ページ番号1000591 更新日 平成30年2月16日

クロージャーくろーじゃー
英語表記
closure
分野
その他

閉じた背斜あるいはドーム構造などの構造トラップにおいて、特定の地層面(貯留岩の上面など)の等深線の中で閉曲線をなす最深の等深線が囲む平面と極隆部の頂点までの垂直距離(amount of closure ともいう)をいう。
一般的には、閉曲線をなす等深線で表現される構造の属性に対して慣用的に用いられることが多い。その場合、最深の閉曲線をなす等深線が囲む平面をクロージャーの面積(areal closure)、それと極隆部の頂点までの垂直距離をクロージャーの高さ(vertical closure)という。これらはその構造の石油炭化水素埋蔵量を算出する際の重要なパラメーターであり、トラップの規模を表現する量である。