ページ番号1007351 更新日 平成30年2月16日

カナダ:オイルサンドプロジェクトの状況 ~Alberta州大規模火災の影響~

レポート属性
レポートID 1007351
作成日 2016-09-30 01:00:00 +0900
更新日 2018-02-16 10:50:18 +0900
公開フラグ 1
媒体 セミナー・報告会資料
分野 企業探鉱開発
著者 舩木 弥和子
著者直接入力
年度 2016
Vol 0
No 0
ページ数
抽出データ カナダ:オイルサンドプロジェクトの状況~Alberta州大規模火災の影響~2016年9月29日調査部舩木 弥和子1{日の内容1. 大規模火災のオイルサンドプロジェクトへの影響2. 大規模火災のオイルサンド企業への影響3. オイルサンド生産見通し2.大規模火災のオイルサンドプロジェクトへの影響カナダ史上最大規模の火災発生●Alberta州で火災発生(2016年5月1日)●乾燥、高温、強風により複数ヵ所で火災拡大Alberta州のみならずSaskatchewan州まで広がる●20日以降、気温低下と降雨で状況好転●6月1日、Fort McMurrayへ住民の帰宅開始●7月4日、火事は制御下にあるとの宣言焼失面積:約59万ヘクタール(≒東京都+埼玉県)火災を直接の原因とする死傷者:なし3.大規模火災のオイルサンドプロジェクトへの影響火災による影響 これまでは稀有●Alberta州では毎年、山火事が発生2015年にオイルサンド生産量が約10日間、10%減少したことがあるが、それ以外にはオイルサンドプロジェクトへの影響はほとんどなかった出所:Alberta州ホームページより作成焼失面積の単位:ヘクタール4.大規模火災のオイルサンドプロジェクトへの影響一部プロジェクトが操業停止、縮小●従業員の避難、パイプラインの操業停止等により、オイルサンドプロジェクトの生産停止(5月3日~)●一部プロジェクトで生産再開(10日)●収束に向った火災が急展開(16日)⇒Fort McMurray周辺の避難地域拡張⇒従業員再度避難●Fort McMurray周辺のオイルサンド関連施設の避難命令解除(23日)5各種資料より作成)6驪ニSuncorConocoPhillipsRoyal Dutch ShellHuskySyncrudeConnacherNexenCanadian Natural ResourcesAthabasca OilImperial OilStatoilオイルサンドプロジェクトの操業停止、縮小の状況プロジェクトMillennium/North SteepbankFirebagMacKay RiverSurmontJackpineMuskeg RiverSunriseMildredLake/AuroraGreat DivideLong LakeHorizon生産能力35万b/d18万b/d3.8万b/d8.7万b/d25.5万b/d3万b/d35万b/d1.4万b/d7.2万b/d13.7万b/d火災前生産量 状況 時期12万b/d操業停止 5月5日~14.7万b/d3.8万b/d5.5万b/d25.5万b/d3万b/d29.6万b/d0.8万b/d2万b/d14万b/d操業停止操業停止操業停止 5月5日~操業停止 5月3~5日操業縮小 5月5~9日操業停止 5月8日~操業停止 5月7日~操業縮小 5月5日~操業停止 5月5日~操業縮小HangingstoneKearlLeismer1.2万b/d22万b/d2万b/d0.9万b/d21.6万b/d2万b/d操業停止操業停止操業停止5月5日~5月9日~5月8日~(各種資料より取りまとめ)7.大規模火災のオイルサンドプロジェクトへの影響5月生産量100万b/d減 7月中旬には通常生産●火災により直接被害を受けたオイルサンドプロジェクトの設備やパイプラインはほとんどないNexenのLong Lake等に若干のダメージ●6月末までにほとんどのプロジェクトの生産回復●7月半ばまでには通常生産に戻る●Conference Board of Canada:2週間に亘りオイルサンド約120万b/dが生産されなかった(5月17日発表)●IEA:5月初めにはオイルサンド約130万b/d、火災のピーク時には約150万b/dが生産されなかった(OilMarketReport 14June2016、13 July 2016)●オイルサンド生産量4月:250万b/d⇒5月:150万b/d8.大規模火災のオイルサンド企業への影響上流部門の財務状況悪化●油価下落と火災によりカナダ上流部門の収益2014年:C$1500億⇒2016年:C$730億●2016年のカナダ上流部門投資額:C$305億●ロイヤルティ及びライセンス付与による政府収入2008年:C$250億⇒2016年C$30億●各社とも投資額、従業員を減らしコスト削減賃金:10~15%削減解雇:約10万人操業コスト:2014年から15~25%削減(ARC Financial)9.大規模火災のオイルサンド企業への影響投資額減少●カナダ上流部門の資本支出2014年:C$810億⇒2016年:C$310億○うち半分はオイルサンドプロジェクト向け(CAPP)●オイルサンド企業によると5~6月に投資される予定のC$8億が火災の影響で投資されず●Alberta 州は2016年にオイルサンドプロジェクトにC$195億の資本支出が行なわれると見込んでいた○うちC$10億は火災の影響で投資されず○中止ではなく、遅れて実施される見込み10.大規模火災のオイルサンド企業への影響Suncor Energy●火災のためオイルサンドプロジェクトの生産を停止⇒生産量約2000万bbl減少⇒7月中旬には通常生産に●2016年2Q操業コストC$46.80/bbl(前年同期C$28.00/bbl)●積極的な資産、企業買収(Suncor Energyホームページより作成)?TotalからFort Hillsプロジェクト権益10%買収(2015年9月)?Canadian Oil Sands買収(2016年3月)?MurphyOilからSyncrudeの株式5%を取得(2016年6月)?OMVより英領北海Rosebankプロジェクトの権益30%取得(2016年8月)11.大規模火災のオイルサンド企業への影響Canadian Natural Resources●火災により生産設備等に大きな影響なしHorizon合成原油:2016年2Q 119,511b/d2016年1Q 127,909b/dその他ビチューメン:2016年2Q 93,213 bbl/d2016年1Q 118,044b/d●2016年2QHorizon操業コスト:C$26.82/bbl ●2016年10月にHorizon Phase 2Bが生産開始、11月に4.5万b/dのフル生産。2017年4QにはPhase 3(生産能力8万b/d)が生産開始予定12.大規模火災のオイルサンド企業への影響CNOOC(Nexen)●Long Lakeオイルサンドプロジェクト、火災により1ヶ月以上生産を停止●原油価格低迷や大規模火災に加えて、パイプラインやアップグレーダーの水素化分解装置の事故が発生⇒アップグレーダーの修復を遅らせる、フル操業開始時期未定、350人を削減と発表(7月12日)リストラは2015年3月以降3回目2015年3月従業員3,000人の13%、400人を解雇2016年3月に120人のリストラ実施13.大規模火災のオイルサンド企業への影響Cenovus Energy●2016年第2四半期 生産量Foster CreekChristina Lake64,544 b/d (前年同期比11%増)78,000 b/d (前年同期比8%増)●2016年第2四半期操業コストC$10.15/bbl(24%減)●Foster Creek phase G、Christina Lake phase Fの生産開始で、今後12~18ヶ月に4万b/d程度生産増●WTIが$55~60/bblとなれば、Alberta州のオイルサンドプロジェクト3件Christina Lake PhaseG(生産能力5万b/d)、Foster Creek Phase H(同5万b/d)、Narrows Lake (同13万b/d)を進める●操業コスト2014年:C$13.50/b⇒2016年C$10.10/b14.オイルサンド生産見通しIEA:2017年は石油生産量増加カナダの石油生産量は2016年は6万b/d減少、2017年は25万b/d増加の見通し(出所:IEAOil Market Report 11 August 2016) 15.オイルサンド生産見通しCAPP:原油生産量は増加するが伸びは縮小カナダ 原油生産見通し533万b/d493万b/d385万b/d236万b/d367万b/d出所:CAPP Crude Oil Forecast, Markets & Transportation16.オイルサンド生産見通しオイルサンド生産増 2022年以降伸びは縮小カナダ オイルサンド生産見通し395万b/d367万b/d214万b/d153万b/d134万b/d102万b/d出所:CAPP Crude Oil Forecast, Markets & Transportation17.オイルサンド生産見通し地層内回収の生産の伸びが縮小カナダ 原油生産見通し比較2016年発表見通し2030年2020年2015年発表見通し2030年2020年2014年発表見通し2030年2020年128158238395523953313013117730843826464CAPP Crude Oil Forecast, Markets & Transportationより作成*コンデンセート含む14513318732046526491154160321481635964418117153214367483949310913816930641524439在来型*露天掘地層内回収計オインドルサカナダ西部カナダ西部生産量カナダ東部生産量カナダ生産量.オイルサンド生産見通し難航するパイプライン建設●カナダ西部から原油を輸送する主なパイプラインの輸送能力は402万b/d出所:CAPP Crude Oil Forecast, Markets & Transportation太平洋岸東部メキシコ湾建設予定パイプラインTrans Mountain拡張Northern GatewayEnergy EastKeystone XL企業Kinder MorganEnbridgeTransCanadaTransCanada拡張される送油能力 総延長950km1,172km4,400km1,897km1959万b/d52.5万b/d110万b/d83万b/dワとめ●Alberta州大規模火災により、5月3日以降オイルサンドプロジェクトの生産が停止したが、多くのプロジェクトが6月末には生産再開生産量減少:最大時150万b/d、5月平均100万b/d●オイルサンド企業により予定されていた投資のうち約C$10億を先送り各社は投資額や従業員を減らしコスト削減●オイルサンド生産量は、2021年まで以前の見通しと同じペースで増加、2022年以降も生産の伸び幅は縮小するものの増加を続けるとの見通し20
地域1 北米
国1 カナダ
地域2
国2
地域3
国3
地域4
国4
地域5
国5
地域6
国6
地域7
国7
地域8
国8
地域9
国9
地域10
国10
国・地域 北米,カナダ
2016/09/30 舩木 弥和子
Global Disclaimer(免責事項)

このwebサイトに掲載されている情報は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)が信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

※Copyright (C) Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.

本レポートはPDFファイルでのご提供となります。

上記リンクより閲覧・ダウンロードができます。

アンケートにご協力ください
1.このレポートをどのような目的でご覧になりましたか?
2.このレポートは参考になりましたか?
3.ご意見・ご感想をお書きください。 (200文字程度)
下記にご同意ください
{{ message }}
  • {{ error.name }} {{ error.value }}
ご質問などはこちらから

アンケートの送信

送信しますか?
送信しています。
送信完了しました。
送信できませんでした、入力したデータを確認の上再度お試しください。