ページ番号1000577 更新日 平成30年2月16日

クヌッツェン方式 くぬっつぇんほうしき
英語表記
Knutsen
分野
その他

ノルウェーの海運会社クヌッツェン(Knutsen)社が 2002 年に提案した CNG 方式の一つ。
この方式では 42 インチ径のシリンダータンクを 2 本つなぎ、それを 1 タンクとして扱うという考え方を採用することにより現実的な提案をするものである。シリンダータンクをホールドカバー内に垂直に立て、そのなかに常温で約 25 メガパスカルの CNG を格納する。大口径高圧シリンダーであるため、板厚は約 37mm となり、溶接もさることながら重量が大きくなる。本方式はシリンダータンクの疲労試験、破壊試験を滞りなく終え、実設計展開待ちの状況にある。シリンダータンクに関してはドイツのパイプメーカーであるユーロパイプ(Europipe)社の協力を受けている。

    コセル方式 クヌッツェン方式 ボトランズ方式
(エナシー方式)
貨物タンク容量   m3 32,700 77,100 74,260
CNG 積載容量 m3 900万 2,000万 2,000万
ft3 *1 31,800万 7億 7億
貨物タンク数   108
(=6 タンク/スタック×18 スタック)
2,672 2,400
(=24 パイプタンク/モジュール×100 モジュール)
ホールド数   5 12 12
主要寸法 全長 m 243 276.2 306
垂線間長 m 231.8 259.75 291
m 38 54 50
深さ m 25.9 29 27.4
計画満載喫水 m 10.3 13.5 10.3
軽荷喫水 m 9 10.5 7.5
船級     米国船級協会によるコンセプト承認 ノルウェー船級協会 米国船級協会による基本承認
貨物タンク比較 計画圧力 MPa *2 20 25 13
格納温度 常温 常温 -30
材料   API 5LX70 API 5LX80 API 5LX80
外径 in *3 6.625 42 42
降伏応力 MPa *2 483 552 552
千重量ポンド/平方インチ 70 80 80
板厚 in *3 0.251 1.44 0.75
設計応力 MPa *2 264 365 364
降伏応力/設計応力   1.83 1.51 1.52
貨物タンク重量   t *4 4 万 8 千 60 10 万 2 千 800 4 万 9 千 900
貨物タンク重量トン/
CNG 積載容量百万立方メートル
  5,340 5,140 2,495
  対ボトランズ方式 2.1 2.1 1
荷役方法 積荷/揚荷口   半潜水型ターレット荷役 半潜水型ターレット荷役 半潜水型ターレット荷役
積荷温度/圧力 ℃/MPa *2 常温/25 常温/25 -29/13(船内で冷却)
揚荷       液体置換方式

*1:ft3=立方フィート *2:MPa=メガパスカル、*3:in=インチ *4:t=トン

(後藤 譲、2006 年 3 月)