ページ番号1000279 更新日 平成30年2月16日

岩船沖油ガス田いわふねおきがすでん
英語表記
Iwafune-oki oil-gas field
分野
油・ガス田

新潟市の新潟東港の北東方約 20km 、胎内川河口から約 4km 沖合の日本海陸棚(水深 36m )に位置するガス田。
1983 年に日本海洋石油資源開発(株)を操業会社とするコンソーシアムにより発見、プラットホーム1基が建設されて、1990 年に生産が開始された。生産された原油とガスは海底パイプライン(口径 12 インチ、長さ 21km )で東新潟の陸上基地に混送され、処理・出荷される。
地質区としては新潟盆地(背弧盆地)に属し、集油・ガス形態は層位封塞(尖滅)トラップ。産油・ガス層は、第三紀中新世~鮮新世の砂岩(西山層)で、深度は 1,390~2,930m 。究極可採埋蔵量は発表されていない。
2002 年の生産量は、油 415kL/日(2,610b/d )、ガス 31.4 万 m3 /日(1,100 万立方フィート/日)、コンデンセート 24kL/日(151b/d )、また同年末の累計生産量は、油 370.4万kL(2,330万 bbl )、ガス 13 億 1,400 万 m3 ( 460 億立方フィート)、コンデンセート 3.3 万kL( 21 万 bbl )と公表されている。

主文献『日本の海洋石油開発』(1990)、『新潟の石油と天然ガス』(2000)、『石油・天然ガス資源に未来を拓く』(2004)
(齊藤 隆、2006 年 3 月)