ページ番号1007250 更新日 平成30年3月5日

中国の天然ガス輸入を巡る動き

レポート属性
レポートID 1007250
作成日 2014-07-18 01:00:00 +0900
更新日 2018-03-05 19:32:42 +0900
公開フラグ 1
媒体 セミナー・報告会資料
分野 天然ガス・LNG
著者 竹原 美佳
著者直接入力
年度 2014
Vol 0
No 0
ページ数
抽出データ 中国の天然ガス輸入を巡る動き2014年7月17日調査部竹原 美佳本日の内容?天然ガス輸入の現状?IEA中期ガスマーケットレポート:高まる中国の存在感?ロシアとの天然ガス契約締結の意義と影響?LNG契約のトレンド12}速な拡大を続ける中国の天然ガス需給確認埋蔵量(2013年):3.3兆m3(115.6兆立法フィート(Tcf)生産(2013年):1,169億m3(11Bcfd)消費(2013年):1,616億m3(15.6Bcfd)純輸入(2013年):491億m3(4.7Bcfd)LNG:245億m3 (約1,800万t)、パイプラインガス:273億m3出所:BP統計、GIIGNL、China OGP(1t≒1,360m3)R/P28年、輸出:27億m3 国産ガスLNG輸入パイプラインガス輸出消費成長(%)30%1,9001,7001,5001,3001,100900700500300100(100)2006年(億m3/年)新華社China?OGPにもとづき作成2008年25%20%15%10%5%世界6位の産ガス国世界3位の消費国世界3位のLNG輸入国天然ガス輸入比率約3割2010年2012年2014年1‐3月0%主な天然ガス輸入事業者:国有石油企業3社天然ガス生産CNOOC6%外資等14%Sinopec16%CNOOCSinopecPetroChina64%PetroChina02004006008001,0001,200国産ガスLNGパイプライン億m3億m3企業年報、各種資料にもとづき作成PetroChina:国産ガスの6割、輸入LNGの3割、パイプラインのほぼ100%CNOOC:輸入LNGの7割Sinopec:2014年LNGの輸入開始予定(この他JovoがLNG、広匯がパイプラインにより少量輸入)34ナ大の輸入相手先:パイプラインはトルクメニスタン、LNGはカタールカザフスタン0.3%ミャンマー0.4%ポートフォリオ・スポット7%マレーシア7%豪州9%ウズベキスタン6%インドネシア6%トルクメニスタン47%カタール18%China?LNG?Weekly他にもとづき作成輸入(2013年)パイプラインガス:273億m3LNG:245億m3(約1,800万t)パイプラインガス:53.7%2013年7月、ミャンマー供給開始ウズベキスタン供給増加LNG:46.3%カタール、最大の供給国に5中央アジアからの天然ガス輸入:増強中トルクメニスタン生産(2013年)約623億m36割輸出 中国:6割(約240億m3)CNPC:BagtiyalykPS契約1期処理能力:65億m3/年ウズベキスタン生産(2013年)約552億m32割輸出 中国:3割(約29億m3)トルクメニスタンGalkynyshガス田 GCA*評価原始埋蔵量(in?place;P50):16.4兆m3(580Tcf)1期(100億m3/年):2013年9月生産開始2期(300億m3/年):2018年末生産開始予定(CNPC13年9月EPC受注、国家開発銀行融資)*Gaffney?,?Cline?&?Associates中央アジアパイプライン(1,800km)A・B線300億m3?/年:稼働中C線300億m3/年:2014年6月稼働D線250億m3?/年:年内着工予定売買契約トルクメニスタン650億m3/年ウズベキスタン100億m3/年カザフスタン50億m3/年6~ャンマーからの天然ガス輸入:増強中ミャンマー生産(2013年):約131億m37割輸出(タイ向け)中国向け2億m32014年1~5月:9億m3ミャンマー~中国天然ガスパイプライン(793km)チャウッピュー~雲南瑞麗2013年9月輸出供給源:Shweガス田輸送能力:120億m3/年売買契約:50億m3/年77稼働・建設中LNG受入基地、売買契約稼働中:10基地3,470万t/年2013年広東珠海、河北唐山、天津FSRU稼働建設中:6基地1,600万t/年合計5,070万t(約690億m3)2014年山東青島、海南洋浦各種情報にもとづき作成基地稼働予定この他複数の計画あり売買契約契約:4,330万t合意:860万t程度合計約5,190万t(約700億m3)8n域の経済状況、購買力に左右されるLNG省別LNG受入推移(2009~2014年1‐5月)万t/年7006005004003002001000広東福建上海江蘇浙江遼寧河北天津2009年2010年2011年2012年2013年2014年1‐5月China?LNG?Weekly他にもとづき作成LNG供給は地域の経済状況、購買力に左右される南部(特に広東省)におけるLNGの優位性が際立つIEA中期ガスマーケットレポート:高まる中国の存在感中国の天然ガス需給シナリオ(IEA)億m3/年生産需要IEA MTGMR2014IEA?WEO201360005000400030002000100002013年2015年2017年2019年2025年2030年2035年IEA(MTGMR2014, WEO2013)にもとづき作成“Medium‐Term?Gas?Market?Report2014”(2014年6月)【2019年までのシナリオ】供給:1,930億m3需要:3,150億m3世界の追加需要の3割2015年までに世界最大のNGV市場へ国産(在来+非在来)供給は新規需要の5割をカバー当面需給ギャップ拡大、輸入比率上昇910j的なロシアとの天然ガス契約締結契約:2014年5月21日契約量:380億m3/年(LNG約2,800万t、段階的に増やす)供給開始:2018年以降契約期間:30年主要供給源:チャヤンダガス田埋蔵量:約1.5兆m3(50Tcf)価格:未公表報道:石油価格連動、国境価格350~380ドル/千m3?(9~10$/MMBtu)主要供給市場:東北、北京・天津・河北、揚子江デルタ(+タリフ2~3$/MMBtu)中国における意義エネルギー計画策定、大気汚染対策推進11Siberia 中国向けルート】【Power?ofチャヤンダガス田-ブラゴヴェシチェンスク-黒竜江省黒河-中国東北部-北京・天津・河北、揚子江デルタロシアとの契約の影響:①対中マーケティング億m32,0001,8001,6001,4001,2001,00080060040020002013年パイプライン輸入:53%LNG輸入:47%現行長期契約パイプライン輸入:68%(ロシア2割)LNG輸入:32%ロシアカザフスタンミャンマーウズベキスタントルクメニスタンポートフォリオ・スポットロシア(LNG)カナダパプアニューギニアカタールマレーシアインドネシア豪州2013年輸入長期契約各種資料にもとづき作成12鴻Vアとの契約の影響:調達価格収れんへ?13②ガス輸入インフラへの影響【シティゲート価格上限】(2013年7月~)ドル/MMBtu前年消費追加北京、天津、河北9.7揚子江デルタ(上海)10.5珠江デルタ(広東)11.813.514.314.314Q考:天然ガス価格改革2011年12月、広東・広西で天然ガス卸価格の市場価格連動試行制度施行上海ネットバック(2010年の上海における重油・LPG輸入価格、割引係数0.9)2013年7月、全国の非民生卸価格見直し前年消費量と増加部分の二重価格制、増加部分は上海ネットバック(石油連動)2012年の上海における重油・LPG輸入価格、割引係数0.85LNG契約のトレンド:ポートフォリオ、油価・Henry Hub連動最近締結したLNG売買契約2013年5月買い手CNOOC2014年3月CNOOC2014年4月SINOPEC2014年5月CNPC2014年6月CNOOC売り手契約量(万t)備考油価・Henry?Hub連動BGポートフォリオTotalポートフォリオPacific?Northwest?LNG(Petronas)LNGYamal500増量100→200最大300(HoA)300BPポートフォリオ最大150油価+Henry?Hub連動?輸入LNG主体の事業者は価格条件の多様化、契約の柔軟性を追求1516?曹フ主な天然ガス輸入事業者②パイプライン(契約)LNG(長期契約)パイプライン(13年輸入)LNG(13年輸入)まとめ02004006008001,0001,2001,400PetroChinaSinopecCNOOC億m317?中国の天然ガス需給ギャップは当面拡大、輸入比率上昇?ロシアとの天然ガス合意の中国における意義はエネルギー計画策定、大気汚染対策推進。一方、パイプラインの比重が高まることにより調達価格はパイプラインガス価格(+主要市場向け輸送費)に収れんされ、対中ガスマーケティングやガス輸入インフラに影響が生じる可能性?輸入LNG主体の事業者はポートフォリオ・ハイブリッド契約など価格条件の多様化、契約の柔軟性を追求。18
地域1 アジア
国1 中国
地域2
国2
地域3
国3
地域4
国4
地域5
国5
地域6
国6
地域7
国7
地域8
国8
地域9
国9
地域10
国10
国・地域 アジア,中国
2014/07/18 竹原 美佳
Global Disclaimer(免責事項)

このwebサイトに掲載されている情報は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)が信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

※Copyright (C) Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.

本レポートはPDFファイルでのご提供となります。

上記リンクより閲覧・ダウンロードができます。

アンケートにご協力ください
1.このレポートをどのような目的でご覧になりましたか?
2.このレポートは参考になりましたか?
3.ご意見・ご感想をお書きください。 (200文字程度)
下記にご同意ください
{{ message }}
  • {{ error.name }} {{ error.value }}
ご質問などはこちらから

アンケートの送信

送信しますか?
送信しています。
送信完了しました。
送信できませんでした、入力したデータを確認の上再度お試しください。