ページ番号1000596 更新日 平成30年2月16日

グリーン・タフぐりーん たふ
英語表記
green tuff
分野
その他

東北裏日本油田地帯の新第三系下部層で、変質して緑色を呈する苦鉄質~珪長質{けいちょうしつ}の火山岩類を主体とし、泥岩、砂岩、礫岩{れきがん}などを挾む地層。緑色凝灰岩ともいい、従来は中新世前期~中期の火山岩類を主とする複合岩体を一括した総称として用いられたが、現在では、層位的に門前階、台島階、西黒沢階に区分されるようになったため、グリーン・タフという語は主に通称として用いられている。グリーン・タフとその上位の含油新第三系およびそれらの相当層が分布する地域をグリーン・タフ地域といい、東北裏日本を始め北陸・山陰、北海道西南部、フォッサマグナ地域などを含む。そこに形成された堆積盆地{たいせきぼんち}を総称してグリーン・タフ地向斜といい、そこでの構造発達をグリーン・タフ変動という。グリーン・タフ変動の発生時期は古第三紀末ないしは新第三紀初期といわれ、その造構形式は、部分隆起 → 断裂形成 → 陥没 → 火山活動 → 沈降という古い地質構造を切って発達した一連の運動で示される。石油地質においては、従来新第三系の基盤岩と見なされていたが、グリーン・タフ中の流紋岩や玄武岩のフラクチャーを主要貯留岩とする油・ガス田(見附油田、吉井・東柏崎ガス田、新片貝・南長岡ガス田)が発見されたことから、今では裏日本の油田地域においては、重要な探鉱対象層準と見なされるようになっている。