ページ番号1006958 更新日 平成30年3月5日

アジア太平洋:非在来型ガス開発の可能性と需給への影響

レポート属性
レポートID 1006958
作成日 2009-04-17 01:00:00 +0900
更新日 2018-03-05 19:32:42 +0900
公開フラグ 1
媒体 セミナー・報告会資料
分野 天然ガス・LNG非在来型
著者
著者直接入力 坂本 茂樹
年度 2009
Vol 0
No 0
ページ数
抽出データ アジア太平洋:非在来型ガス開発の可能性と需給への影響需給への影響2009年4月16日調査部坂本 茂樹坂本 茂樹要点(cid:122)北米で先行する非在来型ガス資源開発⇒世界的に注目が高まる⇒世界的に注目が高まる(cid:122)豪州クイーンズランド州CBM-LNG進展(cid:122)中国・インドでCBM商業生産(cid:122)インドネシア、ベトナムでもCBM開発が着目インドネシア ベトナムでもCBM開発が着目(現況、見通し)(現、見通 )(cid:122)事業進展は国によって格差が大きい短期的イ パクトは限定されるが 長期的 は?短期的インパクトは限定されるが、長期的には域内ガス需給、世界LNG需給の影響が拡大12ン来ガス資源開発への注目1.米国で非在来型ガス開発が先行(cid:122)非在来型ガス生産見通し:毎年上方修正⇒2008年米国LNG輸入量:前年比▲54%⇒2008年米国LNG輸入量:前年比▲54%2.米国以外でも非在来型ガス資源が注目(cid:122)Shale Gas:欧州で開発検討開始欧州 開発検討開始(cid:122)CBM:世界多くの石炭産出国すべてに可能性世界多くの石炭産出国すて 可能性→豪州、次いで中国、インドで商業生産開始→インドネシア;政府 Pertaminaが事業参加の→インドネシア;政府、Pertaminaが事業参加のキャンペーン米国エネルギー省、非在来型ガス生産見通し米国エネルギー省の非在来型ガス生産見通しは年を追って上方修正米国 ネルギ 省の非在来型ガス生産見通しは年を追って上方修正(出所)FACTS社2009年3月34「界のCBMポテンシャル、資源量(出所)CERA、Tri-Zen社豪州クイーンズランド州CBM事業(cid:122)実現事例が無く、複数の課題を抱えるが(液化部門への安定的な原料ガス供給 随伴水処理)の安定的な原料ガス供給、随伴水処理)⇒沖合ガス田LNG案件と同様、事業進展が有望視(cid:122)合計液化能力約4,000万トン/年(有望案件の特徴)(有望案件の特徴)(cid:122)BG:太平洋市場向け供給拠点実現への強い意志(cid:122)Santos/Petronas:環境影響調査報告書提出など、先行環境影響調査報告書提出など 先行(cid:122)Origin / ConocoPhillips:最大のCBM埋蔵量保有、/PSConocoPhillipsは日本市場へのLNG供給者(cid:122)Arrow/LNG Ltd./Golar:産業用地に液化サイト確保56謐sするCBM-LNG4案件① GLNG② Queensland Curtis LNG③ Gladstone LNG?Australian Pacific LNG SantosPetronasBGグループ(QGC、Pure Energy買収.)Golar LNGArrow EnergyLNG Ltd.、ShellOrigin EnergyConocoPhillipsLNG事業名事業者LNG構想発表時期 2007年7月事業スキーム 上流(CBM生産)Santos    60%Petronas  40%Santos    60%Petronas  40%中流(液化)中流(液化)2008年2月2007年5月2008年9月BG      100%BG      100%Arrow Energy 70%Shell 30%Arrow Energy 20%LNG Ltd.    40%Golar LNG 40%gyOrigin Energy  50%ConocoPhillips 50%Origin Energy  50%ConocoPhillips 50%gyg中流(パイプラインSantos    60%Petronas  40%BG      100%Origin Energy  50%ConocoPhillips 50%LNG販売液化設備液化基地サイト液化設備能力液化設備能力液化方式PetronasBGGolar LNG ConocoPhillipsGladstone港Curtis Island350万トン/年350万トン/年Optimized CascadeGladstone港Curtis Island370*2=740万トン/年370*2740万トン/年Optimized CascadeGladstone港Fisherman’s Landing150*2=300万トン/年150*2300万トン/年Single Mixed RefrigerantGladstone港Curtis Island350*4=1400万トン/年350*41,400万トン/年Optimized Cascade事業タイミング最終投資決定LNG生産開始LNG生産開始2010年前半2014年2014年CBM上流資産CBM埋蔵量 2P(2008年8月)主要なCBM資産 Fairview1,573 PJ2010年2013年2013年2,884 PJ2009年2011年2011年(Arrow+Shell)2010年末2014年末2014年末備考①①②Undulla NoseWalloncoalfairwayWallon coal fairway・BG:チリ、シンガポール ・Shell: Arrowに出資し、1,607 PJMoranbah ProjectKorganNorthKorgan NorthScotiaProjectScotia Project・2009/3月環境影響調査報告書 向けLNG供給者提出 液化設備を別途、建設・ArrowはBeach社 CBM資産の40%を購入4,751 PJSpring Gully(Bowen)PeatProject FairviewPeat Project, Fairview・QLD州政府、2009/4月に”Significant Projects” 認定7豪州クイーンズランド州CBM-LNG案件②②②②①(出所)Wood Mackenzie “Queensland LNG Developments” 2009年3月8イーンズランド州Gladstone港LNGサイトGladstone港全図大型LNG案件液化サイト:Curtis島Arrow社GLNG液化サイト:液化サイ社市街地側の産業用埋立地Fisherman’s Landing(出所)Golar LNG, 2009年3月9中国のCBM開発1.政府方針(cid:122)CBM:PLガス・LNG輸入と並ぶ国産天然ガス供給を補填する資源と位置づけ源と位置づけ(cid:122)2006年、CBM開発・利用11・5計画(2006~10年)を発表→ 制度・インフラを整備→ CBM開発促進・増産へ度増2.有望事業地域:山西省沁水(Qinshui)盆地、河東(Hedong)地域3.CBM事業者;国有企業、および外資との共同事業(cid:122) 中聯煤層気有限責任公司(China United Coalbed Methane Corp 中聯煤層気有限責任公司(Ltd.、以下「中聯CBM」); 2007まで外資とのJV独占PetroChina:最大のCBM鉱区面積保有、自社操業西気東輸」の接続PL建設で広域輸送上優位(cid:122)PetroChina:最大のCBM鉱区面積保有、自社操業「西気東輸」へ(cid:122) Sinopec:非在来型資源開発(CBM、オイルシェール)への本格参入を目的に→非在来型石油ガス調査・技術センター設立入を目的に→非在来型石油ガス調査・技術センター設立(cid:122) 外資:主に「中聯CBM」と合弁でChevron, Shell, ConocoPhillips, Ivanhoe, Far East Energy, Green Dragon Gas(香港), Arrow進出4.課題: 広域輸送方法、能力10?綜s場向けガス供給源の想定中国市場向けガス供給源の想定(出所)Tri-Zen社2009年3月(出所)年 月社CBMはパイプラインガス・LNG輸入と並ぶ国産天然ガス供給を補填する資源と位置づけ11中国の石炭堆積盆地とCBM資源(出所)Tri-Zen社“Gas Asia 2009”説明資料2009年3月12R西省のCBM輸送ルート山西省沁水(Qinshui)盆地が最も注目山西省で複数系列のCBMパイプライン計画山西省で複数系列のCBMパイプライン計画PetroChina「西気東輸」接続線等は着工済(出所)Tri-Zen社、JOGMEC作成13インドネシアのCBM開発1.政府方針(cid:122)石油消費比率引き下げ→国産の石炭、ガス、新エネルギー(CBM を含む)・再生エネルギー比率を拡大Ephindo(3鉱区オ(cid:122)2008年、鉱区公開→CBM 7鉱区成立(スマトラ、カリマンタン)2.CBM事業者;地元民間、国有、外資も一部参入(cid:122)Ephindo(3鉱区オペレーター)、Medco)、Medco(cid:122)豪州Arrow;2009年2月Ephindo社Sangatta鉱区参入3 課題3.課題(cid:122)CBM開発に向けた法令・制度が未整備:石炭開発権とレタの矛盾の矛盾(cid:122)CBM開発技術・経験のある人材の不足(cid:122)輸送インフラ不足 不備(cid:122)輸送インフラ不足、不備14Cンドネシア政府エネルギー供給政策インドネシア政府 ネルギ 供給政策(注)NRE:New & Renewable Energy17%以上を目標とする出所:エネルギー鉱物資源省「第2回CBMWorld」説明資料2009年3月15インドネシアCBM鉱区出所:エネルギー鉱物資源省「第2回CBM World」説明資料,2009年3月16CンドのCBM開発インドのCBM開発府1.政府方針針(cid:122)1997年CBM開発政府方針発表、石油天然ガス省管轄(cid:122)2001-06年、3回のCBM鉱区公開→26鉱区成立2 CBM事業地域 亜大陸北東の産炭地域2.CBM事業地域;亜大陸北東の産炭地域(cid:122)2007年、西ベンガル州Damodar Valley商業生産(GEEC)3.CBM事業者:インド企業中心(cid:122)国有ONGC、財閥系Reliance、GEEC等非在来型専業国有ONGC、財閥系Reliance、GEEC等非在来型専業(cid:122)外資:Arrow Energy、BGが第4次入札参加を検討4 課題4.課題(cid:122)広域ガス輸送インフラなし⇒既存生産:地元の車輌用CNG、産業燃料用に供給17インドCBM第4次入札鉱区、ガスPL網(出所)石油天然ガス省第4回入札資料(2009年4月)を加筆資料(2009年4月)を加筆18BM開発の課題1.豪州クイーンズランド(進展段階):LNG案件(cid:122)安定的生産 液化部門への安定供給実証(cid:122)安定的生産、液化部門への安定供給実証(cid:122)随伴水の安定的・経済的処理方法2.アジア各国(初期段階)(cid:122)法制 税制を含む制度的枠組みを確立(cid:122)法制・税制を含む制度的枠組みを確立(cid:122)CBMのエネルギー源としての位置づけ明確化(cid:122)CBM開発技術の導入・確立(cid:122)高コスト(←非効率的生産)を補填するインセンチフ非効率的生産)を補填するインセンチブ(cid:122)広域輸送手段・ルートの確立(PL建設・補強)強高コスト(輸建非在来型ガス開発事業の展望国によって非在来型ガス資源開発進展に格差(cid:122)非在来型ガス開発:特殊技術・経験を要する(cid:122)非在来型ガス開発:特殊技術 経験を要する(cid:122)開発環境整備が進んだ国(豪州)、潜在的ガス需要が大きい国(中国 インド)⇒開発が進展需要が大きい国(中国、インド)⇒開発が進展(cid:122)開発環境整備が遅れ、在来型資源ポテンシャが大き 国(イ有ルが大きい国(インドネシア))⇒有力企業は在来型資源開発に注力⇒非在来型ガス開発参入者は限定資源開発ドネシ業在来?短 中期的な域内ガス需給への影響度は限定?短・中期的な域内ガス需給への影響度は限定?長期的な域内ガス需要・世界LNG需給への影響度は強まる響度は強まる1920Aジア太平洋:新規液化案件アジア太平洋:新規液化案件(出所)Wood Mackenzie “Queensland LNG Developments” 2009年3月21
地域1 アジア
国1 中国
地域2 アジア
国2 インドネシア
地域3 大洋州
国3 オーストラリア
地域4
国4
地域5
国5
地域6
国6
地域7
国7
地域8
国8
地域9
国9
地域10
国10
国・地域 アジア,中国アジア,インドネシア大洋州,オーストラリア
2009/04/17 坂本 茂樹
Global Disclaimer(免責事項)

このwebサイトに掲載されている情報は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)が信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

※Copyright (C) Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.

本レポートはPDFファイルでのご提供となります。

上記リンクより閲覧・ダウンロードができます。

アンケートにご協力ください
1.このレポートをどのような目的でご覧になりましたか?
2.このレポートは参考になりましたか?
3.ご意見・ご感想をお書きください。 (200文字程度)
下記にご同意ください
{{ message }}
  • {{ error.name }} {{ error.value }}
ご質問などはこちらから

アンケートの送信

送信しますか?
送信しています。
送信完了しました。
送信できませんでした、入力したデータを確認の上再度お試しください。