ページ番号1006944 更新日 平成30年2月16日

繰り返されたロシア・ウクライナの天然ガス紛争

レポート属性
レポートID 1006944
作成日 2009-01-22 01:00:00 +0900
更新日 2018-02-16 10:50:18 +0900
公開フラグ 1
媒体 セミナー・報告会資料
分野 探鉱開発
著者 本村 真澄
著者直接入力
年度 2008
Vol 0
No 0
ページ数
抽出データ 繰り返されたロシア・ウクライナの天然ガス紛争2009年1月21日調査部本村 真澄2009年ガス紛争の経緯(1)(cid:122)2008年10月2日:ウクライナと3年間段階値上げで合意。(2009年は取り敢えず33%の値上げ、$179.5→$250/1,000m3)(cid:122)10月26日:ウクライナがIMFから$165億の融資。(cid:122)11月:Gazpromは、UkrainyNaftogazに対して滞納金21億ドルの支払い要求。(cid:122)12月29日:ウクライナはガス価格$201/1,000m3、ロシアは$250/1,000m3を主張。(cid:122)12月31日:ウクライナは$235、及びパイプラインタリフの10%値上げへ修正。ウクライナからGazpromに対して$15億ドル入金。残金$6.14億。12009年ガス紛争の経緯(2)(cid:122)2009年1月1日:10:00amウクライナ向けガス供給停止。価格$418/1,000m3とMiller発言(cid:122)1月2日:EU議長国チェコは、欧州に影響なくbilateralなビジネス係争として仲裁拒否。(cid:122)1月6日:ウクライナ経由欧州向け供給8割減(cid:122)1月7日:ロシア、ウクライナへ供給停止。欧州向けガスの輸送は、完全停止(cid:122)1月11日:ウクライナは国際監視団受け入れで合意。翌日、最終合意。2009年ガス紛争の経緯(3)(cid:122)1月13日:天然ガス輸送を再開するも、ウクライナ側で輸送がブロック。(cid:122)1月18日:プーチン・ティモシェンコ首相協議。ウクライナ向けガス価格で基本合意。(cid:122)1月19日:NaftogazとGazpromが調印。?欧州と同様のフォーミュラ価格?10年間の長期供給契約?2009年は欧州水準価格の2割引き?通過料は据え置き($1.7/100km/1,000km)(cid:122)1月20日:ガス輸送再開、欧州側で確認34aftogazDubynas社長とGazpromMiller社長が合意(1/19)6006年ガス紛争との違い(cid:122)2006年係争は圧力低下のみ、3日で終結。今回3週間、実際の供給停止。最悪の事態(cid:122)欧州各国で天然ガス貯蔵施設の拡充。ウクライナ約4ヶ月、交渉スケジュールに余裕感(cid:122)欧州消費国は備蓄ガスで対応するも、貯蔵設備ないブルガリアは苦境。(cid:122)Gazprom側が欧州に対して十分説明。(cid:122)EUは両国を非難、中立的な立場堅持。(cid:122)EUは、ウクライナに対しEU加盟への悪影響を示唆欧州各国の天然ガス備蓄水準ウクライナは4ヶ月分の天然ガス貯蔵あり78月13日のガス輸送再開のトラブル(cid:122)1月13日、ウクライナ時間8:00amに、ウクライナ中央北国境Sudzhaガス計量ステーションから天然ガス輸送を再開。3時間で停止(cid:122)Sudzhaステーションは、「兄弟」パイプラインにあり、同パイプラインが欧州向け(cid:122)国内ガス使用のために対ロ国境でパイプをシャットインか?(cid:122)ウクライナは、モルドバやブルガリアへの供給ができる「連合(Soyuz)パイプライン」からの輸送を優先的に準備か?9ウクライナを通過するパイプライン10u技術的」ガスの取扱い(cid:122)ティモシェンコ首相は、欧州向けパイプラインのブースターを稼働させる為に無償でガスが必要、量は2,200万m3/日。(cid:122)「技術的」ガス?パイプラインの充填ガス(パイプ・フィル)(cid:122)本来輸送タリフに組み込まれている?コンプレッサーステーションのガスタービン等の燃料として使われる燃料ガス(cid:122)送ガス量の8%(cid:122)ウクライナの要求は15%(充填ガスも含むか)?バルブの開閉に必要となるシリンダー用(微量)11ロシアからの天然ガス価格(cid:122)2008年10月2日:両首相は3段階値上げで基本合意(cid:122)ロシア提案:$250/1,000m3=($7/MMBtu)(cid:122)ユーシェンコ大統領がこれを拒否?当初、$201、次いで$235(タリフ10%↑)を提示(cid:122)1月18日:欧州価格の2割引($360を下回る)?通年で$250を下回る水準か(欧州は$280)(cid:122)ベラルーシ、アルメニア等親ロ政権は安価?国内パイプラインをロシア側に売却して値引き?ウクライナはパイプライン売価打診を拒絶鴻Vアのガス輸出価格($/1,000m3)USD/1000m320052007200820092006245-285 190 250 90 EUEstoniaLatviaLithuaniaBelarusUkraineMoldovaGeorgiaAzerbaijanArmenia293 260 369 ~280-295~260-280110~300*~290*~280*~280*140*92-94 145-155 217 ~265--28085 115-155 46.68 46.68 50 95 80 110-160 63 60 54 110 110 110 210 100 130 170 230230110 179.5 235~250190-220~200*240-260~240-260*240-260~240-260*110154*中央アジアからロシアへの天然ガス価格国2008年2009年対ロシア備考価格価格輸出量Kazakhstan$180$3405Bcm/yUzbekistan$145$30510Bcm/yTurkmenistan$140$34050-60Bcm/yウクライナで$380/1,000m3?ヤ業者(ロスウクルエネルゴ)の扱い(cid:122)2004年7月:Ural Transgazへ捜査(cid:122)同月:プーチン・クチマがRosUkrEnergo設立?中央アジアの天然ガスを扱う業者?Gazprom50%、Reifaisen銀行(クチマ人脈)50%(cid:122)2006年2月:第2中間業者UkrGazEnergo設立?ウクライナ国内での天然ガスを扱う業者?RUE50%、Naftogaz50%(つまりロシアが1/4)(cid:122)2008年3月:UGE排除でプーチン・ティモシェンコ合意、RUE排除も議論されたが実現せずロスウクルエネルゴ2008年3月にウクルガスエネルゴ排除で合意1516ュ治的な解釈の問題点(cid:122) 政治的な解釈:「オレンジ革命を遂行し、NATO加盟を目指すユーシェンコ政権は、ロシアにとって敵対的なものであり、同政権を排除することはロシア外交として高い優先度あり。ウクライナへの天然ガス供給を停止することで、ウクライナ国民に対してエネルギー支配権をロシアが有していることを知らしめ、ユーシェンコ政権の弱体化を図り、NATO加盟を阻止しようとするもの」(cid:122) 経済的な事実:ソビエト連邦崩壊後では、ウクライナに対して1994年3月、同年12月、1997年7月、1999年11月と4回の供給停止があり、いずれもロシア重視のクラフチェク政権(1991年12月~1994年7月)、及びクチマ政権(1994年7月~2004年10月)下での出来事。即ち、ロシアは、親ロ・反ロを問わず、天然ガス供給停止を行っており、その目的は政治ではなく経済問題の解決である。ウクライナの瀬戸際戦略(cid:122)ウクライナ経済は破綻状態、支払う意思が基本的に低い。(cid:122)天然ガス価格の先行きの下落を見込み妥結を急がず →フォーミュラ価格方式で解決(cid:122)通ガス停止は、ガスプロムに$1億/日の経済的損失。通過国の抵抗力を示す。(cid:122)ロシアに対抗、欧米の支持を取り付け→成果なし(cid:122)供給停止状態を続けることでエネルギー供給国としてのロシアの評価を下げる。?→IEAはロシアに代替するエネルギーソース開拓の必要性を表明1718鴻Vアの目指す戦略(cid:122)ウクライナとの経済事案の解決(cid:122)ウクライナのエネルギー通過国としての不適格性を国際社会に印象づけ?ウクライナ迂回パイプラインルートであるNord Stream,South Streamの必要度の引揚げ(cid:122)ロシアは依然、ウクライナのパイプラインへのアクセスを模索?既に、ベラルーシ、アルメニアで権益取得?2007年ウクライナはNaftogazの外資導入禁止?欧州への天然ガス輸送のモニターは実現まとめ(cid:122) 残された問題?Gazpromの被った$11億の売上減被害?$6億の2008年度の未払い金?「技術的」ガスの扱い(支払い支援をどうする)(cid:122)ENI, E.On, GdFSuez, OMV等でコンソーシアム(cid:122)ロシア側の得た成果?欧州価格並みへのガス価の引揚げ?10年間の長期契約(ガス紛争は当面回避)?ウクライナ国内での天然ガス輸送のモニター(cid:122)ロシア、ウクライナともに欧州で信頼喪失
地域1 旧ソ連
国1 ロシア
地域2 旧ソ連
国2 ウクライナ
地域3
国3
地域4
国4
地域5
国5
地域6
国6
地域7
国7
地域8
国8
地域9
国9
地域10
国10
国・地域 旧ソ連,ロシア旧ソ連,ウクライナ
2009/01/22 本村 真澄
Global Disclaimer(免責事項)

このwebサイトに掲載されている情報は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)が信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

※Copyright (C) Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.

本レポートはPDFファイルでのご提供となります。

上記リンクより閲覧・ダウンロードができます。

アンケートにご協力ください
1.このレポートをどのような目的でご覧になりましたか?
2.このレポートは参考になりましたか?
3.ご意見・ご感想をお書きください。 (200文字程度)
下記にご同意ください
{{ message }}
  • {{ error.name }} {{ error.value }}
ご質問などはこちらから

アンケートの送信

送信しますか?
送信しています。
送信完了しました。
送信できませんでした、入力したデータを確認の上再度お試しください。