ページ番号1007248 更新日 平成30年2月16日

カナダ:オイルサンド生産の現状と見通し

レポート属性
レポートID 1007248
作成日 2014-06-20 01:00:00 +0900
更新日 2018-02-16 10:50:18 +0900
公開フラグ 1
媒体 セミナー・報告会資料
分野 探鉱開発非在来型
著者 舩木 弥和子
著者直接入力
年度 2014
Vol 0
No 0
ページ数
抽出データ カナダ:オイルサンド生産の現状と見通し2014年6月19日調査部舩木 弥和子本日の内容1. オイルサンド生産実績と見通し2. 主要なプロジェクトの状況3. オイルサンドプロジェクトに影響を与える要因12.オイルサンド生産実績と見通し●カナダの石油確認埋蔵量?BP統計:1,743億bbl(2013年末、世界第3位)?国家エネルギー委員会(NEB):1,713億bbl(2012年末)うち1,679億bblはオイルサンド●オイルサンドの原始埋蔵量?Alberta州政府:1.8兆bblと推定●オイルサンド生産実績?2005年:110万b/d⇒2013年:195万b/dオイルサンド主要生産地域Canadian?Crude?Oil?Forecast,?CAPPMarkets?&?Transportation?Outlookに加筆31.オイルサンド生産実績と見通し●オイルサンド確認埋蔵量1,679億bblのうち?20%は深度が75mよりも浅く露天掘り可能?80%はインシチュー(in‐situ)採収法で開発●2013年のオイルサンド生産量195万b/dのうち?露天掘り85万b/d、インシチュー採収法110万b/dインシチュー採収法露天掘りCSS(cyclic?steam?stimulation)SAGD(steam‐assistedgravity?drainage)出所 CAPP?the?Facts?on?Oil?Sands4.オイルサンド生産実績と見通し別添カラー資料1あり●国家エネルギー委員会(NEB)?Canada’s?Energy?Future?2013?2035年のカナダ原油生産量:580万b/d?2035年のオイルサンド生産量:500万b/d?原油生産量に占めるオイルサンドの割合2012年:57%⇒2035年86%出所:NEBCanada’s?Energy?Future?201351.オイルサンド生産実績と見通し別添カラー資料2あり●カナダ石油生産者協会(CAPP)Crude?Oil?Forecast,?Markets?&?Transportation?2030年のカナダ原油生産量:644万b/d?2030年のオイルサンド生産量:481万b/d?原油生産量に占めるオイルサンドの割合2013年:56%⇒2030年75%出所:CAPPCrude?Oil?Forecast,?Markets?&?Transportation6.オイルサンド生産実績と見通し別添カラー資料3あり●各種機関の生産見通しの比較?2021年頃まではほぼ同様の見通し?2030年:NEB、CAPPはほぼ同様の見通しCERI、2013年版CAPPは約15%高い見通し出所:NEBCanada’s?Energy?Future?201371.オイルサンド生産見通しCAPPによるカナダの石油生産量見通し (単位:万b/d)2014年発表見通し2015年2020年1411001272273682339114513318732046526491CAPPより作成82006年発表見通し2020年2015年89.272.1227.3175174.5172.4399.7349.5471.8438.72316487.8461.7在来型(コンデンセート含む)露天掘りin‐situオイルサンド計カナダ西部カナダ西部生産量カナダ東部生産量カナダ生産量●2010年の生産量?2006年発表の目標値:353.5万b/d?実績:333.6万b/d(目標値の94%).主要なプロジェクトの状況~露天掘り~●Suncor?Energyが1967年9月にMillennium、Syncrudeが1978年7月にMildred?Lakeで露天掘りで操業開始Suncor?EnergySyncrudeCanadian?Natural?ResourcesImperial?OilAthabasca?Oil?Sands?Project●Millennium、North?Steepbank生産中○Fort?Hills開発中●Mildred?Lake、Auroraで生産中●Horizonで2014年1Qは合成原油(SCO)11.3万b/d生産、2014年は25億ドルを投じ、生産量を25万b/dに拡張●KearlOil?Sand第1期(生産能力11万b/d)生産中、2015年に同規模の第2期の操業を開始予定、アップグレーダー無しで操業を開始した最初の露天掘りプロジェクト●Muskeg?Riverで15.5万b/d、Jackpineで10万b/dを生産各種資料より作成、●は生産中、○は開発中、△は申請中、許可取得済みプロジェクト2.主要なプロジェクトの状況~CSS~●CSS法を使ったビチューメン生産はCold?Lake、Peace?Riverで行われているImperial?OilCanadian?Natural?ResourcesShellBaytexEnergy●1985年よりCold?Lakeで生産中○Nabiye拡張プロジェクトが2014年末生産開始、4万b/dを生産予定●1985年よりCold?Lake、Wolf?Lake?/?Primroseで生産中●Peace?River、CadotteLakeで生産中○Carmon?Creek開発中(生産量8万b/dを予定)●Peace?River?Cliffdale生産中各種資料より作成、●は生産中、○は開発中、△は申請中、許可取得済みプロジェクト910.主要なプロジェクトの状況~SAGD~SuncorCenovusEnergyDevonMeg?EnergyConocoPhillipsNexenConnacherHusky?EnergyStatoil●Firebag15万b/d、MacKay?River3万b/d生産中●Foster?Creek12.5万b/d、Christina?Lake13.8万b/d生産中、17.5万b/d、15万b/dへ拡張計画○Narrows?Lake開発中(40年間、40万b/d生産)△Grand?Rapidsプラント建設許可取得(生産能力18万b/d)△Telephone?Lake開発許可を申請中●Jackfish約5万b/dを生産中●Christina?Lake5万b/d超を生産中●Surmont3万b/dを生産中、生産量28.3万b/dに拡張する計画●Long?Lake7.2万b/d生産中、インシチュー採取法でアップグレーダーがある唯一のプロジェクト○Kinosis開発中、1.5~2.5万b/d生産予定●Great?Divide生産中、生産能力5.7万b/d、拡張認可済み●Tucker生産中●Kai?Kos?Dehseh生産中、20万b/dを生産予定各種資料より作成、●は生産中、○は開発中、△は申請中、許可取得済みプロジェクト112.主要なプロジェクトの状況●新規露天掘りプロジェクトが延期、棚上げされる一方で、SAGD法を用いた新規生産計画、拡張計画は多数存在?Pierre?Riverプロジェクト:棚上げ?Voyageur?Southプロジェクト:取りやめ●オイルサンドプロジェクトへの投資は、露天掘り+アップグレーディングから、SAGD法+希釈による輸送に移っていく傾向●CAPPによるオイルサンド生産量に占めるインシチュー採収法による生産量の割合2013年56%⇒2030年67%12.オイルサンドプロジェクトに影響を与える要因●市場?米国メキシコ湾岸:重質油を処理できる製油所があり別添カラー資料4あり精製処理能力も高い?カナダ東部:消費量の半分を国外から輸入?アジア:需要が増加?ヨーロッパ:ウクライナ問題でヨーロッパの製油所が供給源多角化を企図?パイプライン等輸送手段確立が課題出所:CAPPCrude?Oil?Forecast,?Markets?&?Transportation133.オイルサンドプロジェクトに影響を与える要因●輸送能力~パイプライン~別添カラー資料5あり出所:CAPPCrude?Oil?Forecast,?Markets?&?Transportation14蛯ネパイプラインの状況パイプラインKinder?MorganTrans?MountainEnbridge?Northern?GatewayTransCanada?Energy?East送油能力30万b/d+59万b/d+52.5万b/d+110万b/d状況操業中(1953年~)2017年4Q稼働予定、投資額51億ドル2018年3Q稼働予定、投資額71億ドル2018年4Q稼働予定、投資額120億ドル2014年3QにNEBに申請予定Enbridge?Line?9?Reversal30万b/d24万b/dから30万b/dに拡張し逆走、投資額1.1億ドルMontreal~Sarina間操業中、その他2014年4Q稼働予定カナダ太平洋岸カナダ東部米国中西部TransCanada?KeystoneSpectra?Express‐PlatteEnbridge?MainlineSouthern?AccessAlberta?ClipperSpearhead米国メキシコ湾岸TransCanada?Keystone?XLEnbridge/Enterprise?SeawayTransCanada?Gulf?Coast59.1万b/d28万b/d250万b/d40万b/d+16万b/d45万b/d+35万b/d23.5万b/d+57万b/d+83万b/d40万b/d+45万b/d70万b/d操業中(2010年~)操業中(1997年~)操業中(1950年~)操業中2014年3Q稼働予定、投資額2000万ドル操業中2015年3Q稼働予定、投資額2億ドル操業中2015年3Q稼働予定2017年稼働予定、投資額54億ドル操業中2014年2Q稼働予定操業中(2014年1月~)各種資料より作成 15153.オイルサンドプロジェクトに影響を与える要因●希釈剤(コンデンセート、天然ガソリン、合成原油等)?パイプラインでの輸送時には、希釈剤を30%まぜ輸送20~25万b/dの希釈剤を利用大部分は米国(主にメキシコ湾岸)から輸入?Wood?Mackenzieは2025年には希釈剤需要が90万b/dに達すると予測 100万b/dになるとの見方も?Cochinパイプライン逆走、Southern?Lights?パイプライン輸送能力拡張等により需給緩和の見通し?希釈剤輸入量は予想よりも減少する可能性も●カナダでのコンデンセート生産増●希釈剤が不要または少量でよい鉄道輸送増加16.オイルサンドプロジェクトに影響を与える要因●輸送能力~鉄道~パイプライン輸送より高コストだが、輸送量が増加 その理由は①すでに鉄道網が存在②高く販売できる市場に輸送可能③輸送時間短縮④希釈剤が不要または少量でよい⑤他の原油と混ざらず性状明らか・・・?原油、石油製品輸送用車両数:17,000両?1車両当たりの重質油輸送量:500~525bbl?積込み能力出所:CAPPCrude?Oil?Forecast,?Markets?&?Transportation2013年初18万b/d⇒現在30万b/d⇒2015年末100万b/d?カナダ西部で生産される原油の鉄道輸送量2013年末20万b/d⇒2016年70万b/d173.オイルサンドプロジェクトに影響を与える要因●輸送能力~鉄道~?問題点●事故の増加2014年4月、連邦運輸省が車両に関する規制を発表?旧型の車両(DOT‐111車両)を処分または改良する期限を2017年5月に設定?基準以下の車両は30日以内に処分するよう要求?人口密集地域での速度制限●車両の確保発注から納入まで2年かかる2013年に1.2~1.5万両納入大部分が重質油輸送用出所:CAPPMarkets?&?TransportationCrude?Oil?Forecast,?18.オイルサンドプロジェクトに影響を与える要因●水?2010年以降、インシチュー採収法の水の使用量は生産されるオイルサンドの生産量を下回る?水の再利用も進む?ただし、オイルサンドの生産量が増加しているため水の使用量は全体として増加、2013年は2002年の倍以上に●露天掘り?石油1bblを生産するには3.1bblの水が必要?Athabasca川の流量の0.5%を利用?80‐90%を再利用●インシチュー採収法?石油1bblを生産するには0.4bblの水が必要?飲料用にならない地下水を利用?90‐95%を再利用(CAPP発表2010年データ)3.オイルサンドプロジェクトに影響を与える要因●天然ガス?ビチューメン1bblを生産するのに1000cfのガスが必要?オイルサンドセクターのガス需要は2012年の1.8Bcf/d?から2020年には2.8~3.3Bcf/dに増加する見通し?ガス価格の影響●Alberta州でガス価格高騰AECO‐hub?ガス価格1年前C$3台前半/MMBtu⇒C$4台後半/MMBtu?British?Columbia州LNGプロジェクトの影響●カナダ西部のガス生産量:12?Bcf/d●LNG輸出プロジェクト8件が成立した場合のガス需要:19Bcf/d1920.オイルサンドプロジェクトに影響を与える要因●熟練労働者?オイルサンドの競争力維持には、コスト管理、マーケット確保が重要労働者確保はコスト決定の重大な要因?オイルサンドプロジェクト労働者数2014年72,810人⇒2023年98,380人出所 Oil?Sands?Construction,?Maintenance?and?Operations?Labour?Demand?Outlook?to?2023?British?Columbia州LNGプロジェクト、シェール開発等同時期に多くのプロジェクトが実施されるため労働者獲得争いは激烈3.オイルサンドプロジェクトに影響を与える要因●環境?従来より廃棄土砂、汚染物質の発生、温室効果ガスの排出等環境面から問題提起⇒キーストーンXL等パイプライン敷設にも影響?Alberta州は2014年初にAlberta?EnvironmentalMonitoring?Evaluation?and?Reporting?Agency設置6月にAlberta?Energy?Regulator設立?Cold?Lake、Primrosa?Eastで油泥噴出事故環境規制当局Alberta?Energy?RegulatorとCanadian?Natural?Resourcesが対立、厳しい規制の可能性も2122
地域1 北米
国1 カナダ
地域2
国2
地域3
国3
地域4
国4
地域5
国5
地域6
国6
地域7
国7
地域8
国8
地域9
国9
地域10
国10
国・地域 北米,カナダ
2014/06/20 舩木 弥和子
Global Disclaimer(免責事項)

このwebサイトに掲載されている情報は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)が信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

※Copyright (C) Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.

本レポートはPDFファイルでのご提供となります。

上記リンクより閲覧・ダウンロードができます。

アンケートにご協力ください
1.このレポートをどのような目的でご覧になりましたか?
2.このレポートは参考になりましたか?
3.ご意見・ご感想をお書きください。 (200文字程度)
下記にご同意ください
{{ message }}
  • {{ error.name }} {{ error.value }}
ご質問などはこちらから

アンケートの送信

送信しますか?
送信しています。
送信完了しました。
送信できませんでした、入力したデータを確認の上再度お試しください。