ページ番号1000857 更新日 平成30年2月16日

試ガスしがす
英語表記
production test gas
同義語
オープン・フロー・ポテンシャル [ おーぷん ふろー ぽてんしゃる ]
分野
その他

試ガスは試油と同様、試・探掘井や開発井の仕上げ直後に、地表で採取ビーン(チョーク)をさまざまに変えて、生産量、自噴状態の坑底圧力や密閉状態の坑底圧力、坑底温度などを測定することをいう(→試油)。
この測定においては、坑口のチョークによって坑井内にかかる背圧(バック・プレッシャー)を変化させて自噴坑底圧力を変化させることから、背圧試験(バックプレッシャー・テスト)とも呼ばれる。産出ガス量と、密閉坑底圧(Ps)の 2 乗と自噴坑底圧(Pf)の 2 乗との差、すなわち、(Ps2-Pf2)との関係は両対数グラフ上で直線になることが経験上知られており、この測定によって、Pf が 1 気圧、すなわち、地層内の圧力で保たれているガスを一度に大気圧の状態に開放した場合のガス産出能力と定義されるオープン・フロー・キャパシティーが求められる。適正生産ガス量は経験上、オープン・フロー・キャパシティーの 10 %~ 20 %とされている。試油と異なる点は、地下から上昇してくるガスは、高温・高圧下で水分により飽和されていて、地上に出る途中で冷却し、さらにビーン通過時に断熱膨張が起こり、急激に冷却されるので、ガスと水分から形成されるハイドレートを生成して、ラインをふさいでしまうことがある。試ガス時にはこれを防ぐため坑口でメタノールなどの薬品を注入することが多い。(→産出能力試験