ページ番号1007356 更新日 平成30年3月5日

中国:天然ガス需要の回復とLNG新規需要開拓に向けた動き

レポート属性
レポートID 1007356
作成日 2016-11-18 01:00:00 +0900
更新日 2018-03-05 19:32:42 +0900
公開フラグ 1
媒体 セミナー・報告会資料
分野 天然ガス・LNG基礎情報
著者 竹原 美佳
著者直接入力
年度 2016
Vol 0
No 0
ページ数
抽出データ 中国:天然ガス需要の回復とLNG新規需要開拓に向けた動き2016年11月17日調査部竹原 美佳1{日の内容?2016年上期の天然ガス需要?LNGにおける新たなプレイヤー?LNG新規市場の動き20%25%20%15%10%5%2016年上期の天然ガス需要・前年同期比13%増の104BCM・特にパイプライン・LNGの輸入増需要回復の要因・天然ガス卸価格値下げに伴う価格競争力回復・石炭抑制政策に伴い「煤改気」(石炭から天然ガスへの転換)進その他季節要因展・2008年2010年2012年2014年2016H10%LNG輸入パイプラインガス輸出消費成長(%)2,4001,9001,400900400(100)(億m3/年)2006年国産ガス天然ガス需給推移(2013年~16年6月)生産(CBM、石炭合成ガスを除く)は広東油ガス商会、輸出入は新華社China OGPに基づきJOGMEC作成32016年上期の天然ガス需要~2015年の低迷から一転回復へ~Q考:天然ガス卸/輸入価格推移天然ガス卸価格・LPG輸入価格(2013年1月~2016年8月、ドル/MMBtu)LPG価格下落(2014年8月~)天然ガス卸価格値下げ(2015年4月)天然ガス卸価格値下げ、±20%の調整幅(2015年11月) 25.020.015.010.05.00.0卸価格(前年消費)卸価格(増加分、15年4月以降は統合)参考:中国LPGCIF参考:卸価格下限(-20%)天然ガス卸価格とLPG輸入価格の対比China LNG Weekly、新華社China OGPに基づき作成15年11月の天然ガス卸価格(シティゲート価格)値下げと価格制度改革(±20%の変動幅)で価格競争力回復へ4Q考:天然ガス需給推移億m380天然ガス需給前年同期比増減(2014Q1~2016Q2)6040200-20-4014Q114Q214Q314Q415Q115Q215Q315Q416Q116Q2国内生産LNG輸入パイプラインガス輸入輸出天然ガス需給前年同期比増減(2014年Q1~16年Q2)生産は広東油ガス商会、輸出入は新華社China OGPに基づきJOGMEC作成政府の石炭消費抑制政策、小規模(非効率)・違法な炭鉱の淘汰や「276規定」*で石炭生産・消費減(16年上期の生産量は前年同期比10%減、消費は同5%減)*炭鉱年間操業日数を276日以下とし、法定祝祭日と日曜は生産停止5016年上期のLNG輸入は対前年比大幅増万t/年25002000150010005000豪州カタールマレーシアインドネシアパプアニューギニアスポット・ポートフォリオ中国国別LNG輸入推移(2006年~2016年1-6月)広東油ガス商会等に基づきJOGMEC作成LNG輸入2015年供給過剰で初の前年割れ2016年上期前年同期比21%増(約200万トン増)の1,150万トン輸入の9割超は長期契約6016年上期のLNG輸入~スポット伸び悩み、長期契約の輸入増加~万トン/年 3002001000-100-200-300LNG(非長期契約)2007~14年:16%2015年:8%2016年上期:5%豪州カタールマレーシアインドネシアパプアニューギニアスポット・ポートフォリオLNG輸入対前年増減(2007~2016年1-6月)広東油ガス商会等に基づきJOGMEC作成長期契約による供給増加が需要増加ペースを上回り(オーバーコミット)、安価なスポットLNG価格の恩恵を享受できず7V然ガス中長期需要見通しとLNG契約~LNG新規契約供給は2023年頃必要となる見通し~中国のLNG需要見通しと長期契約推移(2015~2030年)万トン/年8000700060005000400030002000100002015年2016年2017年2018年2019年2020年2021年2022年2023年2024年2025年2026年2027年2028年2029年2030年Qatargas 2 (Train 5)Qatargas 4 (Train 7)Tangguh (Train 1, 2)North West Shelf (Train 1-5)PNG LNGBG PortfolioGorgonYamalBP PortfolioQCLNG (Train 1)Total Portfolio②中国能源研究会MLNG III (Tiga) (Train 7, 8)Australia Pacific LNG (Train 1)ENGIE Portfolio③JOGMEC推計LNG長期契約とLNGの需要見通し天然ガスリファレンスブック、中国能源研究会等に基づきJOGMEC作成8Q考:天然ガス輸入・長期契約天然ガス輸入・長期契約BCM180150120906030012559長期契約3427輸入2015年LNG 計Pipeline 計2015年までにLNG・パイプラインガス合計185BCM/yの長期売買契約を締結。9Q考:天然ガス輸入能力LNG受入基地輸送能力(MMt、BCM)天然ガスパイプライン輸送能力(BCM)現状操業中14基地建設中5基地計48.8MMt(66BCM)11MMt(15BCM)59.8MMt(81BCM)中央アジア(トルクメ~ウズベク~カザフ)~中国中央アジア(トルクメ~ウズベク~キルギス)~中国30(→55)30ミャンマー~中国12ロシア~中国(東ルート)30計122BCM操業中2010年稼働(増強中)建設中(2020年稼働予定)操業中2013年稼働建設中(2019年稼働予定)建設中のものが全て完成した場合、中国の天然ガス輸入能力は210BCM/yに達する。10e機関の天然ガス需要見通し「中国能源展望2030」中国能源研究会(2016年3月)JOGMEC試算(過去5年の伸びで固定、長期売買契約に基づく、ロシア西ルート除く)参考:IEAWEO20152020年需要:290BCM輸入:155BCMうち輸入LNG55BCM≒4,000万トン需要262BCM輸入101BCMうち輸入LNG46BCM≒3,400万トン需要315BCMガス輸入143BCM2030年需要:462BCM輸入:227BCMうち輸入LNG100BCM≒7,350万トン需要417BCM輸入189BCMうち輸入LNG86BCM≒6,300万トン需要483BCMガス輸入223BCM備考需要CAGR~2030:6.3%生産CAGR~2030:4.0%需要CAGR~2030:5.5%生産CAGR~2030:3.8%需要CAGR~2030:6.6%生産CAGR~2030:4.7%LNG長期契約とLNGの需要見通し(天然ガスリファレンスブック、中国能源研究会、JOGMEC推計)11Q考:輸入LNG需要の不確実性需要・輸入パイプラインガス483223462227417189BCM187576005004003002001000BCM1842142502001501005002015年(実績)2030年(IEA)2030年(CERS)2030年JOGME試算国産ガス輸入ガス各機関の天然ガス需要・輸入見通しLNGパイプライン天然ガス長期契約石炭から天然ガスの転換が進展し、天然ガスの需要が順調に伸びれば、2030年までに40BCM程度の追加契約が必要だが需要に不確実性あり。また、需要進展の場合もロシア西ルート(30BCM)や中央アジアからの供給により輸入LNG需要(追加契約)は変動12Q考:輸入LNG需要の不確実性~国産ガス供給~6005004003002001000BCM1871304834624172602352282015年(実績)2030年(IEA)2030年(CERS)2030年JOGME試算国産ガス輸入ガス各機関の天然ガス需要・国産ガス供給見通し過去5年の国産ガス供給増加:7BCM(各機関2030年までの増加見通し年平均6~9BCM)各機関ともに非在来(特にシェール)の供給増に期待シェールガス生産2015年4.5BCM2016年1-7月5BCM(天然ガス生産の約6%)政府シェールガス生産目標2020年30BCM2030年80~100BCM在来型を含む開発難易度の上昇やシェールガスの補助金低減で国産ガスが増産ペースを維持できない場合、輸入ガス(LNG)需要は上振れする13NGにおける新たなプレイヤー~非国有石油企業~国有石油企業PetroChinaSinopecCNOOC 中国における輸入LNGの主な流れ発電、都市ガス企業申能(Shenergy)、九豊(Jovo)北京燃気、広匯(Guanghui)華電(Huandian)他パイプライン発電所都市ガスユーザーLNG調達LNG受入基地(ガス製造工場)LNGローリー車(コンテナ)貯蔵タンク・サテライトステーションCNG・LNGステーションCNG・LNG車ユーザーこれまで国有石油企業主体であったLNG調達、受入基地建設に非国有石油企業が独自展開の動き14ュ府は非国有石油企業のLNG市場への参入や投資促進を図る法整備を展開2016年10月9日、国家発展改革委員会は「天然ガスパイプライン輸送価格(試行)管理法」および「天然ガスパイプライン輸送コスト(試行)審査法」施行((8月16日から9月5日まで意見を聴取)マージンが原則8%に固定、人件費等コストの内訳を規定試行法制定の目的はパイプライン輸送費の低減と透明性向上ならびに天然ガス開発・利用、第三者アクセスの促進15V然ガス市場取引の動きは限定的上海石油天然気交易中心(SHPGX)の設立2015年3月上海自由貿易区で設立出資企業は10社、資本金は10億元・国営通信社:新華社(価格等のデータを発行)・三大国有石油会社:PetroChina、Sinopec、CNOOC・国有、地方、民間発電・都市ガス企業:申能(Shenergy)、北京燃気、新奥(ENN)、中国ガス、香港中華ガス、華能政府主導で天然ガス(LNG)取引所を設立2016年上期の成約量はLNG約28万トン(0.4BCM)、パイプラインガス0.9BCM2016年上期見かけ消費量の約1%、取引量は限定的16NG第三者アクセスは限定的LNG受入基地への第三者アクセス(2014~2015年)受け入れ基地出資国有石油企業利用企業江蘇・如東Jiangsu・RudongPetroChina上海申能(Shenergy)、新奥(ENN)、太平洋油気(PacificOil&Gas)*北京燃気*河北・唐山Hebei・Tangshan遼寧・大連Laioning・Dalian広東・東莞Guangdong・Dongguang*太平洋油気は如東基地に35%出資、北京燃気親会社北京控股は唐山基地に29%出資九豊(Jovo)広匯N.A2015年のLNG受入基地第三者アクセス実績は7船43万トン(LNG輸入の2%)17送L石油企業による操業・建設中の受入基地企業立地受入能力(万t/年)稼働開始操業中申能建設中九豊(Jovo)広匯能源(Guanghui)新奥(ENN)上海・五号溝(Shanghai・Wuhaogou)広東・東莞(GuangdongDongguang)江蘇・啓東(Jiangsu Qidong)浙江・舟山(Zhejiang・Zhoushan)502008年11月100稼働中602018年(見込み)3002018年(見込み) 発電、都市ガス企業等非国有石油企業は独自に受入基地建設へ18送L石油企業による主なLNG調達(合意)数量合意時期契約開始時期契約期間(万トン/年)九豊(Jovo)広匯能源(Guanghui)新奥(ENN)新奥(ENN)新奥(ENN)華電(Huandian)華電(Huandian)華電(Huandian)九豊(Jovo)九豊(Jovo)合計PetronasPetronas(加PacificNorthWestLNG)Chevron(Gorgon)Total(ポートフォリオ)豪Origin Energy(GLNG他ポートフォリオ)Petronas(加PacificNorthWestLNG)BP302014年SPA2014年N.A2015年12月契約開始年HoA最大652016年8月502016年2月Binding HoA2018年~2019年2018年最大502016年3月2018~2019年802015年4月契約開始年1002015年10月non-bingdingHoA契約開始年Chevron最大1002015年12月2020年HoA米SCT&E LNGN.A.2016年5月契約開始年Chevron(ポートフォリオ)(合意)最大502016年7月(Key TermsAgreement)2018年最大525万トン前後10年N.A10年10年10年20年20年10年N.A.5年 発電、都市ガス企業等非国有石油企業が独自にLNG調達へ実現性不透明、短期的には供給過剰を招く恐れ19Q考:地方製油所(ティーポット)と新たなLNGプレイヤー盤錦北方(PanjinBeifang)、東明石化(Dongming)等主に山東省の地方製油所約20社が原油輸入ライセンス150万b/d(中国の2015年輸入量の約2割)を保有申能(Shenergy)、九豊(Jovo)北京燃気、広匯(Guanghui)華電(Huandian)等主に発電、都市ガス企業が最大500万トン/年程度の調達(全量調達実現の場合長期契約量の1割程度)政府の国有企業独占打破・環境政策により、地方製油所(地煉、ティーポット)の原油輸入・使用要件が緩和、地方製油所は原油輸入の2割を占める存在に成長、産油国も新たな市場として注目?20?曹ノおける小型LNG輸送船ブーム~JOVOの野心的なハブ事業計画~JOVO、フィリピンSubic湾内でLNGハブ事業を計画豪州またはインドネシアから9万4000トンのLNG輸送船でSubic湾(Free Port)までLNGを運び、4万7000トンのLNG輸送船に積み替え、大型船の入港には水深が十分でない中国の港へLNGを輸送する計画。Jovoは5年を目途に他の東南アジアを含むローカル市場へのLNG供給に対応する地域ハブを構築していくかどうか決定。21]蘇省でLNGを動力とする内航船複数隻竣工(運河内の輸送向け)2016年9月、江蘇省揚州新華船廠が建造した、LNGを動力とする運河内の輸送を目的とする内航船(バラ積み船)4隻が竣工総トン数1500トン、全長58m240kWの天然ガスエンジン2基搭載中国海事服務網によると、2014年に交通部が北京から浙江省杭州を結ぶ”京杭運河“の江蘇区間をLNG水運適用のモデル地区”と定めた。江蘇省では淮安(Huai’an)、揚州(Yangzhou)・塩城(Yancheng)、常州(Changzhou)などで2015年12月までにLNGを単一の動力源とするLNG燃料船58隻を建造中。京杭運河22M州省でLNG動力船16隻建造の動き(烏江水運向け)2016年10月19日、貴州貴陽でLNGを動力とする内航船建造契約式典(1000トン級16隻)発注者:貴州深能股?(株式)造船所:重慶川東船舶重工貴州省は烏江水運をLNG水運パイロット地域に選定。貴州深能は3300万元を投じ沿岸部にLNG、L-CNG充填ステーションを建設する。また同社は将来3億元を投じ計70隻のLNG動力船を多目的コンテナ船として建造し、烏江航路に投入する計画。23人民網NOOC、LNGを単一燃料とするタグボート2隻を建造、港湾作業を実施2016年8月、CNOOC傘下の海油発展が建造したLNGを単一燃料とするタグボート2隻(“海洋石油525”および“海洋石油526”)が中国船級社の検収を通過、9月14日には“海洋石油525”が広東省珠海港でパナマ船籍の18万トン級の大型バラ積み船に対し港湾作業を実施。気候変動対応(CSR)の側面も24「海洋石油」525 出所:CNOOCワとめ①2016年上期~中期天然ガス需要2015年の低迷から一転回復。石炭生産・消費抑制政策による石炭からの転換進展、天然ガス卸価格改革による価格競争力の回復、その他季節要因。LNG輸入は増加したが、オーバーコミットで安価なスポット価格の恩恵を享受できず。新規契約によるLNGの供給が必要となるのは2023年頃の見通し。LNGにおける新たなプレイヤーの出現政府は非国有石油企業のLNG市場への参入や投資促進を図る法整備を展開。新たなプレイヤーとして発電、都市ガス事業者が参加、独自の基地建設、直接契約に向かう。短期的には新規需要創出よりも供給過剰を招く恐れあり25ワとめ②LNG新規市場創設の動き・小型LNG輸送船により東南アジアを含むLNGハブ事業を志向する野心的なプレイヤー出現。・気候変動・環境問題への対応から江蘇・貴州省などで運河や河川向けのLNG燃料船ブーム。国有企業によるLNGを単一燃料とするタグボート建造の動きも。中長期的に市場創出の可能性。・原油取引では政府の国有企業独占打破政策により地方製油所(ティーポット)が原油輸入の2割を占める存在に成長、産油国も新たな市場として注目。LNG市場も政策の後押しにより、地方や非国有石油企業が原動力となり新規需要が開拓され、原油と同様に新たな市場として注目される存在となる可能性。26
地域1 アジア
国1 中国
地域2
国2
地域3
国3
地域4
国4
地域5
国5
地域6
国6
地域7
国7
地域8
国8
地域9
国9
地域10
国10
国・地域 アジア,中国
2016/11/18 竹原 美佳
Global Disclaimer(免責事項)

このwebサイトに掲載されている情報は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)が信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

※Copyright (C) Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.

本レポートはPDFファイルでのご提供となります。

上記リンクより閲覧・ダウンロードができます。

アンケートにご協力ください
1.このレポートをどのような目的でご覧になりましたか?
2.このレポートは参考になりましたか?
3.ご意見・ご感想をお書きください。 (200文字程度)
下記にご同意ください
{{ message }}
  • {{ error.name }} {{ error.value }}
ご質問などはこちらから

アンケートの送信

送信しますか?
送信しています。
送信完了しました。
送信できませんでした、入力したデータを確認の上再度お試しください。