ページ番号1007342 更新日 平成30年2月16日

石油市場の現状

レポート属性
レポートID 1007342
作成日 2016-05-20 01:00:00 +0900
更新日 2018-02-16 10:50:18 +0900
公開フラグ 1
媒体 セミナー・報告会資料
分野 エネルギー一般市場
著者 野神 隆之
著者直接入力
年度 2016
Vol 0
No 0
ページ数
抽出データ 石油市場の現状2016年5月19日調査部野神 隆之原油価格(2003~16年)12エ油価格(2015~16年)原油価格と株式相場34アれまでの石油市場①需給バランス供給が需要を上回っている状態需要面:?中国における経済減速で需要の伸び鈍化懸念供給面:?米国(シェールオイル増産)、ロシア、OPEC産油国で高水準の供給②地政学リスク地政学リスクに関する市場の石油供給途絶懸念高まらず③金融米国で金利引き上げの動き(2015年12月16日金利引き上げ決定)→金利引き上げ観測から緩和マネーが原油市場から退出石油市場の足元の状況1.夏場のドライブシーズンに伴うガソリン需要期開始に向けた製油所の稼働上昇と季節的な需給引き締まり感2.2016年後半以降の石油需給引き締まり観測(←石油需要増加、OPEC・非OPEC産油国原油生産量伸び悩みor緩やかな伸び)3.供給低下:カナダ(山火事)等4.米ドル下落:金利引き上げ観測後退1~4.原油価格上昇、WTIで40ドル台後半へ56ト国原油生産(2012~16年)7
地域1 グローバル
国1
地域2
国2
地域3
国3
地域4
国4
地域5
国5
地域6
国6
地域7
国7
地域8
国8
地域9
国9
地域10
国10
国・地域 グローバル
2016/05/20 野神 隆之
Global Disclaimer(免責事項)

このwebサイトに掲載されている情報は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)が信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

※Copyright (C) Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.

本レポートはPDFファイルでのご提供となります。

上記リンクより閲覧・ダウンロードができます。

アンケートにご協力ください
1.このレポートをどのような目的でご覧になりましたか?
2.このレポートは参考になりましたか?
3.ご意見・ご感想をお書きください。 (200文字程度)
下記にご同意ください
{{ message }}
  • {{ error.name }} {{ error.value }}
ご質問などはこちらから

アンケートの送信

送信しますか?
送信しています。
送信完了しました。
送信できませんでした、入力したデータを確認の上再度お試しください。