ページ番号1006999 更新日 平成30年2月16日

アフリカ:活況を呈する西アフリカ深海

レポート属性
レポートID 1006999
作成日 2009-12-18 01:00:00 +0900
更新日 2018-02-16 10:50:18 +0900
公開フラグ 1
媒体 セミナー・報告会資料
分野 企業探鉱開発
著者 竹原 美佳
著者直接入力
年度 2009
Vol 0
No 0
ページ数
抽出データ アフリカ:活況を呈する西アフリカ深海2009年12月16日調査部竹原 美佳竹原 美佳本日の内容本日の内容深1.魅惑の深海油田生産国、アンゴラ(1)ブラジルに次ぐ深海生産国アンゴラ(2)油田発見相次ぐアンゴラの2006年入札鉱区(2)油田発見相次ぐアンゴラの2006年入札鉱区(3)Petrobrasの協力により、今後アンゴラで深海プレソルト探鉱が進展?!ト探鉱が進展?!2.ガボン、2010年入札で深海プレソルト鉱区公開へ3.フロンティアアフリカ深海で第2のJubileeを探せ!12P 魅惑の深海油田生産国 アンゴラ1.魅惑の深海油田生産国、アンゴラ(1)ブラジルに次ぐ深海生産国アンゴラkアンゴラ生産量:190万b/d(深海生産量約150万b/d)“GldGolden Blocks”Bl”1990年入札鉱区Lower Congo盆地深海水深300~1,600mBlock14(Chevron)Kit 油田(1999年12月生産開始)Kuito油田(1999年12月生産開始)Block15(ExxonMobil)Block17(Total)Block17(Total)Block18(BP)埋蔵量合計100億バレル貯留層:第3系砂岩層g第ブラジル深海生産量は約180万b/d、米メキシコ湾深海生産量は約100万b/dowerCongo盆地超深海油田Lower Congo盆地超深海油田水深1,600m超、1999年入札Block31(Total)、32(BP):第3系で商業量の発見、開発準備中2008年8月、アンゴラ政府Block32(PSVM油田)開発承認M bil) 試掘不成功 撤退Block33(ExxonMobil):試掘不成功、撤退Bl2001年PS契約Block34(Sonangol):パートナーのNorskhydro、PetrobrasBlock34(Sonangol):パ トナ のNorskhydro、Petrobrasと探鉱中k33(Eアンゴラの深海・超深海油田開発リスク:超深海の埋蔵量規模 高い開発コスト リグ調達リスク:超深海の埋蔵量規模、高い開発コスト、リグ調達、OPEC減産割り当て魅力:追加発見ポテンシャル、外資との協調路線1.魅惑の深海油田生産国、アンゴラ(2)油田発見相次ぐアンゴラ2006年入札鉱区ゴ はアンゴラは2006年入札(浅海・深海7鉱区)年入札(浅海 深海 鉱区)うちLower Congo盆地深海3鉱区(Block15/06、17/06、18/06)は“GoldenBlocks”の開発移行に伴う放棄部分)は Golden Blocks の開発移行に伴う放棄部分EniはBlock15/06に史上最高(約9億ドル)のサインボーナスこれら深海3鉱区の探鉱において良好な結果表:アンゴラ2006年入札鉱区の探鉱状況盆地水深深鉱区面積積オペレーターLower CongoKwanzaKwanzaBlock1/06Block5/06Block6/06≧200m≧200m≧200m(Km2)3,740英Tullow5,708米Vaalco4,930PetrobrasLower CongoBlock15/06700~4,0002,984EniLower CongoLower CongoBenguelaIHS EnergyデータをもとにJOGMEC作成Block17/06Block18/06Block26500~1,900750~1,7501,000~1,8003,316 Total4,621 Petrobras4,838Petrobras現状-2010年試掘井掘削予定-5坑掘削、3坑で出油(Cabaca North1他)出油(Begonia-1)出油(Mangenes-1)-56Aンゴラ2006年入札鉱区における発見いずれも第3系Mioceneにおける発見①Block15/06 (Eni)鉱区面積2974km2鉱区面積2,974kmBlock15(ExxonMobil)の開発移行に伴う放棄部分Block15ではKizomba、Xikomba油田などが生産中2009年2月までに 4坑掘削 うち3坑で出油2009年2月までに、4坑掘削、うち3坑で出油Cabaca North1(水深約1,400m、TD2,838m)において、6,500b/dの出油②Block17/06 (Total)鉱区面積3123k鉱区面積3,123km22Block17(Total)の開発移行に伴う放棄部分Block17ではGirassol、Dalia油田などが生産中。2009年10月、初の試掘井Begonia-1(水深452m、TD2,125m)において初6,000b/dの出油。③Block18/06(Petrobras)鉱区面積4,611km2Block18(BP)の開発移行に伴う放棄部分Block18ではGreaterPlutonio油田が生産中Block18ではGreater Plutonio油田が生産中2009年11月、試掘井Manganes-1(水深1,502m、TD3,027m)において3,153b/d(API15~20°)の出油71.アンゴラ、魅惑の深海油田生産大国(3)新たな探鉱プレイ~深海プレソルト~アンゴラのプレソルト油田アンゴラのプレソルト油田コンゴ盆地浅海Cabinda(Block0)油田(生産中)下部白亜系(Aptian)岩塩層下位の下部白亜系砂岩層下部白亜系(Aptian)岩塩層下位の下部白亜系砂岩層(Neocomian~Barremian)新たな探鉱プレイ=陸上、深海プレソルトコンゴ盆地(陸上):探鉱不調?(08年豪Roc Oil /Cabinda South)Kwanza盆地(深海):探鉱は未着手。下部白亜系(Aptian)岩塩層下位の下部白亜系砂岩層が有望-アンゴラ2007年入札(延期中)21)深海3鉱区(Kwanza盆地Block19、20、21)深海3鉱区(Kブラジル深海プレソルト開発で先行するPetrobrasの協力で進展?ブラジル南部とアンゴラ沖合の地質的相関性ブラジル南部とアンゴラ沖合の地質的相関性盆地Blk1920ource:Sonangol “Africa oil week 2009”9図:ブラジル南部とアンゴラ沖合の地質層序ブラジルとアンゴラはブラジルとアンゴラは、ジュラ紀後期から白亜紀初期にかけてアフリカ大陸と南米大陸の分裂により分かれておりブラジル南部とアンゴ、ブラジル南部とアンゴラ沖合の地質に高い相関性関性llPtSource:Geology and TtTotal Petroleum Systems of the West ?Central Coastal (7203),WestAfrica(7203),West Africa (USGS,2006)10}:ブラジルと西アフリカの地質的相関性別添カラー資料1ありブラジルCampos盆地とCampos盆地とアンゴラKwanza盆地に高い相関性高い相関性Source:Geology and Total Petroleum Systems of the West ?Central Coastal (7203),West Africa (USGS,2006)112.ガボン、2010年入札で南部深海プレソルト鉱区公開ト鉱区公開へ)0(1)2010年入札(0年入札深海42鉱区、2010年5月公開北部:浅海白亜系、第3系(既存油北部:浅海白亜系、第3系(既存油田と同様のターゲット)震探データ再処理:4,960km新規データ2,884kmの取得南部:プレソルトとシンリフトの堆積物新規データ:9,774kmSource:Gabon Ministry of Mines,Petroleum,Hydrocarbons(“Africa oil week 2009”)Kボン入札鉱区(南部)(南部)入札鉱プレソルトの課題は複雑なイメージ処理プレソルトの課題は複雑なイメージ処理近年、コンピューターの処理技術の進歩などにより岩塩層ならびにその下位の構造のイメ造のイメージングが向上、試掘位置精度ジングが向上 試掘位置精度が高まっている(メキシコ湾深海で適用)ガボンプレソルトも探鉱進展の可能性Source:Gabon Ministry of Mines, Petroleum, Hydrocarbons(“Africa oil week 2009”)3.フロンティアアフリカ深海で第2のJubileeを探せ!(1)2007年、英米中小のTullowやKosmosがガ(1)2007年 英米中小のTullowやKosmosがガーナナ深海で10億バレル級のJubilee油田を発見(2)J bil 発見を受け 2008年以降ガナのその他(2)Jubilee発見を受け、2008年以降ガーナのその他年は(オネ深海 成(3)2009年9月、Anadarkoはシエラレオネ深海で成鉱区への企業参加が相次いだ。)果。リベリアなど周辺のフロンティア深海エリアにおいて戦略的な探鉱を展開。おー中小企業、地場企業も活動ー米Devonなど資産整理、北米回帰の企業も-ハイリスクハイリターン(優遇税制、先行者利益)戦略的な探鉱を展開1314R.フロンティアアフリカ深海で第2のJubileeを探せ!ンティアアフリカ深海で第2のJubileeを探せ!3.フ(1)ガーナ深海Jubilee油田についてガーナ:Jubilee油田ガナ:Jubilee油田発見:2007年(Kosmos/Tullow)埋蔵量(2P):12億bbl埋蔵量(2P):12億bbl生産開始:2010年(プラトー12万b/d)KosmosEnergy権益買収問題Kosmos Energy権益買収問題2009年10月、ExxonMobil30億ドル買収で合意、政府未承認。BPやSinopecなど多数のIOCが買収に名乗り?BPやSinopecなど多数のIOCが買収に名乗り?エンジニアリング企業の選定や評価作業は順調に進展FPSO(MODEC)FPSO(MODEC)、Sub評価井(Mahogany-4、Odum-2他)Sub-seaProductionSystem(仏Technip他)sea Production System(仏Technip他)PS契約鉱区面積(Km2))水深(m)水深(オペレーターパートナーWest Cape ThreePoints2004年7月1,6693535~1,8001800Kosmos Energy(30.9%)Anadarko(30.9%)Tullow(22.9%)GNPC(10%)その他ガーナ企業(5.3%)Deep Water TanoJubilee Field2006年7月1,053180180~2,0002000Tullow Oil(50%)2009年7月150180180~2,0002000Tullow Oil(34.7%)Kosmos Energy(18%)(18%)Anadarko(18%)GNPC(10%)その他ガーナ企業(4%)(4%)Kosmos Energy(235%)(23.5%)Anadarko(23.5)GNPC(13.8%)その他ガーナ企業(45%)(4.5%)KーナJubilee油田と2008年以降外資参入のあった鉱区ナJubilee油田と2008年以降外資参入のあった鉱区ガ各種資料にもとづきJOGMEC作成17(2)企業のガーナ参入の動き(2008年以降)(2)企業のガナ参入の動き(2008年以降)時期時期企業名企業名鉱区名鉱区名形態形態備考備考2008年11月 Aker(ノルウェー)South Deep WaterTanoPS契約Aker(85%、オペレーター)2008年11月 三井物産井物産年月Keta買収買収オペレーターのAfrenより権益20%取得権益20%取得2008年12月 Sahara Energy(カナダ)East Cape ThreePointsPS契約権益100%2009年9月 EniOffshoreCapeOffshore CapeThree Point Block買収2009年 Interoil(ノルウェー)EbonyPS契約スイスVitolより権益47.22%、オペレーターシップを取得Interoil(49.1%、オペレーター)①②②③④⑤ガガーナのJubilee油田の発見を受け、2008年以降ガーナのその他鉱区への企業参加が相次いだ。発見を受け降ガ油年183)フロンティアアフリカ深海の動きオネ①シエラレオネ①シ商業量の発見なし。鉱区設定は沖合7鉱区(SL1~7)米Anadarkoの他、OrantPetroleum(ナイジェリア)やYoung Energy Prize(ルクセンブルク)などの中小企業が活動ジdk はシ2009年9月 Ak2009年9月、Anadarkoはシエラレオネ盆地沖合BlockSL6/07SL 6/07のVenus-B1井で出油(水深1,800m、TD5,639m、油ガスネットペイ14m)トペイ14m)ラレオネ盆地沖合Bl②コートジボワール生産量:約3万バレル/日生産量:約3万バレル/日1980年代から浅海でEspoirやFoxtrot油田が生産中AfrenAnadarkoなどが活動中Afren、Tullow、Anadarkoなどが活動中2009年6月、AnadarkoはBlock Cl-105でSouth Grand Lahou-1を掘削(ドライ) しかし同社は2010年に同鉱区で新たな31を掘削(ドライ)。しかし同社は2010年に同鉱区で新たな3D震探を計画。TullowJOGMEC作成フロンティア深海堆積盆地JOGMEC1920yリベリア】【リリア】商業量の発見なし。沖合に18 鉱区設定Anadarkoはリベリアで4鉱区保有。Anadarkoはリリアで4鉱区保有。2009年にLB-15、16、17で3D震探約6,000km2実施。リベリア2009年第3次入札公開:2009年9月公開年月締め切り:12月31日(11月30日から延期)入札対象鉱区:東部沖合5鉱区(LB-01、02、03、04、05)であ入札対象鉱区:東部沖合5鉱区(LB 01、02、03、04、05)である(シエラレオネ盆地、水深20~3,000m)トジボコートジボワール盆地~シエラレオネ-リベリア盆地にかけリベリ 盆地にかけ複数のプロスペクトリードの存在。オネ盆地シAnadarkoは地質的類似性を指摘Anadarkoのシエラレオネにおける発見:Venus-B1(BlockSL 6/07)Source:NOCAL“Africa oil week 2009”2122潟xリア鉱区入札対象鉱区(LB-01~05)まとめ(cid:122)ブラジルにつぐ深海産油国アンゴラは追加発見ポテゴ は追加発見ポぐ深海産油国ブ ジンシャルが高く、魅力的。(cid:122)技術革新により、アンゴラやガボン深海プレソルトの探鉱が本格的に進展する可能性あり。(cid:122)ガーナ深海油田発見により、ガーナや周辺国深海において探鉱が活発化。米Anadarkoの戦略的アプ戦略的アローチは要注目!活発化。米探鉱お(cid:122)超深海やプレソルトで油田が発見されたとしても、(cid:122)超深海やプレソルトで油田が発見されたとしても深海掘削リグの調達、OPEC生産枠(アンゴラ)、気候変動対応による石油需給への影響など“地上の候変動対応による石油需給への影響など 地上の要因”により、すぐに開発に着手できるとは限らないが 西アフリカ深海・プレソルトは大きなポテンシャが、西アフリカ深海 プレソルトは大きなポテンシャルを内包しているといえる。
地域1 アフリカ
国1
地域2
国2
地域3
国3
地域4
国4
地域5
国5
地域6
国6
地域7
国7
地域8
国8
地域9
国9
地域10
国10
国・地域 アフリカ
2009/12/18 竹原 美佳
Global Disclaimer(免責事項)

このwebサイトに掲載されている情報は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)が信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

※Copyright (C) Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.

本レポートはPDFファイルでのご提供となります。

上記リンクより閲覧・ダウンロードができます。

アンケートにご協力ください
1.このレポートをどのような目的でご覧になりましたか?
2.このレポートは参考になりましたか?
3.ご意見・ご感想をお書きください。 (200文字程度)
下記にご同意ください
{{ message }}
  • {{ error.name }} {{ error.value }}
ご質問などはこちらから

アンケートの送信

送信しますか?
送信しています。
送信完了しました。
送信できませんでした、入力したデータを確認の上再度お試しください。