ページ番号1007339 更新日 平成30年2月16日

米国シェールオイル企業の財務動向

レポート属性
レポートID 1007339
作成日 2016-04-22 01:00:00 +0900
更新日 2018-02-16 10:50:18 +0900
公開フラグ 1
媒体 セミナー・報告会資料
分野 企業非在来型
著者 古藤 太平
著者直接入力
年度 2016
Vol 0
No 0
ページ数
抽出データ 米国シェールオイル企業の財務動向2016年4月21日調査部古藤 太平本日の報告内容1. 財務動向に注目する理由2. ヘッジ取引動向3. 資金調達動向4. 今後の検討課題12燒ア動向に注目する理由①?2014年後半以降の油価の下落にも拘らず米国の原油生産は底堅く推移してきた。?技術革新・コスト削減努力に加え、ヘッジ取引の効果も考えられる。百万バレル/日ドル/バレル【出典:米国エネルギー情報局】財務動向に注目する理由②?金融機関からの融資枠更新や債務償還等、シェールオイル企業の資金繰りについての報道が見られる。(”Oil and gas : Debt fears flare up” FT 2016/3/21、”Coming to the Oil Patch” : Bad Loans to Outnumber the Good” WSJ 2016/3/24)?シェールオイル企業各社のホームページに公表されている決算書(Form 10-K)と投資家向け説明資料に基づき、ヘッジ取引と資金調達の状況を分析した。?なお企業規模別の動向を検証する為、2015年12月末の時価総額で、100億ドル以上の企業(”Large Cap”)から10社、20~100億ドルの企業(”Mid Cap”)から12社、20億ドル未満の企業(”Small Cap”)から28社をサンプルとした。34wッジ取引動向①?2011年から2015年の間に生産量は増加(178万→320万バレル/日)。この間にヘッジ取引量(ヘッジ・ボリューム)は2013年まで増加した後、減少に転じている(2011年:92万→2013年:183万バレル→2015年:94万バレル/日)。?ヘッジ価格はバレル/日ドル/バレル2012年の95.2ドル/バレルがピーク、2015年には67.7ドルまで低下している。(注)ヘッジ取引量:サンプル企業の各年度末時点におけるヘッジ取引(スワップと【各社公表資料よりJOGMEC作成】カラー)の約定高(残高)の合計額。ヘッジ価格 :サンプル企業各社の決算書に基づき、年度末時点において約定されていたヘッジ取引により約定されていた価格を約定高でウェイト付けして加重平均したもの(ドル/バレル)ヘッジ取引動向② (企業規模別のヘッジ状況)?ヘッジ割合と企業規模については、規模が大きくなるほどヘッジ割合は小さくなるという関係が認められる。?他方、ヘッジ価格と企業規模の関係は年度ごとに変動している。バレル/日ドル/バレルバレル/日ドル/バレル56wッジ取引動向③ (企業規模別のヘッジ状況-続き)バレル/日ドル/バレル?規模の小さい企業ほど、より長期のヘッジ取引を行っていたこと、一定のヘッジを行うことが金融機関からの条件となっていた等の事情があったと考えられる。(注)ヘッジ割合:サンプル企業の年度末時点におけるヘッジ取引(スワップとカラー)の約定高(残高)の、当該会計年度の原油生産量に対する比率を示したもの(%)。【各社公表資料よりJOGMEC作成】資金調達動向①?2011~2015の各年度において、営業キャッシュフローを上回る投資が行われている。キャッシュフローを除けば、資産売却による資金調達が最も大きな割合を占めていた。百万ドル【各社公表資料よりJOGMEC作成】78窓熬イ達動向①-続き?その他の資金調達方法については銀行借入の割合が大きかった年(2012年16.0%)やエクイティによる調達が多かった年(2015年11.3%)など、年度毎に入れ替わりが見られた。対象企業50社 合計2011年2012年2013年2014年(単位:百万ドル)2015年キャッシュフロー96,522(84.0%)93,702(66.6%)109,635(85.4%)113,277(73.1%)49,438▲ 6,427(▲5.6%)▲ 168(▲0.1%)▲ 4,240(▲2.7%)10,277(54.3%)(11.3%)(1.5%)(7.7%)(13.2%)--1,3986,98512,01290,99722,283エクイティデット(債券)デット(銀行)資産売却投資手許現金9219,835(0.8%)(8.6%)19,277(16.8%)114,85424,642--4,03527,24022,555140,64619,517(2.9%)2,4867,876(1.9%)(6.1%)(19.4%)▲ 4,747(▲3.7%)6,0869,630(3.9%)(6.2%)(16.0%)34,803(27.1%)43,465(28.1%)--128,44432,033--154,86536,449--注 :()内はそれぞれの資金調達の投資額に対する割合を%で示した比率。【各社公表資料よりJOGMEC作成】9資金調達動向② (企業規模別-”Large Cap”)百万ドル?“Large Cap”については、投資の大部分はキャッシュフローでファイナンスされている。?2011~2012年度は銀行からの借入が目立っていたが、2013年以降は資産売却の割合がキャッシュフローの次ぎに大きくなった。?2015年にはConcho Resources、Noble Energyによる新株発行による資金調達が行われる等、エクイティ・ファイナンスによる自己資本の充実化が行われた。10窓熬イ達動向③ (企業規模別-“Mid Cap”)百万ドル?”Mid Cap”についても、2011~2014年までは資産売却による資金調達が活発であった。?Marathon OilやQEP Resourcesによる非中核資産の売却があったが、主な大きな要因としては、Chesapeake Energyによる積極的な資産の入替えがあったことがあげられる。?2015年は一転してエクイティによる調達が盛んになり、Cimarex Energy、Antero Resources、Gulfport Energyが8~10億ドルの新株発行を行った。11資金調達動向④ (企業規模別?“Small Cap”)百万ドル?”Small Cap”については、2011~2014年の間、キャッシュフローの約2倍の設備投資が行われてきた(2015年の1.6倍を除く)。?金融機関からの調達は2011~12年に活発、設備投資の約3割を占めていた。?他の企業規模と比較すると、2011~2014年においても、エクイティによるファイナンスが活発であった。なお、今回の調査対象50社のうちEnergy XXI、Swift Energy、Goodrich Petroleumの3社がチャプター11に基づく再生手続き中である。12。後の検討課題①1. ヘッジ取引の動向油価上昇局面におけるヘッジ取引は早すぎると収益機会を失うことになる。リザーブ・ベースト・レンディング等により金融機関からヘッジ取引を行うことを求められる”Small Cap”企業にとってはタイミングに関して難しい判断を求められる。2. 金融機関の動向リザーブ・ベースト・レンディングの更改がピークを迎えている。油価の下落により担保価値が低下していることに加えて監督指針が厳しくなっていることを踏まえ、大幅に削減されるケースが大宗となっている。13今後の検討課題②3. エクイティによるファイナンスデット性の資金調達が難しくなる中、米国シェールオイル企業では株式発行による資金調達が積極的に行われてきた。業績悪化企業が増えていることから、今後はプライベート・エクイティ・ファンドの動向にも注目する必要がある。4. シェールオイル企業の業界構造今後増産に向かうにはプライベート・エクイティ・ファンド等から資金調達を行う必要があると考えられるが、これらのファンドは短期的なリターンを極大化するのが目的なので、需給調整や安定的な価格形成の役割を期待することは難しい。14Q考資料 対象企業リスト(1/2)企業Large Cap (時価総額100億ドル超)ConocoPhillipsOccidental PetroleumEOG ResourcesAnadarko PetroleumPioneer Natural ResourcesApacheNoble EnergyHess CorpDevon EnergyConcho Resources(Large Cap計)Mid Cap (時価総額20-100億ドル)Continental ResourcesMarathon OilCimarex EnergyCabot Oil & GasAntero ResourcesNewfield ExplorationRange ResourcesMurphy Oil CorporationChesapeake EnergyGulfport EnergyQEP ResourcesPDC Energy(Mid Cap計)2013年度2014年度2015年度売上高純利益売上高純利益売上高純利益時価総額単位:百万ドル57,87420,17014,59714,5813,49715,9115,05114,07910,5792,320158,6593,61411,7191,9981,7698211,8571,9275,31317,6794752,78941750,3769,1565,9032,197801▲ 8382,1889785,052▲ 2025125,6687641,753565280▲ 191471161,123474153159▲ 225,49355,15119,31217,14718,4704,33412,6915,17411,56018,6492,660165,1484,24211,1802,4241,9741,8522,2882,3205,42822,3068103,29454558,6646,8696162,915▲ 1,750930▲ 5,4031,2142,3171,6075389,8549773,0465071046749006349061,27324778415510,20930,81012,4808,6569,4863,9246,3833,1336,68712,6421,80496,0052,6125,7871,4531,3111,5731,5571,1812,94112,1406032,02339333,573▲ 4,428▲ 7,829▲ 4,525▲ 6,692▲ 273▲ 23,119▲ 2,441▲ 3,056▲ 14,45466▲ 66,751▲ 354▲ 2,204▲ 2,409▲ 114941▲ 3,362▲ 714▲ 2,271▲ 14,856▲ 1,225▲ 149▲ 68▲ 26,78457,70951,63238,92424,69318,72916,81114,21913,86713,37611,992261,9538,5718,5238,4757,3216,0395,3234,1673,8622,9852,6612,3692,14362,441参考資料 (対象企業リスト2/2)企業Small Cap (時価総額20億ドル未満)Carrizo Oil & GasLaredo PetroleumWhiting PetroleumWPX EnergySM EnergyEP EnergyOasis PetroleumDenbury ResourcesUltra PetroleumEXCO ResourcesSanchez EnergyBonanza Creek EnergyEnergy XXIStone EnergyNorthern Oil & GasBill Barrett CorpW & T OffshoreHalcon ResourcesBreitburn EnergyComstock ResourcesApproach ResourcesSwift EnergyPenn VirginiaLinn EnergyClayton Williams EnergyResolute EnergySandRidge EnergyGoodrich Petroleum(Small Cap計)総合計2013年度2014年度2015年度売上高純利益売上高純利益売上高純利益時価総額単位:百万ドル5206652,7952,5552,293-1,1422,4949447593144221,2029663695669841,0006614182725854302,1544293501,98320327,477236,51244118366▲ 1,185171-2284102382286915111853▲ 19351▲ 1,233▲ 444172▲ 2▲ 150▲ 691▲ 25▲ 114▲ 609▲ 114▲ 2,20228,9597107943,0253,0592,5222,0991,3902,4171,2496606665591,2357684324649491,1488565552585486343,7774683291,55920933,339257,15122626665164666731507635543121▲ 55207▲ 19016415▲ 12283406▲ 5756▲ 283▲ 431▲ 45244▲ 22203▲ 3833,23723,2994296132,0921,8191,5571,2417901,2448503134762931,1535322032055075506452521312463041,8272321557697919,508▲ 1,155▲ 2,210▲ 2,219▲ 1,736▲ 448▲ 3,748▲ 40▲ 4,385▲ 3,207▲ 1,192▲ 1,471▲ 746▲ 2,445▲ 1,091▲ 975▲ 488▲ 1,045▲ 2,007▲ 2,622▲ 1,047▲ 174▲ 1,654▲ 1,606▲ 4,760▲ 98▲ 742▲ 3,735▲ 410▲ 47,457149,086 ▲ 140,9921,7251,7081,5891,5811,3381,0861,02571038335126726224923721219617715414389754------13,563337,9581516Q考資料 資金調達(1/2 50社計、”Large Cap”)対象企業50社 合計2011年2012年2013年2014年(単位:百万ドル)2015年キャッシュフロー96,522(84.0%)93,702(66.6%)109,635(85.4%)113,277(73.1%)49,438エクイティデット(債券)デット(銀行)資産売却投資手許現金▲ 6,427(▲5.6%)▲ 168(▲0.1%)▲ 4,240(▲2.7%)10,2779219,835(0.8%)(8.6%)19,277(16.8%)114,85424,642--4,03527,24022,555140,64619,517(2.9%)2,4867,876(1.9%)(6.1%)(19.4%)▲ 4,747(▲3.7%)6,0869,630(3.9%)(6.2%)(16.0%)34,803(27.1%)43,465(28.1%)--128,44432,033--154,86536,449--1,3986,98512,01290,99722,283(54.3%)(11.3%)(1.5%)(7.7%)(13.2%)--Large Cap (10社)2011年2012年2013年2014年(単位:百万ドル)2015年キャッシュフロー64,132(106.7%)64,557(87.3%)72,510(104.0%)70,965(83.6%)27,079(53.9%)エクイティデット(債券)デット(銀行)資産売却投資手許現金▲ 11,438(▲19.0%)▲ 5,519(▲7.5%)▲ 1,984(▲2.8%)▲ 5,806(▲6.8%)(0.0%)(12.3%)(10.6%)07,3826,36460,10821,0680(0.0%)0(0.0%)▲ 200(▲0.2%)11,016(14.9%)▲ 6,445(▲9.2%)3,0908,189(11.1%)--73,97315,616--21,88369,70525,951(31.4%)--19,53084,84825,208(3.6%)(23.0%)--2,768▲ 125,7835,93450,20016,367(5.5%)(▲0.0%)(11.5%)(11.8%)--17参考資料 資金調達(”Mid Cap”、”Small Cap”)Mid Cap (12社)2011年2012年2013年2014年(単位:百万ドル)2015年キャッシュフロー21,212(67.9%)17,174(42.9%)22,889(73.5%)エクイティデット(債券)デット(銀行)資産売却投資手許現金75986(2.4%)(0.3%)▲ 4,324(▲13.8%)10,66531,2201,622(34.2%)--6612,6407,57911,81840,0782,331(1.6%)(6.6%)(18.9%)(29.5%)--1,8882,5123126,02831,1552,703(6.1%)(8.1%)(1.0%)(19.3%)--24,868▲ 1342,3891,25817,73536,4199,729(68.3%)11,224(▲0.4%)3,286(6.6%)(3.5%)983764(48.7%)2,081(47.7%)(14.0%)(4.2%)(3.2%)(8.8%)--23,5383,639--Small Cap (28社)2011年2012年2013年2014年(単位:百万ドル)2015年14,236(51.6%)17,444(51.9%)11,135キャッシュフロー11,178エクイティデット(債券)デット(銀行)資産売却投資手許現金4,2528346,7772,24823,5261,952(47.5%)(18.1%)(3.5%)(28.8%)(9.6%)--11,9714,6911,3968,6452,54826,5961,570(45.0%)(17.6%)(5.2%)(32.5%)(9.6%)--2,5815,3641,3856,89127,5843,379(9.4%)(19.4%)(5.0%)(25.0%)--1,7003,8975,2826,20033,5991,511(64.5%)(24.5%)(2.5%)(2.5%)(5.1%)(11.6%)(15.7%)(18.5%)4,2234274383,998(23.2%)--17,2602,276--18
地域1 北米
国1 米国
地域2
国2
地域3
国3
地域4
国4
地域5
国5
地域6
国6
地域7
国7
地域8
国8
地域9
国9
地域10
国10
国・地域 北米,米国
2016/04/22 古藤 太平
Global Disclaimer(免責事項)

このwebサイトに掲載されている情報は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)が信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

※Copyright (C) Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.

本レポートはPDFファイルでのご提供となります。

上記リンクより閲覧・ダウンロードができます。

アンケートにご協力ください
1.このレポートをどのような目的でご覧になりましたか?
2.このレポートは参考になりましたか?
3.ご意見・ご感想をお書きください。 (200文字程度)
下記にご同意ください
{{ message }}
  • {{ error.name }} {{ error.value }}
ご質問などはこちらから

アンケートの送信

送信しますか?
送信しています。
送信完了しました。
送信できませんでした、入力したデータを確認の上再度お試しください。