ページ番号1006219 更新日 平成30年2月16日

全貌が見えてきたサハリン石油ガス開発 ~期待されるサハリン-3、 5 の展開~

レポート属性
レポートID 1006219
作成日 2006-05-20 01:00:00 +0900
更新日 2018-02-16 10:50:18 +0900
公開フラグ 1
媒体 石油・天然ガスレビュー
分野 探鉱開発
著者 本村 真澄
著者直接入力
年度 2006
Vol 40
No 3
ページ数
抽出データ 曲折はあるが、開発は着実に進 サハリンの石油天然ガス開発は、よく知られているサハリン?1、2で終わりではない。始動したサハリン?5、入札の予定されているサハリン?3等が控えており、サハリン全体の資源量、生産量は大方の日本人が考えている規模の何倍にも成長する可能性が高くなってきた。 1999年からはサハリン?2からの石油生産が始まり、昨2005年の10月1日からは、サハリン?1で石油・ガスの生産が開始となった。一方でサハリン?2のLNGの生産開始予定は1年延びて2008年夏になるなど、捗している。BPの参加しているサハリン?5は2坑で連続して試掘に成功しており、地質的に有望な構造が複数存在するサハリン?3の鉱区は近々国際入札に付される。サハリンがロシア、あるいは北東アジアにおける石油・天然ガスの大輸出地域として、その全貌を現す日も遠くない。 サハリン州の地下資源委員会は、カミル・イスハコフ(Kamil Iskhakov)極東大統領全権代表に対する報告の中で、2009年までにサハリンからの石油生産が年産2,000万トン(約40万バレル/日)、ガス生産が年産190億立方メートルになるとの見通しを伝えた。2005年のサハリンにおける石油生産量は401.4万トン(2004年の354.6万トンから13.2パーセント増)、天然ガスは19.9億立方メートル(2004年の20.04億立方メートルから0.7パーセント減)であることから、石油は400パーセント増、天然ガスは850パーセント増という意欲的な目標である(Interfax, 2006/3/21)。サハリン?5での油田発見など最近の成功事例を勘案すると、将来的にはこれを大幅に上回る成長可能性は十分あると思われる。 一方、この開発事業への日本企業のかかわりは、LNGプラントの建設や資機材の供給のみならず、輸送サービス、土木建設まで広い範囲に及んでおり、北海道地域を中心に新規の需要創出が見られる。日本も遅ればせながら、近隣に産油ガス地帯のあることの経済的恩恵に浴することができる状況が出てきた。 今後は、いずれサハリン?5の開発工事も始まり、サハリン?3の探鉱事業も展開される。サハリン?1、2のみならず、複数のプロジェクトが雁行して推進され、大きな事業が山脈のように次々とバトンタッチされることにより、大規模な投資活動とそれに続く石油・天然ガスの生産が何十年にもわたって継続することになる。このため、輸送や操業関連インフラストラクチャーを共有する必要が当然出てくるし、プロジェクト支援のための諸設備の共通利用も大きな課題である。今後は、サハリン州政府もチュメニ州並みの石油開発管理のノウハウが要求されるであろうし、複数あるプロジェクト同士でも、事業協力、パイプラインへの第3者アクセスの容認などが、重要な協議事項として浮かび上がってくるものと思われる。 各鉱区の動きを表1にまとめたが、以下の本文では新しい動きの見られるサハリン?5、3から述べ、その後、先行しているサハリン?1、2の現状について記した。がんこうしんちょくよ余紆うアナリシスアナリシスJOGMEC 石油・天然ガス調査グループmotomura-masumi@jogmec.go.jp本村 眞澄全貌が見えてきたサハリン石油ガス開発?期待されるサハリン?3、 5の展開?1.サハリン大陸棚での新しい活動展開? サハリン?5における試掘成功?BPのサハリン?5への参加 サハリン?5では、当初、地質調査ライセンスをサハリンモルネフチェガス(Sakhalinmorneftegaz: SMNG)が保有していたが、1998年2月にロスネフチ/SMNGとBPが探鉱作業を共同実施することでプロトコールに調印、同年5月に戦略的協力協定を結び、権益をロスネフチ/SMNGが51パーセント、BP49パーセントとした。 このコンソーシアムは、生産物分与(PS)法の適用を目指したもので、2000年にはPSリスト法採択を求めてサハリン州政府、同州議会の承認を得たがPSリストには組み入れられず、2001年2月にロシア連邦天然資源省は鉱区を4分割し、そのうちの2鉱区について探鉱・開発ライセンスの入札を行う方針とした。 BPはその後、2003年にTNKとロシアの石油開発に関する合弁企業(JV)を設立したが、事業的に先行していたサハリン?5に関しては、JVの対象か25石油・天然ガスレビューオ、7月25日から掘削を開始した。水深は100メートル、離岸距離は40キロメートル、掘削予定深度は2,825メートルである(Interfax, 2005/7/18)。その結果、2,705メートルまで掘削し、三つの層準で炭化水素を発見した(Interfax, 2005/10/31)。 その後、リグは10月にペラレイチ?1に戻り、リエントリーして、フローテストで日量380立方メートル(2,394バレル/日)の石油を見た。鉱区全体の可採埋蔵量は石油7.83億トン、天然ガス4,320億立方メートルであると推定されている(Interfax, 2005/10/31)。 今回、連続して発見がなされたことから、鉱区全体での石油の胚胎可能性はかなり高いものと見られている。はいたい?ロプホフ(Lopukhov)鉱区の動き 2005年12月21日、ガスプロム傘下に入ったシブネフチは、ロプホフ鉱区を保有するTNKサハリンLLCの株式の75パーセントを、TNK-BPホールディングから取得した。同鉱区の面積3,500平方キロメートル、推定埋蔵量は、石油が1.3億トン、天然ガスが5,000億立方メートルである。なお、残りの25パーセントの株式を保有するサハリン州資産運用委員会は、これを売却するつもりのないことを明らかにしている(Interfax, 2005/12/13)。 この鉱区が、TNK-BPからガスプロムの子会社となったシブネフチに売却された背景については、コビクタ・ガス田の開発を急ぎたいTNK-BPが、ガスプロムを懐柔する策の一つとして行ったとの観測がなされている。 なおシブネフチは、5月13日にその名称を「ガスプロムネフチ(Gazprom-neft)」とし、石油開発を担う部門となる(Interfax, 2006/4/3)。ら除外されている。?ペラレイチ(Pela Lache)構造における成功 同鉱区は、ロスネフチが51パーセント、BPが49パーセントの比率で、オペレーターのイルバリネフチェガス(Elvari Neftegaz)を設立している。ロシア内でも、ここではTNK-BPは参加せず、BPがロスネフチとライセンスを保有している。 BPが2004年10月6日に発表したところでは、サハリン?5の最も南に位置するカイガンスコ・バシュカンスキー(Kaigansko-Vasyukansky)鉱区のペラレイチ構造(「大波」の意。一部報道ではPela Leich)に掘削した1号井「Pela Lache well No.1」が、複数の良好な砂岩貯留岩で、かなり(significant)の量の石油・ガスを発見した(IOD, OGI, Reuters, 2004/10/7)。坑井位置は、離岸距離49キロメートル、水深114メートルの地点である(図1参照)。同年の掘削可能期間が終了する時期にきていたことから、翌シーズンにリエントリーして出油テストが実施されることとなった。掘り止め深度は、3,600メートルである(IOD, 2005/6/22)。同鉱区では、全部で5坑の試掘義務がある。 同井発見により、その南方トレンド上に位置するサハリン?3の鉱区の有望性を一躍高める結果となった(本誌2005年3月号「サハリン北部はエルドラドになるか? BPの試掘成功(サハリンV)の意味」参照)。?ウダチナヤ(Udachnaya)構造の試掘 2005年の掘削シーズンに、前年同様英国トランスオーシャン社のレジェンド(Legend)というリグを用い、ペラレイチ?1から西へ15キロメートル離れた同じカイガンスコ・バシュカンスキー鉱区内のウダチナヤ構造に移動アナリシス? サハリン?3での入札の動き?サハリン?3の鉱区の経緯と地下資源法の動向 サハリン?3のうち、ウェーニン鉱区を除く東オドプト、アヤシ、キリンスキーの3鉱区については、1993年のデンバーにおける入札によって、PS契約に基づいて鉱区取得について優先的に交渉する権利が、以下のように付与された。東オドプト、アヤシ鉱区についてはエクソン(当時)に66.7パーセント、キリンスキー鉱区についてはモービルおよびテキサコにそれぞれ33.3パーセント、そして両鉱区の残りの33.3パーセントがロスネフチに与えられた(後に、両外国企業はエクソンモービル、シェブロンテキサコとなり、さらにその後シェブロンとなる)。 外資はそろってPS契約の締結を希求し、キリンスキー鉱区に関しては2エリザベチンスキー(S-5)シュミット(S-4)東シュミット(S-5)ロプホフ(S-5)ウダチナヤウダチナヤペラレイチペラレイチアストラハン(S-4)(S-5)東オドプトオドプトカイガンスコ・バシュカンスキー(S-3)(S-1)ピルトン・アストフ(S-2)アルクトン・ダギ(S-1)チャイボ(S-1)ウェーニン(S-3)アヤシ(S-3)ルニ(S-2)デカストリキリンスキー(S-3)S-6プリゴロドノエ(LNG基地)出所:JOGMEC図1サハリンの主要な鉱区とサハリン?5での成功井の位置2006.5 Vol.40 No.326S貌が見えてきたサハリン石油ガス開発 ?期待されるサハリン?3、 5の展開?回目のPS対象リスト法に記載され、1999年5月に議会承認を受けた。アヤシ鉱区に関しては、これを記載したPS対象リスト法案が1999年12月に下院に上程されたが、審議されないままで終わっている。キリンスキー鉱区に関しては、その後PS契約に関する交渉は進捗せず、2003年の第2回米ロ商業エネルギー・サミットにおいてエクソンモービルのレックス・ティラーソン(Rex Tillerson)副社長(当時)は、サハリン?3に関しPS契約方式を断念、通常の探鉱・生産ライセンスで事業を行う意向を表明した。 これに対して、2004年1月29日に「PS契約に関する政府委員会(委員長はフリステンコ副首相、当時)」は、両企業に対してライセンスを付与しない方針を決定し、この3鉱区はテンダーに付されることになった(Nefte Compass, 2004/2/5)。 この若干当て付けがましい対応に、外資を中心に驚きの声が上がり、この件は投資環境の悪化の例と見なされた。 2004年10月22日付の官報ロシスカヤ・ガゼッタ(Rossiskaya Gazeta)は、地下資源利用法の改正が発効して3カ月以内に、サハリン?3のうちウェーニン鉱区を除くキリンスキー、東オドプト、アヤシの3鉱区を、ロシア政府としてオークションにかける方針であることを明らかにした。当時、同法の改正案は2004年11月下旬にも天然資源省に送られ(Moscow Times, 2004/10/26)、2005年前半にもオークションが行われる見通しであった(改正案の内容については、本誌2005年1月号「ロシア:地下資源法の改訂の動きについて」参照)。 折しも、2004年秋に、サハリン?5のカイガンスコ・バシュカンスキー鉱区においてBPロスネフチが試掘に成功すると、その位置が離岸距離49キロメートルとかなり沖合であったことから、トレンドの南方延長に当たるサハリン?3の各ブロックが注目を集めることとなった。ONGC、CNPC、エクソンモービルなどがサハリン?3への入札に関心を表明し、他の石油企業各社も地下資源法の改訂時期にかなりの神経を集中した。 一方、地下資源法改正案の内容はその後も改変が加えられ、特に石油に関しては1.5億トン以上、天然ガスに関しては1兆立方メートル以上の埋蔵量を有するものを「戦略的鉱床」と規定し、外資のシェアを50パーセント未満とすることとした。 地下資源法の改正案は、実際にはかなり遅れて2005年6月にロシア下院に法案が送付され、11月にようやく第1読会(予備審議)にかけられる予定であったが、読会の直前に法案は取り下げとなり、現在も審議日程そのものが立っていない状況である。 改正案が議会で紛糾した最大のポイントは、これまでライセンスの付与には連邦政府と連邦構成主体(各州、地方等)の両方の認可が必要であったもの(2 Key System)を、連邦政府のみとした(1 Key System)点と見られる。州政府などからの、激しい巻き返しがあったと言われている。 その後、改めて地下資源法案の新バージョンが策定され、3月17日に政府に提出された。天然資源省において、4月から公開審議が行われる予定となっている(Gazeta, 2006/3/23)。ただし、下院に上程する時期については、明確でない。 このため、サハリン?3の鉱区入札のスケジュール自体が宙に浮いた形となっており、2006年中の実施に関しては予断を許さない状況となっている。また、サハリン?3鉱区を外資のシェアは50パーセント未満と制限する「戦略的鉱床」に含めるべく、天然資源省は作業を進めているという(Interfax, 2005/9/30)。 なお、エクソンモービルがサハリン?3鉱区で1998年から2003年まで実施した探鉱作業に関しては、落札者がエクソンモービルに対して8,000万ドルの既往探鉱費を払い戻すことになる旨、フリステンコ産業エネルギー相が述べている。そして、もしもエクソンモービルが落札した場合には、この既往投資分はサインボーナスから差し引かれる(Interfax, 2005/9/30)。?ウェーニン鉱区の動き 2004年9月21日、韓国のノ・ムヒョン大統領の訪ロ時に、ロスネフチと韓国国営石油(KNOC)はウェーニンおよび西カムチャツカ鉱区の開発に関し、将来のJV結成を視野に入れたMOU(覚書)を締結した。両鉱区のライセンスはロスネフチが保有している。しかしながら、ウェーニン鉱区では、旧サハリン石油開発(SODECO)時代に鉱区内最大のウェーニン構造に2坑が掘削され若干の出ガスを見たのみである。このMOUからさらに共同事業に進める可能性は高くないと見られていた。その後、KNOCの動きは西カムチャツカでの活動はあるものの、ウェーニン鉱区ではMOUより先には進んでいない。なお、ロスネフチによる同鉱区の期待可採埋蔵量は、石油が5,100万トン、ガスコンデンセートが3,700万トン、ガスが5,780億立方メートルとされている。 一方、シノペックは2005年7月にサンクトペテルブルグにおいて、この鉱区の探鉱を実施するJVの設立に関するMOUを結んだ(IOD, 2005/7/5)。最初の試掘井は2006年を予定している。 本件は、中国企業がロシア国内で権益を取得した唯一の事例となった。しかし、同鉱区の地質評価では既往の試掘実績に照らして、残された探鉱余地は大きいものではない。1993年のデンバーにおける入札でも、当初アモコが27石油・天然ガスレビューアの鉱区を落札したものの、すぐに手放し、ロスネフチがやむを得ずこれを引き取って、長らく100パーセント保有という形をとっていた。外交的な実績作りという一面を併せ持つプロジェクトと言えよう。?付記:KNOCの西カムチャツカ大陸棚プロジェクトについて 同プロジェクトの鉱区に関しては、ロスネフチ60パーセント、韓国コンソーシアム40パーセントでライセンスを取得している。韓国勢の内訳は、KNOC(20パーセント)、韓国民間各社(20パーセント)で、コガス、GSカルテックス、SK、大宇、錦湖石油化学、ヒュンデが参加している。探鉱期間は5年間で、その間2次元、3次元の地震探鉱および3坑の試掘が義務付けられている。オペレーターはカムチャツネフテガス(Kamchatneftegaz)である(ロスネフチHP, 2006/3/20)。地震探鉱は2006年から開始される。? サハリン?4 サハリン?4鉱区は、サハリン島の北西側沖合に広がっており、その南西部をアストラハン鉱区、北東部をシュミット鉱区と称する。サハリン?4に関する国際入札は、1994年9月にデンバーで行われ、シュミット鉱区にのみエクソンが応札したものの、条件面で合わず、翌年ロシア側から却下されている。その後、シュミット鉱区では、ほとんど動きが見られない。 アストラハン鉱区については、SMNGが1996年から5年間の探鉱ライセンスを保有していた。2000年7月~10月にかけてロスネフチ(50パーセント)、SMNG(50パーセント)で1坑の試掘を実施している。リグはSMNGの保有するオハ号を使用した。これは、探鉱ライセンスの延長を目指しての作業であったが、結果はドライであった。アナリシス? サハリン?6 サハリン?6は、キプロス法人ウラルエナジー(Urals Energy)の子会社ペトロサハ(Petrosakha)が97.2パーセントを保有している。残りはサハリン州政府がSakhalin Oil Companyという会社を設立して保有している。 ペトロサハ社はサハリン?6のうちポグラニチニ(Pogranichny)鉱区を保有している。ここでは、2005年からオクルズノイエ(Okruzhnoye)構造に試掘が行われ、この3月まで油兆のあった2層でテストが実施されていた。今後もさらに追加のテストがなされる予定である。 この坑井で一定の成果を見たことから、この1月26日に、同鉱区のライセンスを5年間、延長することになった。2006年には、オクルズノイエ構造の南部を含め、2坑の掘削がなされる予定である(Interfax. 2006/3/2)。2.既往プロジェクトの動き万1,000バレル/日と報じられている(IOD, 2006/3/31)。エクソンモービルのレックス・ティラーソン会長は、この油田開発にエクソンモービルの最先端技術(leading-? サハリン?1?サハリン?1の生産開始 サハリン?1は、2005年10月1日より、チャイボ油ガス田から原油5万バレル/日、天然ガス170万立方メートル/日(6億立方メートル/年)のレートで生産を開始したと発表した。石油の生産レートは、2006年末には25万バレル/日まで増やす方針である。当初の石油生産物は国内市場へ販売される。間宮海峡(タタール海峡)対岸のデカストリ(DeKastri)の石油輸出ターミナルが2006年中ごろに完成すると、そこから輸出が開始される。天然ガスはパイプラインにより、ハバロフスク州へ搬送される(http://www.sakhalin1.com他, 2005/10/2)。 なお、2006年2月の石油生産実績は4?開発工事の現況と今後 チャイボ油ガス田は、サハリン北東大陸棚の沖合に位置する(図2参照)。同油ガス田の開発を行うフェーズ1事業については、2004年4月にロシア政府がTEO-C(技術経済性審査)を承認した。生産井の掘削は2003年7月より、陸上に設置された掘削リグ「ヤストレブ(Yastreb)」により進められている。 これは、沖合の海底下にある貯留層に対して最大約11キロメートルの大偏距掘削(Extended Reach Drilling: ERD)を行うもので、世界でも最大規模のものである。また、この技術は通年操業が可能であり、流氷を避け、環境へのインパクトを最小限に抑えることを主眼としている。オペレーターであるエクソンネフチガスの親会社、オドプトピルトン・アストフピルトンヤストレブ処理施設処理施設(OPF)(OPF)デカストリチャイボアルクトン・ダギ出所:エクソンネフチェガス、サハリンエナジー等のホームページから作成図2 サハリン?1、2の油ガス田の位置と主要な生産設備2006.5 Vol.40 No.328S貌が見えてきたサハリン石油ガス開発 ?期待されるサハリン?3、 5の展開?edge technology)が投入されていることを強調している(図3参照)。 ただし、この方法ではチャイボ構造の北部しかカバーされない。2005年夏からは、沖合約8キロメートルにプラットフォーム「オルラン(Orlan)」を設置し、ここからより南の範囲に分布する貯留層に対して生産井の掘削を行っている。これも通年の操業が可能である。エクソンネフチガスの見解では、フェーズ1では1万3,000人の直接、間接の雇用が生み出されるとしている。 処理施設(Onshore Processing Facility: OPF)は、ラグーンを越えた内陸に建設されている。ここから、デカストリの輸出ターミナルまでパイプラインで原油が輸送される。 フェーズ2としては、当初計画では日本に対するパイプラインによる輸出用の天然ガス開発を目指していたが、ガス販売市場の開拓に時間を要している。また、中国に対するガス輸出の交渉も行われているが(後述)、一方でエクソンネフチガスとしても、日本市場へのアクセスの意志は捨てていないと思われる。サハリン?1の天然ガスが日本に来てほしいという思いは、関係各部署にあまねく存在する。?サハリン?1の対中国ガス供給を巡る報道 エクソンモービルのレイモンド会長(当時)は、2004年11月1日小泉首相、中川経産相と会談し、サハリン?1のオペレーターであるエクソンモービルが、天然ガスを販売する方向で中国のCNPCと話し合いに入ったと伝えた(日経,2004/11/2)。 一部でこれが大きく報道されたが、ガスの供給先の一つとして中国を含めることについては、計画の初期段階から選択肢に入っており、これが天然ガスの販売交渉先を当初の想定先まで拡大したものである。 ただし、中国東北部における域内ガス価格は国際価格に比べてかなり低く、コビクタ・ガス田における交渉でも、2003年の時点でロシアが75ドル/1,000立方メートルを主張したのに対して、30ドル/1,000立方メートル程度と言われていた。2005年末の報道では、ロシアが160ドル/1,000立方メートルを主張し、中国は70ドル/1,000立方メートルと、国際的なガス価格の上昇を反映しているとはいえ、依然開きがある(Russian Petroleum Investor, 2006/1)。 また、3月21日、プーチン大統領が訪中し、中国に対する西から(西シベリア)と東から(東シベリア)の年間800億立方メートルの天然ガス供給に関する協定に、ガスプロムとCNPCとが調印した(Vedomosti, 2006/3/22)。東からの供給ソースとしては、当初は東シベリアのコビクタ・ガス田、チャヤンダ・ガス田に加え極東のサハリンからとしているものがあるが(Vedomosti, Kommersant, 2006/3/22)、その後の報道では、例えばコビクタ・ガス田のオペレーターであるロシアペトロリアムは中国への供給を前提として新たな事業化調査(FS)を開始するといった記事(Interfax, 2006/3/23)が目立つ一方で、サハリン?1の権益を保有するロスネフチは、中国へのガス供給については全く沈黙している。 サハリンのガスが、日本はもちろんのこと、韓国、中国のみならず多くの市場を持ちうるのに対して、より巨大なコビクタ・ガス田は、大規模な市場としては中国しかあり得ない。サハリンのガスを中国へ輸出することは、同じロシアのコビクタ・ガス田の販路を奪うことに他ならない。ロシア側としては、中国に対するガス輸出のソースとして、コビクタ・ガス田を優先させることが、より合理的であると言える。プーチン訪中による今回の決定により、サハリン?1のガスを中国へ輸出する可能性は低下したと見られる。?中国国内でのガス市場の競争 一方、東北3省には、LNGによるガス供給の話も進んでいる。 大連のLNGに関しては、LNGを所管するCNOOCと、同地域周辺で遼河油田を所有しているペトロチャイナ(CNPC)との間で主導権争いが展開されてきた。2004年には、CNOOCが遼寧省政府との間で「遼寧省液化天然ガスプロジェクト」契約を締結し、同社がLNGターミナルと輸送配管の建設を担当することになった(ビジネスアイ, 2004/10/30)。LNGの再ガス化ターミナルが建設されれば、そこからあたかも染み出すように需要地域が扇形に広がってゆく。このことは、東北3省南部のかなりの部分が、やがてCNOOCのLNG市場になることを意味し、同地域を拠点とするCNPCとしては看過しえない事態である。注:右手(オホーツク海側)に向かってERDが行われる(2005年9月、筆者撮影)図3 サハリン?1のヤストレブ掘削リグ29石油・天然ガスレビューAナリシスするコククジラの餌場を通過していたことから、ルート変更をしたためである。この再設計のコスト、資機材の高騰、ドル建てコストの対ユーロでの目減りなどが理由となっている。 通常PS契約の中では、会社側は認定された事業のコストをプロジェクト収入から優先的に回収できることになっており、事業費の増加はそのままロシア側の取り分の減少を意味する。フリステンコ産業エネルギー大臣は承認に難色を示してきた。現在ロシア政府としては、独立の機関による監査を行った上で、このコストオーバーランに対する何らかの声明を2006年年央に行う予定である(IOD, 2006/2/13)。 一方、オペレーターであるサハリンエナジーのイアン・クレイグ(Ian Creig)CEOは、ロシア政府は超過コスト100億ドルのほぼ全額を承認するであろうとの楽観的な見通しを語っている(Reuters, 2006/3/23)。 また、25パーセント超の権益参加を目指すガスプロムも、油ガス田の資産価値に影響を与えるだけに、このコストオーバーランには関心を払っており、サハリン?2の参加がずれ込む可能性が出てきた(NC, 2006/4/20)。?サハリン?2とガスプロムの権益交換 シェルをオペレーターとして、ロシアで最初のLNG事業が進められているサハリン?2は、ガスプロムとしても是非とも参入したいプロジェクトであり、参入条件を巡って複数年にわたって話し合いが続いていた。 2005年7月7日、ガスプロムのアレクセイ・ミラー(Alexei Miller)社長とシェルのイェルーン・ヴァン・デル・ヴェール(Jeroen van der Veer)会長はロンドンで会合し、サハリン?2のブロック株となる25パーセント+1株と、ガスプロムの操業する西シベリアのザポリヤルノエ(Zapolyaronoye)ガス田の下部白亜系ネオコム統権益の2006.5 Vol.40 No.330オホーツク海サハリン島サハリン島ハバロフスクハバロフスクウラジオストクウラジオストクナホトカナホトカ日本海札幌札幌日本東京東京コビクタコビクタスカバラディナアンガルスクアンガルスクバイカル湖イルクーツクイルクーツクモンゴル上海ハルビン中 国05001000kmトムスクトムスクタイシェットタイシェットクラスノヤルスククラスノヤルスク国境ガス田既存石油パイプライン計画済み石油パイプライン既存ガスパイプライン計画済みガスパイプライン想定ガスパイプライン田市油ロシアチャヤンダチャヤンダヤクーツクノボロシビルスクノボロシビルスク出所:JOGMEC図4 東シベリア・サハリンにおける石油・天然ガスの既存・計画・想定パイプライン 前述のCNPCによるサハリンガスの導入は、LNGへの動きを牽制する方策でもある。現状は、ガス市場を巡る中国国内の国営石油企業同士の競争がある。サハリン?1の天然ガスも、そのカードの一つとして使われている可能性もあり、動向が注目される。? サハリン?2?サハリン?2の現状 サハリン?2では、現在2万3,000名がインフラ工事に携わっており、地元の雇用者が8,000人、7,000人がロシアの他地域から、その他が外国からである(Interfax, 2006/3/21)。 サハリン?2のピルトン・アストフ(Pilt,un-Astokh)油ガス田からの2005年の原油生産は、日量約7万バレル/日、ヴィチヤーズ(Vityaz)生産コンプレックスから実際に生産した期間は、6月10日から12月16日までの6カ月余りで、その後2006年春の生産開始まで、施設は使用されない。 サハリン?2におけるインフラ部分の工事進捗率は、会社の発表では、2005年12月の時点で60パーセントである。ピルトン・アストフ油ガス田とルニ(Luni)ガス田の鉄筋コンクリートの基礎部分の据え付け、ルニ・ガス田しゅんせつまでの海底パイプライン敷設、プリゴロドノエ(Prigorodnoye)のあるアニワ(Aniva)湾での浚渫等が行われた。 プリゴロドノエでは、年間480万トンの天然ガス液化設備を2基と、容量10万トンのLNGタンク、および原油タンクを計4基建設する。この工事は、日本の千代田化工建設と東洋エンジニアリング(TEC)からなるCTSD(Chiyoda TEC Sakhalin Development)が当たっている。また沖合850メートルの地点に出荷用の桟橋を建設する(図5参照)。 ピルトン・アストフからサハリン島南部のプリゴロドノエに至る全長800キロメートルのパイプラインは、2005年12月の段階で石油のラインが60パーセント、ガスのラインでは35パーセントの溶接が完了している(Interfax, 2005/12/14)。?サハリン?2のコストオーバーラン 当初承認されていたサハリン?2の総開発費は、100億ドルであった。しかし、2005年7月、総事業費を200億ドルへと改定した(各紙, 2005/7/15)。コスト増の要因は、ピルトン・アストフ油ガス田からの生産パイプラインのうち、当初計画のものが、この地に生息S貌が見えてきたサハリン石油ガス開発 ?期待されるサハリン?3、 5の展開?なダメージを受けた。同社は経営上、素早い埋蔵量の増加が求められる状況にあった。上記のザポリヤルノエ・ガス田のネオコム統の埋蔵量が追加されることは、かなりの事態の改善となる。また、シェルはこれまで西シベリアのサリム(Salym)油田等、メジャーとしてはロシアにおいて比較的小規模な事業展開にとどまっていたが、大規模な事業に取り組むチャンスを得たことになる。 一方、ガスプロムにとっては、サハリン?2へ参加することにより、同鉱区でシェルの進めているLNG技術にアクセスすることが可能となる。ガスプロムは、バレンツ海のシュトックマノフ・ガス田のLNG開発を指向しており、西側企業にその権益の50パーセント弱を開放すべく、ノルウェーのスタットオイル、ノルスクヒドロ、米のコノコフィリップス、シェブロン、仏のトタールと交渉中で、これによりLNG技術を導入しようとしている。同時に、ロシア国内において既に進捗しているサハリン?2に参加することは、LNG技術を早期に移転したいとする方針に照らして非常に効率的といえる。?サハリン?2のLNGの進捗状況 サハリン?2のLNGに関しては、960万トン/年の生産量に対して、既に750万トンが成約または、成約見込みであり、非常に優れた進捗である。LNG計画は以下の通り。・LNG生産計画:960万トン/年(480万トン×2トレーン)・LNG購入契約:東電150万トン、東ガス110万トン、九州電力50万トン、東邦ガス30万トン、広島ガス21万トン、東北電力12万~42万トン、センプラ160万~190万トン、コガス150万トン ただし、現在、サハリン?2の事業にはいくつかの問題が発生している。7月14日、シェルは同プロジェクトの総事業費が、当初計画の2倍に当たる200億ドルに達するとの見込みを発表した(各紙, 2005/7/15)。 これにより、当初2007年とされてきたLNGの生産開始が2008夏年までずれ込むことが確実視されるようになった。LNGの供給に関しては、代替の玉を確保するなど、影響を極力縮小する努力がなされている。?サハリン?2における環境問題への対応そじょう 工事においては、環境への配慮が随所になされている。前述のコククジラに関する件に加え、陸上のピルトン・アストフ油ガス田およびルニ・ガス田から、サハンリン島南端のプリゴロドノエに至る総延長約800キロメートルの石油とガスのパイプラインでは、河川を横断する1,080カ所で、川底のさらに下にトンネルを掘ってパイプを通す方法がとられる。このうち、約180カ所はサケが遡上するため、多くの場所で工事期間が12月から3月までの間と制限を受ける。 LNG基地になるプリゴロドノエのあるアニワ湾の、建設資機材の積み下ろしに使用する予定のドックの建設に関しては、オペレーターであるサハリンエナジーが実施した環境調査について、2005年1月にユージノサハリンスク市裁判所はこの結論を覆し、あわせて州天然資源監視団(Rosprirodnadzor)が選出した州環境グループによる「プロジェクトに問題なし」とした専門家見解も非合法とする判決を下した。 サハリンエナジーは控訴したが、サハリン地方裁判所はこの7月、先のユー注:手前は1905年の日露戦争での日本軍上陸記念碑の跡。LNGタンク2基が姿を現している(2005年9月、筆者撮影)図5 プロゴロドノエの天然ガス液化施設の遠景50パーセントを交換することで合意した(各紙2005/7/8)。 サハリン?2の埋蔵量は、天然ガス5,000億立方メートル(17.7兆立方フィート)、石油11億バレル(1.5億トン)と公表されている(Interfax, 2005/12/14)。一方、ザポリヤルノエ・ガス田は、全体では128兆立方フィートと世界第7位の超巨大ガス田である。しかし、今回、交換の対象となっている深部のネオコム統について見ると、天然ガスは7,350億立方メートル(26兆立方フィート)、コンデンセート1.33億トン、石油10億バレル(NC, 2005/7/14)で、サハリンの25パーセントとザポリヤルノエの50パーセントを比較すると、数量的にはガス、石油(コンデンセートを含めば)ともにザポリヤルノエがサハリン?2の3倍前後となる。開発・輸送コストを考慮しなくては直接に比較は出来ないが、従来、その資産評価比較で見ると、ガスプロムのサハリン?2に保有可能な比率は22パーセントと言われていた。それだけに、これはシェル側の譲歩とも見られる。 一方、シェルは昨年1月、自社全体の埋蔵量の20パーセントに当たる39億バレル石油換算分を下方修正し、大き31石油・天然ガスレビューAナリシスジノサハリンスク市裁判所の判断を支持した(Interfax, 2005/7/26)。ただし、この裁判所の判断が純粋に環境的な審査から導かれた結論であるかについては、疑問を呈する向きもある。ロシアにおける司法の独立については、依然疑問符が付くケースが多い。また、権益交換を行うことになったガスプロムとシェルは、今後、双方のガス田資産の価格を割り出し、評価額の差額について、権益が効力を発するまでに金額で調整することになっているが、今回の裁判所の決定は当然、シェルの立場を弱く、ガスプロムの立場を強くする方向での影響がある。司法関係の動きについては、注意深いフォローが必要である。表1 サハリン?1?6プロジェクトの現況ブロックと油ガス田石油・天然ガス埋蔵量鉱区権者(%)備 考325MMt(2.3Bbbl)485 Bcm(17.1Tcf)150MMt(1.1Bbbl)500Bcm(17.7Tcf)エクソンモービル(30%)ソデコ(30%)ONGC(20%)SMNG(11.5%)ロスネフチ(8.5%)サハリンエナジーシェル(55%)三井(25%)三菱(20%)ガスプロム25%参加の予定総投資額120億ドル。2005年10月原油生産開始。2006年央デカストリから積み出し。ピーク生産量25万バレル/日。天然ガスの販売先は未定総投資額 当初100億ドルが200億ドルへオーバーラン。フェーズ1:1999年 PA-A(モリクパック)生産。フェーズ2:PA-B、ルニからプリゴロドノエへ石油ガスパイプライン(800キロメートル)建設。2008年夏 LNG 960万トン/年の生産開始93年旧エクソンが落札。特段の探鉱実績はなし。04年1月ライセンス発行見送りプロジェクトサハリン?1オドプトチャイボアルクトン・ダギサハリン?2ルニピルトン・アストフサハリン?3東オドプトアヤシ(EO)*70MMt30Bcm (A)*97MMt37Bcmエクソンモービル(66.7%)ロスネフチ (16.65%)SMNG(16.65%)ベニンキリンスキー*88MMt578Bcmロスネフチ(49.8%)シノペック(25.1%)サハリン州政府(25.1%)93年アモコが落札するも放棄。ロスネフチ:100%。04年KNOCが参加のMOU締結。05年シノペック参加。06年試掘予定*453MMt(3.2Bbbl)*720Bcm(25.4Tcf)エクソンモービル(33.3%)シェブロン(33.3%)ロスネフチ(16.7%)SMNG(16.7%)93年旧モービルおよびテキサコが落札、97~98年3D地震探鉱。PSリストに99年5月承認。04年1月ライセンス発行見送り。同年10月ロシア側オークションの方針発表サハリン?4アストラハンシュミットロスネフチ(51%)BP(49%)アストラハノフ鉱区においてロスネフチが00年に試掘。不成功サハリン?5東シュミット(カイガンスコ・バシュカンスキー)*600MMt,600Bcmイルバリネフチガスロスネフチ(51%)BP(49%)98年BP参加。50ドル億負担。02年探鉱ライセンス取得。02年3D震探。04年ペラレイチ、05年ウダチナヤ試掘成功サハリン?6ポグラニチニポグラニチニ・トラウオクルズノエポグラニチニ・ブロックペトロサハ(97.2%)サハリンオイル(2.8%)ロスネフチはペトロサハに対し、入札によらずラインセンス付与。陸と海にまたがる鉱区。05年オクルズノエ構造の試掘で油兆*ロスネフチによる予想埋蔵量、他は確認埋蔵注:MMt=百万トン、Bbbl=10億バレル、Bcm=10億立方メートル、Tcf=兆立方フィート出所:各種公表資料から作成2006.5 Vol.40 No.332
地域1 旧ソ連
国1 ロシア
地域2
国2
地域3
国3
地域4
国4
地域5
国5
地域6
国6
地域7
国7
地域8
国8
地域9
国9
地域10
国10
国・地域 旧ソ連,ロシア
2006/05/20 [ 2006年05月号 ] 本村 真澄
Global Disclaimer(免責事項)

このwebサイトに掲載されている情報は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)が信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

※Copyright (C) Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.

本レポートはPDFファイルでのご提供となります。

上記リンクより閲覧・ダウンロードができます。

アンケートにご協力ください
1.このレポートをどのような目的でご覧になりましたか?
2.このレポートは参考になりましたか?
3.ご意見・ご感想をお書きください。 (200文字程度)
下記にご同意ください
{{ message }}
  • {{ error.name }} {{ error.value }}
ご質問などはこちらから

アンケートの送信

送信しますか?
送信しています。
送信完了しました。
送信できませんでした、入力したデータを確認の上再度お試しください。