ページ番号1000376 更新日 平成30年2月16日

オクタン価おくたんか
英語表記
octane number
分野
その他

ガソリンのアンチノック性(耐爆性)を示す尺度で、 0 ~ 100 で表す。
ガソリンの成分中最もノッキングしやすい n-ヘプタンのオクタン価を 0 、最もノッキングしにくいイソオクタン(2 、2 、4 -トリメチルペンタン)を 100 とし、試料と同一のアンチノック性を示すような n-ヘプタンとイソオクタンの混合物中の、イソオクタンの容量%をオクタン価とする。内燃機関の燃焼過程で、過早発火を起こしたり、異常爆燃を起こして、気筒内で金づちでたたいたような金属音を生ずる現象をノッキングといい、そのノッキングを起こしにくい性質がアンチノック性である。ノッキングが起きると騒音になるだけでなく、熱効率が低下し、エンジンを傷める。ガソリンのアンチノック性を高めるための添加剤をアンチノック剤またはオクタン価向上剤という。その代表的なものが四アルキル鉛であるが、鉛による大気汚染問題や、高オクタン・ガソリンの製造技術が進んだことなどによって、四アルキル鉛の使用量は激減している。オクタン価の試験方法は、日本工業規格(JIS)の K2280(オクタン価およびセタン価試験方法)および K2276(航空燃料油試験方法)に規定されている。試験には CFR 試験エンジンを用い、自動車ガソリンはリサーチ法(RON)またはモーター法(MON)、航空ガソリンは過給法による。