ページ番号1006243 更新日 平成30年2月16日

石油天然ガスのトリビア(その 3 ) ~ちょっとした疑問、質問にお答えします~

レポート属性
レポートID 1006243
作成日 2006-09-20 01:00:00 +0900
更新日 2018-02-16 10:50:18 +0900
公開フラグ 1
媒体 石油・天然ガスレビュー
分野 エネルギー一般
著者
著者直接入力 森島 宏
年度 2006
Vol 40
No 5
ページ数
抽出データ エッセーJOGMEC石油・天然ガス調査グループmorishima-hiroshi@jogmec.go.jp 森島 宏石油天然ガスのトリビア(その3)?ちょっとした疑問、質問にお答えします?3回目のトリビアをお送りします。1、2回目のご質問は文末に揚げました。19.モス型質問:が LNG船のモス型というのは、蛾まゆ(英語のモス)の繭に似ているから名付けられたのか。わん回答: 液化天然ガスLNG船の写真を見ると(図1)、甲板に丸いお椀を伏せたようなタンクが並んでいる場合が多く、見ようによっては繭のようにも見えます。昔の映画に、蛾の怪獣でモスラというのが出てきましたが、モスラが繭をつくったら、あれくらいの大きさにはなるかもしれませんね。 しかし、蛾の英語モスのスペルがmothであるのに対し、LNG船のモス型のスペルはmossであることからも分かるように、両者の間に関係はありません。実は、LNG船のモス型は、このタイプの船を初めてつくったノルウェーの会社であるモスローゼンバーグ(Moss Rosenberg)から名付けられたものです。 LNGは、メタンを主成分とする天然ガスが、冷却液化すると体積が約1/600になり、輸送、貯蔵の効率が上がることを利用するものです。しかし、LNGの沸点は、マイナス162度という極低温ですから、少しでも温度が上がると蒸発してしまいます。 特に、これを海上輸送する場合には、太陽や海水など、外部からの熱の進入を防いだり、航行中に遭遇する波の影響を最小限にするなどの極めて厳しい課題を、素材の選択や、設計上の工夫により克服することが必要です。これ93石油・天然ガスレビューらに対する回答として同社が考案したのが、断熱材で覆われた球形のタンクを、球の赤道の部分だけで、船の甲板に取り付けるという構造、モス型でした。 まず、球形は体積に対する表面積が最小ですから、外部からの熱の進入も、外部への熱の放出も最小にすることができます。また、タンクの内側は球面で、どちらからの揺れに対しても、液の抵抗を最小にし、摩擦熱による蒸発を抑えます(図2)。このような特徴をもつため、モス型は、LNG船型の主流の一つとなっています。 もう一つの代表的な船型は、フランスのガストランスポート社が開発したメンブレン方式です。これは、おおまかに言えば、船の内側に断熱性の膜(メンブレン)を張り付けることから、名付けられたものです(図3)。 メンブレン方式の特徴は、モス式と異なり、タンク部分が甲板の上方に張り出さないので、航行中に風の抵抗を受けにくく、悪天候に強いとされています。また、同じ容積のLNGを積載する場合、モス型より船体を小さくすることができます(図4)。 ただ、モス方式に比べて、断熱メンブレンの取り付けなど、建造に難しい点もあるとされます。 このように、両者には短所もありますが、優れた点も多く、それぞれの特長が評価されて採用され、現在では両方式が、就航している世界のLNG船約180隻の大多数を占めています。 例えば、現在開発中のカタールから欧米向けのLNGプロジェクトでは、LNG積載量20万立方メートルを超える超大型LNG船が数隻建造されますが、通過するスエズ運河の通行料が、おもに船の体積(タンクの体積でなく)を基にした算出法によって課料されることから、モス方式より船体を小さくできるメンブレン方式が選択されたと言われています。提供:三菱重工業船舶海洋営業一部図1モス型LNG船Gッセータンクカバー断熱/スプラッシュバリアタンク(1次防壁)赤道部スカート部分2次防壁内殻タンク材料低温用鋼材内殻メンブレン断熱箱出所:JOGMEC出所:JOGMEC図2モス型LNG船の断面図3メンブレン型LNG船の断面図提供:三菱重工業船舶海洋営業一部図4メンブレン型LNG船20.白亜紀とジュラ紀質問: 世界的に、石油や天然ガスの主要生産地層の一つは白亜紀の地層とのことだが、この地層は白っぽいのか? あるいはこの地層からの原油は他の原油より白っぽいのか? 同じく、主力油・ガス生産層とされるジュラ紀は、映画ジュラシックパークと関係があるのか。回答: 確かに、世界の石油・天然ガスの主要生産地層は白亜紀とジュラ紀の地層です。白亜紀(The Cretaceus Period)、ジュラ紀(The Jurassic Period)などと、紀(period)がついているのは、地質年代の名前です。地層や岩石の方は、系(system)をつけて呼びますので、石油・天然ガスの貯留層を呼ぶときは、白亜系、ジュラ系を用いるのが正解です。 これらの名前は、いずれも地質学の発展の過程において、それらの地層が現れた代表的な地域の名や、岩石名などから名付けられました。 白亜紀は、この時代の地層が最初に詳しく研究された西ヨーロッパ地方にがけおいて、その特徴である石灰岩から命名されました。有名な英仏間のドーバー海峡の白い崖は、白亜系石灰岩の代表的なものです。 この白い石灰岩を英国ではチョーク(chalk)と呼んでいたのですが、当時、ヨーロッパの学会では、学術名や学名にラテン語を用いるのが正統とされていたので、地層名をつけるとき、英語のチョークに対するラテン語クレタ(creta)が採用されました。 したがって、この時代の地層は、英仏などでは白っぽいですが、他の、特に石灰岩が多くない地域では、白い特2006.9 Vol.40 No.594ホ油天然ガスのトリビア(その3) ?ちょっとした疑問、質問にお答えします?徴があるわけではありません。また、白いのは地層であって、産出される石油の色が白いわけではありません。 なお、地中海のギリシャのクレタ島も、全島が白亜の石灰質からできていることから、クレタ島と呼ばれています。しかし、白亜紀の命名は、以上に述べたように、直接同島に由来するものではありません。 日本語の白亜(はくあ)は、辞書によると白堊(はくあく)の慣用読みで、亜は堊(あく)の通用字です。堊は白い土という意味の漢字で、漢語の白堊は、石灰、白墨、白壁などを指す言葉として、江戸時代から使われていました。 明治になって欧米から新しい文物が入ってきたとき、それらは日本語に訳されました。特に学問の分野では漢語が活躍しましたが、地質学においては、白亜紀のクレタというラテン語に対して、白堊という漢語があてられました。ちなみに、白堊館は米国のホワイトハウスにつけられた漢名です。 白亜紀は、約1億4,400万年前から約6,500万年前までの時代です。初めの三畳紀、中間のジュラ紀とともに、中生代を構成する3つの紀の最後に当たります。 中生代を代表する生物は、爬虫類やアンモナイトなどですが、特に恐竜は、中生代に出現し、三畳紀、ジュラ紀と繁栄し、白亜紀に最盛期を迎えた後、突然絶滅したことが知られています。 一方のジュラ紀の名称ですが、これはこの時代の地層が初めて詳しく研究された、フランスやドイツとの国境にまたがるスイスの山地の名、ジュラJuraから採られました。 ジュラ紀は、上に述べた同じ中生代の白亜紀に先行し、約2億1,300万年前から約1億4,400万年前まで続いた時代です。 同名の原作を基に制作された映画「ジュラシックパーク(Jurassic Park)」のジュラシックは、「ジュラ紀の、あるいはジュラ系の」という形容詞ですから、まさに、石油の生産層の時代ジュラ紀そのものを指します。 恐竜の生息していた時代ですから、恐竜を集めた施設を「ジュラ紀の公園」という意味で名付けたのでしょう。 ジュラ紀と白亜紀を代表する生物である恐竜は、白亜紀になって大型化したので、巨大恐竜が大暴れする物語には、「クレテイシャスパーク(Cretaceous Park)」=「白亜紀の公園」と名付けた方が適切だったかもしれませんが、どういうわけか、白亜紀でなくジュラ紀の方から、名を付けられています。提供:ロイター・サン photo by Toshiyuki Aizawa図5白亜紀の代表的恐竜ティラノサウルス21.石油質問: 地下の地層岩から採れる油が「地油」や「岩油」ではなく、また石から採れるわけでも石のように見えるわけでもないのに「石油」と呼ばれるのはなぜか。石のように見える先輩格、「石炭」のアナロジーで石油と命名されたのか。回答: わが国で、石油に関する語が初めて表れるのは、8世紀の日本書紀です。天智天皇に「越の国より燃水燃土」を献じたとある燃水が石油に当たると思われますが、当時の呼び方かどうであったかは分かりません。少なくとも中世以降は、石油が湧き出していた新潟や秋田などの地方では、臭い水と言う意味の「くそうず」が使われていたようで、当時の文献にあります。また、現在も地名として残っています。 われわれが今使っている石油という語は、もともと中国での呼び名から来みんているようです。16世紀後半、明の薬物学者・李時珍が著した博物事典「本草綱目」には、石脳油として出ており、それとともに、石油、石漆とも言うとされております。江戸時代の日本では、知識階級の間で「本草綱目」は広く読まれていたようで、石脳油の語が普及していたようです。 明治になって、米国などから石油が輸入され始めたときは、石脳油、石炭油などと呼ばれていました。明治6(1873)年、政府から欧米に派遣され95石油・天然ガスレビューGッセーた大鳥圭介は、米国石油業視察報告書に「山油編」と名付けました。大鳥は、英語のペトロリュウムはラテン語の岩の油と言う意味なので、植物油や獣油と区別するため山油と呼ぶとしました。 これらの呼び方のうち、石炭と石油は異なる物質であることが次第に知られるようになり、石炭油は用いられなくなりました。 石油の語は「本草綱目」にも記載のある由緒正しい言葉であることが、漢文の素養のあった明治初期の産業人が採用した大きな理由の一つであったと思われます。また、同じく「本草綱目」にあった石脳油より簡略でもあるので、使われることが多くなったようです。 さらに、英語のペトロリアムも石の油という同じ意味であると言うことが広く知られるようになり、結局これらのことから石油の語が定着して、今日に至ったようです。22.ノースフィールド質問: 最近、LNGの生産量が急速に増大し、埋蔵量も世界最大級とされるカタールのガス田は、ノースフィールド(北のフィールド)ガス田と言われているが、それでは南側にはサウスフィールドがあるのか。回答: ノースフィールド(North Field)のノースは、確かに北という意味ですが、この場合のノースは、この地域で1970年代当初、ガス層の存在が初めて発見された当時、探鉱の対象となっていた地下の地質構造の名称であるノースドーム(North Dome)に由来するものです。 ノースドームは、カタール半島の北東、アラビア湾(ペルシア湾)海上、約80キロメートルを中心に数十キロから百キロ以上の広がりをもつ巨大なドーム構造(地層が丸屋根状に盛り上がった構造)です。このドームの探鉱を行った当時のカタールシェル(後に国有化された現QP〈Qatar Petroleum〉)が、カタール半島の北方海上にあるドームという意味で名付けたものです。したがって、サウスドームは存在せず、当然、サウスフィールドもありません。 一方、アラビア湾(ペルシア湾)上の北側でカタールと境界を接しているイラン側には、同じく世界最大級のサウスパルス(South Pars)ガス田があります。「パルス」は、ペルシア語でイランの古来の名称である「ペルシア」のことです。 実は、ノースドームとサウスパルスの両ガス田は地下でつながった単一のガス田であるとされ、境界を挟んで、両国がそれぞれ自国の部分を所有していることになります。 ちなみに、イランのサウスパルスガス田には、その北側にノースパルスガス田があります。というのは、サウスパルスガス田は、ノースフィールドガス田が発見されてから20年ほど後の1990年代になって、イラン側が発見しました。しかし、もともと、イラン側には、既にパルスガス田と呼ばれるガス田が、イラン本土に近い海上に開発されていました。そこで、後から南側に発見された方をサウスパルス、既に北側にあった方をノースパルスと命名しなおしました(図6)。 よく知られているように、カタール側では、ノースフィールドガス田において、急ピッチで次々にLNG開発プロジェクトが立ち上がり、数年中に同国は世界最大のLNG輸出国になると見込まれています。ノースパルスガス田ノースパルスガス田ノースパルスガス田イランバーレーンサウスパルスガス田サウスパルスガス田サウスパルスガス田サウジアラビアノースフィールドノースフィールドノースフィールドカタールアラブ首長国連邦図6ノースフィールドとサウスパルス2006.9 Vol.40 No.596ホ油天然ガスのトリビア(その3) ?ちょっとした疑問、質問にお答えします? 一方、これに接しているイラン側のサウスパルスガス田では、今のところ輸出計画がなかなか立ち上がらず、LNGプロジェクトは進展していません。イランの核開発問題をめぐる国際的緊張が続くなか、外国企業がイランでの投資に慎重になっていることが背景にあります。現状では、南側のノースフィールドと北側のサウスパルスとで、明暗がくっきりと分かれる結果になっています。23.ESSOとEXXON質問: ESSOとEXXONは違うのか。EXXONというのは聞きなれない名だが、人の名前なのか。回答: 現在のエクソンモービル社は、1999年にEXXONとモービルが合併して成立した会社です。ESSOはEXXONに改名する前に名乗っていた古い方の商標なので、年配の方々にはなじみが深いかもしれません。 近代的石油産業は、19世紀の半ば米国で誕生し、急速な成長を遂げました。特にロックフェラーの創業したスタンダードオイルは、合併に次ぐ合併により、1880年代には全米の石油精製能力の90%を支配する大トラストに発展しました。これに対し、同業者や世論の反発が次第に強まり、1911年、同社は独占禁止法により、33の会社に分割されることとなりました。その一つ、スタンダードオイル オブ ニュージャージー(SONJ)がエクソンの前身であり、同じくスタンダードオイル オブ ニューヨーク(SOCONY)が、モービルの前身です。 さて、SONJは1923年、自社に対し、ESSOの商標を制定しました。これは、東部州スタンダードオイル(Eastern States Standard Oil)の意味をもつとともに、その発音がStandard Oilの略SOの発音エスオーに似ていることから採用されたと言われます。また、スペルの近い英語のessenceは真髄、精油などの意味があり、フランス語essenceやドイツ語essenzでも同じ意味です。さらに、フランス語ではガソリンもessence(エッサンス)です。これらのことも、採用の理由になったかもしれません。 ESSOの商標は、同社の事業の拡大とともに米国内外で用いられるようになっていきます。ところが、同じくスタンダードオイルの分割で誕生した他の会社も、SOCAL(スタンダードオイル オブ カルフォルニア)、SOHIO(スタンダードオイル オブ オハイオ)などと、いずれもSOを名乗ることが認められていたため、ESSOはそれらのSOとの混同を引き起こすとのクレームが出され、裁判の結果、SONJは米国の一部の地域ではESSOを使用することができないという事態になりました。そこで、長い期間をかけ、世界中の同社関連企業をも含めて多数の候補が検討された結果、ついに1974年、新しい、全世界で使える商標としてEXXONが採用されることになりました。 EXXONが選択され理由はいろいろ考えられますが、それまで50年間も親しまれていたESSOと、発音もスペルも比較的近いこともその一つかもしれません。選定に当たっては、人名に近い覚えやすい語感で、かつ実際には人名として存在しないものを探したとも言われています。そのころ(1968-1974)、米国の大統領はニクソンで、確かに発音は似ていますが、エクソンという人名はあまり聞いたことがないので、あるいはそうだったのでしょう。 なお、その選考過程で、エネルギーカンパニー(Energy Company)の略でEncoが一時有力候補となりました。しかし、日本の関係者から、日本ではこの発音はエンジン故障を略したエンコと同じでまずい、という指摘があり、取りやめになったというエピソードも伝えられています。ただし、その日本では、EXXONが正式社名になった後、今に至るも、ガソリンなどの製品やスタンドの名称としてエッソが使われています。それはエッソが日本で定着したからということでしょうが、エクソンという発音の中に、日本語としてはあまり良い感じを与えない語感が含まれているからかもしれません。97石油・天然ガスレビュー@「石油天然ガスのトリビア」では、これまで以下の項目を採り上げました。引き続き皆様のご質問をお待ちしております(著者)。エッセー(その1)2005年11月号 P.85-921. API比重2. エッソタイガー3. ワイルドキャット4. ユノカル765. BTU(その2)2006年1月号 P.65-7111. 油田とガス田12. 独立系13. 12Aと13A14. バレル執筆者紹介6. 第三紀と第四紀7. オクタン価とセタン価8. シェブロンとトタール9. メタンガス10. LNGとNGL15. WTI16. シェル17. 天然ガス18. オイルとペトロリアム森島 宏(もりしま ひろし)京都生まれ。京都大学理学部卒、同修士課程、博士課程修了(化学専攻)、同理学博士。75年石油公団に入り、同石油開発技術センター、中東事務所、天然ガス新石油資源室、?石油開発情報センター(出向)などで勤務。98年日本ガス協会に入り、第22回世界ガス会議東京大会組織委員会に勤務。04年石油天然ガス・金属鉱物資源機構に入り、現在、石油天然ガス調査グループ業務チーム担当調査役。著書に『天然ガス新世紀』(2003年ガスエネルギー新聞刊)がある。趣味は、歴史探訪、スポーツなど。国分寺市在住。2006.9 Vol.40 No.598
地域1 グローバル
国1
地域2
国2
地域3
国3
地域4
国4
地域5
国5
地域6
国6
地域7
国7
地域8
国8
地域9
国9
地域10
国10
国・地域 グローバル
2006/09/20 [ 2006年09月号 ] 森島 宏
Global Disclaimer(免責事項)

このwebサイトに掲載されている情報は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)が信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

※Copyright (C) Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.

本レポートはPDFファイルでのご提供となります。

上記リンクより閲覧・ダウンロードができます。

アンケートにご協力ください
1.このレポートをどのような目的でご覧になりましたか?
2.このレポートは参考になりましたか?
3.ご意見・ご感想をお書きください。 (200文字程度)
下記にご同意ください
{{ message }}
  • {{ error.name }} {{ error.value }}
ご質問などはこちらから

アンケートの送信

送信しますか?
送信しています。
送信完了しました。
送信できませんでした、入力したデータを確認の上再度お試しください。