ページ番号1006988 更新日 平成30年3月5日

ロシア:天然ガス輸出に暗雲―LNG指向は更に強まる―

レポート属性
レポートID 1006988
作成日 2009-10-23 01:00:00 +0900
更新日 2018-03-05 19:32:42 +0900
公開フラグ 1
媒体 セミナー・報告会資料
分野 天然ガス・LNG
著者 本村 真澄
著者直接入力
年度 2009
Vol 0
No 0
ページ数
抽出データ ロシア:天然ガス輸出に暗雲-LNG指向は更に強まる-LNG指向は更に強まる2009年10月21日調査部本村 真澄本村 真澄ロシアの2009年上半期のガスロシアの2009年上半期のガス(cid:122)天然ガス生産量は対前年同期比208%減(cid:122)天然ガス生産量は対前年同期比20.8%減(cid:122)ガスプロムの生産量は対前年同期比25%減(cid:122)天然ガス輸出量は対前年同期比39%減(cid:122)生産減の理由(cid:122)生産減の理由?2008年経済危機以降の国内・国外の需要減退?安価な時期に仕込んだ備蓄ガスの優先使用?油価連動のために高値となったロシア産長期契油価連動のために高値となったロシア産長期契約ガスからスポットLNG等への逃避?生産能力に変化はなく地質学的な理由ではない生産能力に変化はなく地質学的な理由ではない12鴻Vアの20082009の天然ガス生産ロシアの2008-2009の天然ガス生産対前年同月比同月比天然ガス生産の急落について天然ガス生産の急落について(cid:122)1月4月:15%~18%減(cid:122)1月~4月:15%~18%減(cid:122)5月以降:21%~22%減(cid:122)第2四半期以降、天然ガス価格が下落局面にありながらも 需要は回復せず面にありながらも、需要は回復せず今後(cid:122)ロシアが石油製品連動長期契約ガス方式を維持復 パ プを維持しつつ、今後、需要の回復とパイプライン・ガス価格の低下により元の需要家を取り戻せるのか、あるいはスポットLNGへの移行がトレンドなのかが注目されるへの移行がトレンドなのかが注目される34FSUGasProductionFSU Gas Production(1950~2008)55559008008007006005004003002001000m/yBcm天然ガス生産が20%減というのは、ソ連・ロシアの天然ガス産業の歴史で初めての事Soviet-Russia(1991~)TurkmenistanUzbekistanKazakhstanAzerbaijan續シ期ロシアの天然ガス輸出量上半期ロシアの天然ガス輸出量:39%減:39%減(cid:122)天然ガス総輸出量(cid:122)天然ガス総輸出量:32%減(cid:122)欧州向けの輸出量(cid:122)ウクライナ向け輸出量:71%減:6%減:6%減(cid:122)国内供給量(cid:122)国内供給量?同時期のロシアのGDP:10.1%減(cid:122)中央アジアからの輸入量:23%減4月7日:ロシアはトルクメニスタンからの天然?4月7日:ロシアはトルクメニスタンからの天然ガス輸入を中止(カザフ、ウズベクは了解)?4月8日:送ガス継続→パイプライン爆発事故4月8日 送ガス継続 パイプライン爆発事故?9月13日:両首脳は和解を模索。欧州における2009年上半期の天然ガス需要の減退状況。旧ソ連圏の減退状況。旧ソ連圏でより深刻。78鴻Vア・中央アジアからロシア・中央アジアから欧州への天然ガスパイプラインネットワークCAC-4が爆発し、トルクメニスタンからロシアへの輸出は停止状態状態輸出 停ロシアガスをカタールLNGが蚕食ロシアガスをカタ ルLNGが蚕食(cid:122)欧州主要国での需要減:2%減16%減(cid:122)欧州主要国での需要減:2%減~16%減(cid:122)ロシアからのガス輸入減:32%減(cid:122)欧州におけるロシアからの輸入減が、需要減を上回っているのは スポットLNGによる減を上回っているのは、スポットLNGによる置き換えが進行しているため?カタールから欧州へのLNGが1~8月で60億m3(8月で60億 3(Gが1カタ ルから欧州 の420万トン)増加?ロシア産ガス価格:$14/MMBtu@1月→$7@8月?欧州スポットLNG価格:$3.25@8月($6@冬物)@月($@冬物)価格$欧州910鴻Vアのウクライナ対応ロシアのウクライナ対応(cid:122)2008年11月:IMFが$165億の融資枠(cid:122)2008年11月:IMFが$165億の融資枠(cid:122)8月20日:ティモシェンコ首相「エネルギー自2009年ガス輸入量:400億m3立策」?2009年ガス輸入量:400億m3→330億m3330億m3?2010年ガス輸入量:520億m3→250億m3?石炭、代替エネ、国内産ガス、原子力依存石炭 代替エネ 国内産ガス 原子力依存?天然ガス紛争後の1月19日に交わした10年間の(cid:122)9月14~16日:ユーシェンコがトルクメ訪問シ ン がトルク 訪問故長期契約を長期契約を反故に月日?ガスの直接販売を打診ロシアの対抗策ロシアの対抗策(cid:122)欧州市場への過度の集中を避ける政策は(cid:122)欧州市場への過度の集中を避ける政策は2000年代初頭から取られ始めたが、欧州での需要急減を受けてより加速化での需要急減を受けてより加速化。(cid:122)LNG事業を拡大して、欧州、北米、北東・事業を拡大して、欧州、北米、北東東南アジア市場を確保中国へのパイプライン拡充による新規市(cid:122)中国へのパイプライン拡充による新規市場確保1112鴻VアのLNG政策ロシアのLNG政策(cid:122)2020年までに世界のLNG10%シェア獲得(cid:122)2020年までに世界のLNG10%シェア獲得?5,000万トン/年(cid:122)サハリン-2の成果を評価(枠組み維持)(cid:122)ウラジオストックLNG:極東パイプライン(cid:122)ウラジオストックLNG:極東パイプライン(cid:122)シュトックマン:2013年生産開始を延長か(cid:122)ヤマルの新規タンベイLNG計画?9月24日:プ9月24日:プーチン首相がShellチン首相がShell、Exxon MobilExxonMobil、E.On、Eni、三井物産、三菱商事、Kogas、PetronasSuncorPetronas、ConocoPhillips、GDF Suez、Suncor Energyを招待ConocoPhillips GDFSuez1314515ロシアから中国ロシアから中国市場に向かうアルタイ・パイプラインとプラインと東ルートガスプロムの対CNPC接近ガスプロムの対CNPC接近(cid:122)2004年10月:戦略協力協定2004年10月:戦略協力協定(cid:122)2006年3月:アルタイP/L(300億m3)と東ルト(380億 3)の建設で合意ート(380億m3)の建設で合意(cid:122)2007年11月:天然ガス価格不一致で破棄(cid:122)2009年6月:天然ガス協力覚書(cid:122)2009年10月:プーチン訪中 ガス供給合意チン訪中 ガス供給合意2009年10月 プ?2010年:天然ガス価格で合意を目指す(cid:122)東アジア原油バスケット連動のフォーミュラ価格?2014,5年:アルタイP/Lから供給開始2014,5年:アルタイP/Lから供給開始?その後:東ルートからの供給開始16
地域1 旧ソ連
国1 ロシア
地域2
国2
地域3
国3
地域4
国4
地域5
国5
地域6
国6
地域7
国7
地域8
国8
地域9
国9
地域10
国10
国・地域 旧ソ連,ロシア
2009/10/23 本村 真澄
Global Disclaimer(免責事項)

このwebサイトに掲載されている情報は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)が信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

※Copyright (C) Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.

本レポートはPDFファイルでのご提供となります。

上記リンクより閲覧・ダウンロードができます。

アンケートにご協力ください
1.このレポートをどのような目的でご覧になりましたか?
2.このレポートは参考になりましたか?
3.ご意見・ご感想をお書きください。 (200文字程度)
下記にご同意ください
{{ message }}
  • {{ error.name }} {{ error.value }}
ご質問などはこちらから

アンケートの送信

送信しますか?
送信しています。
送信完了しました。
送信できませんでした、入力したデータを確認の上再度お試しください。