ページ番号1000887 更新日 平成30年2月16日

試油しゆ
英語表記
production test (oil)
分野
その他

試・探掘井や開発井の掘削・仕上げ後、電気検層で油のありそうな地層の部分にガンパーにより一連の穴を開けて行う初めての坑井試験が試油であり、その油層の状態やその坑井からどれくらいの量の油が生産されるかを知るために行われる。
試・探掘井の場合、試油データはその坑井の産出能力の把握にばかりでなく、次に掘る坑井の位置とか、油田の規模の評価に用いられる。テスト対象層が油層であるか、ガス層であるかによって試油と試ガスを区別しているが、簡単にいって地表の処理施設が異なるためと考えてよい。試油が始まるとチュービング内にあらかじめ満たしたディーゼル油や水が次第に油やガスに変わってくる。完全に油やガスに変わった時点から、採収ビーンをさまざまに変えながら、自噴中の坑底圧力、坑井密閉時の坑底圧力、坑底温度を測定したり、坑底試料を採収したりする。一方、地上に出てきた採収物はセパレーターを通って、油、水、ガスに分離され、計量される。これらの油、水、ガスは分析され、油層を知る資料とされる。このようにして、得られた油層の圧力からドロー・ダウン(draw down)を求め、産出量とドロー・ダウンの関係から産出指数(productivity index)を算定し、適正生産量を決定する。(→産出能力試験