大きい。 ドラッグはトルク同様、コンタクトフォースによって発生する上げ下げ負荷であり、通常はストリング回転が停止している際の、ストリング揚降管時に発生する。 通常の坑井掘削と比較してERD時に発生するトルク・ドラッグはかなり大きな値となるため、掘削中にドリルパイプが切断したり、スムーズな揚降管作業ができなくなることがある。最悪の場合にはドリルストリングの抑留29石油・天然ガスレビュー図9MWD&PDMの組み合わせによる編成図提供:Schlumberger社図10MWD&RSTの組み合わせによる編成図提供:Schlumberger社図11Geo-Pilot図提供:Sperry-Sun社といった事態に陥ることもあり、これらのトラブルを未然に防止するために、以下の内容について十分に検討する必要がある。① 掘削時にドリルパイプに作用するトルクおよびそのトルクを許容できる強度を有したドリルパイプ(ツールジョイント)の選択② ケーシング降下時のドラッグ③ トルク・ドラッグを最小限に抑えられる坑井軌跡④ カッティングス(掘屑)の効果的な除去方法(ホールクリーニング手法) ①?③に関しては、トルク・ドラッグ解析シミュレーションプログラム(例えば、Landmark社のWellplan、K&M Technology社のTAD解析シミュレータ等)を用いた計画立案が非常に有効である(図13)。④に関しては、JOGMECが東京大学と共同で開発中の「非定常カッティングストランスsisnalyAAnalysisAAysAnana nalysisAnalysisAAnssiissyyllaanAアナリシスポートシミュレータ」を用いて、ERDに限らず一般的な傾斜坑井において良好なホールクリーニングを得るための、最適な掘削パラメータを導き出すことも可能である(結果例、図14)。? バックリング(座屈) バックリングはドラッグの蓄積によってストリングが圧縮状態になり、ある許容値(クリティカルバックリングロード)を超えた時に発生する。この許容値はバックリングのタイプに加え、ヤング率・断面二次モーメントの剛性強さや、傾斜角、曲率半径等によって決まる。バックリングのタイプには大別して以下の2つが存在する。・ シナソイダルバックリング (Sinusoidal buckling) ドリルパイプが圧縮状態にある時に徐々に発生し、悪化する。その名の通り、ドリルパイプが坑内でサインカーブ状にたわみ始め、それがさらに進行して悪化するとビット荷重が伝わり難くなる。この現象は、ローラーコーンビットと比較してPDCビットの方が起こりやすい。・ ヘリカルバックリング (Helical buckling) シナソイダルバックリングが発生し、その状態からさらに圧縮力がかかると、あるタイミングでヘリカルバックリングが突然起こる。ドリルパイプがらせん状にたわみ、ビットに荷重をかけることが不可能な状態に陥る。 バックリングの対策として一番犯してはならないことは、バックリングが発生した後にドリルストリングを回転させることである。これによってストリング疲労が一気に加速してしまう。まずはパイプを張ってバックリングを開放した後に回転するべきである。 次に、バックリングを緩和する主な手法を以下に示す。2005.7. Vol.39 No.430図12RSTによる坑跡最適化(黒線:RSTによる坑)写真提供:Schlumberger社図13TAD解析シミュレータ(K&M Technology社)の結果例蝠揀Rストダウンと環境保護に威力:大偏距掘削(ERD)技術 ①ドリルパイプ(DP)のサイズ・剛性 例えば3-1/2"DPの代わりに4"・4-1/2"DP、または5"DPの代わりに5-1/2"・5-7/8"・6-5/8"DPを適用することや、バックリングが発生しやすい個所のドリルパイプをヘビーウェイトドリルパイプ(HWDP)に置き換えることによって剛性が大きくなり、バックリングが発生し難くなる。 ②ストリングの回転 基本的にストリングを回転し続けていれば、バックリングは発生しない。バックリングが懸念されるケーシング降下の際は、許容トルクを考慮した上で回転させながら降下することを基本とするべきである。 ③坑跡 増角率の減少やキックオフポイント(KOP:傾斜し始める深度)を浅深度に設定すること、またケーシング(ライナーケーシングを含む)のセット深度の変更によって、バックリングのリスクを軽減させることができる。④ 特殊なツールの使用 NRDPP(Non Rotating Drill Pipe Protector)(図15):トルクとケーシング磨耗を減じ、バックリングを防止する効果もある。欠点としては、パイプの外径が大きくなることによるドラッグの増加(増角部のみ)やECDの増加、櫓下での装着・取り外しに時間を要する点等が挙げられる。ただし、図15に示す機器のように、装着・取り外しに要する時間が1分未満と短く、さらにケーシングの磨耗防止・トルクの減少だけでなく、ドラッグの減少も期待できる有用なツールが開発されている。 ローラーセントラライザー(図16):ドリルパイプやケーシングに取り付けることによってストリング降下中の摩擦が低下し、トルク・ドラッグが軽減され、バックリングの防止に貢献する。図16に示す機器は主にケーシングに取り付けられ、ケーシング内・31石油・天然ガスレビュー(上図:非定常解析結果、掘削経過時間におけるカッティングス堆積量を視覚化した図。外側の黒線がケーシング、内側の灰色の線が偏芯したドリルストリングを示す。下図:定常解析結果、各セクションのアニュラス断面で、各流量におけるカッティングベットの高さを示す。)図14非定常カッティングストランスポートシミュレータの結果例図15Non Rotating Drill Pipe Protector(製品名:SlickSleeve)写真提供:Weatherford社坑内を降下する際に最大60?70%のドラッグ(摩擦)を減少することが、実フィールドにて実証されている。? ホールクリーニング ERD坑井におけるホールクリーニング対策はERD計画の中で非常に大きなウェイトを占め、それの理解がオsisnalyアナリシスニング特性には図17に示すような相関関係が報告されており、JOGMECにおいても平成16年度に柏崎テストフィールドのCTFLS(カッティングストランスポートフローループシステム)実験装置(図18)を用いて、ドリルストリングの高回転がホールクリーニングに与える影響について実験・解析を行い、その解析結果をモデル化して開発中の非定常カッティングストランスポートシミュレータに組み込んだ。AAAnAnalysisAAysAnana nalysisAnalysis? ハイドロリクス(ECD) ERDにおけるハイドロリクス(流量、ポンプ圧)は、特に12-1/4"坑において、採用するドリルパイプのサイズによって要求されるリグ性能が異なる等のクリティカルな一面を抱えているが、ここではERD坑井を計画する際に最も重要な要素の1つとして考えられる“ECDマネジメント”に焦点を当てて説明する。ERD計画立案の際に、ECDマネジメントが重要かつ、ss必要不可欠であるゆえんを考えてみiissyyllる。aanA・ 掘進長と比較して、垂直深度が短いこと(掘進長が長いため、アニュラス内の圧力損失が大きい)・ 通常の垂直井と比べて、比較的浅い深度を掘削するため、地層圧・地層破壊圧がともに低い ②泥水性状 最も有効な泥水は、油系泥水(OBM or SBM: Synthetic Base Mud、80:20?90:10が好ましい)であるがこの場合、バライトの沈殿が無く安定していること、およびECDを低く抑えるために粘性を限りなく低くして用いる必要がある。ここで注目すべき点はホールクリーニングに焦点を当てた場合、Fann reading(600/ 300/ 200/ 100/ 6 /3rpm)の6rpmに注目し、水系泥水(WBM)では坑径の1.0?1.2倍、油系泥水では坑径の1.0倍よりやや低い値を採用し、さらにPV値(Plastic Viscosity:泥水中に含まれているソリッド分の機械的摩擦によって生じる流動抵抗を示す値)を極力低く保つことが推奨されている。③ 掘進率 JOGMECが東京大学と共同で開発中の非定常カッティングストランスポートシミュレータの解析結果(図14)や、K&Mが推奨する「Drilling in the Box」コンセプト(掘削システム全体におけるホールクリーニング能力に対して、最適化し得る手法)等によって、「低掘進率で掘削すれば、良好なホールクリーニングが得られる」という説は否定されている。また、ここで列挙する掘削パラメータを最適化して良好なホールクリーニングが得られていれば、最高の掘進率で掘削することが可能となる。 ④ ドリルストリング回転図16ローラーセントラライザー(製品名:LoDRAG)写真提供:Weatherford社ペレーションを成功させる鍵となり得る。ERDに限らず高傾斜掘削におけるトルク・ドラッグの問題は、不十分なホールクリーニングによるカッティングスベッドの形成や坑内不安定さ、キーシートおよび差圧抑留等により生じるケースが多い。ホールクリーニングが不十分な場合にはトルク・ドラッグが増大するだけでなく、パックオフ・抑留のリスク増大、等価泥水比重(以下、ECD)の増大とそれに付随して発生する逸泥等の重大な問題を引き起こす。 ホールクリーニングを改善するためのテクニックとして、以下に挙げる掘削パラメータの組み合わせを最適化した結果を、オペレーションに反映しなければならない。① 泥水流量 理想的には、ECDを考慮した上で地上圧力と坑底機器の限界まで流量を高くする。代表的な坑径における推奨流量は、17-1/2"坑:1,000?1,200gpm(ガロン/分)、12-1/4"坑で:800?1,100gpm、そして8-1/2"坑:450?600gpmとされているが、これらはすべて掘進率に依存する。 静止したカッティングスベッドが連続して形成されるような高傾斜においては、機械的にかき回すアクション、つまりドリルストリングの高速回転が必要となる。ストリングの回転とホールクリー図17ドリルストリング回転数とカッティングスリターン量の関係2005.7. Vol.39 No.432蝠揀Rストダウンと環境保護に威力:大偏距掘削(ERD)技術・ ポンプ圧の低下やバックリングのリスクを低下させるため、ERD特有の大径のドリルパイプ(5-7/8"or 6-5/8"DP等)を採用せざるを得ない→アニュラスのクリアランス減少・ 良好なホールクリーニングを保つため、泥水流量やストリングの回転数を上げること 以上のようにERD坑井では、ECDを増加させる要因が数多く含まれている。 ECDに影響を及ぼす要素としては、泥水流量、泥水特性(比重・レオロジー)、ドリルストリングの回転、スワブ・サージ圧、アニュラークリアランス(ドリルストリング径)、坑跡、坑径、掘進長等が挙げられる。ECDを極力低下させるために、ERDの計画段階で考慮すべきことを以下に示す。 ①泥水特性 ECDが問題となる坑井では、極力粘性を下げる。ただし、やみくもに粘性を下げるのではなく、ホールクリーニングに支障がない程度の低下が望ましい。重要なポイントは、ECDとホールクリーニングのバランスを考慮して泥水特性をデザインするべきである。② ドリルストリングデザイン これはECDマネジメントと密接な関係がある。例えば8-1/2"坑以下の坑径ではアニュラークリアランスが小さいために、ドリルパイプの径がECDに与える影響は大きい。このような場合、アニュラークリアランスを大きくしてECDを低下させる手段として、2つ以上のドリルパイプサイズを組み合わせた“テーパーストリング編成”(例えば、5-7/8"&4"DPの組み合わせ)の採用が挙げられる。③ ケーシング計画 通常のERD坑井では、特に8-1/2"坑掘進中、7"ライナー降下時と降下後の33石油・天然ガスレビュー図18カッティングストランスポートフローループシステム実験装置出所:JOGMEC-TRC循環・セメンチング時におけるECDが問題となる。この場合どのケースにおいても狭いアニュラークリアランスがボトルネックとなっている。前者は9-5/8"ケーシングをライナーで降下して8-1/2"坑掘進後にタイバックするという代替案、後者は7"ライナーの代わりに6-5/8"ライナーを降下する等の代替案の採用によって、ECDをかなり低下させることができる。また通常のAPIケーシングの丸山ねじやバットレスタイプのコネクションではなく、ケーシング本体とツールジョイントがフラットである“フラッシュジョイント”を採用することによって、ECDを低く抑えることも可能である。④ 坑跡 坑井傾斜によって必要とされる泥水比重も異なってくる。また一般的に、掘進長が短い程ECDは小さくなるため、トルク・ドラッグ、バックリングの問題を考慮した上で、ターゲットまで最短となる坑跡を選択することが望ましい。? 坑壁安定性 ERD坑井では、通常の坑井と比べて坑壁が不安定になる傾向が強い。その主な理由を以下項目別に挙げ、おのおのについて説明する。① 坑井傾斜 通常、坑井傾斜が大きくなる程、必要な泥水比重は大きくなる。しかし傾斜が大きくなると、掘削距離は長くなるにもかかわらず垂直深度は浅くなるので、地層圧力・地層破壊圧がともに小さくなる。従って坑井傾斜が大きいのに泥水比重を低下せざるを得ないという“ジレンマ”が発生するため、坑壁不安定や崩壊を防ぐために泥水性状(レオロジー、化学的性質等)の選択が非常に重要な要素となる。② テクトニック・ストレス 地下には3つの主応力:垂直応力と2つの大小の水平応力が働いており、それらの大きさと方向は地域によって大きく異なるため、坑壁を安定させるための最適な掘削方位は地域に依存したローカルファクターとなる。基本的に垂直応力は密度検層から、最小水平応力に関してはリークオフテストから、また最大水平応力は断層型の把握やFMI(Formation Micro Image)からブレイクアウト・引張き裂を抽出しシミュレーションから推定でき、これらsisnalyAAnalysisAAysAnana nalysisAnalysisAAnssiissyyllaanAアナリシス要する。⑤ ローラーセントライザーの適用 ケーシング降下の際、ケーシング本体とランニングストリングとして用いられるドリルパイプの両方に取り付けることが可能で、前述したようにトルク・ドラッグを最大60?70%減少することのできるツールも存在する(図16)。トルク・ドラッグ低減の効果は従来、ケーシング管内だけのものが多かったが、最近では裸坑においても同様の効果を有するツールが市場に出ており、ERD坑井には欠かせないツールとなりつつある。ただし、ローラーセントライザーの装着数が増えるにつれ、ECDの増加と装着・取り外しに要する時間が増加する、という欠点も存在する。 ⑥ ケーシングフローテーションの適用(図19) 1989年にUnocal社とK&M社によって開発されたこの手法は、ケーシングの管内全体もしくは一部を空気で満たすことにより、浮力によって沿角部の重量を減らしてドラッグを低下させるという原理である。ただし、管内を空気で満たすこと、またサージ圧やECDが加わることによって、坑底付近でのケーシング内外の差圧がかなり大きくなり、ケーシング圧潰のリスクが増加する。? ケーシング磨耗 増角部以浅での引張荷重が小さいため深刻な問題にはなり難いが、ホールクリーニングや揚管時のバックリーミングは、増角部において大きなサイドフォースを生じるのでケーシング磨耗のリスクが増す。ケーシング磨耗は基本的に掘削長(接触時間)と回転数に比例して増える。この問題は、計画段階でケーシング磨耗をシミュレーションして、ケーシングの肉厚を厚くしたり高グレードケーシングを使うことで対処できる。以下にケーシング磨耗の2005.7. Vol.39 No.434図19ケーシングフローテーション法写真提供:Davis-Lynch社(cid:12693)(cid:12745)をできる限り正確に把握することで、適正な泥水比重範囲や坑壁不安定のメカニズムを知ることができる。③ 暴露時間 ERD坑井では、長い掘削区間や長時間にわたる浚い・循環等のホールクリーニング対策、頻繁な揚降管などによって、裸坑の暴露時間は非常に長くなる。④ ECD ERD坑井ではECDの変化が激しいため、坑壁への負荷が増して疲労破壊が起こりやすく、不安定になりがちである。? ケーシング降下 これはERD坑井計画の中で、最重要課題の1つとして位置付けられている。 ERD坑井ではケーシングパイプが坑壁に接触する区間が増えるため、摩擦によるドラッグが増え、降下している際にNegative weight(引張荷重が0以下)となるケースが多い。そこでドラッグを軽減させるための手法として、以下のような選択肢がある。① 軽量ケーシングの適用 ケーシング重量を軽くすることによって、ドラッグが減少するだけでなくパイプの厚さも薄くなるため、次の区間以降のECDも低下する。ただし、ケーシング磨耗対策には適さない。② ライナーケーシングの適用 フルストリング(地上から設置深度まですべてケーシングで覆う)ではなく、ライナーケーシング(ドリルストリング+ケーシングの編成)を適用した場合、ドラッグが大幅に減少するだけでなくケーシング回転の可能性が高まる。 ③テーパーケーシングの適用 坑井垂直部に比較的重いケーシングを置き、沿角部には軽いケーシングを配置する。例えば12-1/4"坑の場合、垂直部に10-3/4"ケーシングをセットし、沿角部に9-5/8"ケーシングをセットするという手法である。 ④ ドリルカラー、ヘビーウェイトドリルパイプの使用 降下するケーシングのトップにドリルカラーもしくはヘビーウェイトドリルパイプを置く。これによって摩擦に打ち勝つための下向きの荷重が追加されるが、編成組みや取り外しに時間を蝠揀Rストダウンと環境保護に威力:大偏距掘削(ERD)技術対策を挙げる。① トルクリダクションツールの適用 バックリングの対策で取り上げた“NRDPP”を増角部と沿角部に取り付けることによって、トルクだけでなくケーシングの磨耗も減少させることができる。② ハードバンディングの適用 ドリルパイプツールジョイントの保護だけでなく、ケーシングの磨耗を防ぐために、ドリルパイプのツールジョイト上にタングステンやクロム、アモルファス等を用いて表面を強化する。タングステンカーバイドのハードバンディングは比較的良い条件でもケーシング磨耗を避けることができず、現在においてはクロムベースの硬層ハードバンディグの信頼性が高い。 ③ 肉厚ケーシング(重いケーシング)の適用④ 増角率の減少 例えばカテナリー坑跡のように、浅層での増角率を小さくすることによってケーシングの磨耗を減らすことができる。また増角部のTortuosityを最小限に留めることでも改善できる。 ⑤油系泥水(OBM)の適用 油系泥水の適用はケーシング磨耗だけでなく、トルクの低減にも貢献する。 ⑥バックリーミングを極力避ける? ロジスティクス 特に掘進長の長いERD坑井においては極めて複雑になるため、ロジスティクスにかかわるマネージメントシステムを構築する必要がある。例えば、①坑内容量が大きいために必要とされる泥水量や泥水リターン量が多く、収容能力の高いマッドピットや多量の調泥剤が必要、②掘進長が長いこと、トルク・ドラッグの軽減やバックリングの防止のために、多種のドリルパイプを長距離必要とすることから、櫓下のセットバック容量の考慮、③多数のケーシングをストックするためのデッキ容量のマネジメント、④かかわるサービスエンジニアの人数が多いことによる収容施設のスペースの問題等、考慮すべき要素が多数あり、これらをいかに効率良くマネジメントするかが重要なポイントとなる。3.おわりに ERD技術が今後の石油・天然ガス開発、特に海洋における開発にとって必要不可欠な技術となることは間違いないであろう。今後も掘削技術や機器の進歩に伴い、さらに適用範囲を広げていくことが予想される。また日本の石油開発会社においても、これまで海洋プラットフォームの莫大な建造費のために採算が取れないという理由や、環境保護の点、政治的背景等から、近傍に施設が建設できないという理由で開発を見送っていた油ガス田の開発に対して、このERD技術への期待はかなり大きい。世界的には、環境規制の厳しいサハリン地域はもちろんのこと、米カリフォルニア沖、アラスカ地域や、今後大規模な油ガス田の開発が見込まれる地域(東シベリア地域、イラン、イラク等)、また海洋に面した国で陸上から沖合への開発が経済的に有効とされる地域(欧州、豪州、東南アジア等)における探鉱開発促進に寄与するであろう。参考文献 1. 北村 龍太, 2005, 大偏距掘削技術, ICEPニュース, No.49 2. Dean Hindle・Yoshihito Ooka:INPEX Browse, Ltd、Katsuhiro Ohbi:JOGMEC、2005:ERD Well Design Report 3. Teruyuki Koyamam, Ryuta Kitamura, 2005, ERD Mechanical Feasibility Study 4. 石油技術協会, 2004, 石油・天然ガス資源の未来を拓く ?最前線からのメッセージ?, 194-197頁 5. 増田 昌敬・長縄 成実, 2003, JOGMEC委託研究報告書, アンダーバランス掘削におけるホールクリーニングに関する研究 6. K&M Technology Group, 2002, Drilling Design and Implementation for Extended Reach and Complex Wells 7. 栃川 哲郎, 2000, Downhole Talk, 石油/天然ガスレビュー 8. M.L.Payne, 1994, Critical Technologies for Success in Extended Reach Drilling, ARCO British Ltd, SPE2829335石油・天然ガスレビューsisnalyssiissyyllaanAAAnalysisAAysAnana nalysisAnalysisAAn2005.7. Vol.39 No.436アナリシス著者紹介現在 JOGMEC 石油工学研究チーム所属。長野県長野市出身。H10年長野高専電子情報工学科卒、H13年東京大学工学部地球システム工学科卒業後、H13年4月石油公団(当時)に入団。入団1年目に国内各地の掘削現場研修等を経験後、翌H14年には約半年間、アゼルバイジャンにて操業会社JAOCでの掘削現場研修を経て、H15年4月から石油公団(当時)TRC勤務、石油工学研究室とメタンハイドレート研究PTに配属。メタハイチームでは、H13年度に実施されたカナダマッケンジーデルタにおけるマリックプロジェクトで、氷点下40度という極寒地域の現場オペレーションを経験、またH15年度基礎試錐「東海沖?熊野灘」の掘削船Joides Resolutionに乗船。石油工学研究室では、H14年度より実施されている大偏距掘削(ERD)スタディの一環として、H15年度にサハリン?1を対象としたERDスタディ、H16年度にはINPEX Browseで実施されたERDスタディに参加。趣味は、とにかくスポーツをすること。
地域1 グローバル
国1
地域2 旧ソ連
国2 ロシア
地域3
国3
地域4
国4
地域5
国5
地域6
国6
地域7
国7
地域8
国8
地域9
国9
地域10
国10
国・地域 グローバル旧ソ連,ロシア
2005/07/20 [ 2005年07月号 ] 大備 勝洋
Global Disclaimer(免責事項)

このwebサイトに掲載されている情報は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)が信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

※Copyright (C) Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.

本レポートはPDFファイルでのご提供となります。

上記リンクより閲覧・ダウンロードができます。

アンケートにご協力ください
1.このレポートをどのような目的でご覧になりましたか?
2.このレポートは参考になりましたか?
3.ご意見・ご感想をお書きください。 (200文字程度)
下記にご同意ください
{{ message }}
  • {{ error.name }} {{ error.value }}
ご質問などはこちらから

アンケートの送信

送信しますか?
送信しています。
送信完了しました。
送信できませんでした、入力したデータを確認の上再度お試しください。