ページ番号1000878 更新日 平成30年2月16日

島の制度しまのせいど
英語表記
regime of islands
分野
その他

地学で用いられる「島」は通常、水に囲まれた陸地で大陸より小さなものをいうが、小島や岩礁などの区別を明らかにした定義はない。大陸で最も小さいオーストラリアの面積は 7,687 × 103km2 、島で最も大きいグリーンランドの面積は 2,176 × 103km2 弱である。海図や一般の地図を見ると多くの島名や岩名があり、なかには高潮面上に露出しない低潮高地や暗岩に島または岩の固有名を与えているものもある。領海条約では島を、自然に形成された陸地であって、水に囲まれ、高潮時においても水面上にあるものと定義した。国連海洋法条約でも同様に定義されたが、ここでは(第 121 条 3 項)さらに、人間の居住または独自の経済的生活を維持することのできない岩(rock)は、排他的経済水域または大陸棚を有しない、と規定し、領海、接続水域、排他的経済水域および大陸棚のすべてを持ち得る通常の島から岩を区別した。ここに注意を要するのは、岩と低潮高地との関係である。本土または島から領海の幅を超えない距離にある低潮高地は、領海基線あるいは群島基線を引く際利用し得る。それゆえ、高潮時でも水面上に露出する岩が領海幅のなかに入っているとき、直線基線または群島基線を引くのに利用し得ると思われ、したがって国連海洋法条約第121条3項にもかかわらず、この場合は岩も排他的経済水域と大陸棚を持ち得るのではないかと考えられる。もちろん本土または島の領海幅より外側に位置する岩は領海しか持つことができない。(→低潮線領海基線排他的経済水域大陸棚