ページ番号1007251 更新日 平成30年3月5日

ロシア:露中天然ガス合意とロシア・ウクライナ情勢

レポート属性
レポートID 1007251
作成日 2014-07-18 01:00:00 +0900
更新日 2018-03-05 19:32:42 +0900
公開フラグ 1
媒体 セミナー・報告会資料
分野 天然ガス・LNG基礎情報
著者 本村 真澄
著者直接入力
年度 2014
Vol 0
No 0
ページ数
抽出データ ロシア:露中天然ガス合意とロシア・ウクライナ情勢2014年7月17日本村 眞澄目 次1.対中ガス交渉の合意とその意義2.ウクライナへのガス供給の現状3.対露制裁の動向4.欧州のガスの対露依存の行方5. サウスストリームの動向12?[ラシアの東西で展開されるガス戦略西:ウクライナ問題サウスストリーム建設東:露中のガス供給合意「シベリアの力」建設開始対中ガス交渉での合意?5月20日、プーチン大統領上海訪問。46文書に合意。天然ガスでの露中の合意なし。?5月21日、午前4:00、GazpromとCNPCが合意●2006年3月に東西ルートでロシア産ガス680億m3/年輸出で基本合意してから8年目の契約●2006年4月にトルクメニスタンのニヤゾフ大統領訪中。300億m3/年のガス輸出で合意-2009年末にガス輸出開始まで実現●露は対中ガス輸出でトルクメに10年遅れ34I中天然ガス合意内容?供給量:380億m3/年 (総額$4,000億)?期 間:2018年~2020年に供給開始、30年間?ソース:東シベリアChayanda,Kovyktaガス田?ルート:「シベリアの力(SilaSibiri)」PL経由?契約条件:石油連動価格、take-or-pay条項?ガス価格:公表されず?投資額:ロシア側 $550億(ガス田開発、パイプライン、コンプレッサー)、中国側$220億?次いで「西ルート」(300億m3)の議論を開始北東アジアの石油・ガスパイプライン56Kス価格に関する報道?単純計算では約$350/1,000m3?5年間の立上がりを考慮、$387/1,000m3$4,000億÷(380億m3/年×30年)=$350.9/1,000m3($10.7)$4,000億÷(820億m3+380億m3/年×25年)=$387.6/1,0000m3???露匿名高官の情報:$360/1,000m3($10.0/MMBtu)?東シベリア開発での経済限界:$370/1,000m3?前払い金$250億、9月支払の情報。ガス価に影響??露は経済性の原則は堅持。?欧米の経済制裁がある以上、露は対中妥協は禁物?昨年は合意直前。特段合意を急いだ形跡はない北東アジア市場への影響?長期的に北東アジアでのLNG価格に影響?LNGの「アジアプレミアム」の終わりの始まり?東シベリアでの天然ガス開発に追い風?ガスプロム以外の企業のガス開発参入?ガスPLのGazprom独占から他企業参入へ??日本等のガス田開発案件への参入機会増加?日本で天然ガスパイプライン輸送への評価?LNG+PLでのデュアル・ガス調達への関心高まる?「日露天然ガスパイプライン推進議員連盟」活動78k東アジアLNGとPLガス価格$/MMBtu「シベリアの力」建設への動き?Chayanda→Blagoveshchensk→黒河→東北3省?総延長(ロシア区間)?2014年8月工事開始予定?既に3社が事前資格審査へ申請4,000km?Stroigazmontazh(Arkady Rotenberg)米制裁対象?Stroitransgaz(Gennady Timchenko)米制裁対象?Stroigazconsulting(Ruslan Baisarov)?Chayandaガス田は2014年リムオイル生産開始?Chayandaガス田は2019年ガス生産開始10pイプライン利用権を狙うロスネフチ?ロスネフチの建議により、2013年露政府はLNG輸出の独占権をガスププロムから剥奪?PLによる輸出独占権は依然としてガスプロム?ロスネフチはサハリン・エナジーのガスPLの使用を巡りサハリンの仲裁裁判所に提訴?連邦独占局が7/10、PLに第3者受入れ判断?ロスネフチは「シベリアの力」の利用で提訴?イルクーツク石油(INK)も「シベリアの力」利用に期待感11市場の東方拡大は10年前から?2004年5月;プーチン大統領は第2期就任演説で石油・ガスでアジア市場を目指す政策?石油はESPOパイプラインが2012年全線開通?2007年:「東方ガス・プログラム」承認?ヤクーチャ、サハリンを輸出センターとする?Vostok-50計画を採用(東から500億m3/年輸出)?中国向け380億m3/年(2014年5月合意)?韓国向け120億m3/年(2008年露韓合意)12剣禛Kスプログラムウクライナ動向のその後?5月2日;ガス価格で露、ウ、EUの3者会談?6月11日、露$385、ウ$268.5を主張。平行線?6月16日;滞納ガス$19.5億の支払い期限が過ぎ、ガスの前払い制に移行、輸出停止?ウクライナは国内産と逆走のガスを利用?暖冬で余剰となったロシア産ガスを欧から逆走?Poland, Hungary:2013年実績は20億m3?2013年の価格は$337/1,000m3($9.3/MMBtu)?Slovakia:9月から。2015年Q1までに80-100億m3?ガスプロムは余剰ガスが生まれない様対策14ホ露制裁の動向?EU:5月27日のEU首脳会議で経済制裁先送り?①経済制裁の準備継続、②露ウの直接対話要請、③ロシア-ウクライナ国境管理強化要請?米:露エネルギー部門対象の制裁導入準備?①ロシアの大手銀行との取引禁止?②エネルギー、軍需部門への技術供与の禁止?③軍需関連企業とのビジネスの停止?露にとり、Yamal-LNG、北極海大陸棚開発、Bazhenov層タイトオイル開発への影響は甚大石油メジャーの動き?5月22日:サンクトペテルブルグ経済フォーラム?Bob Dudley(BP), van Beurden(Shell), de Margerie (Total)各CEO, Neil Duffin副社長(ExxonMobil)ら首脳クラスが米の要請を蹴って出席?TotalとLukoilがタイトオイル共同開発のJVを設立?6月16日:モスクワ世界石油会議?Tillerson(EM)社長による講演ではロシア案件重視?Tillersonとセチン社長が並んで登壇?米制裁対象の人物は米人とのビジネス会話は禁止?殆どのメジャーがロシアで大規模事業を展開1516PBP 株 式英・19.75%をTNK-BPを売却して取得仏Total・ NovatekとYamalLNGを推進、ハリヤガ油田のPS契約Eni伊・Rosneftと2012年協力協定。バレンツ海と黒海で探鉱。StreamでSouth協力米ExxonMobil・Rosneftと2011年協力で合意。Bazhenovシェールオイル、北極海・黒海開発、極東でのLNG事業英蘭R/D Shell・Gazpromと2010年協力協定。北極海開,S-2LNGGazpromNeftBazhenov開発Statoilノルウェー・Rosneftと2012年協力,Barents海、オホーツク海探鉱、重質油シェールオイル開発国主要な事業米産業界が対露制裁に反対?全米製造業者協会(NAM)と米商工会議所(AmCham)とは、ロシアに対する追加制裁が米国の労働者と企業に悪影響を及ぼす恐れありとする意見広告を6月26日NYT,WSJ,WPに掲載?この動きを報じたBloombergは、オバマ政権に対する米産業界による明白な決別と論評1718ト国の労働者と産業界は一方的な経済制裁によって代償を払うことになる。この制裁は米国の対外政策の目標達成に全く貢献しない・米の国際的な影響力を高める最も果的な取組みは、我々の商品とサービスを世界に供給する能力を高めること(NAM)・一方的制裁が機能しないことは歴史を見れば明らか(AmCham)米財務省が対露経済制裁?7月16日、米財務省は対露制裁対象追加?ロシアによるウクライナ東部の非安定化への継続的意図、クリミア半島の継続的占領?金融機関2社(Vnesheconombank,?Gazprombank)?エネルギー企業2社(Rosneft,??Novatek)?90日超の資金調達に関し米市場へのアクセス禁止?ルー長官:両社の新規社債、資産、資産の利息に関する取引、金融、その他方法による取引を禁じる措置?米企業・市民による4社と通常の取引は認める?軍事技術企業8社、分離主義者3名、ウ資産の違法な横領に携わった1企業、ロシア政府高官4名192020Uによる対露追加制裁?7月15日、プーチン大統領はユンケル次期欧州委員長と電話会談、「EUとロシアの関係が試練に直面している」として制裁を強化しないよう要請?16日の非公式首脳会議で追加制裁を決定?欧州投資銀行(EIB):露での新規融資停止?EU内での資産凍結、渡航禁止措置の拡大?欧州復興開発銀行(EBRD)の対露融資の停止?対象企業は7月末までに決定21欧州の輸入ガス量の比率20132012ロシアノルウェーLNGアルジェリアその他総輸入量内ロシア29.1%23.9%15.5%7.3%24.2%4,465億m31,300億m336.2%22.8%11.5%5.5%24.0%4,486億m31,624億m3出典:BP統計013年の欧州におけるロシア回帰?6月5日のG7では、「欧州のロシア産ガスへの依存度の低減化、調達の多角化を目指す」?2013年:欧州は露からのガス輸入量25%増?アルジェリアの輸出量が大幅減?生産減、国内需要増?LNGが高価格の太平洋市場へのシフト?露以外に増産が期待できるのは新規LNGのみ?現実局面では脱ロシアは非常に困難サウスストリームに対する動き?EU Energy Packageの①生産と輸送のアンバンドリング、②第3者アクセスの保証、に違反?ECは3月の訪莫中止以降話し合いなし?伊グイディ経済相「供給源の多様化のためにはインフラ建設が重要」新規PL建設を擁護?独Wintershall:「ウクライナでの出来事は代替の供給ルートの必要性を示している」?黒海パイプ調達第2段階の入札(3/14): 日本40%, 露OMK(35%), Severstal(25%)?日本企業にも影響が2324Tウスストリームの動向?6月2日、ECはブルガリアに工事差し止め要請?設計・建設契約にEU規則違反の疑い?6月24日、プーチン大統領が墺を公式訪問?GazpromとOMVがサウスストリーム墺区間で合意?「ナブッコ」計画頓挫の後、墺向けの新規PLなし?墺のBaumgartenをPLの最終地点へ?北イタリア、スロベニアには既往ラインで輸送?ハンガリー・セルビア・ブルガリア3国はサウスストリーム推進のフォーラム設立サウスストリームの最終ルート2526鋸_?露はウクライナ迂回のガスフローを構築中?懸案であった中国へのガス輸出で合意?北東アジア市場の取り込み?東シベリアでのガス開発が活性化?ウクライナへのガスは「前払い制」へ移行?米による対露制裁の強化には欧は慎重、産業界は批判的?欧州にとって露へのガス依存低下は困難?サウスストリームに墺が参加、米EUと距離各プレーヤーの関係図272728
地域1 旧ソ連
国1 ロシア
地域2 アジア
国2 中国
地域3
国3
地域4
国4
地域5
国5
地域6
国6
地域7
国7
地域8
国8
地域9
国9
地域10
国10
国・地域 旧ソ連,ロシアアジア,中国
2014/07/18 本村 真澄
Global Disclaimer(免責事項)

このwebサイトに掲載されている情報は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)が信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

※Copyright (C) Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.

本レポートはPDFファイルでのご提供となります。

上記リンクより閲覧・ダウンロードができます。

アンケートにご協力ください
1.このレポートをどのような目的でご覧になりましたか?
2.このレポートは参考になりましたか?
3.ご意見・ご感想をお書きください。 (200文字程度)
下記にご同意ください
{{ message }}
  • {{ error.name }} {{ error.value }}
ご質問などはこちらから

アンケートの送信

送信しますか?
送信しています。
送信完了しました。
送信できませんでした、入力したデータを確認の上再度お試しください。