ページ番号1007235 更新日 平成30年2月16日

2014年度 西オーストラリア州 鉱区公開(豪州鉱区開放セミナー)

レポート属性
レポートID 1007235
作成日 2014-05-16 01:00:00 +0900
更新日 2018-02-16 10:50:18 +0900
公開フラグ 1
媒体 セミナー・報告会資料
分野 探鉱開発
著者
著者直接入力 Craig Peacock
年度 2014
Vol 0
No 0
ページ数
抽出データ Government of Western AustraliaDepartment of Mines and Petroleum2014年度西オーストラリア州鉱区公開西オーストラリア州政府クレイグピーコック 駐日代表?データ出典元?西オーストラリア州鉱山石油省 石油部門Government of Western Australia Department of Mines and PetroleumGovernment of Western Australia Department of Mines and PetroleumGovernment of Western Australia Department of Mines and Petroleum目次? 西オーストラリア州について? 西豪州の優位性? 探査・製造権(E&P)の期間? 財務の特徴? ランドアクセス・環境・安全性? データの供給と利用? 鉱区取得? 公開地域とその有望性Government of Western Australia Department of Mines and PetroleumGovernment of Western Australia Department of Mines and PetroleumGovernment of Western Australia Department of Mines and Petroleumシオーストラリア州について管轄地域?陸上ならびに州の沿岸水域(3海里以内)。インドの4分の3、中国の4分の1の面積。陸上の再活性化?EIA推定のシェールガス、一層からでも200TCF以上再生可能。?在来型?新規鉱区とオイル・ガスフローの実績。?参加企業、三菱・コノコフィリップス・ヘス・中国石油。州の沿岸水域?バロー島近海の巨大油田。?参加企業アパッチやシェブロンであるが現在の探査はほとんどない。市場?石油製品は全世界的に販売される。?迫りくる国内ガスの不足?居住地区、産業地、多くの鉱区。?北部から南西・ゴールドフィールド向けのガスパイプライン。?パース大都市近辺、クイナナの製油所。Government of Western Australia Department of Mines and PetroleumGovernment of Western Australia Department of Mines and PetroleumGovernment of Western Australia Department of Mines and Petroleum西豪州の優位点? Work Program入札?資金は州の財源としてよりはむしろ探査プログラムの一部となる。? 地層科学データと地図製作?利用可能かつ安価である。? 専門家と多くの石油部門サービスの企業がパースに。大学は石油地質学、地球物理学・エンジニアリングを含むスペクトルを提供。? 事業にかかる費用、税金とロイヤリティは国際的にも競争力がある。? 数十億ドルに相当する、多くの石油資源とインフラ計画。? 政府は新規産業の活動を支援する事によって西豪州の経済を強化する事としている。? 規制上の要求事項は、透明かつ予測可能で実務的である事。? 法令?連邦規制に酷似する。Government of Western Australia Department of Mines and PetroleumGovernment of Western Australia Department of Mines and PetroleumGovernment of Western Australia Department of Mines and PetroleumT査・製造権(E&P)の期間探査の許可?最初の許可期間は6年?その後5年更新(2回)、その後終了?それぞれの期間終了時に50%放棄生産ライセンス?継続生産に基づく?フィールドの寿命プラス5年間有効?生産終了の許可依頼が必須Government of Western Australia Department of Mines and PetroleumGovernment of Western Australia Department of Mines and PetroleumGovernment of Western Australia Department of Mines and Petroleum財務の特徴ロイヤリティ?州?ロイヤリティ-石油井戸元価格の10-12.5%?連邦?石油資源利用税(PRRT) -プロジェクト課税対象の40%-所得税に対する控除?上記2項目への複数の控除可能コストあり重要な税金?法人税30%?GST(商品・サービス税)10%堅実な経済?世界規模のLNG・鉄鉱石・金・その他資源生産Government of Western Australia Department of Mines and PetroleumGovernment of Western Australia Department of Mines and PetroleumGovernment of Western Australia Department of Mines and Petroleum宴塔hアクセス、環境、安全公開地区に関連した地図と、先住権限と環境に関する情報がCD-ROMやウェブサイトで公開している。入札終了から許可までの期間(先住権の手続きを含む)??陸上E&P 約2年?州沿岸水域E&P 約6ヶ月環境におけるオペレーターの提出必要事項:?石油流出に対するコンティンジェンシープラン?石油事業における環境管理計画石油とパイプライン事業の安全対策の取り組みGovernment of Western Australia Department of Mines and PetroleumGovernment of Western Australia Department of Mines and PetroleumGovernment of Western Australia Department of Mines and Petroleumデータの供給と利用データ?転写料のみでデータが入手可能?最大の利点!? 世界規模オンラインデータベースへの無料アクセスwww.dmp.wa.gov.au/wapims?データは秘密保持期間中に、関連法律に基づきDMP(西オーストラリア州鉱山石油省)に提出公開基本データ?探査許可井戸元2 年1ヶ月?生産ライセンス1年1ヶ月インタープリタブルデータスペキュレーティブデータ2?15年調査3 年2 年~5年Government of Western Australia Department of Mines and PetroleumGovernment of Western Australia Department of Mines and PetroleumGovernment of Western Australia Department of Mines and Petroleumz区の取得?既存の権利へのファームイン? 現金入札及びワークプログラムを促進する新しい見解により、利益を得る企業もでてきている。www.dmp.wa.gov.au/WABSfor maps/cos.?企業買収?外国投資審査委員会(FIRB)による評価?“店頭取引銘柄”-鉱区選択権の特別探査権?DMPのウェブサイトを参照。?公開地区へのWork program入札Government of Western Australia Department of Mines and PetroleumGovernment of Western Australia Department of Mines and PetroleumGovernment of Western Australia Department of Mines and PetroleumGovernment of Western AustraliaDepartment of Mines and Petroleum多くの企業が西豪州陸上に興味をもつ。参画の国際石油企(IOC): oMitsubishioConocoPhillips oHess oPetroChina oApacheさらなるファームインへの可能性Government of Western Australia Department of Mines and PetroleumGovernment of Western Australia Department of Mines and PetroleumGovernment of Western Australia Department of Mines and PetroleumETROLEUM ROUND 1 OF 20145つの公開地区官報2014年4月8日、入札期限:2014年10月23日?4 Canning Basin324 km2L14-12659 km2L14-2L12-123594 km2L12-13 2866 km2?1 Southern Perth BasinL12-14668 km2Acreage release disks?Government of Western Australia Department of Mines and PetroleumGovernment of Western Australia Department of Mines and PetroleumGovernment of Western Australia Department of Mines and Petroleumanning Basin L14-1? Canning Basinは北東の比較的小さな区域。? 地域の知見に基づき、L14-1はペルム紀の砂岩下層にオイルがあると見込まれる。? 封止されたグレートノーザンハイウェイから35キロである為、多くの場所へのアクセスが容易である。? 未掘削のエミカ鉱脈を含む。oエリアの拡張は18 km2であるといわれている。o急勾配の背斜構造及び下り落差の多いセレネ断層。Government of Western Australia Department of Mines and PetroleumGovernment of Western Australia Department of Mines and PetroleumGovernment of Western Australia Department of Mines and PetroleumL14-1 wells and seismicGovernment of Western Australia Department of Mines and PetroleumGovernment of Western Australia Department of Mines and PetroleumGovernment of Western Australia Department of Mines and Petroleumanning BasinL14-2? Canning Basinの中心にある探査中の地区。? 地域の知見により、以下の2点の見込み: oペルム紀の砂岩下層部のオイル。o在来型及びシェールガスのオルドビス紀起源の炭化水素(大部分がGoldwyer層)。Sally May 背斜o垂直距離で300 km2あるといわれている。o二つの掘削井戸は、在来型とシェールオイル・ガス双方の構造全体??としてはまだ十分評価されていない。“世界の石油ガスフィールドの多くが、始めに掘削された井戸からは発見されていないことが、これまでの歴史でわかる” ?Rob WillinkGovernment of Western Australia Department of Mines and PetroleumGovernment of Western Australia Department of Mines and PetroleumGovernment of Western Australia Department of Mines and PetroleumL14-2 wells and seismicGovernment of Western Australia Department of Mines and PetroleumGovernment of Western Australia Department of Mines and PetroleumGovernment of Western Australia Department of Mines and Petroleumanning BasinL12-12, L12-13? オルドビス紀の起源である炭化水素は、在来型とシェールガスであることが有望(大部分がGoldwyer層)。? 主にサブソルトのオルドビス紀は砂岩、炭酸塩、シェールガスの層からなる。? 塩層の上部層の可能性:オルドビス紀塩層下にある炭化水素は,より深くにある成熟したソースより東北方面に移動した可能性があり、そして塩層の端まで達し上部層まで移動した。Port Hedlandから続くTelfer Gas PipelineはL12-13より西に100km弱に位置する。?Government of Western Australia Department of Mines and PetroleumGovernment of Western Australia Department of Mines and PetroleumGovernment of Western Australia Department of Mines and PetroleumL12-12 & L12-13 wells and seismicGovernment of Western Australia Department of Mines and PetroleumGovernment of Western Australia Department of Mines and PetroleumGovernment of Western Australia Department of Mines and Petroleumouthern Perth Basin L12-14 setting and sectionGovernment of Western Australia Department of Mines and PetroleumGovernment of Western Australia Department of Mines and PetroleumGovernment of Western Australia Department of Mines and PetroleumL12-14 wells and seismicGovernment of Western Australia Department of Mines and PetroleumGovernment of Western Australia Department of Mines and PetroleumGovernment of Western Australia Department of Mines and PetroleumIわりに下記の詳細についてはDMP鉱区公開についてのウェブサイトをご参照下さい。?申請方法と評価基準を含む入札について?探査許可の期間?財務特性?ランドアクセス?有効なデータ?公開地区とその有望性?その他www.dmp.wa.gov.au/acreage_releaseGovernment of Western Australia Department of Mines and PetroleumGovernment of Western Australia Department of Mines and PetroleumGovernment of Western Australia Department of Mines and Petroleumwww.lng18.org
地域1 大洋州
国1 オーストラリア
地域2
国2
地域3
国3
地域4
国4
地域5
国5
地域6
国6
地域7
国7
地域8
国8
地域9
国9
地域10
国10
国・地域 大洋州,オーストラリア
2014/05/16 Craig Peacock
Global Disclaimer(免責事項)

このwebサイトに掲載されている情報は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)が信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

※Copyright (C) Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.

本レポートはPDFファイルでのご提供となります。

上記リンクより閲覧・ダウンロードができます。

アンケートにご協力ください
1.このレポートをどのような目的でご覧になりましたか?
2.このレポートは参考になりましたか?
3.ご意見・ご感想をお書きください。 (200文字程度)
下記にご同意ください
{{ message }}
  • {{ error.name }} {{ error.value }}
ご質問などはこちらから

アンケートの送信

送信しますか?
送信しています。
送信完了しました。
送信できませんでした、入力したデータを確認の上再度お試しください。