ページ番号1000870 更新日 平成30年2月16日

止水壁しすいへき
英語表記
cut-off wall
分野
その他

基礎構造物の築造にあたって地下掘削を行う場合、地下水位が掘削位置あるいは掘削底面より高い位置にあると、掘削面に地下水が浸出することになる。地下水が浸出してくると、施工の妨げとなるばかりでなく、地盤の安定性や周辺地下水位の低下、地盤沈下などの障害を生む。一般に、止水壁は透水性地盤を対象として、掘削位置への地下水流入を遮断する目的で作られる壁を意味する。止水壁としては、矢板、シート・パイル、コンクリート、セメントなどを地中に打ち込む方法や、薬液を圧入するなど、種々の工法が開発されている。