ページ番号1000294 更新日 平成30年2月16日

インベージョンいんべーじょん
英語表記
invasion
同義語
泥水浸入帯 [ でいすいしんにゅうたい ]
分野
その他

掘削により坑壁面より泥水の濾過水(フィルトレイト:filtrate)が地層中へ浸入し、地層流体が置換されること。
これは地層圧より泥水圧が大きく、地層が浸透性及び孔隙性を持っている場合に起きる。物理検層の測定値は、このインベージョン帯の物性値に左右されているので、このインベージョン帯の物理測定値及び範囲を知ることにより、このインベージョンに影響されていない地層の物理測定値を求めることができる。この為に各物理検層の測定において異なる測定深度(depth of investigation)を持つことにより、それぞれの帯域・ゾーンの物性値を測定することができる。
油層の場合(図の下方のダイアグラム)、インベージョン帯を坑壁から影響を受けていない部分へ、Flushed Zone(Rxo)、Transition Zone、Annulus(Ran、油と水の2相の存在とそれぞれの浸透性の違いにより比抵抗値の低い部分が形成され、それがドーナツ状に見られる部分)、Uninvaded Zone(Rt)と呼ばれ、坑芯からTransition Zoneまでの距離をDepth of Invasion、Invasion Diameterと呼ぶ。ここでカッコ内のRはそれぞれの部分における比抵抗を示している。インベージョン帯はFlushed ZoneとTransition Zoneから成る(油層の場合はAnnulusを含む)。また、この様なインベージョン帯の組み合わせをインベージョン・プロファィルと呼ぶ。

図:インベージョン、インベージョン帯、及びインベージョン・プロファィル
インベージョン、インベージョン帯、及びインベージョン・プロファィル
上方のダイアグラムは水層の場合のインベージョン。
下方のダイアグラムは油層の場合のインベージョン。
出所:Schlumberger (1989)

(齋藤 克栄、2008 年 2月)