ページ番号1007219 更新日 平成30年2月16日

米独立系探鉱企業の変遷 その2-EOG Resources

レポート属性
レポートID 1007219
作成日 2014-01-24 01:00:00 +0900
更新日 2018-02-16 10:50:18 +0900
公開フラグ 1
媒体 セミナー・報告会資料
分野 企業探鉱開発
著者
著者直接入力 片山 治
年度 2013
Vol 0
No 0
ページ数
抽出データ 米独立系探鉱企業の変遷その2-EOG?Resources2014年1月23日調査部 片山 治話の流れ?EOG社/独立系探鉱企業の同業他社/メジャーとの比較?EOG社概要および事業動向、戦略?EOG社の強みと日本への示唆12ニ立系企業の定義通称“メジャー”“国際(大手)石油会社”該当企業1920?年代、米国で上位15?社前後以内にあり国際的な活動も行う大手一貫操業会社ExxonMobil,Royal‐Dutch?Shell,?Chevron,?BP,?Total“インディペンデント”(独立系石油会社)大手石油会社の支配から独立して事業を営む石油会社ConocoPhillips,Apache,?Chesapeake,?Anadarko,?Devon,?Occidental,?EOG,?Murphy,…,?Valero(下流),?Tesoro(下流)….出所:JOGMEC「石油天然ガス用語辞典」を参考に作成3メジャーと独立系企業時価総額と埋蔵量ExxonMobilBPTotalRD‐ShellChevronOxyChesapeakeInpexENIApacheMurphyAnadarkoEOG?New?FieldJapex50,000100,000150,000200,000時価総額(百万ドル)250,000300,000350,000400,000450,000出所:各社アニュアルレポートほか430,00025,00020,00015,00010,000確認埋蔵量(百万BOE)5,00000OG, Anadarko, Apache過去10年間の株価推移10年間で100~650%超上昇(S&P?500は65%)EOGAnadarkoApacheS&P?500出所:Google?Finance5メジャー各社過去10年間の株価推移Chevron、ExxonMobil?‐+170%,230%、その他企業‐S&P?500の70%?を下回るChevronExxonMobilS&P?500TotalShellBP出所:Google?Finance6T鉱による埋蔵量追加量(2012年SEC報告企業)独立系9008007006005004003002001000百万BOE出所:E&Y??Global?oil?and??gas??reserves?study2013を元にJOGMEC作成7埋蔵量置換率ランキング上位20社(2012年)原油Range?ResourcesQEP?ResourcesChesapeakeLinn?EnergyImperialEnCanaEOGBGPioneerWPX?EnergyEQTCNRMarathon?OilApacheBHP?BillitonMurphy?OilHessHusky?EnergyAnadarkoEcopetrol1234567891011121314151617181820天然ガスLinn?EnergyRange?ResourcesEQTBHP?BillitonNoble?EnergyPDVSAEcopetrolMurphy?OilTotalChevronHusky?EnergyOccidentalExxonMobilMitsuiEniBGApacheSouthwesternEnergyAnadarkoPEMEX1234567891011121314151617181920出所:コンサルタント情報8OG Resources会社概要(2012年末)本社所在地米国テキサス州ヒューストン米国テキサス州ウッドランズEOG?Resources(参考)Anadarko従業員数設立2,6005,200Enron?Corpの前身Northern?Natural?Gas(後にInterNorth)が1980年台に上流BelcoPetroleum、パイプライン会社Houston?Natural?Gas?Pipeline等を買収。1989年にEnronCorpの子会社として上場。1999年にEnronが同社を株式交換*によってEnronの株主に売却し、別会社となる。*評価額4億5400万ドルPanhandle社(1928~1993年)の子会社として、テキサス州・オクラホマ州・カンザス州にまたがるアナダルコ堆積盆で大量の天然ガスを発見し、1959年設立。1986年、Panhandle社から独立。主な事業エリア北米(水平坑井による原油生産は全米最大)北米、東アフリカ等生産(販売)量(生産量)3億6百万BOE(≒84万BOE/D)(2007~2013年平均増加率38%)(販売量)2億6千8百万BOE(=73万BOE/D)(2011年比+8%,?2007~2011年平均増加率約6%)埋蔵量置換率確認埋蔵量“268%”162%18億BOE(液体10億B,?ガス8億BOE)25億BOE(液体12億B、ガス13億BOE)リスク勘案後資源量*?営業キャッシュフロー+投資キャッシュフロー‐資本金133億ドル戦略130億BOE(確認埋蔵量+資源量104億BOE)データ出所:アナダルコ社アニュアルレポート68億ドル出所:各社アニュアルレポート9? 買収よりも自社が生み出した案件を開発? 主要な案件で初期段階で動くアドバンテージを享受? 比較的中庸な負債比率を維持? 原油・コンデンセートおよびNGLの比率および米国での生産増加出所:EOG社Fact?Sheet(2014年1月)10OG事業エリアと確認埋蔵量推移品目別生産量・営業利益推移地図出所:EOG株主向けプレゼン資料出所:EOG社アニュアルレポート11出所:EOG社アニュアルレポート12カ産性向上-Eagle Fordの例? 生産開始後120日間累計生産量‐2013年2012年比30%向上? 水平坑井掘削距離‐2009年平均3,911?ft→2013年3Q?5,787ft?2013年1Q~3Q平均初期生産レート‐20%向上? 平均掘削日数‐2009年約17日→2013年3Q約10日出所:EOG社投資家向けプレゼン資料(2014年1月)13米国原油・ガス価格推移とEOGの対応EOG?‐ガス供給不足見通しによりガス生産増(月平均)EOG??内陸原油を鉄道で湾岸地域へ輸送EOG??原油・コンデンセートへの生産シフト(2007年にガス供給過剰を予見)2017年には米国最大の原油生産者の一つにデータ出所:EIA14L利子負債比率の推移EOGAnadarko出所:EOG社アニュアルレポート15シェールにおける生産性向上の鍵?“Flexible?Factory”?(Schlumberger)?坑井の掘削を単体ではなくグループとして捉える?掘削を需要・状況に応じてきめ細か、かつ迅速に変化させる?Plan(計画)・Do(実施)・Check(成果確認)・Action(是正行動)の流れを確立する~インクリメンタル・イノベーション⇔ラディカル・イノベーション16OG Resourcesの強みと日本への示唆? 水平坑井掘削・生産・市場に関する豊かな知見? 有望なエリアに目をつけ初期段階で多くの土地リースを確保? 同じエリア内で様々な条件下で多くを掘削? 条件と掘削・生産性の相関関係に関し学習? よりロスタイム小、パッドあたり坑井大、初期生産レート大の生産が可能にガス市場見通しの“勘”(リグ稼働、埋蔵量、生産量等データの分析)?? 柔軟性のある原油・ガス資産のポジションとインフラ所有←市場の読み“Flexible?Factory”? 非中央集権的、機動性のある組織? 情報のフィードバックが早い日本(製造業)のお家芸・・・??社長自ら現場を年に数回訪問?社内の提案に対する意思決定は通常2~3週間?本社への「プレゼン」は不要? ITシステムも問題早期発見・解決を目標として構築されている? 社員全員にストックオプション? 7年連続Fortune?の”100?Best?Companies?to?Work?for”に選ばれる-2013年は72位参考資料(表記以外に)??“The?Frackers”,?Gregory?Zuckerman“The?Flexible?Factory:?The?Next?Step?in?Unconventional?Gas?Development”,?Schlumberger?Business?ConsultingForbes?12?Dec?2013,?24?Jul?2013Fortune??29?Jul?2011EOG社プレス発表???? 報道機関情報1718
地域1 北米
国1 米国
地域2
国2
地域3
国3
地域4
国4
地域5
国5
地域6
国6
地域7
国7
地域8
国8
地域9
国9
地域10
国10
国・地域 北米,米国
2014/01/24 片山 治
Global Disclaimer(免責事項)

このwebサイトに掲載されている情報は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)が信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

※Copyright (C) Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.

本レポートはPDFファイルでのご提供となります。

上記リンクより閲覧・ダウンロードができます。

アンケートにご協力ください
1.このレポートをどのような目的でご覧になりましたか?
2.このレポートは参考になりましたか?
3.ご意見・ご感想をお書きください。 (200文字程度)
下記にご同意ください
{{ message }}
  • {{ error.name }} {{ error.value }}
ご質問などはこちらから

アンケートの送信

送信しますか?
送信しています。
送信完了しました。
送信できませんでした、入力したデータを確認の上再度お試しください。