ページ番号1000848 更新日 平成30年2月16日

四アルキル鉛しあるきるえん
英語表記
tetraalkyl lead
分野
その他

広い意味ではアルキル基(一般に CnH2n+1 で表される)4 個と鉛とが結合したものをいうが、労働安全衛生法施行令では四メチル鉛、四エチル鉛、一メチル・三エチル鉛、二メチル・二エチル鉛および三メチル・一エチル鉛並びにこれを含有するアンチノック剤を四アルキル鉛と呼んでいる。用途はアンチノック剤で、ガソリンに添加してオクタン価を向上させるのに用いる。その主となる四エチル鉛の性状を示すと、化学式 Pb(C2H54 、比重 1.653(20/4 ℃)、融点-130 ℃、沸点 200 ℃±、蒸気圧 0.25mmHg(20 ℃)、蒸気の許容濃度 0.10mg/m3(ACGIH 、1983-4 による)で毒性が強い。ガソリン中に含まれる四アルキル鉛の量を知るには、日本工業規格(JIS)の K2255(ガソリン中の鉛分析方法)によって鉛分を求めればよい。試験方法は、自動車ガソリン 1 号と航空ガソリンは一塩化沃素法{いちえんかようそほう}、自動車ガソリン 2 号は吸光光度法か原子吸光分析法(A 、B2 法)による。一塩化沃素法は、四アルキル鉛を一塩化沃素で水溶性の化合物にして分離し、硝酸で酸化して無機鉛に変え、EDTA で滴定する。吸光光度法は、四アルキル鉛を臭化カリウム―臭素酸カリウム溶液で臭素化して分離し、煮沸して無機鉛に変え、ジチゾンで発色させて波長 520mm の吸光度を測定する。原子吸光分析法は、前処理をしたあと、原子吸光分析計で鉛の量を求める。