ページ番号1006965 更新日 平成30年2月16日

アジア太平洋:国際石油企業の上流投資動向;深海とフロンティア

レポート属性
レポートID 1006965
作成日 2009-05-22 01:00:00 +0900
更新日 2018-02-16 10:50:18 +0900
公開フラグ 1
媒体 セミナー・報告会資料
分野 探鉱開発
著者
著者直接入力 坂本 茂樹
年度 2009
Vol 0
No 0
ページ数
抽出データ アジア太平洋:国際石油企業の上流投資動向;深海とフロンティア深海とフロンティア2009年5月21日調査部坂本 茂樹坂本 茂樹要点1.IOC:アジア大平洋地域資源開発への広汎な事業参入機会と探鉱ポテンシャルに着目事業参入機会と探鉱ポテンシャルに着目2.既発見未開発の大型案件:ガスと深海に特徴3.注目される深海域探鉱の現況(cid:122)マレーシア、インドネシア、フィリピンシア インドネシア フィリピン4.インドネシア東部未探鉱地域ポテンシャルにインドネシア東部未探鉱地域ポテンシャルマレ高まる期待(cid:122)インドネシア投資環境にある程度の信頼感(cid:122)インドネシア投資環境にある程度の信頼感12OC:アジア太平洋の上流投資戦略産油国1.産油国の事業参入機会(cid:122)中東湾岸産油国;在来型石油開発参入に制限(cid:122)中東湾岸産油国;在来型石油開発参入に制限(cid:122)近年、旧ソ連圏、南米に資源ナショナリズム風潮(cid:122)アジア・オセアニア;公開入札で広く鉱区付与⇒相対的に参入容易⇒IOCが注目する対象地域⇒相対的に参入容易⇒IOCが注目する対象地域2.上流事業者の投資動向(cid:122)陸域・浅海;探鉱・開発案件(easy oil/gas)⇒減少(cid:122)NOCの開発案件囲い込みの進展(cid:122)NOCの開発案件囲い込みの進展?IOC:ニッチ/非在来型案件進出を模索?大規模発見期待可の深海/フロンティア地域へ3東南アジアの大型開発案件(cid:122)マレーシア:サバ州沖合深海油田開発Murphy; Kikehサテライト油田、2009-13年年Shell;Gumusut油田、2012-13年生産開始予定Shell;Gumusut油田、201213年生産開始予定イト油サ(cid:122)中部ジャワ、チェプ鉱区(ExxonMobil/Pertamina)2008年末~実験生産、2010~本格生産へ(cid:122)カリマンタン島東沖合深海ガス田群(Chevron)(cid:122)カリマンタン島東沖合深海ガス田群(Chevron)2015年頃~、ボンタンLNG向け供給開始(cid:122)マセラ鉱区アバディ・ガス田(INPEX)(cid:122)ナツナDアルファ・ガス田(Exxonが評価)(cid:122)ナツナDアルファガス田(Exxon が評価)4兼?Aジアの大型開発案件Chevron深海鉱区ガス田群ガス田群568注目される東南アジアの深海探鉱国 地域(/堆積盆地) 鉱区名 オペレーター Newfield BHP Billiton xxonMobil MarathonConocoPhillips KKarama、 等等 EExxonMobil Mbil豪Tap Oil ShllShell E 等 等 マレーシア サラワク州沖合深海 サバ州沖合深海 2C鉱区 SB-N、Q鉱区 urmana Passangkayu Kuma SStatoilHydro ilHd Sカッサル海峡 (深海) マンドネシア イ C56SC-56SC-41 SC60SC-60 SSulu海深海 l 海深海(Sandakin堆積盆地) Palaan堆積盆地Palawan堆積盆地 Sフィリピン リピン フ 東南アジアの注目深海域}レーシア:サバ、サラワク沖合深海1.サラワク州2C 鉱区、Newfield Exploration(cid:122)2009年2-3月、試掘井(Paus-1)→ガス発見?下記事業に続きMLNG向ガス供給(2020年~?)?下記事業に続きMLNG向ガス供給(2020年?)(cid:122)Kumangガス田群(SK315)(2011年~)(cid:122)サバ→サラワク・ガスPL(2012年完成予定)(Kebabanganガス田(2013)/Gumusut油田(2017)(Kebabanganカス田(2013-)/Gumusut油田(2017-)2.サバ州SB-N、Q鉱区(元SB-K)、BHP Billiton(cid:122)2009年4Q、試掘井掘削開始(義務井4坑)(cid:122)Kikeh油田等と同じトレンド狙い(cid:122)Kikeh油田等と同じトレンド狙い9サバ・サラワク州沖合鉱区、ガス田・PL10Cンドネシア・マカッサル海峡深海鉱区1.2006~08年探鉱鉱区入札:IOCが権益取得2.ExxonMobil:Surumana鉱区(cid:122)2009年2月;試掘井Rangkong-1掘削開始(cid:122)2009年2月;試掘井Rangkong-1掘削開始(cid:122)試掘井合計3坑掘削を計画3.Makassar Strait Explorersコンソーシアムシ ム(Marathon、ConocoPhillips、StatoilHydro、Talisman、Anadarko、ENI )(cid:122)2009-11年掘削計画:Anadarko(Popodi鉱区)→ Marathon(マカッサルPasangkayu鉱区)→ENI(Bukat)Marathon(マカッサルPasangkayu鉱区)→ENI (Bukat)py(cid:122)20010-11年掘削:StatoilHydro(Karama)、ConocoPhillips(Kuma))()(インドネシアイントネシアマカッサル海峡深海鉱区1112tィリピン:Sandakin、Palawanベースンフィリスンン、SC41鉱区(SC56に隣接)SC41鉱区(SC56に隣接)1.ExxonMobilSC56鉱区(Sandakin堆積盆地)1.ExxonMobilSC56鉱区(Sandakin堆積盆地)(cid:122)2009年5月、試掘井掘削開始(2坑掘削)Oil2.豪州Tap Oil2 豪州T(cid:122)ExxonMobil試掘結果を注視(cid:122)2010年に自社鉱区で試掘実施予定3.Shelle(cid:122)2009年4Q、試掘井掘削を予定SC-60 鉱区(Palawan堆積盆地)SC60鉱区(aawa 堆積盆地)S?Malampaya Camagoガス田に続く深海域発見なるか?13フィリピンの深海ガス田、鉱区14Cンドネシア東部フロンティア探鉱1.東部フロンティア探鉱ポテンシャルへの期待アジア太平洋で最も広い未探鉱地域面積(cid:122)アジア太平洋で最も広い未探鉱地域面積(cid:122)主な発見:タングー向ガス田群、アバディ・ガス田(cid:122)近年入札の注目地:Semai鉱区、アラフラ海沖合2 インドネシア財務条件(fi2.インドネシア財務条件(fiscal terms)、投資環境)投資環境(cid:122)条件は厳しいが、IOCは制度の安定性に好感安定性 好感(cid:122)コスト回収条件悪化:実質的な影響は軽微(cid:122)「資産接収のような高度リスクは無い」と認識と認識「資産接収(cid:122)当局の「交渉に応じて解決を見出す」姿勢を評価当局の 交渉に応じて解決を見出す」姿勢を評価l制度条件 厳、ような高度リクは無インドネシア探鉱に進出するIOC1.既存生産基盤を持つ北米企業;ChevronConocoPhillipsTalisman 等Chevron、ConocoPhillips、Talisman 等(cid:122)既存油田の生産減退⇒新規資産開拓ニーズ2.ノルウェーStatoilHydroの新たな進出:(cid:122)自国資産の生産減退→既に海外40国へ進出(cid:122)自国資産の生産減退 既に海外40国進出(cid:122)ガス市場としてのアジアの将来性に着目(cid:122)インドネシアの探鉱ポテンシャルに注目インドネシアの探鉱ポテンシャルに注目(cid:122)技術的強み(深海開発、CO2処理)(cid:122)自身が政府系→進出先NOCとの協調姿勢→同じ目線のパートナーとして好感→同じ目線のパートナーとして好感1516
地域1 アジア
国1 インドネシア
地域2 アジア
国2 マレーシア
地域3 アジア
国3 フィリピン
地域4
国4
地域5
国5
地域6
国6
地域7
国7
地域8
国8
地域9
国9
地域10
国10
国・地域 アジア,インドネシアアジア,マレーシアアジア,フィリピン
2009/05/22 坂本 茂樹
Global Disclaimer(免責事項)

このwebサイトに掲載されている情報は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)が信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

※Copyright (C) Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.

本レポートはPDFファイルでのご提供となります。

上記リンクより閲覧・ダウンロードができます。

アンケートにご協力ください
1.このレポートをどのような目的でご覧になりましたか?
2.このレポートは参考になりましたか?
3.ご意見・ご感想をお書きください。 (200文字程度)
下記にご同意ください
{{ message }}
  • {{ error.name }} {{ error.value }}
ご質問などはこちらから

アンケートの送信

送信しますか?
送信しています。
送信完了しました。
送信できませんでした、入力したデータを確認の上再度お試しください。