ページ番号1006473 更新日 平成30年2月16日

欧州ユーティリティー企業の上流進出― その戦略と実績 ― (ドイツ:E.ON/RWE)

レポート属性
レポートID 1006473
作成日 2012-07-20 01:00:00 +0900
更新日 2018-02-16 10:50:18 +0900
公開フラグ 1
媒体 石油・天然ガスレビュー
分野 企業探鉱開発
著者
著者直接入力 大貫 憲二
年度 2012
Vol 46
No 4
ページ数
抽出データ 欧州ユーティリティー企業の上流進出― その戦略と実績 ― (ドイツ:E.ON/RWE)○ドイツの2大ユーティリティー企業であるE.ON、RWEは、発電・電力供給/天然ガス供給をコア事業とする企業であり、特にE.ONは欧州最大のユーティリティー企業である。E.ONとRWEは現在、従来の中・下流事業(発電・送電・電力販売および天然ガス輸送・販売)だけでなく、上流事業に積極的に乗り出している。○E.ON、RWEの上流事業への進出には、以下の共通した特徴がある。 ①上流事業でのオペレーターとしての関与  ・上流事業でオペレーターとなるため、核となる上流企業(探鉱・開発企業)の買収を行い、自らがオペレーターとして事業活動ができる体制を構築している。 ②上流事業の重点戦略地域に類似性がある  ・E.ON:英領・ノルウェー領北海、ロシア、北アフリカ(アルジェリア)  ・RWE:英領北海、ノルウェー洋上(北海、ノルウェー海、バレンツ海)、中央ヨーロッパ、北アフリカ  ・今後、より国際的な展開をする動きが見られる。 ③天然ガスに重点を置いた探鉱・生産活動の実施 ④下流事業者としての、原料調達のポートフォリオの一部としての上流事業はじめに ヨーロッパのユーティリティー企業(電力・ガス企業)は、欧州委員会(EC:European Commission)による欧州連合(EU:European Union)域内の電力・ガス市場の統合および自由化指令を受け、激化すると予想される域内競争に対応すべく、さまざまな対応を図ってきた。企業合併による大型化とともに、事業の利益性を向上させるため、多くのユーティリティー企業が上流事業に乗り出し、油ガス田等の上流権益に対して出資するだけでなく、企業によっては油ガス田のオペレーターとして事業をリードし、ガス・原油の生産物を確保するケースも挙げられる。 今回は、二つのドイツ企業に焦点を当て、欧州最大のユーティリティー企業であるE.ONとRWEについて、その上流事業戦略と経営に対する効果・影響をまとめる。1. E.ON(1)E.ONの上流事業への取り組み①E.ON設立時の上流事業(2000~2002年)   E.ONは、欧州最大のユーティリティー企業で、2011年の電力販売量は1兆1,448億kWh、ガス販売量は1,512億m3(1兆7,181億kWh)である。   E.ONは、2000年にVEBAとVIAGの合併によりドイツ最大の電力・エネルギー企業として発足した。   上流事業については、前身であるVEBAのグループ企業VEBA Oel(石油化学企業)が上流権益を保有し、合併直前の1999年には、英国、エジプト、リビア、オランダ、ノルウェー、インドネシア、ベネズエラ、シリアに権益を保有、原油・天然ガスの生産・販売を行っていた。1999年の生産量は原油5,240万バレル、天然ガス12億m3(780万boe*(barrel of oil equivalent))で、原油に重点を置いていた(原油比率:約87%)。   VEBA Oelは、E.ON設立時の方針である「コア(核)ビジネス(電力・ガス供給事業)に集中し、非コアビジネスから投資撤退する」という方針の下、その事業は非コアビジネスと位置付け67石油・天然ガスレビュー轤黶A2002年7月にBPに事業を譲渡し、その際に上流権益がPetro-Canadaに売却された。②Ruhrgasの買収・合併による本格的な上流事業への進出(2003~2006年)   現在のE.ONの上流進出は、ドイツを中心に欧州でガス事業を行っていたRuhrgasを2003年1月に合併したことにより開始された。Ruhrgas自身、E.ONとの合併前に既に上流権益の取得に乗り出していたが、主に英領北海での権益取得(1993年:Elgin/Franklin(5.2%)、1998・2002年:Glenelg(約15%)、2002年:Scoter(12%))であり、オペレーターを志向してはいなかった。上流活動を本格化させたのは、2003年7月、ノルウェーのNjord油ガス田の権益取得以降である。Ruhrgasの合併以降、E.ONはRuhrgasを母体にE&P(探鉱&生産)活動を活発化させていく。   2004年、E.ONは初めてE&Pに関する具体的な目標を掲げ、戦略を立ち上げた。  a. 英国およびノルウェーでの特定の地域(主に北海)での探鉱・開発・生産に重点を置く。  b. ロシアでの上流活動の可能性を調査する。   この一環としてE.ON Ruhrgas E&Pを設立し、E.ONの上流活動を管理・実行させた。2005年に英国の探鉱開発企業Caledonia社を買収し、E.ON Ruhrgas E&P UKとして、英領北海でのオペレーターとしての活動を開始していく。③生産に対する数値目標の設定(2007年~)   2007年以降、E.ONは「ヨーロッパに表1E.ONの上流事業への関与状況(2011年末時点)Production &Development(生産・開発)Exploration(探鉱)対象国OperatorPartnerOperatorPartner英国ノルウェーロシアアルジェリア出所:E.ONホームページ○---○○○-○○-○○○○○表2E.ONのE&P実績(2011年末時点)対象国英国ノルウェーロシアアルジェリア全般E&P実績・30のライセンスを保有、約1/3はオペレーターとして直接活動・英領北海で生産中の四つの油ガス田をオペレーターとして操業・ノルウェー海とノルウェー領北海に約30のライセンスを保有・七つの探鉱ライセンスではオペレーターを務める・Yuzhno Russkoyeガス田の25%権益を保有(2007年生産開始。E.ONの天然ガス生産量の約85%に相当)・オペレーターとして探鉱活動を実施(陸上鉱区)・探鉱・評価(Exploration & Appraisal):53ライセンスを保有(14:オペレーター)・開発(Development):6フィールドで開発中(3:オペレーター)・生産(Production):12フィールド(4:オペレーター)出所:E.ONホームページおける天然ガス事業の強化と多様性の獲得のため、E.ON自らが生産するガス生産量を、少なくとも100億m3/年まで拡張する」と言う、具体的な数値目標を設定し、上流事業を展開していく。   前年の2006年には、オペレーターとして初めて坑井の掘削を開始し、上流事業(特にE&P)への関連を深めていく(2007年生産開始)。更に2008年には、ロシア・西シベリアのYuzhno Russkoyeガス田の25%権益を取得し、これが2009年以降、飛躍的にガス生産量を増加させた大きな要因となっている(E.ONは2011年までGazpromの株式を6.4%所有した株主である〈2011年第1四半期に売却〉。これはGazpromとの比較的良好な関係を背景に取得したものであった)。ただし、ロシア産のガスはいったん全量をGazpromに売却しなければならない条件となっており、ガスの直接販売もロシア国内に限定されている。(2) E.ONの上流戦略 E.ONの最優先事項は、ヨーロッパにおけるポジションの強化と成長であり、自らのガス生産とLNGをもって、ガス供給者としてのポジションを強化する、としている。上流進出を通じ、天然ガス原料調達先の多様化、エネルギーセキュリティーの確保を目指しており、以下の目標を掲げている。 ・ E.ON自らが生産する天然ガス生産量を、少なくとも100億m3/年まで拡大する(目標:北海・北アフリカから最大30億m3/年、Yuzhno Russkoyeから60億m3/年、その他ヨーロッパ、ロシア、北アフリカ等からの生産で100億m3/年以上を目指す)。 ・ 長期的には、自ら生産した天然ガスから、天然ガス供給量の20%を賄う。そのため、ガス供給のポートフォリオを多様化し、強化する。682012.7 Vol.46 No.4orway & UK*RussiaNorilskNorilskDudinkaDudinkaVorkutaVorkutaLabytnangiLabytnangiSalekhardSalekhardNovy PortNovy PortJamburgJamburgUrengoyUrengoyYuzhnoYuzhnoRusskoyeRusskoyeNorwegian SeaNjordCentral North SeaElgin/FranklinScoterWest FranklinMerganserGlenelgInterest in %305.212.05.27.918.6Southern North SeaRitaRavenspurn NorthJohnstonCaisterBabbageInterest in %74.028.850.140.047.0* Only field in production by the end of 2011, therefore without Skarv-Idun.BerezovoBerezovoSveltyorSveltyorSerginoSerginoNoyabrskNoyabrskSurgutSurgutE.ON fieldsOther gas fieldsExisting pipelinesPlanned pipelines出所:E.ON Facts & Figures 2012図1E.ONの生産・探鉱地域百万boe天然ガス生産量原油生産量天然ガス・原油生産量合計2001年:天然ガス原油合計のみ※年2011201020092008200720062005200420032002200120002008年:Yuzhno Russkoyeガス田権益取得2002年:Veba Oel売却2003年:Ruhrgas合併706050403020100生産量※2001年の天然ガス・原油別生産量のデータなし出所:E.ON Annual Reportを基に筆者作成図2E.ONの天然ガス・原油生産量(2000~2011年) ・ 北海(英国、ノルウェー)、ロシア、北アフリカを重点地域として投資・開発を進める。(3) 2011年末時点でのE&P実績 (取り組み状況) 2011年現在、E.ONの子会社E.ON Ruhrgas E&Pは北海、ロシア、北アフリカ(特にアルジェリア)を主要ターゲットとして探鉱・開発を行っている。E.ONの上流事業への関与状況を表1、表2にまとめた。 2011年末現在、英国、ノルウェー、ロシアで原油・天然ガス生産を行っており、特に英国ではオペレーターを務めている。また、探鉱活動については、上記3カ国に加え、アルジェリアでも行っており、英国、ノルウェー、アルジェリアでは、オペレーターを務めている。このように近年、オペレーター志向が見られる。 また、LNGに関しては、①現時点で69石油・天然ガスレビュース。これは、ロシアのYuzhno Russkoyeガス田の25%権益を取得し(Gazprom:50%、Wintershall:25%)、その生産に伴い増加したものである。2011年現在、年間約75億m3の天然ガス生産を行っており、2007年以来目標としている100億m3に近づきつつある。一方、長期的にガス供給量の20%を自社生産ガスで賄う、という追加目標もあるが、トレーディングの強化に伴い取り扱い量が増加するなか、その達成は難しいと思われる。 今後も、権益を保有する油ガス田の生産開始が予定されている。100億m3到達後、さらに高い目標を設定するのか、あるいは現状を維持するのか、今後の動きが注目される。(5)天然ガス販売量と生産量 2000年のE.ON設立後の国別天然ガス生産量および販売量・生産量を(図3、図4)に示す。 2003年に天然ガス販売量が飛躍的に増加したのは、Ruhrgasの合併によるものである。また、2010年以降の販売量の伸びは、天然ガストレーディング事業に積極的に取り組み始めたことによる(Trading Unitの設立は2008年)。このトレーディングは、主に欧州の天然ガストレーディング・ハブで天然ガスの購入・売却を行うものであるが、一部LNGを含んでいる。 天然ガス生産量は、2011年で75億6,000万m3であり、全販売量(1,512億m3)の5%に相当する。割合から見ると少ないようだが、量としては多い。一方で、Yuzhno Russkoyeガス田で生産した天然ガスはGazpromに売却しなければならず、直接自らの市場に持ち込むことができないため、自ら販売できる量は、実質、英国・ノルウェーで生産した11億7,000万m3(0.8%)となる。また、この販売分以外にも、発電事業者として、ガス火力発電所の燃料ガスの調達も必要である(2011年のガス火力発電所での発電量:1,025億kWh)。701,8001,6001,4001,2001,0008006004000002年図4E.ONの天然ガス販売量と生産量(2000~2011年)201120102009200820072006200520042003200220012000出所:E.ON Annual Reportを基に筆者作成はLNG生産に関する権益は所有していないが、アルジェリアで油ガス田の探鉱権益(オペレーター)を持ち、事業の進展いかんでは将来的にLNG事業化も期待される。 一方、下流事業者としては、LNG基地を所有していないものの、ヨーロッパの4基地(英国:Isle of Grain、オランダ:Gate、スペイン:Huelva、Barcelona)に使用権(受け入れ、再ガス化の権利)を保有し、LNGを欧州に持ち込みガス化する輸入者としての、もしくは再輸出等トレーダーとしての要件を備えつつある。 今後、LNGトレーダーとしての動きも注目される。(4) 上流事業活動:天然ガス・原油の 生産量 2003年のRuhrgas買収・合併以降、Ruhrgasが保有していた権益(主に英領北海のElgin/Franklin)からの生産が主であったが、その後も油ガス田の権益取得により、生産量を徐々に伸ばし、2009年以降飛躍的にガス生産量を増加させ億m3その他英国ノルウェーロシア年2011201020092008200720062005200420032002200120009080706050403020100生産量出所:E.ON Annual Reportを基に筆者作成図3E.ONの国別天然ガス生産量(2000~2011年)天然ガス販売量天然ガス生産量天然ガス長期契約調達量百万boe10億kWh2008年:Yuzhno Russkoyeガス田権益取得2003年:Ruhrgas合併1,6001,4001,2001,0008006004002000生産量2012.7 Vol.46 No.4pstream1,517 (1.3%)UpstreamUpstream以外Upstream753 (8.1%)UpstreamUpstream以外売上高計:112,954売上高計:112,954百万ユーロ百万ユーロEBITDA:9,293EBITDA:9,293百万ユーロ百万ユーロ出所:E.ON Annual Report 2011出所:E.ON Annual Report 2011図5E.ONの売上高(2011年)図6E.ONのEBITDA(2011年) このことから、現状の上流事業への取り組みは、トレーディング事業の原資としてよりも、ユーティリティー企業としての原料調達のポートフォリオの一部、と見ることができる。(6) E.ONにおける上流部門(E.ON Ruhrgas)の貢献度 2011年のE.ONの売上高とEBITDA(Earnings before interest, taxes, depreciation and amortization:金利・税金・償却前利益〈税引前利益に特別損益、支払利息、および減価償却費を加算したもの〉)を図5、図6に示す。 総売上高に占める上流事業の比率は1.3%だが、EBITDAは8.1%と6.2倍で、上流事業の収益性の高さが見られる(なお、2010年についても、売上高が全社の1.5%であるのに対し、EBITDAは5.1%、同3.4倍であった)。2. RWE(1)RWEの上流事業への取り組み RWEは、1990年までRheinisch-71石油・天然ガスレビューWestfalisches Elektrizitatswerk AGと称したドイツの大手エネルギー企業である。2000年にVEWと合併した後、ドイツで2位のユーティリティー企業となっている。2011年の電力販売量は2,946億kWh(E.ONの約1/4)、ガス販売量は284億m3(3,222億kWh、E.ONの約1/5)である。 RWEの上流事業への進出は、1988年にDeutsche Texaco AGを獲得(合併)したことに始まる。同社は1899年に操業を開始し、1911年よりDeutsche Erdol AG(ドイツ石油:DEA)として事業を行ってきた化学・石油企業であるが、合併後、RWE Deaと社名変更した。1990年の組織改正以降、RWE Deaは、RWE AGの化学・石油部門として上流開発を進めてきており、1998年には、DEMINEX社の掘削オペレーション・生産業務が分割された際、ノルウェー、エジプトでの元DEMINEXのオペレーションの多くを保有することとなった。 2001年、RWEは四つのコアビジネス(電力、ガス、水道、廃棄物処理)に集中することへの一環として、ドイツにおける石油精製と販売事業に関しShellと合弁企業を設立、翌2002年7月にはShellに合弁企業の株式を売却し、RWE Deaは、RWEにおける石油・ガスのE&Pと、地下ガス貯蔵オペレーションに特化した企業となった。また、2002年、RWE Deaは、英領北海のガス貯層にアクセスするため、英国のガス生産企業Highland Energyを獲得し、社名をRWE Dea UK Ltd.とし、英領北海での活動を本格化させた。 RWE Deaの2011年の天然ガス生産量は26億7,000万m3(1,630万boe)、原油生産量は1,580万バレル(1,580万boe)、合計3,210万boeである。また、総生産量の50%以上はドイツ国内で生産したもので、RWE Deaはドイツ最大の原油・天然ガス生産者である。(2)RWEの上流戦略 RWEは180以上のライセンスを保有し、ライセンスの半数近くを自らオペレーションする等、積極的な上流活動を展開し、以下の戦略を掲げている。 ・ 現状の高いレベルでの生産を維持するため、RWE Deaの国内生産や国\3RWEの戦略と関連する上流事業目標RWEの戦略上流部門(RWE Dea)関連事項より持続可能となる-RWE is becoming more sustainable--より国際的となる-RWE is becoming more international-より強靭となる-RWE is becoming more robust-・ ヨーロッパだけでなく、北アフリカにおいても天然ガス・原油を生産する。・ オペレーション領域(地域)を拡大する (カスピ海地域を例示)・ 年間の原油・ガス生産量を約7,000万boe(2010年の約2倍)にする①②③出所:RWE Dea Annual Report 2011表4RWEの上流事業への関与状況(2011年末時点)対象国英国ノルウェーアイルランドドイツ(自国)デンマークポーランドエジプトリビアアルジェリアモーリタニアトリニダード・トバゴトルクメニスタンProduction & Development(生産・開発)Exploration(探鉱)OperatorPartnerOperatorPartner○--○--○○(原油のみ)----○○-○○(原油のみ)-○-○---○○○○-○○○---○○○-○○-○--○○-出所:RWE Dea Annual Report 2011際子会社による生産向上を目指す。 ・ 2016年までに、原油・ガスの生産量を、約7,000万boeまで増加させる(2010年の約2倍)。 ・ 上流事業に関する主要なプロジェクト地域を、英領北海、ノルウェー洋上(北海、ノルウェー海、バレンツ海)、北アフリカとする。 また、RWEは、ヨーロッパ第5位の電力・ガス企業として、激しい価格変動や市場構造の変化、気候変動の防止や政策決定者により増す規制等に対応するたイツ、デンマーク、エジプト、アルジェリア、リビアで原油・天然ガスの生産を行っており(図9、デンマーク、リビアは原油のみ)、特に英国、ドイツ、エジプト、リビアではオペレーターを務めている。また、探鉱活動については、より多くの国々で活動し、数多くオペレーターを務めている。RWEのオペレーター志向は強いと思われる。 また、特記すべきは、LNG権益を保有していることである。ノルウェーのSnohvitプロジェクトに参画し、油ガス田の権益を保有するとともに、液化事業にも参加し、2.81%の権益を保有している。また、エジプトではガス田の権益を保有し、今後、自らオペレーターとしてガスの生産を行う予定である。具体的な時期は決定していないが、Egyptian LNGのトレイン 3の計画もあり、RWEも参画する計画がある。 一方、LNG受入基地については、オランダのGate基地に220万トン/年のキャパシティーを保有しており、LNG調達、もしくはトレーディング環境も整えつつある。(4) 上流事業活動:天然ガス・原油の 生産量 天然ガス・原油の合計生産量は、ここ数年は安定しているものの、減少傾向にある。これは、原油生産量の落ち込みが要因であることが分かる。RWEもE.ONと同様、2002年に石油化学部門を売却して以降、生産の重点を天然ガスにシフトしてきている(図8)。め、以下の三つの戦略のほか、上流部門が関連する目標も掲げている。(3) 2011年末時点でのE&P実績 (取り組み状況)(5) 天然ガス・原油の生産量と天然  2011年現在、RWEの子会社RWE Deaは、英国、ノルウェー、中央ヨーロッパ(ドイツ、デンマーク、ポーランド)、北アフリカ(アルジェリア、エジプト、リビア)等を主要ターゲットとして探鉱・開発を行っている。RWEの上流事業への関与状況を表4、表5、表6、図7にまとめる。 2011年末現在、英国、ノルウェー、ドガス販売量 天然ガス販売量は、2002~2003年にかけて、欧州各国の天然ガス企業の買収や出資を通じ飛躍的に増加したが、その後は300億m3程度で安定している(図10)。 天然ガス生産量がその販売量に占める割合は、2011年9.8%で、ユーティリティー企業としては高い割合と思われる722012.7 Vol.46 No.4o所:RWE Dea Annual Report 2011図7RWEの生産・探鉱地域表5RWEの2011年末時点でのE&P実績対象国全般・180以上のライセンスを保有・半数近くで自らオペレーターを務めるE&P実績出所:RWE Dea Annual Report 2011対象国英国ノルウェードイツ(自国)エジプトリビアアルジェリアモーリタニアトリニダード・トバゴトルクメニスタンアゼルバイジャン表6RWEの2011年のE&P実績E&P実績・二つのプロジェクト(Breagh、Clipper South)を推進・2坑井を掘削・ APA2011 bidding Roundに入札し、七つのライセンスを授与、うち二つでオペレーターとなった・探鉱活動を継続・ Disouq(Nile Delta/陸上鉱区)の開発についてEGASとPSAを締結 2013年春生産開始予定・活発な探鉱作業を実施・内戦の影響で遅延・ Raggane North(陸上鉱区)の6坑の開発井掘削が2011年に承認 2016年生産開始予定。12年の生産期間に8 Mcf/dを計画・探鉱活動を実施・ トリニダード・トバゴ政府と浅海プロジェクトに対するPSAに署名、 ライセンスエリアの3D地震探査を実施(2012年1月完了)・探鉱作業を開始・ 国営石油企業SOCARとHOAを締結し、カスピ海のNakhichevan構造のEPSAに対する交渉を行い、パートナーとなる調整を開始出所:RWE Dea Annual Report 201173石油・天然ガスレビューが、E.ONと同様、トレーディング事業の原資としてよりもユーティリティー企業としての原料調達の要素が大きいと思われる。一方で、LNG事業にも取り組み、ノルウェーのSnohvitプロジェクトの権益を保有しているほか、トリニダード・トバゴや赤道ギニアで今後、ガスの探鉱開発事業に関わっていく姿勢から、原料多様化だけでなく、LNGトレーディング事業にも重きを置こうとする姿勢も見られる。(6) RWEにおける上流部門(RWE Dea)の貢献度 2011年のRWEの売上高とEBITDAを図11、図12に示す。 総売上高に占める上流事業の比率は3.8%だが、EBITDAは10.9%と約2.9倍である。現在原油価格が高いという状況もあるが、上流事業の収益の高さが見られる。また、2002年から2011年までの傾向を図13に示す。 RWEにおける上流事業(RWE Dea)の企業貢献度は、EBITDAでは常に売上bフ2倍から3倍であることから、収益性が高いことが分かる。また、純利益(NET INCOME)ではばらつきがある(2009年、2010年のように、総売上高に占める上流おおむ事業の比率を下回ることもある)が、概ねEBITDA以上に高収益性であることが分かる。3. インプリケーション: ドイツの2大ユーティリティー企業(E.ON/RWE)に共通する上流戦略①上流事業への進出 ・ ドイツの2大ユーティリティー企業(E.ON/RWE)は、1)原料調達先の多様化、2)エネルギーセキュリティーの確保、の必要性・重要性から、上流事業に進出している(E.ON:2003年、RWE:1990年)。これは、自ら上流事業に進出し、権益を保有することで、生産物として原料そのものを確保することを目的としたものである。 ・ また、近年、長期契約からの天然ガス調達価格が高いことを両社とも挙げており、GazpromやStatoil等天然ガス生産・供給者との価格交渉を活発に行っている(E.ONとRWEは、GazpromとArbitrationを実施中)。このような状況から、上流事業への進出と生産物の確保は、価格低減の面からも重要となっている。②上流事業でのオペレーターとしての関与 ・ 日本のユーティリティー企業(電力・都市ガス企業)と異なり、上流事業でオペレーターとして活動していることが特徴的である。これは、オペレーターとしてのメリットを最大限享受するとともに、一定量の生産物を安価で競争力のある原料として確保するため、と考えられる。74百万boe天然ガス生産量原油生産量天然ガス・原油生産量合計年20112010200920082007200620052004200320026050403020100生産量出所:RWE Dea Annual Reportを基に筆者作成図8RWEの天然ガス・原油生産量(2002~2011年)億m3/年その他英国ノルウェードイツ9080706050403020100生産量年2011図9RWEの国別天然ガス生産量(2002~2011年)201020092008200720062005200420032002出所:RWE Dea Annual Reportを基に筆者作成億m3天然ガス販売量天然ガス生産量年2011201020092008200720062005200420032002400350300250200150100500販売量出所:RWE Dea Annual Reportを基に筆者作成図10RWEの天然ガス販売量と生産量(2002~2011年)2012.7 Vol.46 No.4pstream1,943 (3.8%)UpstreamUpstream以外Upstream922 (10.9%)UpstreamUpstream以外売上高計:51,686売上高計:51,686百万ユーロ百万ユーロEBITDA:8,460EBITDA:8,460百万ユーロ百万ユーロ出所:RWE Annual Report 2011出所:RWE Annual Report 2011図11RWEの売上高(2011年)図12RWEのEBITDA(2011年)  b. パイプライン等を経由し、自らの市場に直結しており、生産物を直接自市場に持ち込むことができる(北海、中央ヨーロッパ、ロシア、北アフリカ)。  c. LNGへの可能性を追求し、LNG生産権益につながるガス田にアクセスしている(E.ON:エジプト・アルジェリア、RWE:ノルウェー、エジプト、アルジェリア、トリニダード・トバゴ)。また、下流事業者(ユーティリティー企業)としての立場を生かし、LNG受け入れ・再輸出基地の使用権の獲得も図っている。このことにより、LNGの輸入者としてだけでなく、LNGトレーダーとなる可能性も追求している。  d. 両社とも、これから国際的な展開をする動きも見られる(RWE:更なる国際化を目標とし、トリニダード・トバゴやトルクメニスタンでの活動も開始している)。売上高EBITDA純利益年2011201020092008200720062005200420032002%6050402010030割合出所:RWE Annual Reportを基に筆者作成図13RWEの上流事業実割合(2002~2011年) ・ 自らが新たにE&P技術を取得することは難しく、また長期間を必要とするため、上流事業でオペレーターとなるために両社とも核となる上流企業(探鉱・開発企業)の買収を行い、自らがオペレーターとして事業活動ができる体制を構築している。③上流事業の重点戦略地域 ・ E.ON、RWEの探鉱・開発・生産の重点戦略地域には類似性がある。  ○ E.ON:英領北海、ノルウェー領北海、ロシア、北アフリカ(アルジェリア)  ○ RWE:英領北海、ノルウェー洋上(北海、ノルウェー海、バレンツ海)、中央ヨーロッパ、北アフリカ ・これには、以下の要因が考えられる。  a. 政治的、経済的に比較的安定していて、進出しやすい。75石油・天然ガスレビューC天然ガスに重点を置いた探鉱・生産活⑤下流事業者としての原料調達のポート動の実施 ・ E.ON、RWE両社とも、発電・電力供給事業/天然ガス供給事業をコア事業とし、天然ガスに重点を置いた探鉱・生産活動を実施している。フォリオの一部としての上流事業 ・ 両社とも、上流事業への進出を重要と考えており、専門の部門を設立し、事業を実施。 ・ 2011年の天然ガス生産量は、E.ON:75億6,000万m3、RWE:26億7,000万m3。天然ガス販売量に対する生産量は、E.ONが約5%、RWEが約10%であり、取り扱い数量としては限定的であることから、上流事業はトレーディングのための原資というよりは、原料調達のポートフォリオの一部として位置付けられている、と考えられる。(大貫 憲二) <注・解説>* : 石油換算バレル762012.7 Vol.46 No.4フ売受付中!JOGMEC 2011ご好評につき、2011年版も限定販売!!ご好評につき、2011年版も限定販売!! 昨年、初の限定販売を行った機構内部資料『天然ガス リファレンスブック』を、ご好評につき、2011年版も一般向けに販売させて頂くこととなりました。 厳しい電力事情等からさらに注目を集める天然ガスに関し、IEA、EIAを始めとする国内外の機関・企業から得られた世界中の様々なデータ(LNG、GTL等を含む)を取り纏め、最新の情報に更新しております。非在来ガス(シェールガス・CBM)についての有意な情報も記載しました。※書店等では販売しておりません。なお、数に限りがあります ので売切れ次第販売を終了いたします。価格: 5,250円(税込)270ページ/A4サイズ(予定)別途、振込手数料と送料(着払い)がかかります。著書の内容・世界と日本のエネルギー全般の需給動向・世界の天然ガスの埋蔵量や消費量、貿易量の推移、価格動向。 非在来型ガス、GTLプロジェクト・日本におけるLNG輸入量、天然ガスの県別・用途別生産量、日本の主要ガスパイプライン、LPGの生産・輸入量 ・世界のLNGの需給動向や世界のLNGプロジェクトの契約概要、液化・受入基地概要・世界のLNGビジネスの上中下流に関わる主要40社の企業動向天然ガス関係単位・熱量換算等ご購入方法下記のURLにアクセスし、「ご購入はこちらから」ボタンより購入申込みのページへ入り、申込みフォームを記入・送信してください。ご利用のサーバーセキュリティ等により購入申込みページが表示されない場合は、大変お手数ですが、下記のお問合せ先までご連絡ください。http://oilgas-info.jogmec.go.jp/books/tengas-book.htmlお問合せ先独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC) 石油調査部E-mail:tengas-book@jogmec.go.jp     TEL:03-6758-8024 担当者:鈴木 美穂、小林 理絵※価格は、機構の予算情勢等から増額となりました。ご理解のほど、お願い申し上げます。(注)本商品は国内のみの販売とさせていただきます。お申し込みはPCおよびスマートフォンにのみ対応
地域1 欧州
国1
地域2
国2
地域3
国3
地域4
国4
地域5
国5
地域6
国6
地域7
国7
地域8
国8
地域9
国9
地域10
国10
国・地域 欧州
2012/07/20 [ 2012年07月号 ] 大貫 憲二
Global Disclaimer(免責事項)

このウェブサイトに掲載されている情報はエネルギー・金属鉱物資源機構(以下「機構」)が信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。なお、機構が作成した図表類等を引用・転載する場合は、機構資料である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。機構以外が作成した図表類等を引用・転載する場合は個別にお問い合わせください。

※Copyright (C) Japan Organization for Metals and Energy Security All Rights Reserved.

本レポートはPDFファイルでのご提供となります。

上記リンクより閲覧・ダウンロードができます。

アンケートにご協力ください
1.このレポートをどのような目的でご覧になりましたか?
2.このレポートは参考になりましたか?
3.ご意見・ご感想をお書きください。 (200文字程度)
下記にご同意ください
{{ message }}
  • {{ error.name }} {{ error.value }}
ご質問などはこちらから

アンケートの送信

送信しますか?
送信しています。
送信完了しました。
送信できませんでした、入力したデータを確認の上再度お試しください。