ページ番号1006948 更新日 平成30年3月5日

これからのLNG事業の進展をどう見るか

レポート属性
レポートID 1006948
作成日 2009-02-23 01:00:00 +0900
更新日 2018-03-05 19:32:42 +0900
公開フラグ 1
媒体 セミナー・報告会資料
分野 天然ガス・LNG
著者
著者直接入力 坂本 茂樹
年度 2008
Vol 0
No 0
ページ数
抽出データ これからのLNG事業の進展をどう見るか2009年2月20日調査部坂本 茂樹要点(cid:122)最近のLNG需要動向(cid:122)投資決定(FID)済新規LNG事業の生産開始(cid:122)世界不況のLNG事業への影響(cid:122)アジア太平洋地域新規LNG案件の投資決定(長期的需要に影響を及ぼし得る要因)(cid:122)米国のガス市場、LNG輸入の動向(cid:122)ロシア産PLガス供給停止→欧州ガス消費国の対処?LNG事業の中期的動向、長期的な見方12ナ近のLNG需要動向2008年、LNG輸入実績:前年比▲0.5%(cid:122)アジア、欧州:前年比+4~5%(cid:122)米国:前年比▲54%←非在来型ガス生産増加(cid:122)米国向けカーゴ⇒アジア市場向けスポット供給2008/4Q以降の需要動向(cid:122)世界不況→生産活動低迷→エネルギー消費減(cid:122)2008/4Qアジア市場のLNG輸入:前年比▲4.8%(cid:122)2009/1月以降も当面前年比マイナス見通しイタリア1%2008年LNG輸入量(総量17,181万トン)英国 他米国4%1%メキシコ他2%日本41%2008年LNG輸入実績ベルギー1%ポルトガル1%トルコ2%フランス6%スペイン13%中国2%万トン/年主要国のLNG輸入比較(2007 vs 2008)インド5%台湾5%韓国16%8,0007,0006,0005,0004,0003,0002,0001,00020072008(出所)LNG Business Review0本日国韓ドンイ湾台国中スンンイラフペストコルルポガトルベギルアリターイ英国 他他コシ米国メキ34怎gン/年地域別LNG輸入量推移(四半期)四半期毎のLNG輸入推移3,5003,0002,5002,0001,5001,0005000アジア欧州北/南米LNG輸入量対前年伸率(%、四半期)推移05/1Q05/2Q05/3Q05/4Q06/1Q06/2Q06/3Q06/4Q07/1Q07/2Q07/3Q07/4Q08/1Q08/2Q08/3Q08/4Q(出所)LNG Business Review20%15%10%5%0%06/1Q06/2Q06/3Q06/4Q07/1Q07/2Q07/3Q07/4Q08/1Q08/2Q08/3Q08/4Q-5%日本のIIP・大口電力、前年比推移前年比伸び率日本のIIP、大口電力需要の前年比推移IIP大口電力月7年月8年月9年20082008月10年月11年月12年月1年2009200820082008(%)1050-52008-10-15-20-25(出所)経済産業省、電気事業連合会56且糟?闕マ新規LNGの稼働状況(新規LNG供給が順次スタート)(cid:122)2008年:豪州NWS第5トレイン(cid:122)2009年:サハリンⅡ、タングー、イエメン(cid:122)2009~12年:カタール(需給の見通し)(cid:122)世界不況から需要低迷~2010年、アジア市場のスポット需要減少⇒長期契約を持たないLNG供給はガス需要規模、貯蔵容量の大きい米国市場へ世界不況のLNG事業への影響1.LNG需要への影響(cid:122)2009年:生産活動落ち込み(日本▲20~40%)(cid:122)2009-10年:LNG需要低迷か?2.液化事業への影響(cid:122)素材価格、既に下落→徐々に建設コストへ波及⇒LNG事業者の対応(cid:122)コスト下落メリット享受→積極的に事業推進(ExxonMobil、Chevron等大手事業者が前向き)(cid:122)不況長期化→エネルギー需要回復遅れが懸念78セ平洋地域新規LNG案件動向1.豪州等案件促進の好材料(cid:122)事業コスト低下←世界不況、米ドルレート上昇(cid:122)西豪州新政権、LNG事業を積極推進⇒Kimberley海岸液化基地ハブ・サイトを定める(cid:122)大手事業者見解「LNG需要は長期的に増加」2.豪州等新規LNG案件:投資決定動向(cid:122)労働力・資機材の制限→多くの同時進行は無理(cid:122)ExxonMobil (PNGLNG)等大手の案件が確実(cid:122)BG等企業戦略の明確な案件:実現性高い(cid:122)体力の無い事業者の案件:脱落可能性もあり9西豪州北西大陸棚のLNG案件10シ豪州沖合Browse地域LNG案件11豪州クイーンズランド州CBM-LNG案件12ト国のガス需要見通し1.2009エネルギー長期見通し(2008年12月)(cid:122)非在来型ガス生産量:前年比で上方修正⇒ガス消費増加するも、ガス輸入漸減2.米国新政権の輸送用燃料効率化策(予想)(cid:122)Plug-inハイブリッド型電気自動車を大規模導入(cid:122)輸送用エネルギー;石油→電力へとシフト⇒追加発電用燃料需要の中で、ガスが供給比率を高める可能性大?LNGが長期的に役割の一部を担う可能性あり米国ガス需給~2030年1314(出所)米国エネルギー省2009エネルギー見通し速報ネエネタイプ自動車導入見通し(出所)米国エネルギー省「2009エネルギー見通し速報」米国1次エネルギ供給発電用燃料見通し石炭24%15石油41%米国の一次エネルギー供給比率(2007年、BP統計)原子力8%水力2%ガス25%(出所)・BP統計・米国エネルギー省2009エネルギー見通し速報16鴻VアPLガス停止→欧州の対処1.他ルートガスPL、EU内ガスPL網整備(cid:122)Nabucco(中欧)、Nord Stream(西欧)、South Stream2.LNG受入基地建設促進(cid:122)ポ-ランドSwinoujscie(240万トン/年、2014年)(cid:122)クロアチア・アドリアLNG(790万トン/年)→ハンガリー(cid:122)機動力ある浮体式LNG受入設備導入の可能性3.原子力等他のエネルギー源導入検討(cid:122)ポ-ランド:原子力発電所建設17欧州ガス輸入量(2007年、BP統計2008)PLロシアPLその他LNG欧州供給源別ガス輸入(出所)BP統計UKTurkeySpainSlovakiaSerbiaRomaniaPortugalPolandNetherlandsItalyHungaryGreeceGermanyFranceFinlandCzech RepublicBulgariaBelgiumAustriaBCM02040608010018「州:LNG受入基地、旧ソ連源ガスPL19今後のLNG事業の見通し(cid:122)当面のLNG需給緩和:需要弱含み、供給増加(cid:122)アジア市場スポット需要減⇒米国市場へアジア太平洋の数多い新規LNG案件(cid:122)2009~優良案件から徐々に投資決定か?大手LNG事業者:中長期LNG需要増加に自信(cid:122)体力の劣る事業者案件:実現しない可能性あり長期的ガス需要に影響を及ぼし得る要因(cid:122)米国:輸送用(自動車)エネルギー効率化政策輸送燃料→電力シフト⇒ガス消費増加(cid:122)欧州ガス供給多様化:LNGも役割の一端を担う(含む、浮体式受け入れ基地導入)20
地域1 グローバル
国1
地域2
国2
地域3
国3
地域4
国4
地域5
国5
地域6
国6
地域7
国7
地域8
国8
地域9
国9
地域10
国10
国・地域 グローバル
2009/02/23 坂本 茂樹
Global Disclaimer(免責事項)

このwebサイトに掲載されている情報は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)が信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

※Copyright (C) Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.

本レポートはPDFファイルでのご提供となります。

上記リンクより閲覧・ダウンロードができます。

アンケートにご協力ください
1.このレポートをどのような目的でご覧になりましたか?
2.このレポートは参考になりましたか?
3.ご意見・ご感想をお書きください。 (200文字程度)
下記にご同意ください
{{ message }}
  • {{ error.name }} {{ error.value }}
ご質問などはこちらから

アンケートの送信

送信しますか?
送信しています。
送信完了しました。
送信できませんでした、入力したデータを確認の上再度お試しください。