ページ番号1006743 更新日 平成30年2月16日

ステルス大産油国:カタールの登場 原油増産とコンデンセート抽出で石油大国に

レポート属性
レポートID 1006743
作成日 2005-12-14 01:00:00 +0900
更新日 2018-02-16 10:50:18 +0900
公開フラグ 1
媒体 セミナー・報告会資料
分野 探鉱開発
著者
著者直接入力 石田 聖
年度 2005
Vol 0
No 0
ページ数
抽出データ ステルス大産油国:カタールの登場原油増産とコンデンセート抽出で石油大国に2005年12月14日調査部石田 聖要 旨旨要0(cid:132)LNGプロジェクトは順調に推移、しかし2010年以降の計画は凍結(cid:132)高油価を背景に油田の生産能力拡大を指向(cid:132)GTLプロジェクトは一部延期されたが、推進プロジェクトは順調に推移(cid:132)LNGプラントからの抽出コンデンセートを加えた石油生産量は今後数年で、UAE、クウェートの水準に達する。1NGLNGプロジェクトプロジェクト(cid:132)LNGプロジェクトは順調に推移(cid:132)BP、Totalなどからの完成が2010年以降となるLNGプロジェクトは一時凍結(cid:132)それでも、2010年には年産7,800万トンを超える世界一のLNG生産国になる(2007年中にはインドネシア、マレーシア、アルジェリアを抜く)。23NGLNG生産能力の変遷と輸出実績生産能力の変遷と輸出実績45ホ油増産計画石油増産計画(cid:132)2010年を目指した石油生産能力拡大計画がスタート(cid:132)2010年の目標は約120万b/d(現在は82万b/d)(cid:132)1939年発見で現在最大の陸上Dukhan油田(QP)は、ほぼ現状維持(減退分を回復)(cid:132)増産計画の主対象はノースフィールド直上のAl-Shaheen油田(マエルスク)で、2010年の目標値は60万b/d(cid:132)マエルスクからは開発前に日系企業にもファームアウト・オファー(cid:132)Al-Shaheen油田の増産計画達成時には上部ザクム油田生産量と肩を並べる。石油生産量実績石油生産量実績出所:BP統計(2005)67e油田の権益割合各油田の権益割合油田名操業会社権益構成Dukhan(陸上)BulHanine(海上)MaydanMahzam(海上)QPQPQPQPQPQPAl-ShaheenMaerskMaerskIddal-Shargi(North Dome)OccidentalOccidentalIddal-Shargi(South Dome)OccidentalOccidentalAl-KhaleejAl-RayyanAl-KarkaraEl-BunduqTotalAnadarkoカタール石油開発BunduqTotalAnadarko丸紅コスモ石油双日合同石油BPTotal合同石油カタールのカタールの油・ガス田の油・ガス田の分布分布100.00100.00100.00100.00100.00100.00100.0092.57.585.1914.170.6433.3333.3333.3389e油田の生産能力拡大計画各油田の生産能力拡大計画油田名操業会社現在の生産能力(千b/d)2010年の生産能力予測(千b/d)*1Dukhan(陸上)BulHanine(海上)MaydanMahzam(海上)QP小計Al-ShaheenIddal-Shargi(North Dome)Iddal-Shargi(South Dome)Al-KhaleejAl-RayyanAl-KarkaraEl-Bunduq小計カタール取分合計出所:*1Petroleum ArgusほかQPQPQPMaerskOccidentalOccidentalTotalAnadarkoカタール石油開発Bunduq3207539525011045146425147827320753956001304014107941471,19610マエルスクマエルスク(cid:132)デンマークベースの世界最大の海運会社の子会社。(cid:132)1962年創業(cid:132)デンマーク領北海での経験(cid:132)カタールは、最初の本格的海外進出(cid:132)先進的な水平坑井技術を持つ(cid:132)プラットフォーム設計技術(海運、北海の経験で醸成)(cid:132)アルジェリア、中央アジアにも進出11TLGTLプロジェクトプロジェクト(cid:132)SasolのOryx1プロジェクトは、2005年12月現在、プラントとしてほぼ完成。稼動開始は、試運転後の2006年第2四半期と発表(cid:132)ShellのPearlプロジェクトは、2005年9月に、ShellはKBR及び日揮とプロジェクト管理・コンサルタント契約を締結し、EPC業者の選定作業に入る等、2009/11年の生産開始に向け順調に作業が進められている。(cid:132)ExxonMobilの目立った動きは無い。12コンデンセートの生産で大産油国にコンデンセートの生産で大産油国に(cid:132)LNG、GTL、パイプライン・ガス処理施設からはそれぞれコンデンセート(液分)が分離され、超軽質油として取引される。(cid:132)原油増産分とあわせると、2010年には250万b/d、2015年ごろには320万b/dが予想され、2015年前後にはサウジに次ぐGCC2位の地位をカタールとUAEで争う。(cid:132)LPGもサウジの商権を脅かす(?)13ホ油(原油+Cond.石油(原油+Cond.++GTLGTL)の生産量予測)の生産量予測(cid:132)LNGプラントからの抽出分18万b/d程度(2005年、LNG生産能力=2,450万トン/年)。(cid:132)同約60万b/d(2010年=7,860万トン/年)(cid:132)2010年以降のLNGプロジェクトは凍結されているが、2015年にはLNG生産能力1億トン/年とすると約75万b/d(cid:132)パイプライン・ガス処理施設からの抽出分約20万b/d(cid:132)GTLプラントからの抽出分:25万b/d(2010年)、約45b/d(2015年)(cid:132)GTL:39万b/d(2010年)、61万b/d(2015年)(cid:132)2010年には250万b/dを超え、2010年代中葉には300万b/dを超えることも予想される。石油(原油+Cond.石油(原油+Cond.)生産量の予測)生産量の予測1415ワとめまとめ(cid:132)LNG:今後数年内で世界最大の生産・輸出国となる。(cid:132)石油(原油+Cond.)でもGCC諸国では現在の第4位から、サウジアラビアに次ぐ第2位の生産国となる(?)(cid:132)LPGも、サウジの商権を脅かす地位となる。(cid:132)カタールへのエクソンモービルの集中投資、駐留米軍の集中化は米国の地政学的エネルギー戦略の表れか(?)16
地域1 中東
国1 カタール
地域2
国2
地域3
国3
地域4
国4
地域5
国5
地域6
国6
地域7
国7
地域8
国8
地域9
国9
地域10
国10
国・地域 中東,カタール
2005/12/14 石田 聖
Global Disclaimer(免責事項)

このウェブサイトに掲載されている情報はエネルギー・金属鉱物資源機構(以下「機構」)が信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。なお、機構が作成した図表類等を引用・転載する場合は、機構資料である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。機構以外が作成した図表類等を引用・転載する場合は個別にお問い合わせください。

※Copyright (C) Japan Organization for Metals and Energy Security All Rights Reserved.

本レポートはPDFファイルでのご提供となります。

上記リンクより閲覧・ダウンロードができます。

アンケートにご協力ください
1.このレポートをどのような目的でご覧になりましたか?
2.このレポートは参考になりましたか?
3.ご意見・ご感想をお書きください。 (200文字程度)
下記にご同意ください
{{ message }}
  • {{ error.name }} {{ error.value }}
ご質問などはこちらから

アンケートの送信

送信しますか?
送信しています。
送信完了しました。
送信できませんでした、入力したデータを確認の上再度お試しください。