ページ番号1007243 更新日 平成30年2月16日

アルゼンチン:YPF再国有化後のシェール開発動向(5/22)

レポート属性
レポートID 1007243
作成日 2014-05-23 01:00:00 +0900
更新日 2018-02-16 10:50:18 +0900
公開フラグ 1
媒体 セミナー・報告会資料
分野 探鉱開発非在来型
著者 舩木 弥和子
著者直接入力
年度 2014
Vol 0
No 0
ページ数
抽出データ アルゼンチンYPF再国有化後のシェール開発動向2014年5月22日調査部舩木 弥和子本日の内容1. アルゼンチン政府、RepsolにYPF再国有化の補償YPF再国有化の影響Vaca?Muertaシェールを巡る動向ライセンスラウンド2.3.4.12. アルゼンチン政府、RepsolにYPF再国有化の補償2012年5月、アルゼンチン政府は、Repsolの保有するYPF株式の51%を強制的に接収YPF(Yacimientos?Petroliferos?Fiscales)●1993年に民営化された元国営石油会社●1999年にRepsolの100%子会社になる●2008年以降、RepsolはPetersenグループ等にYPFの株式を売却31. アルゼンチン政府、RepsolにYPF再国有化の補償Repsol:アルゼンチン政府に105億ドルの補償を要求ICSID等に仲裁、訴訟を申し立てアルゼンチン政府:国家評価裁判所が補償額を決定2013年11月、アルゼンチン政府とRepsolは、YPF再国有化の補償について合意。2014年3月、Repsol取締役会がこれを承認。アルゼンチン議会も承認、Fernandez大統領が署名補償額は約50億ドル、2017~33年に償還期限を迎えるドル建てアルゼンチン国債で支払いRepsolはアルゼンチン政府を相手方とする訴訟取下4. アルゼンチン政府、RepsolにYPF再国有化の補償アルゼンチン政府の思惑VacaMuertaシェール開発に外資導入は不可欠⇒Repsolとの和解は急務⇒Repsolが31件の訴訟を取り下げることも重要その後のRepsolの動向受領したアルゼンチン国債は速やかに現金化資産のバランスをとるため上流投資強化(Repsolホームページより作成)52.YPF再国有化の影響~YPF~石油3.4%、ガス2.2%増●2013年末確認埋蔵量10.8億boe(2.84億boe増)●2013年の生産量●2013年純利益7億1,010万ドル(45.6%増)2014年はcapexを前年の50億ドルから55億ドルに引き上げ、うち45億ドルを上流に投資⇒生産量を石油5%、ガス18%増加させる計画(YPFホームページより作成)6.YPF再国有化の影響~アルゼンチン~●2013年の生産量石油 54万b/d?(19%減)ガス 416億m3(10%増)●石油生産量減少は投資増を手控えた結果?●ガス生産量増加は価格を7.5ドル/MMBtuに引き上げた影響?(出所:BP統計、2013年はPlatts?Oilgram?News2014/1/8)3.VacaMuertaシェールを巡る動向「世界のシェールガス資源量評価」(2013年6月、EIA発表)●アルゼンチンの技術的回収可能量シェールガス:802Tcf(世界2位)シェールオイル:265億bbl(世界4位)●アルゼンチンのシェールガス資源量の70%以上はNeuquen?Basinに賦存。Neuquen?Basinには、Vaca?Muerta、Los?Mollesというシェール層があり、探鉱が進んでいるのは深度の浅いVaca?Muertaシェール●2010年12月、YPFがLoma?La?Lata鉱区でシェールガス確認。同鉱区とLoma?Campana鉱区のシェール可採埋蔵量は石油換算9.27億bbl●周辺鉱区でも相次いでシェールを確認78ハ添カラー資料1ありNeuquen州主要鉱区図アルゼンチンのBasin別のシェールガス資源量(EIAより作成)Neuquen州(各種資料より作成)(各種資料より作成)93.VacaMuertaシェールを巡る動向YPF/Chevron●2013年7月、Loma?La?Lata?/?Loma?Campana鉱区開発で契約締結第1フェーズ(1年)ではGeneral?Enrique?Mosconiエリアで100坑を掘削、結果により大規模開発実施を判断●2014年3月までに161坑を掘削●4月11日、2014年中に16億ドルを投じLomaCampana鉱区で170坑を掘削することで合意大規模な開発段階へ移行、今後数年間に160億ドルを投じる計画●Chihuido?de?la?Sierra?Negra鉱区でもシェール探鉱を計画10.VacaMuertaシェールを巡る動向YPF/Dow?Chemical●2013年9月、El?Orejano鉱区でシェールガス生産を行うことで契約締結●シェールガス井16坑掘削、3MMm3/dを生産予定YPF/Petrolera?Pampa●2013年11月、Rincon?del?Mangrullo鉱区の開発について契約締結●第1フェーズ34坑、第2フェーズ15坑を掘削、3年以内に1.3MMm3/dを生産する計画3.VacaMuertaシェールを巡る動向Gas?y?Petroleo?del?Neuquen?(GyP)/Wintershall●2014年1月、WintershallはAguada?Federal鉱区の権益50%を取得、ファームイン、オペレーターに権益50%はNeuqen州石油会社GyPが保有●第1フェーズ(2年)に6坑、第2フェーズ(2~3年)に20坑を掘削、探鉱結果が良好であれば、10年間に33.4億ドルを投じ、開発井320坑を掘削YPF/Petronas●2014年2月、La?Amarega?Chica鉱区共同開発でMOU?締結●FS実施後、投資協定の締結に向けて協議を予定1112acaMuertaシェールを巡る動向3.Americas?Petrogas/ExxonMobil●2013年2月、Los?Toldos?I鉱区で多段階フラクチャリング実施、6月にガスの販売を開始Total●2010年以降、Neuquen?Basinの鉱区権益を取得●2011年、シェール井掘削開始Shell●Sierras?Blancas鉱区で水平坑井掘削、水圧破砕実施●2014年、Vaca?Muertaシェールへ3倍増5億ドル投資●2014年2月、La?Escalonada?、Rincon?La?Ceniza鉱区にファームイン3.VacaMuertaシェールを巡る動向Petrobras●2014年2月、PetrobrasはYPFにPuesto?Hernandez鉱区の権益38.5%を4070万ドルで売却●2014年中にアルゼンチンの探鉱・開発に39.4億ドルを投じる計画、うち32%はVaca?Muertaシェールの探鉱・開発に充てるその他国営石油会社●PDVSA、Gazprom、StatoilがVacaMuertaシェール●PetroamazonasもYPFから非在来型の技術を学び参入を希望しYPFと協議たいとしてYPFと協議中1314.VacaMuertaシェールを巡る動向Apache●2014年2月、アルゼンチンに保有する全ての石油・ガス資産をYPFに売却することで合意と発表●YPFは、8億ドルを現金払い、2013年6月末時点のApacheの銀行借入金5,200万ドルを肩代わり●Neuquen、Rio?Negro、Tierra?del?Fuego州の33鉱区の権益、うち10鉱区はVaca?MuertaシェールCNOOC●他事業向けの資金調達を目的にBridas株式売却を検討154. ライセンスラウンド~Neuquen州~●在来型、非在来型鉱区対象●スケジュール6月 入札7月 開札8月 契約締結●GyPが10~50%の割合で権益を保有China?Muerta??(Neuquen?Province?Areas?Offered?ⅣBidding?Roundに加筆)16El?ChurquiPampa?TrillLoma?AnchaPortezueloMinasParvaNegraOesteSanto?TomasSenalRocosaLoma?de?las?PiedrasCollonCuraIILos?Alamos?Canadon?de?las?HorquetasS. ライセンスラウンド~Mendoza州~●在来型、非在来型対象●スケジュール4月9日 入札8月1日 契約締結●6鉱区に7グループが入札(出所:Concurso?Publico?Nacional?e?Internacional,?para?la?exploracion?y?potencial?explotacion?de?areas?hidrocarburiferas?en?laprovincia?de?Mendoza)17おわりにYPF再国有化の補償についてRepsolと和解2012年後半以降、探鉱・開発促進政策サービス会社8社、1億ドルで工業団地建設カナダ企業がChubut州でプロパントを製造パイプライン等既存のインフラを利用可能YPFはVacaMuertaシェールを垂直井で開発2015年10月に大統領選挙シェール開発ブーム到来!水圧破砕を行った坑井数300坑、結果良好Chevron、YPF、ExxonMobil、Shell、Total等投資増を計画Neuquen州探鉱・開発への投資額、2014年は55.6億ドルただし…政府は、シェールオイル、シェールガスの生産が本格化するのは2018年、ガスを輸入する必要がなくなるのは2023~24年としているVaca?Muertaシェールを開発し、政府の想定に沿って生産を増加させるには500~1,000億ドルが必要18
地域1 中南米
国1 アルゼンチン
地域2
国2
地域3
国3
地域4
国4
地域5
国5
地域6
国6
地域7
国7
地域8
国8
地域9
国9
地域10
国10
国・地域 中南米,アルゼンチン
2014/05/23 舩木 弥和子
Global Disclaimer(免責事項)

このwebサイトに掲載されている情報は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)が信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

※Copyright (C) Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.

本レポートはPDFファイルでのご提供となります。

上記リンクより閲覧・ダウンロードができます。

アンケートにご協力ください
1.このレポートをどのような目的でご覧になりましたか?
2.このレポートは参考になりましたか?
3.ご意見・ご感想をお書きください。 (200文字程度)
下記にご同意ください
{{ message }}
  • {{ error.name }} {{ error.value }}
ご質問などはこちらから

アンケートの送信

送信しますか?
送信しています。
送信完了しました。
送信できませんでした、入力したデータを確認の上再度お試しください。