ページ番号1000654 更新日 平成30年2月16日

コーニングこーにんぐ
英語表記
coning
同義語
ウォーター・コーニング [ うぉーたー こーにんぐ ]
分野
その他

坑井よりガス・原油などを採取すると、坑井付近のガス層圧または油層圧が降下し、層内に圧力の不均衡が発生する。そのため図に示すように、高い圧力を持つ底水(bottom water)が、圧力の不均衡を補うために圧力の低い坑底に向かって隆起してくる。この水の隆起をウォーター・コーニング(water coning)という。
ガス層を例にとると、ウォーター・コーニングが坑底に到達するほど高くなると、坑井からガスの産出とともに水が出るようになり、層内のガスの流れや坑井内を上昇するガスの流れを抑える結果となり、採取に大きな障害となる。
油層の場合も何様の現象が生じる。この障害を避けるためには、ウォーター・コーンを低く保つように採取時の坑底圧力を調整して、層内の圧力不均衡を大きくしないこと、底水から離れた油層の上部で坑井を仕上げることが必要である。またキャップ・ガスを持つ油層においても、これと同じ原因により、ガスが坑井に向かって局部的に沈降してくる。
この現象をガス・コーニング(gas coning)という。

図 ウォーター・コーン発生の状況を示す概念図(ガス層の場合)