ページ番号1006238 更新日 平成30年2月16日

特集:深海へ向かう世界の石油・天然ガス開発事業 動き出したインドネシア、マレーシアの 大水深石油・ガス開発

レポート属性
レポートID 1006238
作成日 2006-09-20 01:00:00 +0900
更新日 2018-02-16 10:50:18 +0900
公開フラグ 1
媒体 石油・天然ガスレビュー
分野 探鉱開発
著者
著者直接入力 正田 伸次
年度 2006
Vol 40
No 5
ページ数
抽出データ アナリシスJOGMECジャカルタ事務所長jogmec1@cbn.net.id正田 伸次特集:深海へ向かう世界の石油・天然ガス開発事業動き出したインドネシア、マレーシアの大水深石油・ガス開発1. はじめに JOGMECホームページ掲載の石油・天然ガス資源情報「アジア:大水深海域での探鉱・開発の現況と方向性(2006/6/21)」「石油・天然ガス産業:深海探鉱・開発活発化の背景、現状と今後の展望(2006/5/14)」等で既報のとおり、現在アジアでは、大水深海域における探鉱・開発とEOR(Enhanced Oil Recovery:増進採油法)による生産量維持という2つの局面で活動機会が活発化しつつあると認識されている。 そこで本稿では、油・ガス田の老朽化が激しく生産量が急激に低下しつつあるインドネシアと、浅海域からの生産量が頭打ちになる一方、今後大きな需要の伸びが予期されているマレーシアの両国について、現在実施されつつある大水深海域での探鉱・開発の現況や探鉱・開発ポテンシャル、そして今後の展望等について紹介する。2. 大水深海域探鉱・開発プレーヤー(1)インドネシア インドネシアでの大水深海域探鉱・開発はカリマンタン(ボルネオ)東方沖が中心であるが、これまで東南アジア地域(特に海域)をビジネス・コア地域としていたユノカルを吸収合併したシェブロンがメインプレーヤーである(表1)。 同社は、インドネシア最大の原油生産事業者(56万バレル/日、シェア53%)であるが、今後、マカッサル(Makassar)鉱区ゲヘム(Gehem)等での開発・生産活動拡大に注力するため、現在、所有する複数の権益を整理中である。 その他プレーヤーとしてはアナダルコ、トタール、エニ等が挙げられる。アナダルコは、シェブロンからマカッサルの探鉱鉱区をスワップ入手しており、同社は今が東南アジア大水深海域での探鉱・開発を進める時機と判断した。また、トタールやエニも、シェブロンが今後ファームアウトするとみられる旧ユノカル権益を手中にしたいと考えている模様である。 また、エクソンモービルは、今のところマレー半島東方沖浅海域での探鉱・開発とアチェでの開発に注力しようとしているが、将来的にはメキシコ湾やアンゴラ沖で蓄積した大水深開発技術をもって、カリマンタン東方沖での探鉱・開発を必ず活発化させてくるであろう。(2)マレーシア インドネシアと比べてマレーシアは、プレーヤーが比較的少ない。具体的には大水深海域で探鉱・開発を行っているのはマーフィー、シェル、ニューフィールド、ヘス(以上オペレーター)、コノコ、トタールの外国企業6社と、ペトロナス(オペレーター)である(表2)。 現時点ではマーフィーがキケー(Kikeh)開発で先行しているが、シェルとペトロナスも、それぞれグムスット(Gumusut)やクババンガン(Kebabangan)での探鉱・開発を着実に進めており、この3社がメインプレーヤーといってよい。21石油・天然ガスレビューAナリシス表1インドネシアカリマンタン東方沖鉱区別オペレーター/シェアホルダーKey Indonesian East Kalimantan Offshore BlocksOther HoldersDiscoveries (year)Chevron (33.75%)*Chevron (33.75%)*NAChevron (19.55%), Pertamina (15%)AsterHui AmanMerah Besar (1997)Gehem (2003) Gula (2001)Gendalo/Gandang (2001)West Seno (1998)Ranggas (2001)Block (Operator)Ambalat (Eni)Bukat (Eni)Bulungan (Eni)Donggala (Santos)E. Ambalat (Chevron)East Kalimantan (Chevron)Ganal (Chevron)Water Depth(m)<200<200<2001,800-2,400<200<200250-2,000Area(sq. km)OperatorShare (%)NA6,250NA3,821NA6,8255,0505541.2510065.4592.580Inpex (7.5%)Eni (20%)250-1,000+<200<2005,88016,3308,773NA4,7084,2005,4202,93775-1,365100-2,0001,650-2,4501,650-2,450250-2,000Makassar Strait (Chevron)Mahakam (Total)Sebuku (Pearl)Muara Bakau (Eni)Pasangkayu (Marathon)Papalang (Zudavi)Popodi (Zodan)Rapak (Chevron)Sadewa (Chevron)Saliki (Total)Sunumana (Exxon)West Pasir (Chevron)Source: Company and government reports; Energy Intelligence Research estimates. Producing field(s) in bold.* Chevron's interests are pending being swapped with Anadarko for its shallow-water Northwest Madura Block off Java.出所:Energy Intelligent Research(以下E.I.R.)Exxon (50%)Inpex (50%)Fuel-X (50%) Chevron (50%)*Talisman (30%)Chevron (24%)*, Eni (25%), Santos (20%)Chevron (24%)*, Eni (25%), Santos (20%)Eni (20%)50505050703131805050Inpex (50%)Inpex (50%)<200<200<200<2004045,34025.635表2マレーシア大水深海域鉱区Key Malaysian Deepwater BlocksBlock (Operator)Water Depth(m)Area(sq. km)OperatorShare (%)PetronasShare (%)Other SharesDiscoveriesPSC Signed(month/year)North SabahBlock K (Murphy)*Block G (Shell)Block J (Shell)Block J (Petronas)Block H (Murphy)Block P (Murphy)Disputed w/ BruneiBlock L (Murphy)Block M (Murphy)SarawakBlock E (Shell)Block 2C (Newfield)Block F (Hess)E. & SE. SabahBlock SB305 (Petronas)Block ND6 (Shell)Block ND7 (Shell)出所:E.I.R.900-2,800700-1,800200-1,000200-1,000200-1,000+900-2,800800-2,600800-2,600200-1,000+200-2,000200-1,2000-250200-4,000200-4,0004,1115,300**3,500**3,500**8,8584,2466,0706,0704,500**4,4009,7208,70017,00080354080606070406042.55050Conoco (35%)Conoco (40%)Conoco (40%)Kikeh, Kakap Pisandan-1, Ubah-2, Malikai-1GumusutKebabanganTotal (42.5%)20302060204040306040151005050Jan-06Nov-00Nov-00Mar-01Jan-06Jan-03Jan-03May-04Jul-00Feb-05Feb-05* Extension of Block K seven-year lease with Block P added. ** Estimated.2006.9 Vol.40 No.522チ集:深海へ向かう世界の石油・天然ガス開発事業 動き出したインドネシア、マレーシアの大水深石油・ガス開発3. 探鉱・開発ポテンシャル発され、生産物はマカッサル(Makassar)ブロックに設置されるFPU(Floating Production Unit:浮遊式生産システム)から陸上のサンタンターミナルに接続されて、国内製油所に輸送されている。また第2フェーズではFPUの南側に2基のTLP(Tension-Leg Platform)が設置され、2009年から生産開始される計画となっている。 その他、カリマンタン東方沖の大水深海域での開発では、ゲヘム、グラ、ゲンダロ(Gendalo)/ガンダンといった超大水深海域から、ガスとコンデンセートの生産が行われるようになっていく見込みである。 なお、開発システムはクテイ堆積盆地やマカッサル海域においてはTLPやSparといったプラットフォームと、FPSO(Floating Process, Storage, & Offloading System)のコンビネーションが適しているとされている。(2)マレーシア マレーシアの生産量は現在72万バレル/日で、そのうち約半分はマレー半島東方沖浅海域から、残りがサラワク沖およびサバ沖の浅海域からの生産である。 マレーシアでの石油・ガス開発地域は大きく分けて3つあり、マレー半島東方沖の南シナ海浅海域と、ガス指向でビンツルLNG施設に輸送が可能なサラワク沖、そして、より石油指向であるサバ沖である。 マレー半島東方沖は1980年代から開発が進められている海域で、国内やシンガポールに向けて供給が行われている。一方、サラワク沖は現在最も大規模なLNG施設をもつといわれるビンツルを有するマレーシアLNGトレードの中枢で、10万バレル/日の原油生産を行っている地域でもある。 そしてサバ沖は、マレーシアでの大水深海域での探鉱・開発の火付け役ともなったサバ沖K鉱区キケー油田(1999年発見。現在開発準備中)や、今後開発に移行される計画となっているカカップ(Kakap)やピサンダン(Pisandan)、ウバ(Ubah)、マリカイ(Malikai)(以上マーフィー)、グムスット(シェル)、クババンガン(ペトロナス)などがある(表7)。 マレーシアにおける未発見埋蔵量については、原油に関しては50%(43億バレル)が海洋部にあって、またそのうち20%(8億バレル)がサバ沖大水深海域のタービダイト鉱床に集積している。浅海域のデルタ鉱床(13億バレル)も含めれば、サバ沖の未発見埋蔵出所:Pertamina図1インドネシアの探鉱状況(1)インドネシア インドネシアの原油生産量は、2006年7月時点で103万バレル/日(石油ガス上流監督機関BPミガス公表値)であるが、このほとんどは陸上と浅海域からの生産である。 しかし、インドネシアには確認済みたいきの約60の堆盆地のうち3分の1以上が未探鉱であると言われており、未確認埋蔵量についても多大なポテンシャルが残されているとみられる(図1)。 2000年に実施された米国地質調査所(U.S.G.S.)の評価によると、インドネシアの未発見埋蔵量のうち、原油に関しては70%(72億バレル)が海洋部にあり、またそのうちの60%(46億バレル)がカリマンタン東方沖大水深海域のタービダイト鉱床に集積しているとみられている(表3)。 また、ガスに関しては未発見埋蔵量の60%(63兆立方フィート)が海洋にあり、またそのうちの40%(26兆立方フィート)がカリマンタン東方沖大水深海域のタービダイト鉱床に集積しているとみられている(表4)。 インドネシアにおける大水深海域で現在生産中のものは、唯一ウェストセノ(West Seno:生産レート4万5,000バレル/日、2006年推定)であるが、既発見未開発フィールドとしては、北スマトラのジャンブアイェウタラ(Jambu Aye Utara:ガス)、東カリマンタンのランガス(Ranggas)、シシ(Sisi)、ヌビ(Nubi)、パリ(Pari)、バンカ(Bangka)、アトン(Aton)(以上原油)、ゲヘム、グラ(Gula)、マハ(Maha)、ガンダン(Gandang)、ガダ(Gada)、サデワ(Sadewa)、パパダヤン(Papadayan)、ハリムン(Halimun)(以上ガス)がある (表5、6)。 ウェストセノは、近接するメラブサール(Merah Besar)とあわせて開積せ23石油・天然ガスレビューAナリシス表3インドネシアの地質区分別原油資源量WaterDepth (m)250-2,8000-2503-4000-400150-2500-6000-2,00040-100WaterDepth (m)250-2,8000-2500-6000-4000-2,000150-2503-40040-100ProvinceBasinIndonesian Oil Resources By Geologic ProvinceUndiscovered Oil* (mil. bbl)MeanP95P54,5601,59348117019210071197,1869,1443,0228803204551921713814,222KuteiKuteiNorthwest JavaNorthwest JavaGreater SarawakNorth SumatraNorth SumatraMalayOffshore TurbiditiesDeltaicsSunda-AsriArdjunaEast NatunaBampo-CenozoicMerguiSouth Lacustrine TotalOnshore1,654Central SumatraBrown Shales1,308South SumatraLahat/Talang Akar1,295DeltaicsKutei1,046Fold and Thrust BeltKutei213Ardjuna192Bampo-Cenozoic19Mergui5,727 Total19,949Total Indonesia* Including natural gas liquids. Source:US Geological Survey,World Assessment 2000.出所:E.I.R.98370868243211410083,02710,2131,171501175664139452,00240928421552443901,0433,045Northwest JavaNorth SumatraNorth Sumatra表4インドネシアの地質区分別ガス資源量Indonesian Gas Resources By Geologic BasinUndiscovered Gas (Bcf)ProvinceBasinKuteiKuteiNorth SumatraNorthwest JavaNorth SumatraGreater SarawakNorthwest JavaMalaySouth SumatraKuteiNorth SumatraCentral SumatraNorthwest JavaNorth SumatraOffshore TurbiditiesDeltaicsBampo-CenozoicArdjunaMerguiEast NatunaSunda-AsriSouth Lacustrine TotalOnshoreLahat/Talang AkarDeltaicsBampo-CenozoicBrown ShalesFold and Thrust BeltKuteiArdjunaMergui TotalTotal Indonesiagas fields nIIion fieldsl 出所:E.I.R.MeanP95P525,68725,0304,1492,7102,4321,96387420963,05418,25010,7274,1494,0783,3132,63227043,419106,47389,34217,1315,8298,3901,7451,140844942336017,9756,9513,5961,7451,7464541,1111015,61333,58829,0024586,53,97946,2467,2664,7165,2174,1411,835415123,81531,99919,8207,2667,2707,8514,56658079,352203,167167,87735,290量は21億バレルとなり、全マレーシアの原油未発見埋蔵量の50%を占めると見られている(表8)。 一方、ガスについては未発見埋蔵量の50%(50兆立方フィート)は海洋にあるが、サバ沖大水深海域のタービダイト鉱床に集積しているとみられるガスは、そのうちの7%(4兆立方フィート)にすぎず、サバ沖大水深海域は石油指向といってよい(表9)。 このうち大水深海域の探鉱・開発で今、最も脚光を浴びているのがサバ沖である(表10)。 キケーは水深4,400フィート(約1,340メートル)のところに位置し、油層の有効層厚は500フィート(約153メートル)、期待される埋蔵量は4?6億バレルとされている。 開発システムは2004年に公表されており、SparとFPSOの組み合わせで、キケーに隣接するフィールドと併せて開発される計画となっている。生産開始は2007年後半とされており12万バレル/日からスタートし5年間かけて15万バレル/日となる計画である。 マーフィーは、2006年1月キケーの北東110キロメートルに位置するP鉱区の操業権も取得し、本大水深海域一帯を今後探鉱・開発していく計画であるが、P鉱区のロフプロスペクトでの試掘井はドライであった模様である。 シェルは2006年1月、本海域で4番目の成功を見ており、今後マーフィー以上に本海域での主導的役割を演じていく可能性をもっている(G鉱区:マリカイ[2004年]、ウバ[2005年]、ピサンダン[2006年]、J鉱区:グムスット[2004年])。またサバ東方沖ならびにサバ南東沖においても水深200?4,000メートルの海域で探鉱を進めようとしている。 サラワク・エリアでの大水深海域では、ニューフィールドがオペレーターとなってペトロナスと探鉱作業を行っている2C鉱区がある。水深は200?2006.9 Vol.40 No.524チ集:深海へ向かう世界の石油・天然ガス開発事業 動き出したインドネシア、マレーシアの大水深石油・ガス開発表5インドネシアの油ガス田(西部海域)Western Indonesian Offshore Oil and Gas Fields* by Geographic AreaNorth SumatraNatuna SeaSoutheast SumatraNorthwest and Central JavaShallow / DeepwaterOil / Gas FieldsShallow WaterOil FieldsR, H-K-L-M, LangsaBelida, Belanak, Kakap,Anoa, Terubuk, Udang,Ikan Pari, ForeiWiduri, Cinta, Rama, BimaIntan, Indri, Aida, SundariSelatan, Nora, Kitty, AA, AV,Krishna, AVS, NWJ APNBanuwati, AstiArdjuna, Arimbi,NW CornerKepodangGas FieldsJ1, J2, A, S, NSOTembang, N. Belut, W. Belut, S. Belut, D-AlphaDeepwaterGas Fields出所:E.I.R.Jambu Aye Utara* Fields in italics are prospects. Source: Pertamina and oil company sources.表6インドネシアの油ガス田(東部海域)Eastern Indonesian Offshore Oil and Gas Fields* by Geographic AreaEast KalimantanMadura IslandEast Java, PapuaWest Papua, Timor SeaShallow / DeepwaterOil / Gas FieldsShallow WaterOil FieldsAttaka, SepinggantSupa, JumelalKamaGas FieldsTunu, Peciko, StupaDeepwaterOil FieldsGas Fields出所:E.I.R.W. Seno, Ranggas,isiS Nubi, PariBangka, AtonGehem, Gula, MahaGandang, GadaSadewa, PapadayanHalimunFieldIndonesia West Seno Ranggas GehemMalaysia Kikeh Kebabangan Kakap Gumusut出所:E.I.R.OperatorChevronChevronChevronMurphyPetronasMurphyShell25石油・天然ガスレビューN. Camar, S. Camar, PolengOyong, Jeurk, KE-2, KE-6,KE-30, KE-39, Bukit TuaSidayuBD, Maleo, Payang, AnggurJS53APagerungun, W. KangeaniSrasun, Batur, TerangMDAVorwata, Wiriagar DeepRoabiba, Wos, UbadariOfaweri, Abadi* Fields in italics are prospects. Source: Pertamina and oil company sources.表7大水深海域原油生産予測Potential Deepwater Oil Production ProfilesBlock20031616200425252005363620064545200760602008756015000015158585Makassar Str.RapakGanalBlock KBlock GBlock KBlock G単位:1,000BPD2009105753013012010201012090351015512020105Source: Company data and Energy Intelligence Research projections.Aナリシス表8マレーシア地質区分別原油資源量Malaysian Oil Resources By Geologic ProvinceProvinceBasinUndiscovered Oil* (mil. bbl)MeanP5P95WaterDepth (m)Offshore Brunei-Sabah DeltaicSouth Malay LacustrineBrunei-Sabah TurbiditesBalingianCentral LuconiaSouth Malay CoalyBampo-Cenozoic TotalOnshoreBrunei-Sabah DeltaicBalingian TotalTotal MalaysiaBaram Delta/Brunei-SabahMalay BasinBaram Delta/Brunei-SabahGreater SarawakGreater SarawakMalay BasinNorth SumatraBaram Delta/Brunei-SabahGreater Sarawak0-15040-10075-2,9000-20050-20040-1003-4001,2551,158813615256163134,2736630664,339382321237150844951,228207201,2482,4502,3561,5721,296500309258,508129651298,637* Including natural gas liquids. Source: US Geological Survey, World Assessment 2000.出所:E.I.R.表9マレーシア地質区分別ガス埋蔵量Malaysian Gas Resources By ProvinceProvinceBasinMalay BasinGreater SarawakBaram Delta/Brunei-SabahBaram Delta/Brunei-SabahMalay BasinGreater SarawakNorth SumatraBaram Delta/Brunei-SabahGreater SarawakOffshore South Malay LacustrineCentral LuconiaBrunei-Sabah DeltaicBrunei-Sabah TurbiditesSouth Malay CoalyBalingianBampo-Cenozoic TotalOnshoreBrunei-Sabah DeltaicBalingian TotalTotal Malaysiagas fields nIIion fieldsl 出所:E.I.R.Undiscovered Gas (Bcf)MeanP5P95WaterDepth (m)17,98615,0676,8303,6253,5422,13854749,7355,2535,2731,97893898356823035,13727,62413,7447,3926,9894,46095815,22396,30440-10050-2000-15075-2,90040-1000-2003-4003597943850,17340,14710,0271042012472317089315,34797,19712,623 76,3622723 20,834,Source: US Geological Survey, World Assessment 2000.2006.9 Vol.40 No.5262,000メートル。これまでにペトロナスが取得している三次元(3D)地震探鉱データをもとに、今後掘削深度こう6,000メートルの坑を、最低2坑掘削する計画である。 また、ヘスがオペレーターとなり、トタールとペトロナスで探鉱作業を行っているF鉱区は、水深200?1,200メートル。既存の2D地震探鉱データの5,000キロメートル分について再解釈した後、3D地震探鉱を実施している。既にいくつかの有望なプロスペクトが抽出されおり、今後探鉱作業が進められていく見込みである。 開発システムであるが、サバ沖やサラワク沖の開発を行ううえで最適な生産システムと考えられているのはFPSOで、またサバ南東沖ではSparやTLPが最も適していると考えられている(図2)。井せい なお、ペトロナスはマレーシアを東南アジア海域での大水深開発のハブとすべく、ペトロナスの子会社Malaysia International Shipping Corporation(MISC)傘下にあるMalaysia Marine and Heavy Engineering(MMHE)を前面に押し出して、大水深用施設の建設や増強修理等をさせていく計画である。特に、タンカーからFPSOへの改造について注力していく計画で、MISCは現在4件のFPSO建造プロジェクトを進めており、今後2?3年のうちに10?15件のFPSOプロジェクトを抱えるものと予想されている。 このように、石油・ガスの探鉱・開発自体についてはもちろんのこと、それを取り巻くプラットフォーム建造や関連サービスに対しても官民あげて力を入れており、本地域における大水深海域の探鉱・開発・生産の全ての局面でハブ的な環境を確立しようとする戦略が明確に見えており、注目に値する。チ集:深海へ向かう世界の石油・天然ガス開発事業 動き出したインドネシア、マレーシアの大水深石油・ガス開発表10マレーシア海域/水深別油ガス田Malaysian Oil and Gas Fields* by Geographic AreaPeninsular MalaysiaSarawakSabahShallow / DeepwaterOil / Gas FieldsShallow WaterOil FieldsTapis, Seligi, Bekok, Pulai, Dulang,W. Patricia, Temana, Bayan,Guntong Bintang, Irong Barat,Angsi, Malong, Sotong,Larut, Tinggi, Jerneh Lawang,,utaiP Abu, Bertam RhuBarton, St. Joseph, Erb West,South Furious, TembungoSE Collins, Kimbalu, SW EmeraldSamarang Lokan, Sumandak, igiT PaganMalaysia-ThailandJoint Development AreaBunga Seroja, Cai Nuoc,Bunga OrkidSiwa, W. Lutong, Bokor, Betty,Tukau, Baronia, Fairley-Baram,Block A (21), Block C (2,13), Block D (18,21), Block E (1), Block F (11), Bentara, BalalPatricia, Apih, North AcisBlock A (3), Block B (11), Block C (24), Block E (4,6,18)Block F (6,9,11,12,14,23,27,28),Block K (4,5), Block F (2,38),Block B (12), Kumang, Tenggiri MarineGas FieldsBesar, Belumut, DuyongResak, Angsi, Cakerwala,Bergrading Deep Noring, Inas, BujangDeepwaterOil FieldsGas Fields出所:E.I.R.Kinarut, Titik Terang, Nosong,GlayzerCakerwala (MTJDA portion)Jengka, Muda, SenjaKikeh, Kakap, Gumusut,Malikai, Senangin, Ubah,Kebabangan, Pisandan,KamunsuKebabanganSerai, Jintan, Helang,Block M (1,3,4,5) Block G (7)Saderi, Bijan, M3 South, Cili Padi* Fields in italics are prospects. Source: Petronas and other oil company sources.出所:the U.S. Minerals Management Services(米国内務省鉱物管理局)図2大水深生産システム概念図27石油・天然ガスレビュー. 今後の展望 インドネシアとマレーシアでの大水深海域開発には、現時点で次のようなプラスとマイナスの要因がある。ズな手続き等が難しくなる可能性があること。・ 環境保全のためのレギュレーションプラス要因:・ 原油価格の高騰が続いており、油価・ガス価が高値で安定していること。・ 探鉱・開発にかかわる政府側のインセンティブが強い状況にあり、政府は炭化水素資源の探鉱・開発に対し強い奨励を行っていること。・ 他のエリアと比較して、競合するプレーヤーが比較的少ないこと。・ 既存インフラが利用できる地域があること(カリマンタン東のボンタン地域やサラワクのビンツル地域)。・ 消費地あるいは潜在的マーケットに比較的近いこと。・ 地質的ポテンシャルが高いと見込まれている割には探鉱自体が進んでおらず、相対的に成功確率の高いエリアが多数残されていること。・ スリムホール掘削等、掘削コストの低減、リグコストの低減が研究されつつあること。・ 開発・生産関連施設の製作所、造船所がすぐ近くにあること(プロジェクトコントロールがしやすく、またデリバリー期間も短くてすむ)。マイナス要因:・ 昨今の資機材コスト上昇のため、プロジェクト・コストがインフレーション傾向にあること(大規模プロジェクトでは特に影響を受けやすい)。・ プロジェクトを進めるにあたり、地方政府の力が台頭してきており、中央政府のみならず地方との関係も考慮しなくてはならなくなってきたこと。・ 探鉱・開発が進んでいないということは、当局側の経験も少なく、スムーが厳しくなりつつあること。・ 国境問題が未解決な地域での探鉱・開発となる場合があること(インドネシア?マレーシア間のマカッサル海峡北部マレーシアサバとの境界問題。またマレーシア?ブルネイ間、マレーシア?中国間の南シナ海境界問題。また将来的にユニタイゼーションを行う場合のマーフィー?シェル等、オペレーター間の問題もある。・ 比較的未探鉱の地域であるため、参考となる地質データが少なく、地質モデルの精度が高くないため探鉱リスクが高いこと。また開発・生産コストが高いこと。・ インフラ整備状況が特定地域を除けばメキシコ湾等と比べてやはり低いこと。・ 一時的に強い季節風が吹いたり、強い潮流のある海域があることから、浮遊式生産システムや海底生産システムに少なからず影響があること(特にサバ沖、クテイ堆積盆)。・ ガスを扱える浮遊式生産システムが必要となってくる場合もあること。・ ガス供給が国内へ転換されつつあるなど、ガス情勢が見えないこと(特にインドネシア)。・ テロリズム、地震等のリスクも相対的に高いこと(特にインドネシア)。 このように、インドネシアとマレーシアでの大水深海域での探鉱・開発は、自国ならびに周辺国への原油供給を引き上げることのできる大きなポテンシャルがある一方で、政治的リスク、地質的リスク、地政学的なリスク等、様々なリスクを抱えていることもまた事実である。アナリシスてこ しかし、昨今の石油ガス政策にかかわる要人の動きや発言を見る限り、この両国における石油天然ガス政策は、ここ2?3年で大きく進展していく可能性がある。 インドネシアでは、既存鉱区からの生産だけで新規油田からの産出増がなければ、通年90万9,240バレル/日にとどまるとの予測もある(BPミガス)。一方、開発計画が承認されている新規12鉱区だけでは2万4,250バレル/日の増産ができるにとどまるため、さらなる大規模油田の新規探鉱・開発を促進していきたいという背景もある。 そうしたなか、プルノモ・エネルギー鉱物資源相はこの7月、同省のトップ人事を刷新して、石油・天然ガス政策に梃入れしていく布陣に整えた。たとえば、新石油ガス総局長には大臣の腹心であった事務次官ルルク・スミアルソ氏を就任させ、また大臣直属の経済・投資担当専門官には石油ガス局探鉱生産課長のノフィアン・タイブ氏を就任させた。 大水深海域での開発にかかわる具体的政策については、今のところ明らかにされてはいないものの、今後、早急に生産量を増加させていくというインセンティブは強く感じられる体制が整えられた。 また、マレーシアでも、ペトロナスのモハマド・ハッサン・マリカン社長兼最高経営責任者(CEO)が、マレー半島部をはじめとして南シナ海やサバ、サラワク沖で新たに油田やガス田を開発し、将来的に生産量を維持していきたいという考えを示した。同社アブドゥル・カリム副社長も、深海での油田・天然ガス田開発に力を入れる方針から、少なくとも2010年までは深海油井の掘削に力を入れ、2006年は東マレーシアで深海油・ガス井10カ所、2007年には10カ所、2008年には11カ所2006.9 Vol.40 No.528チ集:深海へ向かう世界の石油・天然ガス開発事業 動き出したインドネシア、マレーシアの大水深石油・ガス開発の深海油井掘削を予定していることなどを表明している。 このようななか、ペトロナスは生産分与協定に基づいて米マーフィー・オイルと共同開発で、2007年第4四半期にもサバ州沖K鉱区にあるキケー油田で日量12万バレルで生産を開始し、また同州沖J鉱区内のグムスット油田でもシェルとコノコ・フィリップスの2社と共同開発で、2011年までに日量15万バレルの水準で生産を始めるという計画を着実に進めつつある。を中心として、大水深海域での探鉱・開発が大きく進展していくことは間違いないであろう。 大水深海域での探鉱・開発には長い年月が必要である。しかしながら、本海域では、1990年代後半からの継続的な探鉱が、2000年前後からの油・ガス田の相次ぐ発見につながり、今後2?3年のうちにマレーシアではサバ沖、またインドネシアではクテイ堆積盆地 今後、現在メインプレーヤーとして動いている各社の動向を中心として、本地域における大水深海域での探鉱・開発について、目が離せない状況となってきた。執筆者紹介正田 伸次(しょうだ しんじ)早稲田大学大学院理工学研究科修了。石油公団入団後、米国およびロシアでの駐在を含め、技術部、技術センター等勤務を経て、現在ジャカルタ事務所所長。29石油・天然ガスレビュー
地域1 アジア
国1 インドネシア
地域2 アジア
国2 マレーシア
地域3
国3
地域4
国4
地域5
国5
地域6
国6
地域7
国7
地域8
国8
地域9
国9
地域10
国10
国・地域 アジア,インドネシアアジア,マレーシア
2006/09/20 [ 2006年09月号 ] 正田 伸次
Global Disclaimer(免責事項)

このwebサイトに掲載されている情報は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)が信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

※Copyright (C) Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.

本レポートはPDFファイルでのご提供となります。

上記リンクより閲覧・ダウンロードができます。

アンケートにご協力ください
1.このレポートをどのような目的でご覧になりましたか?
2.このレポートは参考になりましたか?
3.ご意見・ご感想をお書きください。 (200文字程度)
下記にご同意ください
{{ message }}
  • {{ error.name }} {{ error.value }}
ご質問などはこちらから

アンケートの送信

送信しますか?
送信しています。
送信完了しました。
送信できませんでした、入力したデータを確認の上再度お試しください。