ページ番号1000851 更新日 平成30年2月16日

シェール・シェーカーしぇーる しぇーかー
英語表記
shale shaker
分野
その他

泥水が井戸から運んできたカッティングスや崩壊ざくを除去するための装置である。
これは振動している金網の上に泥水を流すことによって泥水はこされて下に落ち、金網の目よりも大きいカッティングスなどは金網の上を転げ落ちてざく溜{だめ}に捨てられるようにしたもので、一種の自動篩{ふる}い装置である。金網の目の大きさは、掘られる地層の性質に応じていろいろ用意されている。最近のものにはダブル・デック・シェーカーといってふるいの効果を増すために、上段は荒目のものを、下段には細目のものを、というように2枚の金網を張ったものも使用されている。普通、掘削装置には 2 ~ 3 台のシェール・シェーカーが設備されている。マッド・スクリーンとも呼ばれる。