ページ番号1000222 更新日 平成30年2月16日

圧密あつみつ
英語表記
compaction
分野
その他

未固結堆積{たいせき}物が主に上位の堆積物の荷重により圧縮され、体積が減少する現象およびその作用をいい、圧密の大きさは、圧密後の体積の元の体積に対する百分率で示す。
荷重による体積減少の原因は、(1) 堆積物の弾性ひずみ、(2) 構成粒子の再配列、(3) 間隙{かんげき}水の脱水などである。(2) は砂層の、(3) は泥層の圧密の主な原因となっている。同じ荷重でも、岩質によって圧密量が異なる現象を差別的圧密(differential compaction)という。また、荷重が増加しなくても、間隙水の脱水が起これば、圧密現象を起こすことがある(例:地盤沈下)。長期間荷重を受けた岩石は、荷重を除去しても弾性ひずみ以外は一般には体積を回復しないから、現在の岩石資料から過去の圧密、したがって埋没深度が推定できる。粘土は透水性が小さいので粘土粒子の自重や、上位に堆積した地層あるいは構造物の荷重が加わると荷重の大部分が間隙水で負担され、その水圧が高くなり、徐々に間隙水が上下四周の孔隙性地層中に排出され、長い時間をかけて圧縮される。間隙水の圧密に伴う排水作用が、なんらかの地質条件により阻害されたときは、間隙水圧が静水圧勾(こう)配より高くなる。このような状態を異常高圧という。圧密は炭化水素の一次移動に大きな役割を果たしており、地層水中に溶解した炭化水素が圧密による脱水作用で岩石中を移動するのには、最低 500m の埋没深度が必要であり、適切な深度は 1,200~2,600m といわれている。