ページ番号1000637 更新日 平成30年2月16日

ゲル・ストレングスげる すとれんぐす
英語表記
gel strength
分野
その他

泥水が静止状態から流動を始めるために必要な力の測定値であり、イールド・バリューと同様に粘土粒子間の牽引力{けんいんりょく}により生じる力である。
イールド・バリューは流動下の性質を表しているが、ゲル・ストレングスは静止状態下の性質を表しており、泥水の重要な性質の一つである。泥水は静置しておくと、泥水中の固体粒子が凝集して網状組織を作るので、見かけ粘性.とゲル・ストレングスが大きくなる。この性質をゲル化(gelation)という。泥水のゲル化は、掘削中に循環を停止したときに掘りくずが急速に沈降しないようにこれを泥水中に保持するために有効であるが、大きすぎると循環を再開したときに、地層に大きな圧力がかかり、地層を破砕する原因となる。ゲル・ストレングスは、VG メータ、レオメーターなどを使用して、静止直後と 10 分後の大きさを測定し、lb/100ft2 で示される。