ページ番号1006993 更新日 平成30年3月5日

アジア太平洋: 深海・フロンティア探鉱 - 豪州がガス開発で一歩先行

レポート属性
レポートID 1006993
作成日 2009-11-20 01:00:00 +0900
更新日 2018-03-05 19:32:42 +0900
公開フラグ 1
媒体 セミナー・報告会資料
分野 天然ガス・LNG探鉱開発
著者
著者直接入力 坂本 茂樹
年度 2009
Vol 0
No 0
ページ数
抽出データ アジア太平洋:アジア太平洋:深海・フロンティア探鉱-深海ィ 探鉱豪州がガス開発で一歩先行2009年11月19日調査部坂本 茂樹坂本 茂樹要点西豪州、東南アジアで深海・フロンティア掘削進展1 西豪州北西大陸棚 成果良好1.西豪州北西大陸棚:成果良好(cid:122)Wheatstone,Pluto LNGへのガス供給を軸に供給を軸,各社の試掘活発化cfApache/KfpecWheatstone事業参加cf. Apache/Kufpec:Wheatstone事業参加2.東南アジア(インドネシア、フィリピン、他)(cid:122)ExxonMobilインドネシア深海2009年試掘;失敗(cid:122)2010-12年、各社がインドネシア深海試掘を計画12年各社がインドネシア深海試掘を計画?豪州、インドネシアの深海探鉱の温度差:2010豪州、イガス事業環境の優劣が重要な条件深海探鉱シア温度12居B北西大陸棚:LNG案件出所:各種情報・報道3Apache/KufpecWheatstoneLNGApache/Kufpec→Wheatstone LNG2009年10月下旬Apache/KfpecとCheron2009年10月下旬、Apache/KufpecとChevronが契約締結(cid:122)Apache/Kufpec(WA-356-P)→Wheatstone LNG(第12トレイン)向けにガス供給LNG(第1,2トレイン)向けにガス供給(cid:122)Apache/Kufpec:WheatstoneLNG事業参加(cid:122)Apache/Kufpec:Wheatstone LNG事業参加(権益25%)?Wheatstone LNG拡張に向けた事業基盤強化4hevron=Carnarvon最大のガス保有者Chevron=Carnarvon最大のガス保有者ガス埋蔵量比率(西豪州+北部準州)ガス埋蔵量比率(Carnarvon堆積盆地)沖合鉱区全体(西豪州+北部準州)のガス埋蔵量:Chevron<Woodside北西大陸棚Carnarvon堆積盆地のガス埋蔵量 :Chevron>Woodside北西大陸棚Carnarvon堆積盆地のガス埋蔵量 :Chevron>Woodside出所:Energy Quest社、他Chevron、Apache/Kufpecの立場Chevron、Apache/Kufpecの立場1.Chevron:有力LNG事業者(cid:122)北西大陸棚の最大ガス資源保有者(約37%)(cid:122)WheatstoneLNG拡張←第三者からのガス調達必要(cid:122)Wheatstone LNG拡張←第三者からのガス調達必要(cid:122)Apache/ Kufpec事業参加:資金調達上もメリットあり⇒WhLNGを着実に推進できる⇒ Wheatstone LNGを着実に推進できる2.Apache/ Kufpec:豪州市場向けガス供給者(cid:122)LNG市場参入→ガス資産の価値を高める(cid:122)LNG事業ノウハウへのアクセス(技術・コマーシャル)(cid:122)LNG事業ノウハウのアクセス(技術コマシャル)(cid:122)域内最有力LNG事業者Chevronとパートナー⇒将来のガス事業戦略上 有利⇒将来のガス事業戦略上、有利56k西大陸棚:ガス事業環境、ガス発見北西大陸棚:ガス事業環境、ガス発見1.ガス事業環境(cid:122)西豪州北部ガス市場は狭隘、ガス価格安い(cid:122)LNG事業参入→ガス事業の価値引き上げが可能(cid:122)LNG事業参入→ガス事業の価値引き上げが可能(cid:122)有望事業Wheatstone(Chevron)、Pluto(Woodside)存在⇒オペレーター(Chevron、Woodside)第三者共に、積極的ガス探鉱)第三者共に積極的ガス探鉱2.最近の発見:多くが深海域(cid:122)Chevron:Achilles、Kentish Knock(2009年)、オ ゚レタ(Chandon、Clio(2006年)Chandon、Clio(2006年)(cid:122)Woodside:Martell(2009年)、Pluto(2005年)(cid:122)Hess:WA-390-P鉱区内ガス田(2008-09年)WA390P鉱区内ガス田(200809年)H北西大陸棚:最近の掘削成果出所:各種情報・報道78k西大陸棚:深海鉱区保有状況⇒Chevron, Woodside(+Hess, Apache)が、ほとんどの深海鉱区面積を占める出所:各種情報・報道9北西大陸棚:今後の探鉱見通し北西大陸棚:今後の探鉱見通しWh1.有望な次世代LNG案件の存在有望な次世代 NG案件の存在環境対策上、拡張可能なLNG案件(cid:122)Chevron;Wheatstone、最大2,500万トン/年t最大2500万トン/年(cid:122)Ch(cid:122)Woodside;Pluto、最大2,000万トン/年⇒両社共に域内で積極探鉱、深海鉱区の追加取得2.旺盛な探鉱計画旺盛な探鉱計画(cid:122)Woodside;2009年4Q~2010年に24坑掘削を計画(cid:122)Chevron; 西方フロンティア深海に鉱区追加(cid:122)Che西方フロンティア深海に鉱区追加⇒第三者;Pluto、Wheatstoneへのガス供給を念頭に積極tron的に探鉱的に探鉱10CドネカExxonMobil:深海掘削1.インドネシア・マカッサル海峡深海海峡深海(cid:122)深海・フロンティアが注目された2006-07年に付与(cid:122)深海 フロンティアが注目された2006-07年に付与(cid:122)他社に先行、2009年2-10月に試掘2坑⇒失敗(cid:122)2009年2月~Surmana鉱区 Rangkong-1ドライ(cid:122)2009年6月~Mandar鉱区(cid:122)2009年6月~Mandar鉱区ガス徴ガス徴2.深海掘削リグをフィリピンへ移動(cid:122)2009年10月~SC 56Dabakan 1(水深1,800m)→掘削結果によって さらに1坑掘削の可能性あり→掘削結果によって、さらに1坑掘削の可能性あり⇒東南アジア深海新規掘削;現時点で成功なしSultan1Sultan-1ExxonMobil以外は作業が遅れ気味11インドネシアインドネシア:マカッサル海峡試掘マカッサル海峡試掘ExxonMobil、2009年2~10月試掘・Mandar鉱区;Sulutan 1・Surumana鉱区;Rangkong 1→商業発見なし出所:各種情報・報道12tィリピン深海鉱区深海鉱区ExxonMobil、2009年10月掘削開始SC56・SC 56Dabakan1Dabakan 1出所:各種情報・報道13インドネシア深海・フロンティア掘削インドネシア深海フンティア掘削1.マカッサル海峡深海(cid:122)Makassar Strait Explorers’コンソーシアムが掘削を計画シ ムが掘削を計画?2010年上期、Marathon;Passangkayu鉱区?2010年下期、Talisman;Sageri鉱区Hess;South Sesulu鉱区(cid:122)2012-15年;2.パプア州(cid:122)~2011年末 Hess;SemaiⅤ鉱区(cid:122)~2011年末、Hess;SemaiⅤ鉱区(cid:122)2011-12年、Marathon;Kumawa鉱区⇒マカッサルを含む深海・フロンティア試掘成果判明は試掘成を含む海1~2年後14Cンドネシアインドネシア:マカッサル海峡試掘マカッサル海峡試掘Makassar 海峡Explorers’コンソーシアム:2010-11年・2010-11年Marathon;Passangkayu、2坑・2010年Talisman;Talisman;Sageri鉱区Sageri鉱区・2012-15年Hess;South Sesulu出所:各種情報・報道インドネシア:パプア州掘削計画・~2011年末Hess;SemaiⅤ-3坑ガス狙い→タングー供給ガス狙い→タング 供給・2011-12年Marathon;KumawaMarathon;Kumawa出所:各種情報・報道1516[海探鉱 温度ガス事業環境⇒深海探鉱に温度差事業環境1.豪州、インドネシア:炭化水素残存ポテンシャル;ガス優勢(7085%)炭化水素残存ポテンシャル;ガス優勢(70-85%)2.西豪州のガス事業環境(cid:122)有望次世代LNG(Pluto、Wheatstone)向けに探鉱が活発→対象地域;徐々に深海へ3.インドネシア・ガス事業環境(cid:122)ガス政策定まらず:国内市場重視or輸出(cid:122)ガス政策定まらず:国内市場重視or 輸出(cid:122)LNG向け投資の停滞、輸出事業挫折(セノロ)(cid:122)IOCの新規鉱区取得意欲に翳り?ガス・プローンのアジア太平洋:?ガスプロンのアジア太平洋:ガス事業環境が探鉱投資の重要な条件17
地域1 大洋州
国1 オーストラリア
地域2 アジア
国2 インドネシア
地域3 アジア
国3 フィリピン
地域4
国4
地域5
国5
地域6
国6
地域7
国7
地域8
国8
地域9
国9
地域10
国10
国・地域 大洋州,オーストラリアアジア,インドネシアアジア,フィリピン
2009/11/20 坂本 茂樹
Global Disclaimer(免責事項)

このwebサイトに掲載されている情報は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)が信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

※Copyright (C) Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.

本レポートはPDFファイルでのご提供となります。

上記リンクより閲覧・ダウンロードができます。

アンケートにご協力ください
1.このレポートをどのような目的でご覧になりましたか?
2.このレポートは参考になりましたか?
3.ご意見・ご感想をお書きください。 (200文字程度)
下記にご同意ください
{{ message }}
  • {{ error.name }} {{ error.value }}
ご質問などはこちらから

アンケートの送信

送信しますか?
送信しています。
送信完了しました。
送信できませんでした、入力したデータを確認の上再度お試しください。