ページ番号1006221 更新日 平成30年2月16日

燃料電池自動車に最適な燃料: DME  ~水素社会を支えるエネルギーキャリア~

レポート属性
レポートID 1006221
作成日 2006-05-20 01:00:00 +0900
更新日 2018-02-16 10:50:18 +0900
公開フラグ 1
媒体 石油・天然ガスレビュー
分野 技術非在来型
著者
著者直接入力 岡田 治 鈴木 信市
年度 2006
Vol 40
No 3
ページ数
抽出データ 株式会社ルネッサンス・エナジー・リサーチokada@r-energy.com岡田 治JOGMEC 石油・天然ガスR&Dグループsuzuki-shinichi@jogmec.go.jp鈴木 信市アナリシスアナリシス燃料電池自動車に最適な燃料:DME?水素社会を支えるエネルギーキャリア? 本稿は、自動車用燃料電池システム、その中でも水素の輸送・貯蔵媒体の一つである、DME(ジメチルエーテル)に焦点をあてて論じたものである。 化石燃料からの脱却および二酸化炭素(CO2)排出フリー社会を最終的な目的として、水素社会構築のための種々の要素技術が検討されている。水素社会の基本的なツールとなるのは燃料電池であり、燃料のベースとなるのはもちろん水素である。水素は、宇宙で最も豊富にある元素であるが、地球上では通常は化合物の状態で存在している。したがって、水素を利用するには、化合物から水素を取り出す必要がある。水素社会構築の究極的な目的のために、再生可能エネルギーを用いた水などの電気分解による水素製造システムの開発が必須であるが、そのコストは極めて高く、当面は、その移行過程として化石燃料からの水素製造システムの開発をする必要がある。また、水素の輸送・貯蔵・供給のためのシステムも開発する必要がある。ただし、この場合、移行過程である化石燃料をベースとするシステムにおいても、従来のシステムよりWell To Wheel(一次エネルギーの採掘から車両走行まで)において効率が高く、CO2排出量が少ないものでなければならない。 燃料電池の当面の市場ターゲットは家庭用と自動車用だが、自動車用燃料電池システムの開発は価格、効率、搭載性等において、家庭用よりも大きなハードルが存在している。そこで、自動車用の水素の輸送・貯蔵媒体として検討されている①高圧水素、②液体水素、③水素吸蔵合金、④有機ハイドライド、⑤DMEを、Well To Wheelのエネルギー効率、コンパクト性、軽量性、燃料チャージの速度等の観点から比較検討した。その結果、①~④を用いる方法は問題が多く、⑤のDMEが最も優れているとの結論を得た。1. はじめに(エネルギーキャリア*1としての水素) 化石資源の有限性や地球温暖化問題に起因するCO2フリー社会の構築を目指して、再生可能エネルギーをベースとする社会への転換が検討され始めている。そのような社会において、エネルギーのベースとなると想定されているのが水素である。 水素は、自然界にそのままの状態では存在しないが、種々の物質に含まれており、宇宙で最も大量にある元素である。また、燃焼させても水しかできず、温暖化排出ガスであるCO2は発生しない。 ただし、現在および近い将来においても、太陽熱や風力などの再生可能エネルギーを用いて、経済的に水から水素を製造することは技術的にかなり困難である。したがって、究極的には化石資源を使わないCO2フリー社会を目指している水素社会は、その過渡期として、より経済的に水素を製造できる化石燃料を原料とするシステムを経由することが想定されている。 その過渡期の水素社会のベースとなるのが、燃料電池である。燃料電池を用いる理由は、水素を直接燃やす水素エンジン、水素タービンなどの他の選択肢は、効率の点から見てそれほど大きなメリットがないためである。唯一大きなメリットが得られるのは、水素を燃料電池の燃料として利用するケースだけである。 その場合は、確かに他の方法では望めない高効率で窒素酸化物(NOx)の副生しないクリーンな発電が可能となる。したがって、水素社会の実現は燃料電池の普及と表裏一体の関係にある。逆の言い方をすれば、水素は、燃料電池の燃料としての効率的な利用を前提としなければ、わざわざ大きなコストとエネルギーロスを伴ってまで製造、貯蔵し、輸送する意味はない。 こうしたことを背景に、先進各国を中心として、燃料電池を中心とした水素社会の実現のための検討が盛んに行われている。 米国エネルギー省(DOE)は2004年秋、同国サンアントニオで開催された燃料電池セミナー2004(Fuel Cell Seminar 2004)において、全米的な水素の供給インフラの構築を含む水素技*1:エネルギーを輸送・貯蔵するための媒体の意味。43石油・天然ガスレビューAナリシス術の商用化時期が、当初想定された、2030年ごろから2015年ごろへと前倒しで進むとして、各種の政策的な見直しを発表している。 わが国においても、本格的な導入を目指し、2005年から全国の一般住宅に家庭用燃料電池コージェネレーション*2システムを設置する「定置用燃料電池大規模実証事業」がスタートしている。 また、燃料電池自動車(Fuel Cell Vehicle: FCV)についても、自動車メーカー8社が参加する、わが国初の大規模なFCV実証走行研究であるJHFCプロジェクト(Japan Hydrogen & Fuel Cell Demonstration Project)が、2002年より開始されている。 当面、燃料電池の適用ユーザーとしては、家庭用、工業用(これをあわせて定置型という)と自動車の二つが注目されている。 定置型においては、熱と電気の両方が利用可能な、効率的で安価なコージェネレーションシステムの確立を念頭に、技術開発が進められている。 一方、燃料電池から生産されるエネルギーのうち、基本的には電気のみしか使用できない自動車においては、従来のエンジンシステムに対抗しうる価格、効率、コンパクト性の追求等、定置型燃料電池システムよりハードルの高い研究開発が行われている。 水素社会の実現を支える基礎は二つある。一つはクリーンで効率的、かつ安価な水素エネルギー製造方法の確立であり、もう一つはクリーンで効率的、かつ安価な水素を効率良く電気に変換する燃料電池の実現である。 また、燃料電池を幅広く普及させるためには、燃料電池そのものを効率的かつ安価にするだけでなく、それより前段階の、燃料電池に水素を供給するための水素の製造、輸送、貯蔵、供給システムも重要である。 本稿は、社会的に最も重要なターゲットである自動車向けの水素エネルギーシステムを想定し、その水素の製造、輸送、貯蔵、供給に関するクリーンで効率的、かつ安価な技術や材料開発の現状と課題を、総合的な効率向上の視点から概説する。すなわち、先に述べた定置型燃料電池システムはここでは対象としない。 具体的には高圧水素、液体水素、水素吸蔵合金、有機ハイドライドおよび炭化水素類の車上改質(オンボード改質)*3等、各種の水素貯蔵・供給方式を、燃料電池自動車用の車載型水素貯蔵・供給方式として適用する際の最も重要なファクターであるサイズ、重量、総合的な効率の視点から横並びで比較できるように、それぞれの特徴、問題を議論した。2. 燃料電池と水素? 燃料電池 燃料電池は、「水の電気分解」と逆の原理で「水素」と「酸素」を化学反応させて、直接「電気」を発生させる装置である。 使用される電解質の種類により、アルカリ型燃料電池(Alkaline Fuel Cell: AFC)、固体高分子型燃料電池(Polymer Electrolyte Fuel Cell: PEFC)、リン酸型燃料電池(Phos-phoric Acid Fuel Cell: PAFC)、溶融炭酸塩型燃料電池(Molten Carbonate Fuel Cell: MCFC)および固体酸化物型燃料電池(Solid Oxide Fuel Cell: SOFC)に分類される。 このうちアルカリ形燃料電池は、電解質として水酸化カリウム水溶液等のアルカリ溶液を使用するため、燃料中にCO2などの酸性ガスが存在すると、それが電解質と反応して電池性能が低下してしまう。そのため、この種の燃石油天然ガスDME etc改質器H2水素導線電流の流れる方向電子の流れる方向?e電極(燃料極)(電解質)?e電極(空気極)H+H+(水素イオン)H2O?+O2O2酸素1.水素が燃料極の電極上で水素イオンと電子に分かれます。2.水素イオンは電解質を通り抜け空気極側に移動します。3.電子は2つの電極を結ぶ導線を通って空気極側に移動します。この時、反対向きに電流が流れます。4.空気極では水素イオンと電子と空気中の酸素が反応して水になります。H2O水図1 燃料電池の仕組み*2:電力と熱を同時に発生させること。*3:自動車内において燃料を改質し水素を製造する方式。ほかに、水素ステーションにおいて水素を製造する「オンサイト」、製油所において水素を製造する「オフサイト」がある。2006.5 Vol.40 No.344黶@家庭用や自動車用の燃料電池として適しているのは、作動温度が約80℃のPEFCである。 PEFCは最も低温で動作するため、起動、停止が容易で、安価な材料が利用できる可能性がある。 これらの特徴が評価され、次世代の自動車用パワーソースとして特に注目を集めており、PEFCを利用した燃料つし電池自動車については、世界中で熾な開発競争が繰り広げられている。 ところが、PEFCでは高分子の水素イオン交換膜を電解質に使用するため、低温で作動すると、電極触媒のCOによる被毒*4の影響を大きくする。 そのため、燃料水素が高品質であること、具体的には燃料ガス中のCO許容濃度が10ppm(=0.001パーセント)以下であることが必要となる。?水素 水素は、燃やしても水しか生じないとよく言われるように、クリーンな燃料ではある。 しかし、表1に示すように、天然ガスの主成分であるメタンや一般的な燃料であるプロパンと比較して、以下のような特異な物性値を有している(表1で下記に当てはまる項目に色をつけた)。 ・発火エネルギーが小さい(最小着火エネルギー) ・爆発限界が広い(爆轟範囲) ・燃焼速度が速い(最大燃焼速度) ・分子が小さく軽いので漏れやすい ・拡散しやすい(拡散係数) このため、取り扱いを誤ると危険な側面もある。 したがって、水素の特異な性質を考慮した安全な取り扱いが必要となり、水素の貯蔵や輸送面で多くの問題が生じる原因となっている。電池温度電池の種類電解質発電効率(GTコンバインド時)発電可能燃料1,000℃1,000℃固体酸化物型(SOFC)安定化ジルコニア45?55%(60?70%)2H , O, CH4(NGは不可)*500℃100℃650℃溶融炭酸塩型(MCFC)溶融炭酸塩45?50%(55?65%)200℃リン酸型(PAFC)リン酸40?45%80 ℃固体高分子型(PEFC)イオン交換膜30?40%H2(COも可)H2(CO 1%以下)H2(CO 10ppm以下)注:H2=水素、O=一酸化炭素、CH4=メタン、NG=天然ガス*天然ガスはCH4が主体だが、他の成分も含むためそのままでは使用できない図2 燃料電池の種類と特徴料電池には純水素しか燃料として使用できず、適用性は限られ、宇宙用等の特殊な用途において実用化されている。 固体高分子型、リン酸型、溶融炭酸塩型および固体酸化物型の燃料電池についてはそのようなことはない。 石油や天然ガスのような炭化水素原料を改質してできる、水素リッチな改質ガスを燃料として利用できるため、幅広い分野への適用が可能である。 図1に燃料電池の仕組みを、図2に固体高分子型、リン酸型、溶融炭酸塩型および固体酸化物型の燃料電池について、燃料面から見た特徴をまとめている。 酸素イオン導電性セラミックスを電解質に用い、約1,000℃で作動するSOFCでは、水素の他にメタン(CH4)や一酸化炭素(CO)も、直接、燃料として用いることができる。 また、炭酸イオンが電荷担体(=キャリア)であり、約650℃で作動するMCFCも、水素とCOを燃料ガスに用いることができる。*4:触媒機能の阻害。 一方、PAFCとPEFCでは、どちらも水素イオンが電荷担体であるために、水素以外は燃料ガスとして用いることができない。 特に、COは電極触媒に吸着して水素の反応サイトをふさいでしまうことから、PAFCとPEFCでは、燃料ガスにCOが含まれる場合には、許容濃度以下までCOを低減する必要がある。約200℃で作動するPAFCのCO許容濃度は、約1パーセントとされている。 PAFCでは、天然ガスを燃料とするシステムの開発が主に進められている。 このシステムでは、天然ガスを水蒸気改質した後、さらにCO変性反応によってCO濃度を1パーセント以下に低減した改質ガスを燃料ガスとして、PAFCに供給することによって発電を行っている。 以上のSOFC、MCFC、PAFCという燃料電池は、作動温度が高いので、電力のオンオフを頻繁に繰り返す可能性の高い家庭用や自動車用の燃料電池にはなじまない。45石油・天然ガスレビュー燃料電池自動車に最適な燃料:DME ?水素社会を支えるエネルギーキャリア?\1水素および一般に使用される燃料ガスの物性値の比較アナリシスプロパンC3H844.0961.521.8758296.74.250 217.0 -42.0 -187.742695.0 1.671.468.1×10-60.021(50℃)101.9 51.893.6 47.6空気中:460 空気中:2~10.5 酸素中:2~53空気中:2.6~7.4 1.2×10-5724(1.01MPa)0.2594.34.034490.2832.39.48空気中:1,875 空気中:2,112 空気中:0.4 酸素中:3.933?66×10-10?空気中:0.43 酸素中:3.9035.8???物性化学式分子量比重ガス密度(常圧、20℃)液密度(常圧、沸点)臨界温度臨界圧力臨界密度沸点三重点蒸発潜熱(沸点)融解潜熱(三重点)定圧比熱(Cp)(常圧、25℃)定容比熱(Cv)(常圧、25℃)粘度(常圧、20℃)熱伝導率(常圧、20℃)総発熱量(GCV), 高発熱量(HHV)真発熱量(NCV), 低発熱量(LHV)発火温度(点)爆発範囲爆轟範囲拡散係数(常圧、20℃、空気中)音速(0.101MPa、25℃)最小着火エネルギー爆発時のエネルギー理論混合比(空気中)火炎温度最大燃焼速度 (0.1MPa)水への溶解度(常圧、20℃)樹脂の透過係数PCTFEPTFENylon6単位??空気=1kg/?kg/?℃MPakg/?℃℃kJ/kgkJ/kgkJ/kg・℃kJ/kg・℃Pa・sW/m・KMJ/? MJ/kgMJ/? MJ/kg℃Vol%Vol%㎡/sm/smJMJ/?Vol%℃m/smL(ガス)/L?/㎝/?・sec/atm?/100in2/mil/24h/25℃水素H22.01580.06950.083871-239.91.29830.1-252.9-259.244658.214.410.2メタンCH416.0430.550.651423-82.64.596162.8-161.5-182.551058.52.311.728.8×10-610.8×10-60.18212.8 14210.8 120.00.03440.0 55.935.9 50.1空気中:572 酸素中:450空気中:4.0~75.0 酸素中:4.5~94.0空気中:18.3~59 酸素中:15.0~90空気中:580空気中:5~15 酸素中:5~60空気中:6.5~12 6.1×10-51.6×10-51,3080.029.329.53空気中:2,045 酸素中:2,660空気中:2.650 酸素中:14.3618.256.4×10-101,080×10-1090~110注:Pa・s=パスカル×秒、K=ケルビン、Vol%=容量パーセント、m/s=メートル/秒、㎡/s=平方メートル/秒、mJ=ミリジュール、mL=ミリリットル、L=リットル、PCTFE=ポリクロロ三フッ化エチレン、PTFE=ポリ四フッ化エチレン、Nylon6=ポリアミド出所:新エネルギー・産業技術総合開発機構「水素の物性と安全ガイドブック」3. 水素にかかわるエネルギー効率 「1. はじめに」で述べたように、水素社会を目指す理由は、化石燃料を使わず、CO2排出をしないエネルギー社会の実現にある。化石燃料から水素を用いるシステムを用いる社会は、究極的な水素社会への過渡期の姿として認識されている。 しかし、過渡期の状態といっても、水素社会を目指す目的から考えて、化2006.5 Vol.40 No.346R料電池自動車に最適な燃料:DME ?水素社会を支えるエネルギーキャリア?石油採掘輸送(タンカー)ガソリン・ 軽油の精製輸送(ローリー)水素製造NG採掘液化(LNG化)輸送(LNG船)NG採掘DME製造輸送(タンカー)パイプライン水素製造輸送(ローリー)水素製造昇圧充填高圧水素燃料電池水素貯蔵(水素吸蔵合金)燃料電池DME改質(オンボード改質)燃料電池図3 化石燃料から水素の製造・輸送・貯蔵・利用までめは、改質装置や水素ガス圧縮機に投入される電力エネルギーが1キロワット/時=3.6メガジュールを用いて換算され、一次エネルギーからの変換効率が考慮されていないことである。 すなわち、一つめに関しては、現実的には高圧水素の持つ圧力エネルギーは燃料電池に供給される段階で動力回収されることなく無駄に消費されるので、常圧水素の保有エネルギー(120メガジュール/キログラム)の方を用いるべきである。二つめに関しては、電力エネルギーを用いる場合には、その電力を系統電力から入手するのであれば、火力発電所の平均発電効率はたかだか40パーセント程度であるので、水素ステーションの総合的なエネルギー効率を求める上では、電力エネルギー原単位を1キロワット/時=9メガジュール=(3.6/0.4)メガジュールを用いて一次エネルギーに換算しておく必要があるのである。 このような見直しを行えば、水素ステーション(ナフサ改質ベース)の水素製造のエネルギー効率は、約63パーセントではなく、120/(181+5.67×9)により、約52パーセントに低下するこ? 水素製造にかかわるエネルギー効率 平成16年度のJHFCプロジェクト(Japan Hydrogen & Fuel Cell Demon-stration Project)の報告によると、現在開発が進められている水素燃料電池自動車用水素ステーション(ナフサ改質ベース)の実用化段階における水素製造のエネルギー効率は、127/(181+20.4)により、約63パーセント(図4、表2参照)と試算されている。 この数字を詳細に検討してみると、次のような二つの問題があることがわかる。 まず一つめは、この試算では、製造した35メガパスカルの高圧水素の保有する圧力エネルギーを利用できるエネルギーを、127メガジュール/キログラムとして考えていることである。二つ石燃料から水素を用いるシステムが、従来の化石燃料をそのまま用いるシステムに対して、システム全体としてのエネルギー効率が悪く、CO2排出量が多いものであれば、化石燃料から水素を用いる意味がないことになる。 したがって、エネルギー効率を検討する場合には、単に利用機器のエネルギー効率を検討するのではなく、水素の原料である石油や天然ガスの生産を出発点として、最終的に利用されるまでの総合的なWell To Wheelエネルギー効率の議論が必要となる。 水素の原料である石油や天然ガスから、最終的にクリーンで効率的な燃料電池として利用されるまでの各ステップを図3に示す。 現在の主流エネルギーキャリアである石油や天然ガスの、生産地から消費地に届けられるまでに失われるエネルギーは、石油(軽油、ガソリン:原油をタンカー輸送、精製してローリー輸送)の場合で約10パーセント程度、天然ガス(LNG化して輸送、パイプラインで供給)の場合で約15~20パーセント程度である。これに対し、水素の場合、製造や貯蔵、圧縮の段階で失われるエネルギーは、水素の保有するエネルギーの数十パーセント以上になるケースもあり、無視できないことになる。 ここでは、化石燃料が井戸元から水素製造を行う設備に入って以降の水素の製造、輸送、貯蔵の各ステップについて、水素の総合的なエネルギー効率面への影響を中心に説明する。47石油・天然ガスレビューナフサ110キロワット/時4.87ギガジュール/時(低発熱量)5.27ギガジュール/時(高発熱量)電力量電力量電力量電力量60.0キロワット/時60.0キロワット/時93.0キロワット/時93.0キロワット/時(定格運転試設計値)地下ナフサタンクナフサ改質水素製造装置水素ガス圧縮機蓄ガス器ディスペンサ35MPa■主要電力消費機器*ユーティリティ電力は水素製造装置に含む・原料ポンプ・純水製造ユニット・燃焼空気ブロア・計装空気ユニット・冷却水ポンプ水素供給量:27.0キログラム/時(300立方メートル/時)FCV出所:JHFCセミナー(H16)、水素ステーション領域試験結果より図4 実用化段階の水素ステーションモデル(ナフサ改質型、定格試設計値)Aナリシス低温タンク(cryogenic storage)が必要になる。米国の自動車メーカーであるゼネラル・モーターズ社(GM)が設計した4.6キログラムの液体水素を貯蔵するための極低温水素タンクは、重さ90キログラム、容積129リットルと、非常に大きく重い。 また、液体水素について考える時は、液化段階でのエネルギー効率も考慮すべきである。水素を液化するためには複数段階の圧縮と冷却過程を繰り返さなければならない。このためのエネルギーロスは極めて大きく、ボッセル(Bossel)等によれば(文献1)、将来、非常に効率の高い技術を用いて、かつ大規模な(液化水素10トン/時 以上の)液化プラントが建設される場合においてさえも(大規模プラントの方が小規模プラントより効率的)、水素を液化するために、元の水素の持つエネルギーの約25パーセントに相当する電気エネルギーが必要とされる(図6参照)。 現実には、既存技術での液化水素の旧式標準新式1101001,00010,000水素液化プラント能力(キログラム/時)6 液化水素の製造に必要なエネルギー製造には水素の持つエネルギーの約40パーセント程度の電気エネルギーが必要とされている。その電力を系統電力から入手するのであれば、火力発電所の平均発電効率は40パーセント程度であるので、一次エネルギー換算すると、液体水素を製造するためのエネルギーロスは約100パーセント、すなわち、水素の液化、貯蔵に要するエネルギーは元の水素の持つエネルギーと同じく2006.5 Vol.40 No.348200150100高発熱量水素の液化エネルギー(%) 図500表2実用化段階水素ステーションのエネルギー原単位と効率(ナフサ改質型、定格試設計値)ナフサ改質方式/投入エネルギー原単位と効率水素1キログラムの製造エネルギーとCO2排出量(定格運転試設計値)投入エネルギーの投入エネルギー別投入エネルギー種類原単位原単位CO2排出量(CO2排出係数)12.5キログラムナフサ4.07キログラム181メガジュール(3.08キログラム-CO2/キログラム)電気5.67キロワット/時20.4メガジュール0キログラム水素ガスが保有するエネルギー:127メガジュール/キログラム(低発熱量)(水素ガスの条件:温度25℃、圧力35メガパスカル)常圧の場合:120メガジュール/キログラム(低発熱量)(水素ガスの条件:温度25℃、圧力0.1メガパスカル)エネルギー効率=63.2パーセント(低発熱量)CO2排出量:12.5キログラムCO2/キログラムH2注:1キロワット/時=3.6メガジュールとして計算出所:JHFCセミナー(H16) 水素ステーション領域試験結果より分であるメタンの約3倍もの体積を送出する必要があるため、ボッセル(Bossel)等によると(文献1)、既設の天然ガスパイプライン網の転用(新設せずに同じパイプラインを使用)を前提とすれば、長距離のパイプライン輸送に伴うエネルギーロス(一定の距離ごとに必要な昇圧・送出エネルギー)は大きくならざるを得ない。水素の輸送に要するエネルギーは図5に示すように、天然ガスよりも2倍近くも大きくなってしまう。 すなわち、長距離の水素のパイプライン輸送は、コスト面と効率面の両方から、現実的ではないと考えられる。 ちなみに、従来の大規模な水素のパイプライン輸送は大部分、工場内あるいはコンビナート内における高圧での短距離輸送であるため、安全面のリスクを除き、このようなデメリットは顕在化していない。?液体水素による水素の輸送・貯蔵 液体水素は、ガスに比べて体積エネルギー密度が高く輸送は容易であり、水素の貯蔵や輸送手段として広く使われている。しかし、水素は-253℃の極低温で液体となるため、貯蔵には極とになる。? 水素の輸送・貯蔵にかかわるエネルギー効率?パイプラインによる水素の輸送 パイプラインによる輸送は、大量のガスを輸送する手段としては一般的に最も合理的である。しかし、水素ガスパイプラインの場合は、①拡散が速く漏れやすい、②高い反応性を有し、③特に鉄鋼を含む多くの金属をもろくする(水素脆性)等、水素が持つ独特の性質のために、パイプラインの材料面や施工技術面の要求水準が高く、コストが石油や天然ガスのパイプラインに比べ大変高くなる。 また、上記の材料面の問題を回避できたとしても、水素は天然ガスの主成ぜいせいメタン水素2,0001,0004,0005,000パイプライン長(キロメートル)3,0000120100806040200流量 (初期流量との割合 %)図5 パイプライン輸送に伴うエネルギーロス0パーセントにも達する。 ガソリンの場合、同一サイズのトラックであれば26トンの燃料を輸送することが可能であり、これは800台の自動車を充填できるガソリンの量である。すなわち、圧縮水素コンテナ輸送は現実性に乏しい。?水素貯蔵材料による水素の輸送・貯蔵 以上に述べたように、水素を高圧ガスや液体の状態で直接に輸送・貯蔵することは、安全性の面からも、効率、経済性の面からも問題が多いため、安価で高性能な水素貯蔵材料が求められ、世界中で開発が進められている。以下では、現在盛んに研究されている水素吸蔵合金と有機系水素貯蔵材料について検討する。きくう隙げ①水素吸蔵合金 安定した金属水素化物を形成する水素吸蔵合金は、水素の貯蔵に有効な材料である。水素を金属表面に接触させると、水素分子は金属表面に吸着され、解離して原子状水素となる。に 原子状水素は、金属原子間の空急速に拡散し、格子間に捉えられる。そして水素原子は、一つまたは複数の金属原子と化学的、あるいは物理的にことが目安とされているため、現在70メガパスカルの高圧水素タンクの開発が進められている。その場合、圧縮に要するエネルギー量も増加し、水素の持つ有効エネルギー量の15パーセント以上に達すると見積もられている。すなわち、自動車に水素をチャージする段階で15パーセント以上のエネルギーが消費されることになるのである。 水素製造地と水素消費地が離れている場合、水素を圧縮してコンテナで輸送するという方法がある。この圧縮水素コンテナ輸送は、初期の水素導入段階においては、最も現実的な水素の輸送手段であると思われる。しかし、水素は体積エネルギー密度が低いので、輸送効率は悪くならざるを得ない。 ボッセル等は、大型の圧縮水素コンテナを40トントラックに搭載して輸送した場合、配送し得る水素の量は400キログラムと推定している。これは、たかだか80台の水素燃料電池自動車を充填するだけの水素量に過ぎない。 また、彼らの試算によると、水素の輸送距離が150マイル(約240キロメートル)であれば、輸送のために消費するエネルギー量は、輸送すべき水素のエネルギーの20パーセントを占め、300マイル(約480キロメートル)であれば、水素(気体)金属表面(合金)水素化物1発熱2吸熱(H )2(2H)(M)(MH)発熱反応吸熱反応1 2・・・・nMH + Q(発熱)n?2H + nM2反応式→H + nMn?2→nMH + Q(吸熱)2図7 水素吸蔵合金の仕組みらいになってしまう。 これを言い換えると、水素を液化する場合、気体の水素のエネルギーは半減してしまうのである。液化プラントの容量が小さい場合には、さらに消費エネルギーは大きくなることになる。このことは、水素供給ステーションにおけるオンサイトの小型液化プロセスは、エネルギー効率の面で現実的ではないことを示している。 さらに、液体水素の輸送については、水素の蒸発の問題がある。タンクに液体水素を蓄えたとき、高性能の断熱技術を用いても、時間の経過とともに水素は気化してゆく(これを水素のボイルオフという)。GMの液体水素タンクの場合、水素のボイルオフは、1日あたり4パーセントに達する。 安全上、気化した水素を抜き取る手段が必要であるが、これはシステムを複雑にする上、抜き取られた水素が有効に利用できない場合、エネルギー効率上、致命的なロスとなる。 以上のことを考え合わせると、液体水素を輸送手段として用いるシステムは、現実的ではないと考えられる。?圧縮水素による水素の輸送・貯蔵 圧縮水素ガスは、何年間も燃料電池自動車の実証試験運転に用いられてきた。液化と比較すれば、水素ガスの圧縮は、エネルギー効率的にもコスト的にも有利である。 高圧の圧縮水素ガスは、従来から水素輸送手段として、シリンダー(水素ボンベ)に充されトラック輸送されてきた。圧力を上昇させると、体積エネルギー密度は増加するが、同時に圧縮に必要なエネルギー量も増大する。 燃料電池自動車の車載高圧水素タンクは、従来35メガパスカルが採用されてきたが、それでは水素貯蔵量が不十分で、自動車の航続距離が300キロメートル程度と短い。自動車の場合、1回の充填で500キロメートルを走行できる填てじゅうん49石油・天然ガスレビュー燃料電池自動車に最適な燃料:DME ?水素社会を支えるエネルギーキャリア?iPEFC)の動作温度である80℃以下であれば、燃料電池の排熱を有効利用できるが、80℃以上であれば、水素をた取り出すためにわざわざ燃料を焚いて水素吸蔵合金を加熱し、エネルギーを投入する必要がある。その加熱のためのエネルギーは非常に大きく、水素の持つエネルギーの10パーセント以上にもなる。 現在、重量貯蔵密度を上げるための研究が熱心に進められているが、自動車向けの目標である5パーセントには程遠く、3パーセント程度のものが見つかっているに過ぎない。 また、一般に水素吸蔵量の大きい水素吸蔵合金は水素の吸蔵、放出温度が高くなる傾向があり、水素吸蔵、放出に必要なエネルギーも大きくなる。水素吸蔵合金を水素の貯蔵材料として位置づけるなら、水素吸蔵能力だけでなく、水素を吸蔵する際のエネルギーができるだけ小さいことや、水素の吸蔵放出温度が低いことも重要である。 また、水素を吸蔵する場合には、温度と吸蔵速度の二つの問題がある。吸蔵の反応温度が自動車用燃料電池(PEFC)の動作温度である80℃より高い場合、水素を吸蔵する際に発生する熱や、水素を取り出す際に加える熱アナリシスがロスになる。 自動車に水素を充填する場合、時間に制約がある(通常3分~5分以内が前提とされる)。吸蔵速度を加速・維持するためには、吸蔵に伴い発生する熱を効率的に除去する必要がある。すなわち、水素吸蔵合金タンクは冷却(熱交換)能力を持つ必要がある。これは、装置のコンパクト性や重量に大きな影響を与える。すなわち、水素吸蔵能力を高くできても、水素吸蔵熱が大きくなる場合は水素吸蔵合金タンクの冷却負荷が大きくなるため、水素吸蔵合金タンク全体の重量やサイズは逆に大きくなる場合がある。 すなわち、水素吸蔵材料を車載水素タンクに応用する場合は、水素吸蔵材自身のサイズや重量だけでなく、水素貯蔵供給システムとして、水素を吸蔵させる時の反応熱の除去や水素を取り出す時に与える水素の放出エネルギーおよびその放出温度レベルも考慮する必要がある。 一般的には、図9、図10に示すように、水素吸蔵性能が高い水素吸蔵合金は水素化熱が大きく、かつ水素放出温度が高くなる傾向がある。すなわち、単に水素吸蔵能力、水素吸蔵量の向上だけを追い求めても、水素貯蔵・供給シス水素吸蔵時の冷却付加が増え水素供給システムが大型化するTi系希土類(La)系希土類(Mm)系TiCo系TiCr系TiMn系Zr系Mg系0123水素貯蔵能力(重量%)41009080706050403020001水素化熱(キロジュール/モル水素分子)出所:『水素吸蔵合金』NTS刊のデータを編集図9 水素吸蔵合金の水素化熱と水素貯蔵能力の関係2006.5 Vol.40 No.350結合し、加熱または減圧によって放出される。水素化物が水素を放出すると、脱水素化された金属がタンクの中に残存するが、それは何度も水素化されることになる(図7参照)。 水素吸蔵合金の特徴は、水素の貯蔵体積密度が高いことで、体積は常温常圧のガスに比べて1/1,000程度に小さくなる。また、高圧水素ガスタンクと異なり、形状の自由度も高い。 逆に、水素化物の欠点は重いことである。現時点で実用的な水素吸蔵合金の水素の重量貯蔵密度は2パーセント程度であるから、1キログラムの水素を蓄えるためには約50キログラムの水素吸蔵合金を必要とする。 燃料電池自動車用の場合、重量が大きくなることは車両効率を低下させ、燃費を悪化させる。 図8は、車両重量と自動車の燃料消費率の関係を示している。燃料電池自動車を500キロメートル走行させるには6キログラムの水素を貯蔵する必要があり、水素吸蔵合金だけでも300キログラムと、大幅な重量増加となる。この重量増加(1.3から1.6トン)により、自動車の燃費は約20パーセントも悪化してしまう。 水素吸蔵合金は、水素を吸蔵する過実走行燃料消費率=26.7キロメートル/リットル(車重=1,300キログラム、平均車速=60キロメートル/時、エアコンなし)原単位変化率=0.00003リットル(キロメートル・キログラム)(日本自動車工業会 公表値)30282624222018161.21.31.41.61.51.7車両重量(T)1.81.92燃料消費率(キロメートル/リットル)図8 自動車と車両重量の燃料消費率の関係程ではその金属は発熱(水素化熱)し、水素を放出する過程では逆に金属に外から熱を加える必要がある。水素を放出する時の温度が、自動車用燃料電池Q照)。燃料電池自動車が500キロメートル走行するのに必要な6キログラムの水素を貯蔵する場合、上記二つのタンクだけで200リットル以上のスペースを占めることになる。これは35メガパスカルの圧縮水素で6キログラムの水素を貯蔵する場合と同程度のスペースである。?で述べたように、自動車業界ではよりコンパクトな70メガパスカルの高圧水素タンクの開発が進められているのである。 さらに、有機系水素貯蔵材料は、一般に脱水素反応に250~400℃以上の高温が必要で、この脱水素反応時の吸熱量が水素の持つエネルギーの20パーセント以上(60~70キロジュール/モル水素)と大きなものとなる。以上により、有機系水素貯蔵材料においては、脱水素反応をさせるために大型の装置が必要になるほか、水素取り出し段階だけでも水素の持つエネルギーの20パーセント以上が失われてしまうことになるため、水素貯蔵媒体としての適用はハードルが高いことがわかる。燃料電池自動車に最適な燃料:DME ?水素社会を支えるエネルギーキャリア?Ti系希土類(La)系希土類(Mm)系TiCo系TiCr系TiMn系Zr系Mg系0-1000PEFCの排熱利用可能(水素の放出熱がロスにならない)1234水素貯蔵能力(重量%)水素の放出熱を供給する必要があり(水素のエネルギーの10?20%)そのエネルギーがロスになる200100(80℃) 水素放出温度(℃)400300図10水素吸蔵合金の水素放出温度と水素貯蔵能力の取り扱いが容易になるという利点があるが、脱水素化反応後にはベンゼン、トルエン、ナフタレン等の脱水素生成物が残るので、これらを回収して再び水素化する工程が必要となる。 これは、車載式のシステムでは原料タンクと脱水素生成物のタンクの両方が必要であることになり、スペース的に不利になることを示している(図11シクロヘキサンタンク脱水素反応器テムの小型化や軽量化に結びつかないことになる。以上により、水素吸蔵合金は、サイズや重量が決定的に重要な燃料電池自動車への適用は問題が多いことがわかる。②有機系水素貯蔵材料 有機系水素貯蔵材料として、シクロヘキサン-ベンゼン系、メチルシクロヘキサン-トルエン系、デカリン-ナフタレン系等の有機化合物の水素化・脱水素化反応系を利用した水素貯蔵技術が注目を集めている。 これらの有機系化合物の水素貯蔵量は、それぞれ、重量あたりで7.1、6.2、7.3重量パーセント、また体積あたりで55、48、65キログラム/立方メートルと高い値である。これらの材料は、ナフタレンを除き室温で液体であり、高圧や低温といった特殊な条件がなく、常温常圧で取り扱えるので輸送・充填時触媒+ H2シクロヘキサンベンゼン⇒(反応熱)QH2PEFCへベンゼンベンゼンタンク回収・再利用図11有機系水素貯蔵材料による車載システムの例4. オンボードDME改質方式による水素の貯蔵、輸送 燃料電池自動車用の水素を供給するには、車上で炭化水素等の水素原料を改質する方式(オンボード改質方式)もある。ガソリンや軽油を原料として車上で改質して水素を造れれば、既存の石油インフラを利用できるメリットもある。しかし、水素を造るには700℃以上の高温が要求されるため、起動停止等の動特性や自動車搭載用として必要な小型化や軽量化を考えると、技術的にはほぼ不可能に近い。 ただし、天然ガスからつくられるメタノールやDME(ジメチルエーテル)は200~300℃程度の低温で容易に水素51石油・天然ガスレビューo口ガス中のメタン濃度(%)864210出口ガス中のメタン濃度(%)1210アナリシス12012DME反応率05000100300200反応温度(℃)400図12銅・亜鉛(Cu-Zn)触媒のメタノールとDMEの水蒸気改質反応活性メタノ?ル反応率DME反応時のメタン濃度メタノール反応時のメタン濃度100806040200メタノール/DME反応率(%)DME反応時のメタン濃度改良型触媒のDME反応率8642DME反応率改良型触媒のメタン濃度0500120100806040200DME反応率(%)200300400反応温度(℃)図13改良型触媒でのDME改質の結果100806040DME反応率  濃度(%)20002004006008001000反応時間(時間)反応率H?濃度CO 濃度CO?濃度CH?濃度反応温度=350℃、GHSV=2,000、H?O/DME=5注:反応温度=350℃、GHSV=2,000、H2O/DME=5図14Cu-Zn-アルミナ触媒における耐久試験結果2006.5 Vol.40 No.352に変換できるため、それらを、燃料電池自動車を含めた幅広い水素利用機器のための次世代の水素キャリアとして位置づける考え方も出てきている。メタノールは毒性が強く、危険物でもあるので安全面での問題があるが、DMEにはその問題はない。 DMEは、化学的に安定していて毒性も極めて低い、クリーンな優れた燃料である。中小ガス田の天然ガスや、再生可能なバイオマスを含む多様な原料から、その地域や原料事情に応じた規模で同じ特性の燃料を製造でき、しかも現存技術の改良開発により経済性の確保も期待できる。このため、次世代のエネルギーキャリアとしての期待が高まっている。 現在、JOGMECの提案公募事業として、DME改質システムの小型化および効率と動特性の向上を目的とした研究開発が進められており、既に画期的な高性能DME改質触媒の開発に成功している(文献2)。ここではDMEの用途として特に有望な、燃料電池自動車用のDME改質システムにおける開発の概要を紹介し、車載式水素供給方式として有望なことを示す(文献2)。? Cu-Zn触媒によるメタノールとDMEの水蒸気改質反応 DMEの水蒸気改質反応を、メタノール改質活性のある銅・亜鉛(Cu-Zn)触媒上で行わせた結果の例を、図12に示す。図12を見ればわかるように、メタノールは200℃で完全に分解してH2、CO2、COになるが、DMEの場合は400℃で分解率が30パーセント程度、500℃でも分解率が90パーセント程度と完全分解に至らず、非常に反応性が悪いことがわかる。また図12には、メタノールあるいはDME改質時の副生成物であるメタンの生成量を測定した結果を示しているが、DMEの場合はメタノールの場合とは異なり、分解生成物中にメタンが多量に残留し、水素生成の選択性も極めて低いことがわかる。? 高性能DME改質触媒 Cu-Zn触媒の結果から、DMEの水蒸気改質反応は、天然ガスの場合と同じような高温条件でニッケル(Ni)系触媒や貴金属触媒上で行うか、あるいはDMEを酸塩基触媒上で(メタノールに)加水分解しながらCu-Zn触媒で改質するかの、二つのアプローチが考えられた。前者の場合、プロセスの単純性を大きく損なうため、後者の方法について、各種の酸塩基触媒のCu-Zn触媒との適合性を検討した。 その結果、特殊なアルミナ系固体酸を添加することで、優れたDME加水分解機能とメタン生成抑制機能を併せ持つ、高性能DME改質触媒(Cu-Zn-アルミナ系触媒)を開発することに成功した。この高性能DME改質触媒を用いて行ったDME改質の結果を、図13に示す。350℃で100パーセントのDME転化率R料電池自動車に最適な燃料:DME ?水素社会を支えるエネルギーキャリア?を示すとともに、メタンの生成も完全に抑制されていることがわかる。 また、その触媒を用いて、実際のDME改質条件において長期耐久試験を実施した。その結果、図14に示すように、約1,000時間にわたって触媒活性の顕著な低下は認められなかった。また、本触媒の特徴であるメタン副生の抑制効果も、一時的な効果ではなく、持続性を有する特性であることがわかった。 これらのことは、本触媒が、一般の銅系触媒にとっては過酷な350℃という高温条件でも、十分に長期使用が可能な優れた耐久性を有することを示している。? 燃料電池自動車向けオンボードDME改質システムの開発 現在、前述した提案公募事業として、高性能DME改質触媒を応用した燃料電池自動車向けのオンボードDME改質システムが、大阪ガス㈱、三菱重工業㈱、三菱瓦斯化学㈱、日揮㈱、㈱ル1,300改質(POX)CO変換(LTS)ボイラーバナー改質部(POX)1300CO変成部(LTS)蒸発器バーナ改質ガス(FCへ)CO除去部(PROX)φ180φ80排気ガス単位:ミリメートルCO除去(PROX)図15オートサーマル式改質器の構造例ネッサンス・エナジー・リサーチの5社と、JOGMECとの共同開発により進められている。 当プロジェクトでは、前項で紹介したCu-Zn-アルミナ系高性能DME改質触媒をベースとして、数十キロワットクラスのオンボードDME改質システムを平成17年度に開発した。平成18年度には、数十キロワットクラスのPEFCスタックと組み合わせた車上発電テストを予定している。改質方式としては最も効率的に優れているが、コンパクト化や起動特性の向上に課題が多い水蒸気改質方式と、水蒸気改質方式と比べ効率は低下せざるを得ないものの、コンパクト化しやすく、起動性にも優れたオートサーマル方式(空気部分酸化と水蒸気改質との併用型)の二つの方式で開発が進められている。 オンボードDME改質器の例として、現在開発中のオートサーマル式改質器の構造例を図15に示す。ここでは車載用としてのコンパクト化、軽量化を考慮し、改質器、CO変成器、CO除去器を一体型とした筒形反応器とされている(文献2)。5. 車載式水素供給システムの比較 これまで述べてきたように、水素の貯蔵、輸送技術や貯蔵材料は、エネルギー効率を含め、まだまだ課題が多く残されている。ここでは、将来の水素社会実現の上で最も重要な課題とされている、燃料電池自動車用の車載水素供給システムへの応用を考えた時の、各種水素貯蔵方式を比較する。 具体的に燃料電池自動車に各種水素貯蔵方式を適用した場合のサイズや重量を試算した結果を図16に示している(文献2)。高圧水素、水素吸蔵合金を用いた水素供給システムとの比較を示し、有効水素量はいずれも燃料電池自53石油・天然ガスレビュー高圧水素ガス(35メガパスカル)高圧水素ガス(70メガパスカル)水素吸蔵合金(1重量パーセント)水素吸蔵合金(3重量パーセント)DME改質容積(リットル:L)316L157L503L653L127L210L105L150L50L37L重量(キログラム:kg)979kg692kgH2/水素吸蔵合金/DMEのみ全体178kg117kg6kg62kg6kg600kg200kg24kg図16車載水素供給システムのサイズ、重量の比較ョ車を500キロメートル走行させる量に相当する5.8キログラムとした。 水素吸蔵合金については、水素吸蔵能力1重量パーセント、3重量パーセントの諸物性を元に、水素吸蔵時の発熱を冷却し得る熱交換能力(水素充填時間を3分間として)を有する水素吸蔵タンクの設計を行い、そのサイズ、重量を示している。水素吸蔵能力の高い合金の方が水素吸蔵に伴う熱の発生が大きいため、このような結果となっている。 燃料電池自動車用の水素源としては、現在30~35メガパスカルの高圧水素ボンベが主として用いられているが、水素貯蔵量は不十分とされており、現在70メガパスカルの高圧水素ボンベの実用化が進められている。水素吸蔵合金を用いた水素供給システムは、サイズの点で35メガパスカルの高圧水素ボンベよりも劣っており、現状では水素吸蔵合金を用いた車載式水素供給シ生産液化輸送パイプラインオンサイト改質圧縮高圧水素ガス(70メガパスカル)自動車走行全体の効率100%96%83%82%80%48%41%24%高圧水素ガス(35メガパスカル)100%96%83%82%80%48%42%25%生産DME合成オンボード改質輸送貯蔵/充填自動車走行全体の効率DME 改質100%96%67%66%65%52%31%図17Well To Wheelのトータルエネルギー効率アナリシスステムの実用化は困難と思われる。 また、図8で示したように、車の場合約150キログラムの重量増加で車の効率が約10パーセントも低下するため、水素吸蔵合金を用いた水素供給システムは重量の点でも問題は大きい。 高圧水素ガスの場合、圧縮水素の高圧化に伴い、圧縮に要するエネルギーロスが大きくなるため、エネルギー効率的には問題が生ずる。 図16には、現在、JOGMECのプロジェクトとして開発が進められているオンボードDME改質システムのサイズ、重量も示しており(文献2)、高圧水素貯蔵に匹敵する小型化が期待できることがわかる。 また図17には、燃料電池自動車に各種水素貯蔵方式を適用した場合のWell To Wheelのトータルエネルギー効率を示している。高圧水素方式は高圧化の際のロスも考慮すると総合効率は低くならざるを得ず、効率も考慮すれば、オンボードDME改質が車載用水素供給システムとして最も優れていると評価できる。6. おわりに 以上に述べてきたように、水素を今までのような化学品あるいは化学原料としての役割にとどまらず、社会を支えるエネルギー利用の媒体(エネルギーキャリア)として位置づけようとするなら、それにふさわしい、高効率で低コストな水素を製造、輸送、貯蔵し、供給する技術や材料を確立する必要があるが、現状ではまだまだ問題が多い。 その中には、今後の技術開発の進展で解決可能な部分もあるが、水素の持つ基本的な性質、物性に起因する部分もある。パイプラインや液化水素あるいは圧縮水素の抱える問題は技術的に解決困難な部分が大きく、エネルギー効率の向上を前提とした幅広い水素の輸送、貯蔵技術、材料の研究開発が望まれる。 近年、高性能なDME改質触媒や小型、軽量のDME改質器の開発が進んできたことから、DMEを水素貯蔵材料として位置づける考え方が出てきている。今回の検討では、水素を直接自動車に搭載する場合、高圧水素、液体水素いずれも効率上の問題があり、水素吸蔵合金を含む各種水素貯蔵材料も、水素貯蔵材料自身だけでなく、それを用いた車載水素供給システム全体としてのサイズや重量、効率を考慮すると、実用化可能性は低かった。 結論として、水素社会を実現する上で最も重要な車載式燃料電池の水素供給システムとしては、低温で容易に水素への改質が可能で毒性がなく、また、サイズ、重量だけでなく効率の点から見ても、DMEのオンボード改質方式が総合的に最も優れていると考えられ、DMEは将来の水素社会を支えるエネルギーキャリアとして期待される。2006.5 Vol.40 No.354R料電池自動車に最適な燃料:DME ?水素社会を支えるエネルギーキャリア?参考文献1. Bossel etc., “The Future of the Hydrogen Economy: Bright or Break?”, 2003 Fuel Cell Seminar proc.,17 (2003)2. 岡田 治 他,日本エネルギー学会誌,84,331(2005)著者紹介岡田 治(おかだ おさむ) 大阪生まれ大阪育ち。東京大学工学部卒。1977年同修士課程終了後大阪ガスに入社し、都市ガス製造プロセス、ガスセンサー、NOx触媒、燃料電池用改質触媒等の研究開発に従事。その間JOGMEC(旧石油公団)の国プロとして燃料電池用DME改質システムの開発や次世代型GTL向け合成ガス製造プロセスの開発を自ら提案し立ち上げた。 2004年8月理事・エグゼクティブリサーチャーを最後に大阪ガスを退職、同時に⑭ルネッサンス・エナジー・リサーチを起業。水素発生装置のISO規格化では日本側代表を務め、2005年スタートしたNEDOの次世代型水素製造システムのプロジェクトにおいても総括代表を務める。2005年4月東北大学工学部コンビナトリアル計算化学寄附講座教授(非常勤)に就任。趣味はスキー、ゴルフ、ドライブ旅行。現在、水素社会のキーワードでありかつボトルネックでもある「水素貯蔵材料」としてのDMEの高いポテンシャルに注目している。鈴木 信市(すずき しんいち) JOGMEC石油・天然ガス開発R&D推進グループ調査役 兼 石油・天然ガス調査グループ調査チーム上席研究員、天然ガス・中流担当。 千葉県習志野市生まれ。横浜国立大学大学院工学研究科応用化学専攻修了。工学博士。石油公団(現JOGMEC)入団後、主として天然ガス関連分野を中心に配属。専門は、化学転換を利用したGTL、DME等の天然ガス開発技術(中流)、天然ガス関連利用技術。最近の興味・好きなものは、ポリニャーノ・ア・マーレの洞窟レストラン、ゼコビアの弾くバッハのシャコンヌ、黒田三郎の「ひとりの女に」、志ん朝の品川心中など。家族は妻と鉢植えの花。55石油・天然ガスレビュー
地域1 グローバル
国1
地域2
国2
地域3
国3
地域4
国4
地域5
国5
地域6
国6
地域7
国7
地域8
国8
地域9
国9
地域10
国10
国・地域 グローバル
2006/05/20 [ 2006年05月号 ] 岡田 治 鈴木 信市
Global Disclaimer(免責事項)

このwebサイトに掲載されている情報は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)が信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

※Copyright (C) Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.

本レポートはPDFファイルでのご提供となります。

上記リンクより閲覧・ダウンロードができます。

アンケートにご協力ください
1.このレポートをどのような目的でご覧になりましたか?
2.このレポートは参考になりましたか?
3.ご意見・ご感想をお書きください。 (200文字程度)
下記にご同意ください
{{ message }}
  • {{ error.name }} {{ error.value }}
ご質問などはこちらから

アンケートの送信

送信しますか?
送信しています。
送信完了しました。
送信できませんでした、入力したデータを確認の上再度お試しください。