ページ番号1000731 更新日 平成30年2月16日

古生代こせいだい
英語表記
Paleozoic era / Palaeozoic era
同義語
Palaeozoic era
分野
その他

地質学の対象となる過去、すなわち地質時代は化石の産出が一般的にまれな隠生代と豊富な顕生代とに大別されるが、顕生代を動物化石の変遷に基づいて三分した最初の地質時代が古生代で、約 5 億 9,000 万年前から約 2 億 4,800 万年前の期間に相当する。古生代に形成された地層を古生界という。古生代前半はカンブリア紀、オルドビス紀およびシルル紀に細分され、三葉虫、筆石、珊瑚{さんご}、腕足類などの海棲{かいせい}無脊椎{むせきつい}動物や菌藻類が繁栄した。古生代後半はデボン紀、石炭紀および二畳紀(ペルム紀)に細分され、上述の無脊椎動物のほかに、紡錘虫、魚類、両棲類{りょうせいるい}やしだ類が繁栄した。古生代前半には北西ヨーロッパ、グリーンランド、北アメリカ、中国北部などでカレドニア造山運動が、後半には中部ヨーロッパ、ウラル、北アメリカ、中国などでバリスカン造山運動が起こった。気候は全般的に温和で、世界的にほぼ一様であったが、二畳紀末期には、北アメリカ、インド、オーストラリア、南アメリカなどに大陸氷河が広く発達した形跡がある。各地質系統別の世界の石油・天然ガスの既発見埋蔵量のなかで古生界が占める割合は、原油については 14 %、ガスについては 28.5 %である。古生界に原油が少ないのは、石油鉱床の一部が破壊されたり、原油の一部が熱分解してガスに変化したことなどによると推定される。古生界には原油に比べてガス鉱床がよく発達しているが、このなかには原油の分解生成によるガスだけでなく石炭起源と推定されるものも多く、石炭紀および二畳紀の石炭鉱床と密接な関係がある。