ページ番号1007275 更新日 平成30年3月5日

ロシア:サウス・ストリーム計画の撤回とロシアの天然ガスパイプライン網の再編

レポート属性
レポートID 1007275
作成日 2014-12-22 01:00:00 +0900
更新日 2018-03-05 19:32:42 +0900
公開フラグ 1
媒体 セミナー・報告会資料
分野 天然ガス・LNG
著者 本村 真澄
著者直接入力
年度 2014
Vol 0
No 0
ページ数
抽出データ ロシア:サウス・ストリーム計画の撤回とロシアの天然ガスパイプライン網の再編2014年12月19日本村 眞澄サウス・ストリームに関する動き(1)?6月2日、ECはブルガリアにSouth Streamの工事差し止め要請? 設計・建設契約の過程にEU規則違反の疑い?6月24日、プーチン大統領がオーストリアを公式訪問? GazpromとOMVがサウスストリーム墺区間で合意? 墺のBaumgartenをPLの最終地点へ? ハンガリー・セルビア・ブルガリア3国はサウスストリーム推進のフォーラム設立?11月26日Ulyukayev経済発展相:「もしもEUがウクライナの通過リスクを軽減させる気がないのであれば、ロシアはSouth Stream(SS)を建設する気はない」? Gazpromは12月15日工事開始と説明。混乱広がる。?12月1日、露がSS中止、トルコ向けPL計画でBotasと覚書? ブルガリア領水内での作業中止をECが強制したためと説明? 新規ガスはトルコ国内とともに、ギリシャ国境のハブへ供給12Tウス・ストリームに関する動き(2)?GazprmとBotasがMOU(法的拘束力なし)?Ruskkaya加圧ステーションを起点?通ガス量:トルコ向け140億m3?欧州向け輸出:トルコ・ギリシャ国境へ500億m3?ルート案:①Blue Stream並走②土・希国境へ?トルコ向けガス価格を6%引き?Miller社長:「欧州の北で独がハブであるように、南ではトルコがハブになる。ウクライナのトランジット国としての役割は終わった」サウス・ストリームに関する動き(3)?12月10日:ロシア・トルコによる第1回交渉?Yildizエネルギー相:すべては検討段階?パイプライン名:“Turkish Stream”?建設完了:2019-2020年?トルコ欧州部のThraceにLNG輸出ターミナル?TANAPの310億m3/年の輸送実現もコミット?現状の送ガス能力は160億m3/年?ソースのShah Denizガス田からはStatoilが10%をSocarとBPに譲渡、Totalが10%をTPAOに譲渡。?Socar:Shah Denizが300-350億m3/年の生産可能?問題はギリシャ、トルコ以外の輸入業者が新たなハブでどのようにガスを受け取るか不明な点34011年までのロシアから欧州へのガス輸出ウクライナ経由の欧州向けガスの比率は約80%2013年のロシアから欧州へのガス輸出56urkish Streamのルート欧州側の反応?ブルガリアのルカルスキ経済相:「公式声明があるまで、サウス・ストリーム計画が中止されたと見做さない」(12/2)?セルビアのブチッチ首相:「大国間の争いの代償を払わされた」(12/2)?ユンケル欧州委員長:「パイプラインをめぐる問題は克服不可能なものではない、双方の歩み寄りが必要。計画実施はなお可能」(12/4)?FT:「ロシアの戦略上の失敗」(12/3)78uルガリアのこれまでの対応?2009年7月:Nabuccoの政府間合意調印?2010年2月:Gazpromがルーマニア案提起?同年7月:ブルガリアがSSの政府間合意?2014年2月:SS工事環境影響評価を認可?6月2日:ECが工事発注に係るEU規則違反を理由にSSの工事差し止め要請?6月8日:オレシャルシ首相が工事差し止め(直前にマケイン米共和党議員が訪問)9EUとサウス・ストリーム問題?EU Energy Packageの①生産と輸送のアンバンドリング、②第3者アクセスの保証、に違反?ECは3月の訪莫中止以降ロシアと話合いなし?伊グイディ経済相「供給源の多様化のためにはインフラ建設が重要」新規PL建設を擁護?独Wintershall:「ウクライナでの出来事は代替の供給ルートの必要性を示している」?黒海パイプ調達第2段階の入札(3/14): 日本40%, 露OMK(35%), Severstal(25%)?日本企業にも影響が10「州委員会がGazpromを調査?2012年9月、ECはGazpromがガス輸送・販売において独占的地位を利用し公正な競争を阻害したとしてEU競争法(独占禁止法)違反容疑で調査? 加盟国への自由なガス供給を阻害し市場を分割支配→パイプライン網はソ連時代に建設、当時は別個のエネルギー圏? ガス輸送網を他企業に利用させず供給源多様化を阻害→生産地から来るPLは生産者以外に利用者なし? 原油価格に連動した不当に高いガス価格を押しつけ→元から原油価格連動で契約したもの、formulaによる計算の結果?2013年10月、EC競争政策担当Almunia副委員長はGazpromの違反事実を指摘する異議告知書を準備? 違反が正式に認定されると、ECは年間売上高の最大10%を制裁金として科す。Gazpromの場合、最大約150億ドル。過去にIntelに12億ドルを課した例あり。欧州各国の対応(1)?ウクライナ:ヤツェニュク首相SS反対表明?12月1日:欧州投資銀行から国内パイプライン改修のため$1.85億の融資、通過国維持?12月6日、10億m3のガス購入で$3.78億送金?セルビア:EU非加盟、?2013年11月工事開始セレモニー、現在沈黙?イタリア:Eniが黒海SSの20%シェア、中核?Scaloni総裁(当時):露ガスは30%、TAPもあり?Guidi産業相:SSは欧州にとって政策的に重要?Renzi首相:”Pivot to Africa”アルジェリア重視1112Eクライナを通過するガス量?2011年までの欧州向けガスの比率?ウクライナ経由:能力1,200億m3/年 (約80%)?ベラルーシ経由:能力320億m3/年?2013年の実績?ウクライナ経由:840億m3?ベラルーシ経由:310億m3?Nord Stream経由:230億m3(能力550億m3)(全体の55%)?2011年9月Nord Stream-1が稼働開始?South Stream(630億m3)が2017年に稼働開始すればウクライナの比重は大きく低下欧州各国の対応(2)?オーストリア:6月SSの終着点で露と合意?2014年6月:プーチン大統領公式訪問?ドイツ:WintershallがSSに15%参加?企業レベルで明確なSS支持?Merkel首相(対露強硬)とSteinmeier外相(落としどころ模索)の路線の違い?フランス:EdFがSSに15%参加?12月:オランド大統領カザフからの帰路急遽訪莫?SSに関して協議したとの発表はなし1314「州各国の対応(3)?ガスの対露依存度低下が目標?12月9日:「中東欧におけるガス市場統合のためのアクションプラン」策定。?EUエネルギー担当副委員長Maros Sefcovic主導?Austria, Bulgaria, Croatia, Greece, Italy, Romania, Sloveniaとの間で締結?トルコ経由のパイプライン構想に対抗するもの?Hungaryはこれには調印せず?12月9日:『南北(Vertical)ガス回廊』共同宣言?ギリシャ、ブルガリア、ルーマニアが参加15『南回廊』に対する米、EUの姿勢?6月3日:Bakuでの“Caspian Oil and Gas”?オバマ大統領書簡:『南回廊』(TANAP:Trans Anatolian Pipeline)の始動によるEUのエネルギー安全保障の進展を米国が支援?Oettinger EU副委員長:『南回廊』が欧州需要の10%~20%(550億m3~1,100億m3)を賄うべき?Trans-Caspian Pipelineの可能性に関してトルクメニスタン、アゼルバイジャンと協議中?現状のTANAPの送ガス能力は160億m3/年16?[ラシアの天然ガスパイプライン網17露中天然ガス合意(東ルート)?供給量:380億m3/年 (総額$4,000億)?期 間:2018年~2020年に供給開始、30年間?ソース:東シベリアChayanda,Kovyktaガス田?ルート:「シベリアの力(SilaSibiri)」PL経由?契約条件:石油連動価格、take-or-pay条項?ガス価格:公表されず($387/Km3という報道も)?投資額:ロシア側 $550億(ガス田開発、パイプライン、コンプレッサー)、中国側$220億?9月1日から工事開始18I中天然ガス合意(西ルート)?11月9日:Gazprom、CNPCが枠組み合意?供給量(300億m3/年×30年)?Take-or-pay条項?引き渡し地(Altaiルートの中露国境)?ガスの価格は依然として未定?2015年の合意を目指す?供給ガス田は対欧州供給のもの?Yuzhno-Russkoye: Nord Streamの供給ソース?Zapolyarnoye: 欧州向けの供給ソース?EUがガス市場として中国と競争状態に入るまとめ(1)?12月1日、プーチン大統領は、サウス・ストリームの計画撤回とトルコ向けの630億m3/年のガス供給計画を突然発表?12月15日にブルガリア沿岸から始まる予定であったパイプ敷設工事は、EUの指示でブルガリア政府が建設許可せず中止。欧州の経済的利益に反すると、プーチン大統領はEUを非難?替わりにトルコ・ギリシャ国境向けガス・パイプライン計画により南欧市場を依然指向。ウクライナ迂回。?EUは第3エネルギー・パッケージの①第3者アクセル、②アンバンドリングの違反からSSに反対。ロシアはEUを見限り非EU世界へのシフトを加速。1920ワとめ(2)?ロシアは東方シフトによるガス市場戦略の転換に先手を打つことで主導権模索?トルコ=ギリシャ・ハブから先の欧州市場へ向かうパイプラインの建設主体の出現をこれから待たねばならず、計画の見通しが十分立っているとは言えず21
地域1 旧ソ連
国1 ロシア
地域2
国2
地域3
国3
地域4
国4
地域5
国5
地域6
国6
地域7
国7
地域8
国8
地域9
国9
地域10
国10
国・地域 旧ソ連,ロシア
2014/12/22 本村 真澄
Global Disclaimer(免責事項)

このwebサイトに掲載されている情報は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)が信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

※Copyright (C) Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.

本レポートはPDFファイルでのご提供となります。

上記リンクより閲覧・ダウンロードができます。

アンケートにご協力ください
1.このレポートをどのような目的でご覧になりましたか?
2.このレポートは参考になりましたか?
3.ご意見・ご感想をお書きください。 (200文字程度)
下記にご同意ください
{{ message }}
  • {{ error.name }} {{ error.value }}
ご質問などはこちらから

アンケートの送信

送信しますか?
送信しています。
送信完了しました。
送信できませんでした、入力したデータを確認の上再度お試しください。