ページ番号1007265 更新日 平成30年2月16日

ロシア: 欧米による追加制裁とロシアの石油ガス開発の将来展望

レポート属性
レポートID 1007265
作成日 2014-10-24 01:00:00 +0900
更新日 2018-02-16 10:50:18 +0900
公開フラグ 1
媒体 セミナー・報告会資料
分野 エネルギー一般探鉱開発
著者 本村 真澄
著者直接入力
年度 2014
Vol 0
No 0
ページ数
抽出データ 2014/10/24ロシア: 欧米による追加制裁とロシアの石油ガス開発の将来展望2014年10月23日本村 真澄追加制裁に至るウクライナ情勢???????8月28日:露軍による越境攻撃の可能性8月29日:プ大統領、宇に親露派との交渉を要請9月1日:ミンスク和平会議、作業部会設置?露、宇、OSCE、ドネツク・ルガンスク両「人民共和国」9月3日:プ大統領の7項目提案、即時停戦9月5日:ミンスクで停戦合意9月12日:EU、米が対露追加制裁9月16日:宇議会はドネツク州とルガンスク州に特別な地位を付与。①両州独自の地方議会選挙、②両州の露行政機関との関係強化の承認12独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構 海外石油天然ガス動向ブリーフィング1014/10/24EU、米、日による対露制裁の内容制裁第1次(クリミア併合への対応)第2次第3次(マレーシア航空機撃墜で強化)第4次(ウクライナ東部停戦)EU米3月6日:3段階の対露制裁。まずは露とのビザ交渉凍結3月17日:露、クリミア当局者ら21名の資産凍結・渡航禁止3月21日:12名の資産凍結・渡航禁止5月12日:13名、2社の資産凍結・渡航禁止7月12日:追加資産凍結渡航禁止7月16日:EIB,EBRDの融資禁止7月31日:大水深・北極・シェールオイル用機材の輸出は事前認可。ガスは非対象、8月1日前の契約は不問。90日超の調達禁止(Sberbank,VTB)9月12日:大水深・北極・シェールオイル事業への掘削・テスト・検層等のサービスの禁止。Rosneft,Transnft,Gazpromneft に対する30日超の資金調達の禁止。24名の資産凍結・渡航禁止。3月6日:露政府高官・軍関係者等の資産凍結・渡航禁止3月17日:7名の資産凍結・渡航禁止追加、Yanukovichなど3月20日:20名の資産凍結・渡航禁止追加、Tymchenkoも4月28日:Sechin社長を含む7名17社の資産凍結・渡航禁止7月16日:経済制裁。90日超の資金調 達 禁 止 (Gazprombank,VEB,Rosneft,Novatek)8月6日:大水深・北極海・シェール用機材の米国から輸出禁止。3銀行と統一造船の米市場調達禁止9月12日:5社(Gazprom,Lukoil,GazpromNeft,Surgutneftegaz,Rosneft)に対する大水深・北極海・シェール事業を支援する機器,サービス,技術の提供禁止。5銀行の30日超の調達禁止。TransneftGazpromNeftの90日超の社債禁止。9月26日までの猶予。日本3月18日:査証緩和凍結、投資・宇宙・安全保障での協定交渉の凍結4月29日:23名の査証停止8月5日:クリミア, 東部の不安定化に関与する企業の資産凍結、輸入制限3EUによる追加制裁の内容? 深海や北極圏での油田探査、ロシア国内でのシェールオイル事業への以下のサービス(services)の提供の禁止(prohibited)?i)掘削, ii)坑井テスト, iii)検層と仕上げ, iv)特殊船舶の提供?上記禁止事項は2014年9月12日以前の契約や枠組み合意には適用されない?Rosneft, Transneft, Gazprom Neftの3社に対して、30日を超える満期の金融取引の禁止? チュメゾフ他議会幹部24人の資産凍結、渡航禁止独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構 海外石油天然ガス動向ブリーフィング42014/10/24米による追加制裁の内容? エネルギー関連5社(Rosneft,Gazprom, GazpromNeft, Lukoil, Surgutneftegaz)に対しての大水深、北極海、シェール事業での探鉱・生産を支援する機器類、サービス(金融関係を除く)技術の米国からの提供、輸出、再輸出の禁止(prohibition)? ロシアの長期的な将来のプロジェクトへの技術的チャレンジを困難にさせることが目的?5行(モスクワ銀行, Gazprombank, 農業銀行, VEB, VTB)およびSberbankに対する米金融市場での30日以上の債権、株式等による資金調達の禁止。GazpromNeft、Transneftの満期90日以上の社債取引の禁止?? 米国企業はこれら5社との対象となる取引を縮小するための猶予として、9月26日までが認められる。カラ海東Prinovozemlesk-1鉱区56(JOGMEC作成)独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構 海外石油天然ガス動向ブリーフィング3014/10/24ExxonMobil-Rosneft事業への影響?????8月6日:米による経済制裁8月9日:カラ海東Prinovozemlesk-1鉱区にてUniversitetskaya-1号井開坑、米政府の反応なし9月12日:EU・米による追加経済制裁9月19日:掘削の停止9月27日:Rosneftが石油の発見を発表、EMは沈黙Universitetskaya-1号井の掘削状況(Rosneftのwebsiteより)Universitetskaya-1号井の成果?2014年で最も重要な石油発見?緯度:北緯74度、世界最北の石油掘削井?掘削期間:約40日?水深:81m?垂直坑井深度:2,113m?口径:8 1/2”(@600m)?鉱区内資源基盤評価:?石油1億トン超;シベリアン・ライトに近い性状?ガス3,380億m3(12兆cf)78独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構 海外石油天然ガス動向ブリーフィング4014/10/24石油鉱床 根源岩?ケロジェンからの原油の生成は、埋没深度の増大とともにケロジェンから未熟成のガス、次いで石油が生成される。?埋没深度が大きくなると、ケロジェンの熟成はさらに進み、ガスを生成するようになる。?油の生成に適した深度として「オイルウィンドウ」という言葉が使われる。北極海の未発見石油埋蔵量地質区レベルで100億バレル以上が見込めるのはアラスカ・ノーススロープのみ。他の殆どの地域は10億~100億バレル(出典:米地質調査所2008年)910独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構 海外石油天然ガス動向ブリーフィング5014/10/24米国地質調査所による報告(2008年7月)? 未発見資源量油:?石?天然ガス:900億バレル1,670兆立方フィート(世界の13%)(世界の30%)? 既発見埋蔵量?石油:?天然ガス:400億バレル(世界の3%)(世界の17%)? ロシアは北極沿岸5カ国の中で面積、氷の条件、1,100兆立方フィート資源ポテンシャルの点で最も恵まれている? ロシア・カラ海での石油発見により、上記未発見石油資源量は再評価の必要あり外国石油企業の動向????ExxonMobil:カラ海とシェール事業は停止?最も影響を受けた企業Shell:制裁内容を検討中。?サルィム油田等のシェールオイル事業に懸念?Sakhalin-2について言及ないが、事業継続Statoil:Rosneftとの関係は不変だが微修正?マガダン政府によれば、2016年にMagadan-1鉱区で掘削する計画に変更はないとのことSchlumberger:欧米系社員は帰国、ロシア人で代替。最初に影響を被った形。1112独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構 海外石油天然ガス動向ブリーフィング6014/10/24ロシアに参入している欧米メジャーズ1314(FTの原図にJOGMEC加筆)Total仏・ NovatekとYamal LNGを推進、ハリヤガ油田のPS契約Eni伊・Rosneftと2012年協力協定。バレンツ海と黒海で探鉱。StreamでSouth協力BP英・ BP 株 式19.75%をTNK-BPを売却して取得ExxonMobilR/D Shell米・Rosneftと2011年協力で合意。Bazhenovシェールオイル、北極海・黒海開発、極東でのLNG事業英蘭・Gazpromと2010年協力協定。北極海開,S-2 LNGGazpromNeftBazhenov開発Statoilノルウェー・Rosneftと2012年協力,Barents海、オホーツク海探鉱、重質油シェールオイル開発国主要な事業ロシア企業の動向?Rosneft:西シベリアVankor油田の10%をCNPC,他の10%を印ONGCへ譲渡の方向?北極海に関しては独自事業を模索?GazpromNeft:Shellとの事業は慎重に対処?独自事業のKrasnolenin油田シェールオイル事業は積極的に対応?南Priob油田でのBazhenov-Abalak層開発?Gazprom:トルコ向けBlue Streamのガス輸出量を年間160億m3から190億m3へ拡大?EUの対露依存軽減策に対抗独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構 海外石油天然ガス動向ブリーフィング7014/10/241515西シベリアの主要油ガス田世界の非在来型資源分布(JOGMEC作成)16独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構 海外石油天然ガス動向ブリーフィング8014/10/24投資対象としてのロシアの特徴?現状で世界の主要産油国で外資の進出が可能なのは、ロシア、リビア、ベネズエラ程度?税制等の予見可能性ではやや問題はあるがこれらの国の中ではロシアは比較優位性あり?ロシアは地質的な特性から、新規探鉱で大規模埋蔵量を確保できる国?更にメジャーズにとっては、大水深、北極圏、シェールオイル分野において、高度技術の適用余地が大きく、長期的な取り組みが可能国際石油企業(IOC)の考え?前BP社長Tony Hayward:(FT, 2014/9/15)ロシアの石油部門に対する国際的制裁で、西側にとってのリスクが上積みされつつある。制裁により投資は減少し、世界第3位の産油国ロシアによる原油供給に打撃を与えている2005年以降、世界の原油生産の増加をもたらしたのは米国であるが、米国の増産が長く続く保証はない。対露制裁により、数年後に石油増産を唯一可能にできるシェール層や北極海からの増産が困難になる恐れがある。1718独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構 海外石油天然ガス動向ブリーフィング9014/10/24ガス供給協議の進展?6月16日:ウクライナへのガス供給を前払い制?9月26日:Novak(露), Prodan(宇), Oettinger (EU)の協議で宇が既往購入分のガス代金$31億を支払うことを前提に、露が50億m3のガスを$385/1,000m3で供給という打開案。?未払い額を$53億から$45億に減額?宇は$31億をIMF融資で年内支払、$14億は未定?10月17日:ミラノで露, 宇, 独, 仏の首脳協議?10月21日:Novak, Prodan, Oettinger 協議?同日:宇政府はEUにEur20億の融資要請19独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構 海外石油天然ガス動向ブリーフィング10
地域1 旧ソ連
国1 ロシア
地域2
国2
地域3
国3
地域4
国4
地域5
国5
地域6
国6
地域7
国7
地域8
国8
地域9
国9
地域10
国10
国・地域 旧ソ連,ロシア
2014/10/24 本村 真澄
Global Disclaimer(免責事項)

このwebサイトに掲載されている情報は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)が信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

※Copyright (C) Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.

本レポートはPDFファイルでのご提供となります。

上記リンクより閲覧・ダウンロードができます。

アンケートにご協力ください
1.このレポートをどのような目的でご覧になりましたか?
2.このレポートは参考になりましたか?
3.ご意見・ご感想をお書きください。 (200文字程度)
下記にご同意ください
{{ message }}
  • {{ error.name }} {{ error.value }}
ご質問などはこちらから

アンケートの送信

送信しますか?
送信しています。
送信完了しました。
送信できませんでした、入力したデータを確認の上再度お試しください。