ページ番号1007000 更新日 平成30年3月5日

ペルー:埋蔵量不足が懸念される中、LNG輸出開始へ

レポート属性
レポートID 1007000
作成日 2009-12-18 01:00:00 +0900
更新日 2018-03-05 19:32:42 +0900
公開フラグ 1
媒体 セミナー・報告会資料
分野 天然ガス・LNG探鉱開発
著者 舩木 弥和子
著者直接入力
年度 2009
Vol 0
No 0
ページ数
抽出データ ペルー埋蔵量不足が懸念される中埋蔵量不足が懸念される中LNG輸出開始へ2009年12月17日調査部舩木 弥和子舩木 弥和子LNG輸出開始へLNG輸出開始へ(cid:122)1980年代にShellがUcayali Basin でCamiseaガス田発見(cid:122)2004年8月、Camiseaガス田からリマ等国内への天然ガス供給を開始供給を開始(cid:122)2007年1月、ペルーLNGがシカゴ・ブリッジ&アイアンとペル LNGプラントのEPC契約を締結ルーLNGプラントのEPC契約を締結(cid:122)2009年11月、ペルーLNGは、2010年3月よりCamiseaガスガス2009年11月 ペル LNGは 2010年3月よりC田Block56から天然ガスの供給を受け、2010年5月よりLNG輸出を開始すると発表LNG輸出を開始すると発表i12NG輸出開始へ総事業費 約38億ドル液化能力 445万t/年(各種資料より作成)LNG輸出開始へLNG輸出開始へ(cid:122) ペルーLNGが生産するLNGは全量Repsolのガス・マーケ(cid:122) ペル LNGが生産するLNGは全量Repsolのガス マケティング子会社Repsol Comercializadora de Gasが18年間にわたって購入(cid:122)2007年9月、メキシコ電力公社CFEがManzanillo LNG受) 発注する とを決定入基地への15年間のLNG供給契約をRepsol(ペルーLNG)に発注することを決定⇒2011年7月より15年間年月より 年間Manzanillo LNG受入基地にLNGを供給することとなった供給量は2011年7月90MMf/d?供給量は2011年7月90MMcf/d、2012年180 MMcf/d、2012年180MMf/d2013年360MMcf/d、2014年400MMcf/d、2015年500 MMcf/dと増やしていくMMcf/dと増やしていく(cid:122) カナダのCanaportや中国等アジア市場にも輸出する計画34蒼焜Kス需要急増国内ガス需要急増(cid:122) 政府が経済発展のためにガス利用増を図り 国内向けガ(cid:122) 政府が経済発展のためにガス利用増を図り、国内向けガス価格を抑えたことから、ガス需要急増(BP統計より作成)(BP統計より作成)国内ガス需要急増国内ガス需要急増(cid:122)2009年に入り、ガス供給に対し懸念が生じる。ペルーがLNG輸出と国内ガス需要の両方を賄うことができるのかについて疑問視する向きもペ(cid:122) ペルーLNGのLNG輸出計画にも反対の声が上がる輸出計画 も 対 声が上がる(BP統計より作成)56amiseaガス田で生産されるガスの供給を再検討供給を再検討(cid:122)8月27日、ペルー政府とCamiseaコンソーシアムはCamiseaガス田で生産されるガスの多くを国内市場向けとすることで合意?2010~15年にBlock88で生産されるガスは全て国内生産されるガ は全 国内年向けとするBl?Block56で生産されるガスはLNG輸出用とするk56で生産されるガスはLNG輸出用とする?2012年第1四半期に生産を開始するBlock57で生産されるガスのうち155MMcf/dは国内向けとするれるガスのうち155MMcf/dは国内向けとする(cid:122)9月30日、Camiseaガス田Block88で生産されるガスのうち少なくとも1Tcfについては同国南部に供給するよう義ち少なくとも1Tcfについては同国南部に供給するよう義務付ける政令を公布ガス不足に対する不安解消のため努力(cid:122) サンチェス・エネルギー鉱山相、国内のエネルギー戦略が危機的状況にあるとの指摘に対して、そのような事実も危険性もなも危険性もないと強く否定、国として国内需要対応分の確保に全力を挙げていると述べたC(cid:122)Camiseaガス田他の探鉱・開発促進ガス田他の探鉱開発促進?投資が継続されていることからBlock88とBlock56の埋対応分内需iと強く定と蔵量は2013年には141Tcfに増加の見通し蔵量は2013年には14.1Tcfに増加の見通し?Block88 のCashiriariガス田、2009年末の予定よりも早く7月3日に生産を開始早く7月3日に生産を開始?11月、Pluspetrol、4年間にペルーでの探鉱に6億ドルを投資すると発表を投資すると発表(cid:122) 供給不足はCamiseaガス田・リマ間のパイプラインの能力不足によるもの、2009年末までに送ガス能力を現在の300MMcf/dから450MMcf/dに増やす78V発見等による影響は?新発見等による影響は?2009年11月 Petrobrasが2009年11月、PetrobrasがBlock58Urubamba井で出ガスに成功。政府関係者は同鉱区の埋蔵量は5~8Tcfとの見解。9新発見等による影響は?新発見等による影響は?BPZ Energy、egy、Block Z-1のCorvinaガス田の埋蔵量埋蔵量は3Tcf。2007年、RepsolYPFはBlock57でKinteroniガス田Block57でKinteroniガス田を発見。埋蔵量2Tcf。10Iわりに終わりに(cid:122) 中南米の中ではブラジル コロンビアと並び外資導入推(cid:122) 中南米の中ではブラジル、コロンビアと並び外資導入推進、原油生産量も増加中(cid:122)Perupetro、2010年に17鉱区を対象にライセンスラウンドラウンド鉱区を対象 ライ年ンp、を実施する計画。1月中旬にMaranon、Ucayali、Titicaca、Huallaga basinの10鉱区のライセンスラウンドの手続き開始、4~5月までに7鉱区を追加鉱 を追加始月ま(cid:122)Ucayali Basinの埋蔵量は豊富で、探鉱ポテンシャルも残ているとの見方をするコンサルタントもっているとの見方をするコンサルタントも(cid:122) 探鉱・開発が順調に進み、国内需要を満たすとともにLNGプロジェクトが進捗することを期待LNGプロジェクトが進捗することを期待11
地域1 中南米
国1 ペルー
地域2
国2
地域3
国3
地域4
国4
地域5
国5
地域6
国6
地域7
国7
地域8
国8
地域9
国9
地域10
国10
国・地域 中南米,ペルー
2009/12/18 舩木 弥和子
Global Disclaimer(免責事項)

このwebサイトに掲載されている情報は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)が信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

※Copyright (C) Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.

本レポートはPDFファイルでのご提供となります。

上記リンクより閲覧・ダウンロードができます。

アンケートにご協力ください
1.このレポートをどのような目的でご覧になりましたか?
2.このレポートは参考になりましたか?
3.ご意見・ご感想をお書きください。 (200文字程度)
下記にご同意ください
{{ message }}
  • {{ error.name }} {{ error.value }}
ご質問などはこちらから

アンケートの送信

送信しますか?
送信しています。
送信完了しました。
送信できませんでした、入力したデータを確認の上再度お試しください。