ページ番号1000566 更新日 平成30年2月16日

空気掘りくうきぼり
英語表記
air drilling
同義語
エア・ドリリング [ えあ どりりんぐ ]
分野
その他

掘削流体として泥水の代わりに空気またはガスを使用する方法を総称して空気掘りという。空気掘りは次の四つの基本的な方法に分類される。
(1) ダスティング(dusting):乾燥した空気を用いる方法
(2) ミスト・ドリリング(mist drilling):少量の水または泥水を発泡剤とともに空気に混ぜる方法
(3) フォーム・ドリリング(foam drilling):化学的に安定な泡を掘削流体として使用する方法
(4) エアレイテッド・マッド・ドリリング(aerated mud drilling):泥水または水の流れの中へ空気を吹き込んで使う方法
空気またはガスを掘削流体として用いる理由は、それらが、経済的に入手可能な循環流体のうちで最も密度が低く、したがって掘削中に地層にかける圧力を最も小さくできるからである。このことに由来して、空気掘りでは次の利点が得られる。
(1) 掘進率の増加
(2) 生産層に対する油層障害の防止または減少
(3) 逸泥の防止