ページ番号1000280 更新日 平成30年2月16日

引火点いんかてん
英語表記
flash point
分野
その他

試料を規定条件で加熱しながら小さな炎を近づけたとき、試料液面のすぐ上の蒸気に引火する最低の試料温度をいう。
引火点は物質に特有な恒数ではなく、その値は試験器の種類や測定法によって少しずつ異なる。引火点試験器には、大きく分けて密閉式と開放式の 2 種類がある。密閉式は小炎をのぞかせる時にだけふたの一部を開けるもので、開放式はふたの付いていないものである。密閉式の方が、ふたがあるだけ液面直上の蒸気濃度が高くなるので、低い温度で引火する。日本工業規格(JIS)では、引火点が 95 ℃以下の原油、ナフサ、灯油などにはタグ密閉式を、引火点が 50 ℃以上の軽油、重油などにはペンスキー・マルテンス密閉式を、引火点が 80 ℃以上の潤滑油、石油アスファルト、流動パラフィンなどにはクリーブランド開放式を、それぞれ使うよう規定されている(K2265 原油および石油製品引火点試験方法)。なお、まだ日本工業規格(JIS)にはないが、高粘度試料の測定に、従来の試験器を用い、外浴を恒温水槽に変え、極めてゆっくり試料温度を上げていく方法(平衡法)が ISO 規格などにある。引火点は危険性や揮発性の目安となり、また精製の良否を判断する材料となる。