ページ番号1000668 更新日 平成30年2月16日

光化学スモッグこうかがくすもっぐ
英語表記
photochemical smog
分野
その他

自動車の排気ガス中の窒素酸化物や炭化水素が、大気中で強い太陽の紫外線に当たると化学変化を起こして光化学スモッグが発生するといわれている。
これは極めて酸化力の強いオゾン(O3)、アルデヒド(RHCO)、アルキルナイトレート(RONO2)、通称パン(PAN)と呼ばれるパーオキシ(過酸化)アセチル(またはアルキル)ナイトレートなど、いわゆるオキシダント(酸化性物質の総称)が主成分で、大気汚染物質の一つとされている。大気中のオキシダント濃度と視程とは非常に高い相関があり、日中におけるスモッグの発生に関連があるといわれている。光化学スモッグは 1946 年ころ米国ロサンゼルスで発生し、命名されたもので、わが国では1970 年(昭和 45 年)7 月に、東京都杉並区で運動中の学生が眼や咽頭{いんとう}の粘膜刺激、せき、息切れ、頭痛などの症状を呈して倒れ、病院に収容されるという事件が起き、これが光化学スモッグによるものではないかということで一躍有名になった。現在の大気汚染防止法によると、都道府県知事は大気中のオキシダント濃度が 0.12ppm 以上となった場合を一般緊急時として、一般に周知させるとともに、煤煙{ばいえん}の排出や自動車運行の自主的制限について協力を求めることとしている。さらに大気中の濃度が 0.4ppm 以上になった場合を重大緊急時として、煤煙発生施設の使用の制限など必要な措置をとるべきことを命じることができることとしている。