ページ番号1006983 更新日 平成30年3月5日

豪州:新規ガス発見は次世代LNG案件にどんなインパクトをもたらすか

レポート属性
レポートID 1006983
作成日 2009-09-18 01:00:00 +0900
更新日 2018-03-05 19:32:42 +0900
公開フラグ 1
媒体 セミナー・報告会資料
分野 天然ガス・LNG
著者
著者直接入力 坂本 茂樹
年度 2009
Vol 0
No 0
ページ数
抽出データ 豪州:新規ガス発見は次世代LNG案件にどんなインパクトをもたらすかにどんなインパクトをもたらすか2009年9月17日調査部坂本 茂樹坂本 茂樹要点社西豪州沖合の新規ガス田発見⇒商業化に3類型(cid:122)Chevron社Wheatstone LNG拡張拡張(cid:122)Woodside社PlutoLNG拡張(cid:122)Woodside社Pluto LNG拡張(cid:122)Shellの洋上LNG案件(Prelude)補強、その他(日本事業者、日本市場に対して)(cid:122)ChevronWoodside社LNG拡張案件へのガス(cid:122)Chevron、Woodside社LNG拡張案件へのガス供給:一つの現実的な商業化方法(cid:122)豪州のLNG潜在供給力の大きさ豪州の潜在供給力の大きさ?日本市場のLNG調達には好材料?日本市場のLNG調達には好材料12居B:LNG案件出所:各種情報・報道西豪州沖合;最近のガス田発見ガス供給先候補発見時期堆積盆地坑井名オペレーターChChevronCli2Clio-2didWWoodside ApacheHessShellConocoPhillipsSantosKentish Knock-1M1Martell-1ll(WA-356-P)()(WA-390-P)Concerto-1Poseidon-1Burnside-12009200920092009200920082008200920092009bbCCarnarbonCarnarbonCCarnarbonCarnarbonCarnarbonBrowseBrowseBrowseWhLNG?Wheatstone LNG?Wheatstone LNG?PlLNG拡張Pluto LNG拡張Pluto LNG拡張Pluto LNG拡張拡張Prelude LNG拡Darwin LNG拡張? ?ガス田商業化に3類型1)(北西大陸棚)⇒Chevron社Wheatstone LNG向け供給2)(北西大陸棚)⇒Woodside社Pluto LNG向け供給向 供給)(北3)(Browse地域)⇒ShellのPrelude洋上LNG、ConocoダーウインLNG向け、他大陸棚)社34k西大陸棚:ガス発見+LNG案件出所:各種情報・報道5Chevron の西豪州LNG事業戦略事業戦略の西豪州(cid:122)西豪州沖合:ガス事業コア・エリアの一つ(cid:122)西豪州沖合:ガス事業コアエリアの つ(cid:122)Woodsideと共に西豪州の有力LNG事業者、活発な探鉱活動を実施(cid:122)Gorgon(1500万トン/年):9月最終投資決定(cid:122)Gorgon(1,500万トン/年):9月最終投資決定?続いてWheatstone推進;最大2,500万トン(申請)(特徴)ほぼ自社の単独事業→早い決断可能?G?Gorgon対象外ガス田→Wheatstoneに振り向けに振り向け対象外ガス田,Wh6hevron発見:Clio-2、KentishKnockChevron発見:Clio2、Kentish Knock1.Clio-2:Clio-1(2006年)の評価井、深海1.Clio2:Clio1(2006年)の評価井、深海(cid:122)Gorgonガス田から至近距離、Gorgon事業には含まれず(cid:122)Cli ガス田埋蔵量56Tfの可能性(cid:122)Clioガス田:埋蔵量5-6 Tcfの可能性(cid:122)Wheatstone LNG液化サイトのOnslowに比較的近い⇒ Wheatstone LNG向けガス供給が期待2.Kentish Knock-1:Scarboroughの更に西方沖合、深海Scaboougの更に西方沖合、深海(cid:122)遠隔のKentish Knockの事業化はさらに遠い将来か?(cid:122)Scarborogh 開発方法未定液化サイトOnslo 案有り(cid:122)Scarborough;開発方法未定、液化サイトOnslow案有り(cid:122)Chevron:周辺地域に新規鉱区取得、活発な探鉱⇒Onslow液化基地、Scarborough・Wheatstone協働もあり?oc7es北西大陸棚:西方深海Chevron鉱区出所:各種情報・報道8oodside のLNG事業戦略1.現況(cid:122)豪州最大のガス埋蔵量保有(沖合ガスの26%)(cid:122)豪州最大のガス埋蔵量保有(沖合ガスの26%)(cid:122)既存NWS LNG事業のオペレーター(cid:122)新規LNG案件数が多い:Pluto、Browse、Sunrise 2 中でもPluto(自社100%)拡張に傾注2.中でもPluto(自社100%)拡張に傾注(cid:122)第1トレイン(480万トン);2010年末、生産開始(cid:122)2009/8月、2020年に2,000万トンの野心的計画(cid:122)~2015年、第2,3トレイン稼働(総計1,200万トン)2015年第23トレイン稼働(総計1200万トン)(Gorgonを強く意識)⇒活発な探鉱、積極的な他社からのガス購入交渉9積極探鉱継続Woodside:ガス発見、購入交渉Woodside:ガス発見、購入交渉1 Martell-1発見(WA-404-PHessと共同保有)1.Martell1発見(WA404P、Hessと共同保有)(cid:122)Pluto向け追加探鉱で初めての成功、Pluto拡張好材料(cid:122)積極探鉱継続→2009年4QにCarnarbonで20坑超掘削で 坑超掘削2.外部5社(グループ)とガス購入交渉3.交渉(1)Apache鉱区WA-356-P:(Julimar, Brunello)(cid:122)2009年5月 Apacheとnon-bindingの覚書(cid:122)2009年5月、Apacheとnon-bindingの覚書4.交渉(2)Hess鉱区WA-390-P200809にかけて活発な探鉱を実施(cid:122)Hess:2008-09にかけて活発な探鉱を実施(cid:122)Woodside:2009/3Qに購入交渉決着を目指す年に10rowse地域:ガス発見+LNG案件出所:各種情報・報道PiBrowse地域のLNG案件動向Browse地域のLNG案件動向1.液化サイト決定:INPEX社Ichthys(ダーウイン)2 Kit2.Kimberley液化基地サイト:James Price PointPil 液化基地サイトJ(cid:122)西豪州政府;2008年9月に選定(cid:122)Browse LNGオペレーターWoodside;前向き(cid:122)他のBrowseパートナー;態度不明確(cid:122)他のBrowseパ トナ;態度不明確(cid:122)環境影響調査、政治・社会的課題が多い3.洋上液化事業案件(近隣地域を含む)洋上液化事業案件(近隣地域を含む)(cid:122)Shell社Preludeが先行;洋上液化設備発注か液化設備発注か(cid:122)Santos/ GDF Suez;Petrel、Tern、Frigateガス田(cid:122)PTTEP/ Golar;Coogeeから買収したガス田(cid:122)PTTEP/Glから買収したガス田が先行;洋b社C1112rowse地域:新規発見ガス田Browse地域:新規発見ガス田l1.Shell試掘Concerto-1(WA-371-P)dに続く発見(cid:122)Preludeに続く発見(cid:122)P(cid:122)Prelude洋上液化実現への貢献を期待2.ConocoPhillips試掘Poseidon(WA-315-P)(cid:122)大型発見期待(7-15Tcf)周辺の探鉱継続(cid:122)大型発見期待(7-15 Tcf)、周辺の探鉱継続(cid:122)開発方法:ダーウインLNG向けもひとつの候補3.Santos 試掘井Burnside-1 ST1(WA-281-P))試掘井(cid:122)Ichthysに近いも、開発方法未定近 も、開発方法未定?Browse地域ガス発見:液化サイト選定に制限⇒開発方法決定が難しい⇒開発方法決定が難しいy(西豪州沖合:新規ガス田開発方向性西豪州のLNG事業推進上の課題(cid:122)新たな陸上液化サイト開拓が困難(cid:122)ライバルの有力LNG事業者間の協働がまれ1.液化ハブ構想の行方1.液化ハブ構想の行方(cid:122)PlutoWoodside(cid:122)WheatstoneChevron(cid:122)WheatstoneChevron(cid:122)Darwin(NT州)ConocoPhillips(cid:122)James Price Point 西豪州政府推進 :実現性不透明実現性不透明?北西大陸棚:Chevron、Woodsideを軸に事業展開行方2.洋上液化事業の行方(cid:122)事業者:先行するShell社Preludeの動静を様子見?Browse地域:開発方法がなお不透明2,000万トン:実現性あり2500万トン:実現性あり2,500万トン:実現性ありt西豪州政府推進1,000万トン洋上液化事業JPiPi1314Cンプリケーション1.探鉱事業者:発見ガス商業化の可能性(cid:122)西豪州 ①日本企業にとっても重要な探鉱対象地域(cid:122)西豪州;①日本企業にとっても重要な探鉱対象地域②LNG事業;東アジア市場志向(cid:122)Woodside/Pluto事業、Chevron/Gorgon事業:・日本企業と密接な関係(事業参加を含む)日本企業と密接な関係(事業参加を含む)(cid:122)Pluto、Wheatstoneへのガス供給:現実的な商業化方法2 豪州の大きなLNG潜在供給力2.豪州の大きなLNG潜在供給力(cid:122)多くの豪州LNG事業は東アジア指向?日本市場のLNG調達可能性の観点「豪州の大きなLNG潜在供給力は好材料」豪州潜在供給力 好材料」大きな15豪州の潜在LNG供給力地域事業名オペレーター新規案件西豪州QLD州新規合計GorgonWheatstonePlutoIchthysBBrowseSunriseGladstone LNGQueenslandCurtisLNGQueensland Curtis LNGAustralia Pacific LNGG LNG (Fishermans' Landing.)ShellQueenslandShell QueenslandChevronChevronWoodsideINPEXWdidWoodsideWoodsideSantos/ PetronasBGBGOrigin/ ConocoPhill.Arrow/ LNG L./ GolarShell/ArrowShell/ Arrow既存事業西豪州北部準州北部準州北西大陸棚(NWS)ダーウインダウインWoodsideConocoPhillipsConocoPhillips総計最初FID最大液化能力万トン/年1,5002,5002,00080015001,5002009?200720102010? 2010??201020102010 2010? 2009????1,00012001,2001,400300??12,2001,63032032014,1507,700⇒豪州の潜在LNG供給力:カタールを大きく凌駕する可能性ありカタール液化能力(計画完成後、比較)16
地域1 大洋州
国1 オーストラリア
地域2
国2
地域3
国3
地域4
国4
地域5
国5
地域6
国6
地域7
国7
地域8
国8
地域9
国9
地域10
国10
国・地域 大洋州,オーストラリア
2009/09/18 坂本 茂樹
Global Disclaimer(免責事項)

このwebサイトに掲載されている情報は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)が信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

※Copyright (C) Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.

本レポートはPDFファイルでのご提供となります。

上記リンクより閲覧・ダウンロードができます。

アンケートにご協力ください
1.このレポートをどのような目的でご覧になりましたか?
2.このレポートは参考になりましたか?
3.ご意見・ご感想をお書きください。 (200文字程度)
下記にご同意ください
{{ message }}
  • {{ error.name }} {{ error.value }}
ご質問などはこちらから

アンケートの送信

送信しますか?
送信しています。
送信完了しました。
送信できませんでした、入力したデータを確認の上再度お試しください。