ページ番号1006986 更新日 平成30年2月16日

ブラジル:国家管理強化のプレソルト開発法案、国会へ

レポート属性
レポートID 1006986
作成日 2009-09-18 01:00:00 +0900
更新日 2018-02-16 10:50:18 +0900
公開フラグ 1
媒体 セミナー・報告会資料
分野 探鉱開発
著者 舩木 弥和子
著者直接入力
年度 2009
Vol 0
No 0
ページ数
抽出データ ブラジル:国家管理強化のブラジル:国家管理強化のプレソルト開発法案、国会へ2009年9月17日調査部舩木 弥和子舩木 弥和子ブラジル沖合岩塩分布図(各種資料より作成)12アれまでの経緯これまでの経緯(cid:122)2007年11月8日、Petrobrasはサントス盆地プレソルトの発見Tupiの可採埋蔵量は50~80億bblと発表。プレソルトの海域全体に大量の炭化水素資源が埋蔵されている可能性があるとの見解を表明可能性があるとの見解を表明⇒ 石油法制改革の必要性について検討開始(cid:122)2008年7月17日、ルラ大統領は鉱山動力大臣、財務大2008年7月17日 ルラ大統領は鉱山動力大臣 財務大臣、Petrobras社長などから構成されるプレソルト開発のための法案起草委員会を設置。60日以内に大統領にプための法案起草委員会を設置。60日以内に大統領にプレソルト開発のための法案を提出する計画(cid:122)2009年8月5日、委員会よりルラ大統領に法案提出009年8月5日、委員会よりルラ大統領に法案提出(cid:122)8月31日、ルラ大統領が法案を国会に送付法制改革の必要性と目的、意図法制改革の必要性と目的、意図(cid:122) 石油産業を取り巻く環境の変化(cid:122) 石油産業を取り巻く環境の変化(cid:122) 「神からの贈り物」(cid:122) 「将来へのパスポート」(cid:122) 「将来へのパスポト」(cid:122) 「新たな独立の日」(cid:122) ブラジルを豊かな国に 科学 教育 社会政策の観点か(cid:122) ブラジルを豊かな国に、科学、教育、社会政策の観点からより発展した国にするためにプレソルトの原油・ガスを利用(cid:122)Petrobrasの権限を強化し、政府がプレソルトの原油・ガスを管理する枠組みを構築(cid:122)Petrobras以外の企業にも投資機会を提供34vレソルト開発法案の内容①PS契約の導入(cid:122) プレソルト新規鉱区及び戦略的地域について(cid:122) プレソルト新規鉱区及び戦略的地域について?コンセッション契約からPS契約に変更?Petrobrasがオペレーターとなるとなる?CNPEがPetrobrasに権益の100%を付与するか、入札Petrobrasがオペレタを実施するかを決定を実施するかを決定?Petrobrasは最低でも鉱区権益の30%を保有?Petrobrasも権益比率引き上げのために入札に参加可Petrobrasも権益比率引き上げのために入札に参加可?政府への配分比率を最も高く設定した企業が落札?Petrobrasは落札者の決定した配分比率に従うPetrobrasは落札者の決定した配分比率に従う?Petrobrasが権益の100%を所有する鉱区についてはCNPEとの協議で配分比率を決定CNPEとの協議で配分比率を決定プレソルト開発法案の内容既存鉱区①PS契約の導入(cid:122) 既存鉱区について契約形態等の変更はない(cid:122) プレソルト及び戦略的地域以外については、これまで通りライセンスラウンドを実施。契約形態はコンセッション契約契約形態等 変更な国有、②新国営石油会社Petrosalの設立(cid:122)100%国有、ANPの監督下に置かれ、プレソルトを管轄、管轄(cid:122) 探鉱・開発、投資は行わない(cid:122) 鉱山動力省にかわってPS契約の交渉、管理を行い、操鉱山動力省にかわ てS契約の交渉、管理を行 、操業会議に出席、民間企業の決定に拒否権等を行使、プロジェクトの実施状況を評価、監視する督置568プレソルト開発法案の内容内容開発法案ソ③Social Fundの設立(cid:122) プレソルトで生産された原油・ガスの売却益を原資とし、教育、貧困対策、科学・技術振興に充てる④Petrobrasに対する国家関与強化(cid:122) 政府はPetrobrasにサントス盆地プレソルトの鉱区権益(埋蔵量50億bbl)を付与(cid:122)Petrobras はプレソルトの探鉱・開発に必要な資金を得るために新株を発行するが、鉱区権益付与の代わりにこの新株の 部を政府が取得 政府のPetrobras持株比率を新株の一部を政府が取得、政府のPetrobras持株比率を引き上げる(現在、ブラジル政府はPetrobras株式全体の32.2%、議決権のある株式の55.7%を保有)32.2%、議決権のある株式の55.7%を保有)プレソルト開発法案の問題点、疑問点問題点、疑問点開発法案ソ(cid:122) プレソルトは探鉱リスクが0に近いという前提?(cid:122) ロウセフ文官長を次期大統領に擁立するための政策?(cid:122) 戦略的地域とはどこか?(cid:122)PetrosalとANPの両方が必要か?(cid:122) 政府はPetrobrasにプレソルトの鉱区権益をいつ、どのように付与するのか?埋蔵量50億bbl?(cid:122)Petrobras、その他企業、探鉱・開発への影響は?(cid:122) ロイヤルティの配分は?・・・・vレソルト開発法案成立ならびにプ見通しプレソルト鉱区入札の見通しト鉱区入札(cid:122)2010年10月の大統領、国会議員、州知事選挙を控え、政年 月 大統領 国会議員 州知事選挙を控え 政府は当初、90日以内に上・下院で審議を行い、法案を通過させたいとの意向過させたいとの意向(cid:122) 与党議員からも反対があり、ルラ大統領は90日以内に審議を終了させることを断念議を終了させることを断念(cid:122) 上・下院とも与党が過半数を占めているが 上院は与野(cid:122) 上・下院とも与党が過半数を占めているが、上院は与野党がほぼ均衡(cid:122) 法案通過は早くても2010年上半期、ルラ大統領任期中(2010年末まで)に法案が成立しない可能性もプレソルト開発法案成立ならびにプ見通しプレソルト鉱区入札の見通しト鉱区入札年末ま(cid:122)2010年末までに法案が成立しない場合な 場合?ロウセフ文官長が大統領に就任⇒法案成法案を成立させ、これにもとづきPetrobras中心のプレきPetrobras中心のプレ法案を成立させ、これにもとソルト探鉱・開発を実施?セーラ・サンパウロ州知事が大統領に就任⇒現行法のもとでプレソルト探鉱・開発を実施(cid:122) プレソルトの鉱区の入札が実施されるのは、早くても2011年になる模様(cid:122) 次期大統領はどの鉱区を入札対象とするのかの決定権を持ち、ブラジルの長期生産計画に影響力を持つことになるなる910ナ近のサントス盆地プレソルトの探鉱 開発トピ ク探鉱・開発トピックス(cid:122)Tupiテスト生産開始(cid:122)Tupi テスト生産開始?2009年5月1日、Tupiの3-RJS-646号井のテスト生産開始。生産量は14,000b/d始。生産量は14,000b/d?7月初め、3-RJS-646号井のクリスマス・ツリーのボルトに不具合発生、テスト生産中止?9月5日、テスト生産再開?Tupiの開発は計画通り進め、2010年第4四半期から生第期、p産量を10万b/dに引き上げる計画最近のサントス盆地プレソルトの探鉱 開発トピ クス探鉱・開発トピックスソ地(cid:122) サントス盆地プレソルトでの掘削、失敗も掘削、失敗もサン?ExxonMobil、Hess BM-S-22鉱区 Guarani井?BG BM-S-52鉱区 Corcovado-2号井BG BMS52鉱区 Corcovado2 号井?Petrobras BM-S-17鉱区(cid:122)Petrobras、Guaraの可採埋蔵量は原油換算で11~20億bblと発表発表?Guara、IaraともにFPSO(生産能力12万b/d)を用い2012年の生産開始を目指す1112Tントス盆地プレソルト地図(各種資料より作成)まとめまとめ(cid:122) 既存の契約は尊重し、IOCにもチャンスを与えるとしてい(cid:122) 既存の契約は尊重し、IOCにもチャンスを与えるとしているが、国家管理を強化し、資源ナショナリズムの色合いを強めた法案(cid:122) 今後の国会での審議に注目(cid:122) プレソルトの鉱区入札実施は2011年以降か?(cid:122)Tupi、Iara、Guaraなど既存鉱区の開発は計画通りに進捗捗計画通り、p、の予定既存鉱開発1314
地域1 中南米
国1 ブラジル
地域2
国2
地域3
国3
地域4
国4
地域5
国5
地域6
国6
地域7
国7
地域8
国8
地域9
国9
地域10
国10
国・地域 中南米,ブラジル
2009/09/18 舩木 弥和子
Global Disclaimer(免責事項)

このwebサイトに掲載されている情報は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)が信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

※Copyright (C) Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.

本レポートはPDFファイルでのご提供となります。

上記リンクより閲覧・ダウンロードができます。

アンケートにご協力ください
1.このレポートをどのような目的でご覧になりましたか?
2.このレポートは参考になりましたか?
3.ご意見・ご感想をお書きください。 (200文字程度)
下記にご同意ください
{{ message }}
  • {{ error.name }} {{ error.value }}
ご質問などはこちらから

アンケートの送信

送信しますか?
送信しています。
送信完了しました。
送信できませんでした、入力したデータを確認の上再度お試しください。